フォト
2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

検索

無料ブログはココログ

22 生観戦 社会人野球

2022年6月21日 (火)

3試合から2試合に変更 ~関東選抜リーグ 前期~

等々力球場へ関東選抜リーグの観戦
当初は1日3試合の予定が
今週のエネオス戦が謎の中止となり2試合に変更

第一試合はNTT東日本 vs Honda

初回村田のタイムリーでホンダが先制
長野大会でサヨナラHRも観たが
どうやらバットを投げる人のようだ
murata 220621

先制されたがNTT先発片山はその後立ち直る

ホンダ先発朝山は故障明けだと思うが
初回は無失点に抑えたが2回井上のタイムリーで同点
ライトの山本(兼)がファンブルする間に井上は二塁へ

次の伊東のタイムリーツーベースでNTTが逆転
itoh 220621

朝山は次の3回まで投げて交代
あと1ヶ月あるけど本番での登板は微妙かな
投げ終わったポーズは
指パッチンして踊っているようだった
asayama 220621

片山は5回1失点で交代
4回のピンチの場面で
タイムリーを打たれた村田に対して
150キロも計測ギヤを上げて抑えていた
katayama 220621

片山の後2番手で小又が登板
國學院の時も観たかった投手
2回を投げでパーフェクト
確認出来た最速は154キロと
パワーピッチャーだった
omata

お互い小刻みな継投
NTTは1点リードの最終回
本番を想定してか多田が登板

しかし連続ヒットで1死一三塁となったが
千野がセーフティスクイズを試みたがホームアウト
この後途中出場の篠塚も凡退し2-1でNTTの勝利
https://baseball.omyutech.com/CupHomePageHistory.action?gameId=20224632576

お互いメンバーを試しているかのような起用だったが
特に投手陣の頑張りがあって面白い試合だった

第二試合はJR東日本 vs SUBARU

JRは今年5試合目だが
スバルは20年の都市対抗予選以来
スタメンの半分位は判らない

今日出場の4チームの内
スバルだけ都市対抗予選敗退している

JR先発は河浦
高卒でJRに入って4年目だけど初めて観る

ランナーを出しながら抑えていたが
4回連打の後後藤の犠飛でスバルが先制
パンフを観ると内野手登録だったが
今日はキャッチャーで出場だった
gotoh 220621

ここで河浦は交代
写真で観るとなかなか面白いフォームだった
kawaura

2番手市川から小林のタイムリーで2点目

スバル先発は八野田
スピードは130キロ前後だが
緩いボールを上手に使いJR打線を抑え
6回無失点三振も7個奪う好投だった
yanoda

ランナーを出しながら
追加点を挙げられなかったスバルは
7回森下のタイムリーでようやく追加点
更に代打三浦の3ランHRでこの回4点
miura 220621

JRも9回に粘り5連続代打起用で2死満塁としたが
渡辺がセンターフライに抑えられ6-0でスバルの勝利
https://baseball.omyutech.com/CupHomePageHistory.action?gameId=20228095421

前の試合と同じようにJRも都市対抗に向けての
戦力確認なのか普段あまり観ない選手も出場

セカンドで出場し途中からサードを守った
小椋はおそらく初見
ノーヒットだったが良い動き
杉崎が不調ならセカンドで起用もアリかも
ogura

第2試合の9回攻撃中に少し降られたが
2試合で終わりだったのでストレスなく観戦できた
まぁ等々力球場は二階席が屋根代わりになるので
後ろの席で観れば雨でも問題ないけど…。

2022年6月18日 (土)

ジャイアンツ球場で三軍戦観戦 ~プロアマ 読売 vs セガサミー~

よみうりランドに読売 vs セガサミーのプロアマ戦観戦

今までジャイアンツ球場での
プロアマなどの三軍戦では
コロナ後無観客だったが今月から有観客へ

事前予約は必要ないが
入場前に連絡先等を記入する必要があり
座席は中央付近の前の方だけで
売店は閉店しているなど
二軍戦と違いはあるが
試合を観られるだけで有り難い

読売は二軍公式戦は無いが今日メンバーは
基本三軍のメンバーに何人か
二軍の選手が居る状態

セガは予選を観ていないので違うかも知れないが
スタメンはベストメンバーというより
本番での新戦力お試し感がある布陣だった

初回読売はセガ先発飯田を攻め
保科のタイムリーで先制
Hoshina-220618

ウレーニャにもタイムリーが出て追加点
更に岡田の3ランHRでこの回5点
右中間へ大きいHRだった
Okada-220618

読売先発太田は2回無失点で交代
BCリーグ茨城戦での山田に続いて
三軍戦でまたJR東日本のピッチャーを
観るとは思わなかった
Ohta-220618

セガは3回福森黒川
連続タイムリーツーベースで2点返す

しかしその裏勝俣のタイムリーツーベースで
読売が1点追加

5回セガは読売3番手富田の牽制悪送球と
ワイルドピッチで2点返し
6回にも4番手笠島から植田
センターへのタイムリーに
岡田のファンブルもあり同点
Ueda-220618

6回裏セガは3番手で古屋敷が登板
法政時代は観てないので初見
六大学からセガに入ったという事もあり
気になる投手だった
先頭にフォアボールを出したがこの後は抑える

