フォト
2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー

検索

無料ブログはココログ

22 生観戦 社会人野球

2022年10月 1日 (土)

セガサミー野球場 ~東京都企業秋季大会 第1日~

球場新規開拓目当てでセガサミー