その裏読売は大江が登板したが
ツーベースと挟殺ミスで無死二三塁
ここから連続デッドボールでセガがリード

更にワイルドピッチで2点目が
入った所で大江は交代
1回投げきれなかった

後続は田中が抑え2点差のまま

その裏古屋敷が3連続四死球で無死満塁
岡田のセカンドゴロで1点差となった所で交代
完璧には抑えられなかったが前の回は悪く無かった
Furuyashiki

このピンチで登板した森井はフォアボールで満塁としたが
喜多をダブルプレーに抑え無失点
8回も無失点抑え交代
本番の都市対抗でもリリーフでの起用かな
Morii-220618

9回は伊波が抑え8-7でセガの勝利


お互いミスがあり締まらない試合だった
内容はイマイチだったが
観る事が出来た事に価値がある
まさにそんな試合だった。

2022年5月23日 (月)

近畿予選初観戦 ~都市対抗近畿予選 第1日~

大阪3日目は舞洲へ都市対抗近畿二次予選
都市対抗予選は関東と東海しか
観た事がなかったので近畿予選は初

舞洲の大阪シティ信用金庫スタジアムには
応援用の舞台やドラムの設置用の場所はあるが
第一試合では応援団は不在
第二試合の日本新薬は別の場所に
太鼓とスピーカーを設置して応援していた

第一試合は日本生命 vs 神戸ビルダーズ

初見の神戸は出来て4年の新しいチーム
関西タクトという建設業のチーム

試合は日生高橋と神戸鶴井の好投で投手戦

高橋は散発でヒットは打たれたが6回無失点
大事な予選初戦で良く投げた
Takahashi-220523

鶴井は初回コントロールに苦しんだが
無失点に抑えるとその後立ち直り5回無失点
因み鶴井のフォームは目線が切れる
あっち向いてホイだった
Tsurui

神戸2番手山田が6回のピンチは切り抜けたが
7回にランナーを残し交代
宮浦を挟んで4番手内海
ワイルドピッチで日生が先制

得点が入り試合が動き出す
すぐ後の8回神戸は無死一三塁の
同点逆転のチャンスはつくったが
ここは7回から登板の喜多川が抑える
Kitagawa-220523

その裏立松に3ランHRで日生がリードを広げる
そう言えば立正大時代にもHRを観ていた
Tatematsu-220523

9回は藤井が抑えて4-0で日生の勝利
https://baseball.omyutech.com/CupHomePageHistory.action?gameId=20224004253

日生は苦戦したけど予選の初戦だし
徐々に調子を上げてくるだろう

負けけど神戸は好印象
鶴井が投げ続けていたらどうなっていたかと思うし
日生が偵察メンバーを使っていたので
今日投げたかは判らないが
右投げにも良い投手がいるのかも

あとノーヒットだったけど
神戸の4番田垣は高卒ルーキーだった
Tagaki

第二試合はNTT西日本 vs 日本新薬

初回NTTは連打にワイルドピッチで先制
更にショートゴロ送球エラーに
日下部のタイムリーでこの回3点
Kusakabe-220523

NTT先発濵﨑はランナーを出しながら
7回まで無失点
8回濵田の2ランHRで新薬が2点返す
Hamada-220523

9回も粘ったが3-2でNTTの勝利
https://baseball.omyutech.com/CupHomePageHistory.action?gameId=20223320174

濵﨑は完投勝利
8回か9回あたりは継投があるかもと思ったが
それだけ信頼されているという事だろう
Hamasaki

打線では酒井が3安打の活躍で
先制のホームを踏んだ
Sakai-220523

新薬にとっては岩本の初回の失点が痛かった

負けはしたが打線は悪くない
2番ショートの武田は3安打
タイムリーエラーはあったが
ルーキーいきなり活躍している
Takeda-220523

近畿予選を観戦出来たので
次の都市対抗予選新規開拓は
更に西に行くか北に行くかどっちかな?

2022年5月18日 (水)

解禁後は初東芝G ~オープン戦 東芝 vs JR東日本~

東芝総合グラウンドへ
東芝 vs JR東日本のオープン戦観戦

東芝総合グラウンドは無観客だったが
先月から三塁側で観戦出来るようになった
久々に来ると人工芝になっていた
Img_5577

JR東日本はオープン戦ユニフォーム
左袖と帽子にSuicaのペンギンがいる
Kawanishi

試合は1回裏長沢が先頭打者HRで東芝が先制
日大時代から観ていたけど
長沢のHRは初めて観たかも
Nagasawa-220518

この後併殺崩れとワイルドピッチでこの回3点
2回にも押し出しで東芝が追加点

一方JRは東芝先発吉村に完璧に抑えられていたが
3回2死からフォアボールで
初めてランナーが出るとヒットで一三塁
北野のショートゴロを田中が足を滑らし
投げようとした二塁へ投げられず1点返す

JRは先発西田から市川に代わった4回
松本のタイムリーで東芝が追加点

5回JRはデッドボールと犠打とヒットで一三塁となり
北野がバットを折りながらタイムリーヒット
次の金子もタイムリーヒットで1点返し2点差

2死一二塁となり山内が左中間に逆転HR
Yamauchi-220518

吉村は5回6失点
3回の失点がエラーだとしても自責点は5
立ち上がり完璧だったので
まさかという結果になった
Yoshimura-220518

その後継投でお互い得点はなかったが
8回東芝4番手西村から
杉崎がタイムリーを打ちJRが追加点
杉崎はこの日3安打の活躍だった
Sugisaki-220518

打たれた西村は高校野球に疎い自分は
東芝に入るまで知らなかったが
スポニチ大会で登板したり期待されいるようだ
Nishimura-220518

試合は7-5でJR東日本の勝利

春先から調子が悪かったJR東日本にとっては
オープン戦とはいえ東芝への勝利は大きいだろう
それでも3投手が二塁牽制で
無人のベースに投げていたので
サインの徹底が必要そう

東芝は吉村が中盤崩れたのが誤算だろうけど
人間だしたまには打たれる事もあるだろう

バスを使うのでそれなり時間は掛かるが
県内での移動は楽
東芝だけでなく他のチームも
どんどんグラウンド開放して欲しいな。

2022年5月11日 (水)

車か電車か微妙な立地 ~関東選抜リーグ 前期~

GW明け最初の観戦は等々力で関東選抜リーグ
コロナ後はこの大会は中止だったので久々に観戦
以前との違いはパンフレットが
カラー写真を使用していて豪華になった

第一試合は三菱重工East vs JFE東日本

初回三菱はJFE先発山田(啓)から
四死球とエラーで満塁とし
デッドボールで押し出しで先制

3回JFEは西村のタイムリーで同点
最初から後ろに体重を乗せるフォームだった
Nishimura

三菱は4回1死二三塁で矢野の内野ゴロで逆転し
武田のタイムリーツーベースでリードを広げる
武田は京都大会で活躍したようだが
好調を維持しているのかも
Takeda-220511

7回三菱は守備が乱れる
JFEは無死一二塁で峯本のバントを
森が三塁へ悪送球で1点差
2死二三塁となり代打赤木の三遊間のゴロを
江越(啓)のエラーで2点入りJFEが逆転
更に中澤のセンター前を武田
後ろに逸らしこの回3エラーで4点

その裏JFEは山田(啓)から高木に交代
三菱は中山の犠飛に小栁のサードゴロを
平山(快)が弾いて同点

エラーした平山(快)は8回
逆転HRで直ぐにエラーを挽回する
Hirayama-k-220511

三菱は9回に粘り高木本田を攻め
2死二三塁から小栁のセンターオーバー
2点タイムリーツーベース
Koyanagi

7-6で三菱がサヨナラ勝ち
シーソーゲームではあったけど
両チームともエラーの多い締まらない試合だった
https://baseball.omyutech.com/CupHomePageHistory.action?gameId=20228432243

は完投勝利
正直120球以上投げていたし
継投でも良かった気がする
Mori-220511

第二試合は鷺宮製作所 vs エイジェック

初回柳沼のHRでエイジェックが先制

エイジェックは2回で先発北村は交代
オープン戦で代走では観た事があったが登板は初見

150キロのボールを投げていたが
コントロールは怪しかった
2回に打球が足に当たったが
その影響で交代したかは不明
Kitamura-220511

鷺宮は3回から登板のから
保戸田のHRで同点
Hotoda

鷺宮先発の中島大学選手権などで観た事があった
5回を投げて失点はHRの1点だけ
スピードは北村より速い153キロもあった
Nakajima-220511

この後お互い得点は無く同点で延長戦
10回から無死一二塁継続打順のタイブレーク

先攻の鷺宮は1死二三塁として
ワイルドピッチで得点
更に野村のタイムリースリーベースでリードを広げ
Nomura-220511

佐野の犠飛で3点目

その裏エイジェックも
代打河原井の内野ゴロ1点返したが
4-2で鷺宮の勝利
https://baseball.omyutech.com/CupHomePageHistory.action?gameId=20226589141

エイジェックはプロを含め移籍が多い
5番手で投げた和田は元マツゲン
日本選手権でトヨタ相手に好投した投手だと思うが
以前より腕の位置が上がっているみたい
Wada-220511

第三試合明治安田生命 vs 日本製鉄かずさマジック
今日出場チームで明安が一番間隔が開いて
観るのはコロナ前の19年以来で
ユニフォームが緑のストライプに変っていた

初回土門の内野ゴロでかずさが先制

2回永廣のタイムリーツーベースで同点
Nagahiro

その裏小林のライト線のツーベース
永廣が捕球しそうな構えをするトリックプレーで
二塁ランナーを三塁で止めたが
中継が乱れてホームインしかずさがリード

3回押し出しで明安が同点に追いつく
ここでかずさ先発金田は交代
コントロールが悪く2回2/3で5四球だった

2番手赤羽もフォアボールを出しで明安がリード

リードしたがすぐ裏に眞﨑のタイムリーで同点
眞﨑はこの試合3安打の活躍だった
Masaki-220511

この後サードゴロエラーに
前進守備のファーストゴロを
バックホーム出来ず追加点
更に伊藤のレフトオーバーでこの回4点

ここで明安先発三宮は交代

2番手石毛はこの回と次の4回は抑えたが
5回に右中間のフライを永廣が捕れずツーベース
1死三塁となり小林がスクイズ
低いボールで空振りしたが道端が捕れず
記録としてはホームスチールでかずさが追加点

この失点に動揺したのかこの後打ち込まれこの回4点

かずさ2番手赤羽は登板してすぐに
押し出しは出したが
2回1/3を無失点に抑える
スピードガンの精度は微妙そうだが
153キロが出ていた
Akaba

赤羽の後は渡辺(法)が登板
腕を隠し投げる独特なフォームで
富士大時代に横浜商大とのオープン戦で観た事があった
1回無失点以前より普通に近いフォームにはなっていたが
それでもだいぶ独特だった
Watanabe-h-220511

この後仲尾次が7回を抑え
10-3で7回コールドでかずさの勝利
https://baseball.omyutech.com/CupHomePageHistory.action?gameId=20221734590

関東選抜リーグなのでベストメンバーではないが
今日の明安は守備のミスも多くチョット微妙
プラス材料は3番手で投げた新井
1回無失点で抑えた事
左のサイドで140キロ超えもあった
Arai

等々力球場はバスはあるが駅から遠いので
今回は車を使ってみた

公園周辺にコインパーキングは多いし
帰りはバスと電車より速かったが
行きは通勤時間帯の為時間が掛かった
車だとお酒が飲めないし
等々力に車で来るのはベストな選択ではなさそう
実際に体験して判ったのは良かった。

2022年5月 3日 (火)

1次予選もけっこう楽しい ~都市対抗東京都1次予選 第5日~

府中へ都市対抗東京都1次予選観戦
平塚のイースタンもひかれたが
明日明後日中止で混雑が予想されたのでこちらへ

第一試合は警視庁野球部 vs TOKYOMETS

METSはナスパで観たが警視庁は初見
日ハムの前のユニフォーム風デザインで
KEISHICHO の文字で武骨な警視庁感は無い
Img_6482

試合は初回岡安のタイムリーでMETSが先制
4回にも立崎川崎のタイムリーでリードを広げる

METS先発樫尾に抑えられていた警視庁は5回
福山のタイムリーツーベースに
加登脇のセカンド強襲のエラーに
ワイルドピッチで同点

同点に追いついかれたが樫尾
ゆったりしたフォームで
警視庁打線を抑えていた
Kashio

その裏満塁で加茂
走者一掃タイムリーツーベースで
METSが再びリード
Kamo

ここで警視庁は白幡から大田に交代
大田は元ベイスターズの大田阿斗里
警視庁で野球も続けているのは
知っているのたので観たかった投手
2死二塁の場面での登板だったがライトフライに抑える
Ohta-220503

5回は抑えたが6回立崎のソロHRを浴び
その後も一二塁のランナー残し交代
残念な出来だったが観られて良かった

ここは渡部が抑え大田の自責点は
HRの1点だけで済んだ

7回警視庁は3番手深瀬を攻め
満塁で吉岡のタイムリーツーベース
今日の吉岡は3安打の活躍だった
Yoshioka-220503

4番手ディロルフから高野の犠飛で同点

その裏METSは1死一塁で土屋のライト前のフライ
福山がダイブしたが捕れずランナー三塁へ
更にホームへの悪送球でMETSでリード

8回にも武市のピッチャー強襲ヒットに
エラーで2点追加

8回から登板した植田が2イニングを抑え
Ueda-220503

10-7でMETSの勝利
https://baseball.omyutech.com/CupHomePageSeiseki.action?gameId=20224471317

最後に点差は少し開いたが
見応えのある試合だった

第二試合はGOLD’SGYM vs REVENGE99
共に前回観たのは19年だったが
リベンジは上下赤のユニフォームになっていた
Img_6485

リベンジ先発はミヒニャック
ジェイファムから移籍した観たかった投手
去年無観客だった神奈川2次予選で
三菱East相手に好投したらしい

長身の投手で
立ち上がり不安定でランナーを出したが
なんとか得点は許さず

2回リベンジの攻撃高田の2ランHRで先制
Takada

3回にも内野ゴロとボーク4点

ゴールドジムは4回本田の2点タイムリーで反撃

ミヒニャックは4回2失点で交代
長身の投手でコントロールがイマイチな感じが
DeNAに居た頃の国吉みたいな印象だった
Anjiei

リベンジ2番手は中川
19年の2次予選で鷺宮相手に好投を観ている

6回柴山のソロHRで1点差
背番号が99なので打席に入ると
相手ベンチから親近感ある等のヤジが飛んでいた
Shibayama

この後2死から同点タイムリーの本田がツーベース
次の今野がセンター前を打ったが
杉岡の好送球で本塁タッチアウトで同点ならず
Sugioka

この後も中川はランナーを出しながら抑え
4-3でリベンジの勝利
https://baseball.omyutech.com/CupHomePageSeiseki.action?gameId=20223769739

第三試合は全府中野球倶楽部 vs JR東日本
春季大会に負けまさかの
JR東日本の1次予選行きとなり
元ロッテの永野が今年から所属する
全府中のカードは楽しみだった

先発は永野と小谷野の先発だけ考えれば
1次予選と思えないマッチアップ

とは言え元プロでも
練習の場所も時間も制約のあるクラブチームで
どうかと思ったけど永野は今でもまずまずの状態

3回を投げノーヒット
フォアボールは毎回先頭を出し4個
それでも無失点に抑えた
Nagano

4回から2番手が唐登が登板
観ている時は知らなかったが全府中は
クラブ選手権の予選も控えていて
そちらを優先し早めの交代という可能性があるらしい

ピッチャーが代わりようやく
JRにも初ヒットが出て
佐藤の犠飛でJRが先制
Satoh-220503

5回は北野のタイムリー
6回は大城の2点タイムリーツーベースで
リードを広げる

小谷野に抑えられていた全府中は
7回ヒットとエラーで満塁とし
久保のタイムリーで1点返す
Kubo-220503

ここで小谷野は交代
序盤は打ち取られた打者の表情が
驚いていたので普段クラブチームで
対戦するピッチャーとは格が違うんだろう
Koyano-220503

2番手西居から小林の内野ゴロで
もう1点2点差に迫ったが
3番手から1点4番手岩上から4点追加し
9-2でJR東日本がコールド勝ち
https://baseball.omyutech.com/CupHomePageSeiseki.action?gameId=20223491466

コールドだけどJRは打線はイマイチ
永野からヒットは出なかったし得点も犠飛が3本
点が入らないよりは良いがアウトが増え
大量点で早めのコールドとはならなった

プラス材料としては西居が打者6人を
パーフェクト5奪三振に抑えた事
静岡大会ではボロボロだったが
左打者に有効な左腕が2次予選では活躍してくれそう
Nishii

観たかった阿斗里に永野が観られて
今日の観戦は当たりだった

東京など強豪チームが多い地区からだけど
来年以降1次予選観戦を増やすのもありだな。

2022年5月 2日 (月)

2022GW初観戦 ~オープン戦 NTT東日本 vs 茨城日産~

今日はGWの飛び石平日だけど
元々カレンダー通りではないので普通の休み
先週末は仕事の日は晴れで
休みの日は悪天候だったので
GW初観戦でNTT船橋グランドへ

NTT東日本 vs 茨城日産のオープン戦観戦

お目当ては初見の茨城日産
設立2年目の新しいチームで
ユニフォームは赤を基調としている
かつての日産自動車を彷彿とするデザイン
Img_5692

佐久に長野大会を観に行った日
茨城日産も参加している足利大会の観戦も
迷っていたのでここで観れて嬉しい

試合は初回共に無得点

茨城日産先発入江は評判の高い投手
初回は抑えたが2回以降はつかまる

2回NTTはフォアボールとヒットで無死一三塁で
長澤のダブルプレーの間に1点先制

3回にも一三塁のチャンスをつくり
内山のタイムリーで追加点
Uchiyama-220502

4回は桝澤タイムリー
佐久本内野ゴロに下川犠飛で3点

5回も桝澤のグランドスラムで9点目
Masuzawa-220502

入江はこの回で交代5回9安打9失点
フォアボールは3個出したが
コントロールが悪い印象は無い
NTTグランドのマウンドが合わないのか
何度か躓いていたので本来の出来ではなかったかも
Irie-220502

NTT先発熊谷は3回2安打無失点
出したランナー2人ともダブルプレーで
アウトになり打者9人で終わらせた
投球フォームが左足を真っ直ぐ伸ばす
フォームになっていた
Kumagai-220502

NTTは茨城日産2番手加賀谷からも4点追加し
熊谷のあと稲毛田片山大竹が2イニングづつ抑え
13-0でNTT東日本の勝利

投打で圧倒したNTT東日本
実力差のありそうな対戦だったのに
主力投手が多く投げていたので
個人的にはあまり登板機会が多くない
ピッチャーを折角なら観たかった

足利大会では準優勝した茨城日産だが
社会人のトップチーム相手だとまだ厳しいかも

打線は2安打無得点で良いところは無く終わったが
ピッチャーでは8回に登板した冨田が1回無失点
まあ入江も加賀谷も最初のイニングは無失点だったけど…
Tomita

途中出勤はあるがGW後半は天気も良さそうで観戦予定もある
観たいチームや選手が観られたし
出だしとしては悪くないGWのスタートかな。

2022年4月23日 (土)

佐久総合運動公園野球場 ~JABA長野大会 第4日~

 JABA長野大会観戦で佐久総合運動公園野球場へ
Img_5477

19年に出来た新しい球場で
出来てすぐの時の長野大会でも観戦を考えたが
仕事を休めずその時は観戦を断念した

今回も連休は出来ずに日帰りだったが
思い切って行くことにした

アクセスは小海線の中込駅か滑津駅から
徒歩で30分位らしいが今回は車なので不明
上信越自動車道の佐久ICからは15分くらいだった

両翼99.1Mセンター122M
内野が土外野が人工芝
Img_5478

スコアボードは反転式で
球速表示もあるが表示されない時が多く
表示された時もスピードが
もっと出ていそうなので信憑性は微妙
Img_1975

バックネット後方に屋根があり照明はLED
Img_5484Img_2336

ブルペンは内野と外野の中間にあり
屋根もあり室内練習場の代わりになりそう
Img_1955

佐久は標高600~700Mらしいが
この高さだとどの程度の影響があるかは判らないが
風が抜ける事もあり打球はよく飛んでいた

JABA長野大会は初観戦
日本選手権対象大会未見はあと2大会になった

試合は予選リーグの4日目
第一試合は西濃運輸 vs ミキハウス

序盤は投手戦だったが4回
田中(秀)のソロHRでミキハウスが先制
Takahashi-h-220423

その裏野﨑の3ランHRで西濃が逆転
Nozaki

5回にも西濃は2番手仲尾から1死三塁のチャンスをつくり
のファーストゴロがフィルダースチョイスで追加点
この日の西濃はバスターを多用していたが
主砲の谷もこの打線バスターだった
Tani-220423

6回にも丹下の犠飛と大山のタイムリー
7回原田のヒットの後エラーフィルダースチョイスで
アウトにならず2点追加し8-1で西濃がコールド勝ち
https://baseball.omyutech.com/CupHomePageHistory.action?gameId=20224957426

勝ち投手にはなれなかったが
西濃先発石田は4回2/3でHRの1失点だけだった
Ishida-220423

ミキハウスはコールド負けなので
ほとんどの投手が失点していたが
4番手の塘本がワンポイントだったがを抑えた
Tomomoto

第二試合は信越硬式野球クラブ vs Honda
地元だけあって前の試合より観客は多い印象

ホンダ有利の試合展開になるかと思ったが
初回のタイムリーで信越クラブが先制

ホンダは2回守屋のタイムリーで同点
Moriya-220423

4回千野のHRで逆転
Chino

5回にも鈴木のタイムリーで2点差とする

ホンダ先発東野からヒットを打ちながら
追加点を挙げられ無かった信越クラブは
6回から登板の2番手有村にも抑えられていたが
8回新井のHRで1点差

土壇場の9回福島から2死一塁で樫山がセンターオーバー
Kashiyama

HRかとも思ったが
フェンス最上段に当たりインプレーとの判定
ジャンプして取り損ねたので打球処理をもたつき
その間にランニングHR狙ったがホームでアウト
アウトにはなったが貴重な同点打だった

その裏ホンダは2死ランナー無しで
村田がセンターオーバー
こちらはフェンスを超えてサヨナラHR
Murata-220423

4-3でホンダの勝利
https://baseball.omyutech.com/CupHomePageHistory.action?gameId=20228466991

完投で負け投手にはなったが
信越クラブ先発工藤は好投
緩いボールも効果的に使っていた
Kudoh

第三試合はTDK vs ロキテクノ富山

一昨年オープン戦で観たロキテクノは
ズボンも紺色だったがやめたようだ
個人的に上下同色カラーユニフォーム好きなので残念

ユニフォームで言えばTDKは
ストッキングにラインが入り
裾を下げる選手もいた

試合はロキテクノ打線が好調
初回中井のタイムリーで先制
Nakano-220423

2回は横山のスクイズで追加点
TDKのピッチャーが先発佐藤(開)から代わっても
ロキテクノ打線は活発で
神藤の2点タイムリーツーベースで4点差
Shindo

その裏齋田の2ランHRで2点返したが
5回に神藤の2打席連続タイムリーツーベースに
横山もタイムリー

6回にも追加点でコールドもあるかもと思った7回
TDK5番手で権田が登板
去年首都の入替戦で好投を観ている

コントロールが怪しいのは相変わらずで
7回は四死球の後中井のタイムリーツーベースで
失点はしたがその後は抑え3回1安打1失点
球速があまり出ないこの球場で149キロがあった
Gonda-220423

8回TDKは齋田のこの日2本目の2ランHR
1本目は風の影響を受けた当たりだったが
2打席目は完璧な当たりだった
Saida

TDKも終盤粘ったが
打線は活発だったロキテクノが8-4で勝利
https://baseball.omyutech.com/CupHomePageHistory.action?gameId=20229198374

ロキテクノは2番手伊藤
4回1安打無失点の好投だった
Itoh-220423

帰りも渋滞も無かったが3時間近く運転し
途中休憩も入れれば4時間位
決して近くは無いが来た甲斐はあった

佐久は長野の中では家から近い方だが
長野でも日帰り観戦可能なのは判った
チャンスがあれば独立リーグなどで
長野の新規球場めぐりでもして行きたいな。

 

佐久総合運動公園野球場
〒385-0034 長野県佐久市平賀3011

2022年4月 8日 (金)

車だったのでグルメも満喫 ~JABA静岡大会 第5日~

浜松へJABA静岡大会観戦
当初は6日に観戦を考えていたが仕事の関係で行けず
雨で順延したので観戦出来た
ただ清水庵原の予定が球場変更で浜松へ
出来れば浜松より近い清水で観たかった

第一試合は日本製鉄東海REX vs Honda
ホンダは既に決勝トーナメント進出を決めている

試合は4回福田のタイムリー東海REXが先制
Fukuda-220408

その後も押し出し2つに
笹倉タイムリーで先発米倉は交代
折角の先発のチャンスだったけど結果を出せなかった
Yonekura

2番手青島もイマイチで押し出しとタイムリーで
この回投げきれず今西に交代
今西も先頭加藤(辰)を押し出しで
9点目を取られたがこの回終わらせる

その裏長いインターバルで東海REX渡部
リズムが狂ったのか先頭三浦をヒット出し
峯村のタイムリースリーベースに藤野の犠飛で失点
一旦ランナーは居なくなったが
再びランナーを出しワイルドピッチに
守屋のタイムリーでこの回5点

5回にもホンダは渡部を攻め
一二塁となり交代
立正大時代から何度か観ていたが
その時より更にフォームが
コンパクトになった印象
Watanabe-220408

2番手片山から藤野の内野ゴロで1点入れて3点差

三菱岡崎は6回阿保ツーベースの後
内野ゴロで追加点を上げ4点差

得点は取られたがホンダ3番手今西
緩いボールを使って4回1/3を1失点と
前回観た時よりだいぶ良かった
Imanishi-220408

東海REX2番手片山が好投6回以降抑え
10-6で東海REXの勝利
両チーム打者一巡がある荒れた試合だった
https://baseball.omyutech.com/CupHomePageHistory.action?gameId=20226833666

荒れた試合でも片山は5回途中から登板し
1安打自責点無しで投げ切った
Katayama-220408

第二試合は三菱自動車岡崎vsJR東日本

三菱岡崎秋山とJR東日本市川
両先発好投で序盤は投手戦

5回北野のタイムリーでJR東日本が先制
バットを折りながらのヒットのようだった
Kitano-220408

すぐ後の6回三菱岡崎は
フォアボールとヒットで無死一二塁のチャンス
ここで市川は交代
ランナーを残したがここまで良い内容だった
Ichikawa-220408

JR東日本2番手は西居が連続四死球で同点
更に山田のタイムリーで逆転
山田は桐光時代に松井裕樹目当てで観た試合
投打で活躍を観た記憶がある
Yamada-220408

この後1アウトをとって西居小谷野と交代
JR東日本としては西居の出来が誤算だったと思うし
温存したかった小谷野を投げさせるなら
飯嶌山田と右打者が続く所でも良かったと思う

8回福永のタイムリーツーベースで三菱岡崎が追加点

秋山はその裏を抑え8回1失点
7回8回と味方のエラーでピンチはあったがそこも抑えた

9回は大井が抑え2-1三菱岡崎の勝利
https://baseball.omyutech.com/CupHomePageHistory.action?gameId=20224013370

三菱岡崎では7番DHで東大出身の井上がスタメン
4打数1安打でチャンスでは打てなかったが
この試合にスタメンで出るだけでも凄い
Inoue-220408

第三試合は王子vsIMFBANDITS富山

バンディッツは初見去年も静岡大会に出ていたが
天気が悪そうで観戦を断念したので今年は是非観たかった
ユニフォームは若干オリックスチックな印象

王子は2回横川のタイムリーで先制
Yokogawa

バンディッツは3回から水口が登板
サイドから良い球を投げていたが
4回横川に再びタイムリーが出て2点差

王子先発高島は5回まで無失点
全く知らなかったが
大学は準硬式でプレーしていたようだ
Takashima-220408

6回バンディッツは藤井がスリーベースの後
西丸のタイムリーツーベースで1点返す
幻の某ガス会社は観ていないが
公式戦に出場している金港にエイジェックに
社会人は3チーム観た事になる
Nishimaru

1点差となったがその裏王子は3連打で1点追加し
フォアボールで満塁とし
スタメンマスクの横山のタイムリーで2点追加
自分が観た王子の試合は殆ど
細川がマスクを被っているので印象があまりない
Yokoyama-220408

ここで水口は交代
この回つかまったが不運な内野安打もあり
そこまでがっつり打たれた印象はない
Mizuguchi

3番手上野も流れは止められずこの回9点
2番手畑瀬が抑えた王子が9-2でコールド勝ち
この勝利で決勝トーナメント進出も決定
https://baseball.omyutech.com/CupHomePageHistory.action?gameId=20223357111

バンディッツも良いチームだった
もう少し時間が経てばもっと良くなりそう

浜松なら電車でも良かったが車で来てみた
しばらく運転していない時期もあったので
このくらいの距離でもだいぶ疲れる

それでもSAで静岡おでんを購入したり
帰りにさわやか寄ったりと
車移動のお陰で楽しめたグルメもあったし
来て良かったかな。
Img_5427Img_5433


2022年3月27日 (日)

ナスパ・スタジアム ~オープン戦 TOKYOMETS vs神奈川~

TOKYO METS vs 神奈川フューチャードリームスとの
オープン戦観戦にナスパ・スタジアムへ
Img_5354Img_5351

ナスパ・スタジアムは千葉県成田市にある球場
ロッテがイースタンをやる事があるが
アクセスが悪く車が無いと厳しいので今まで観戦出来ていなかった

因みにバスだと京成成田駅から吉岡大慈恩寺前を下車で
そこから30分くらい歩くらしい

内野が土で外野が人工芝
両翼100Mセンター122M
Img_5365

スコアボードは反転式で照明と屋根もあり
照明は14時試合開始だったので終盤16時45分頃点灯した
Img_2362Img_2844

メッツは東京のクラブチームで初見
ユニフォームの字体TORっぽい
Img_2365

試合は1回神奈川が立ち上がりコントロールが不安定な
佐藤(文)を攻めて満塁とし吉原のライトオーバーで2点先制
ただライト川崎が捕りそうだったので
一塁ランナーのスタートが遅れシングルヒットになった
Yoshihara

この後中林の2点タイムリーに海老根タイムリーでこの回5点

メッツは2回連打で満塁のチャンス
早川のショートフライを捕球時柿崎が転倒
サードの牧田渡しホーム送球したがランナーに当たりセーフ

この後永森のタイムリーツーベースで2点追加
永森は守りでも広い守備範囲で好プレーを見せていた
Nagamori

村田のタイムリーで1点差とし
同点逆転のチャンスはあったが1点差止まり

神奈川先発佐藤(圭)は3回5失点で交代
一方メッツ先発佐藤(文)は徐々に立ち直ってきたが
4回牧田の2ランHRで神奈川がリードを広げる
Makita-220327

先発の両佐藤はイマイチだったが2番手はお互い好投

4回から登板の神奈川2番手の竹崎
5回1失点の好投
去年までチームに所属していたのに
今年は今現在何故か練習生だった
Takezaki

メッツのディロルフも2回無失点と試合を落ち着かせる
背中の名前は DEROLPH だったが
スコアボード表記はジョーイだった
Derolph

7回メッツの守備の乱れもあり神奈川は3点追加

ワンサイドで終わるかと思った9回
メッツも粘り満塁で岡安(優)
ライト線へのスリーベースで2点差
Okayasu

次の小野寺がセンターへ犠牲フライ1点差となったが
ランナーが無くなりこの後大高が立ち直り
神奈川が10-9で勝利

クラブチームと独立リーグの対戦らしい
ミスの多い試合だったが見応えはあった

自分も車で来たけど
駐車場は横浜や相模ナンバーの車が何台かあった
自分のように球場目当ての人は少ないだろうから
ホームを無観客にしていて地元で観られない
フューチャードリームスファンがわざわざ来たんだろう。

ナスパ・スタジアム
〒287-0227 千葉県成田市一坪田410-1

その他のカテゴリー

07 生観戦 アマ野球 07 生観戦 二軍 07 AMATEUR野球 07 MLB 07 NPB 08 生観戦 MLB 08 生観戦 その他 08 生観戦 アマ野球 08 生観戦 一軍 08 生観戦 二軍 08 AMATEUR野球 08 MLB 08 NPB 09 生観戦 アマ野球 09 生観戦 一軍 09 生観戦 二軍 09 生観戦 MLB 09 生観戦 WBC 09 AMATEUR野球 09 MLB 09 NPB 09 WBC 10 生観戦 アマ野球 10 生観戦 一軍 10 生観戦 二軍 10 生観戦 独立リーグ 10 AMATEUR野球 10 MLB 10 NPB 11 生観戦 アマ野球 11 生観戦 一軍 11 生観戦 二軍 11 AMATEUR野球 11 MLB 11 NPB 12 生観戦 アマ野球 12 生観戦 一軍 12 生観戦 二軍 12 生観戦 独立リーグ 12 生観戦 MLB 12 AMATEUR野球 12 MLB 12 NPB 13 生観戦 アマ野球 13 生観戦 一軍 13 生観戦 二軍 13 生観戦 WBC 13 AMATEUR野球 13 MLB 13 NPB 13 WBC 14 生観戦 アマ野球 14 生観戦 一軍 14 生観戦 二軍 14 生観戦 独立リーグ 14 生観戦 MLB 14 AMATEUR野球 14 BCリーグ 14 MLB 14 NPB 15 生観戦 アマ野球 15 生観戦 プレミア12 15 生観戦 一軍 15 生観戦 二軍 15 AMATEUR野球 15 BCリーグ 15 NPB 16 生観戦 アマ野球 16 生観戦 一軍 16 生観戦 二軍 16 生観戦 独立リーグ 16 AMATEUR野球 16 NPB 17 生観戦 アマ野球 17 生観戦 一軍 17 生観戦 二軍 17 生観戦 独立リーグ 17 生観戦 WBC 17 AMATEUR野球 17 NPB 18 生観戦 アマ野球 18 生観戦 一軍 18 生観戦 二軍 18 生観戦 独立リーグ 18 生観戦 MLB 18 AMATEUR野球 18 NPB 19 生観戦 アマ野球 19 生観戦 一軍 19 生観戦 二軍 19 生観戦 独立リーグ 19 生観戦 MLB 19 生観戦プレミア12 19 AMATEUR野球 19 NPB 20 生観戦 アマ野球 20 生観戦 一軍 20 生観戦 二軍 20 生観戦 独立リーグ 20 AMATEUR野球 20 NPB 21 生観戦 アマ野球 21 生観戦 一軍 21 生観戦 二軍 21 生観戦 独立リーグ 21 NPB 22 生観戦 一軍 22 生観戦 二軍 22 生観戦 学生野球 22 生観戦 独立リーグ 22 生観戦 社会人野球 22 NPB サッカー サッカーユニフォーム ドラフト 今までありがとう 俺のプロスペクト 旅行・地域 日々の出来事 草野球 野球場 10(中国・四国) 野球場 1(北海道・東北) 野球場 2(北関東) 野球場 3(埼玉) 野球場 4(千葉) 野球場 5(東京) 野球場 6(神奈川) 野球場 7(甲信越・北陸) 野球場 8(東海) 野球場 9(関西) 野球場 11(九州・沖縄) 野球場 12(その他) 野球観戦 まとめ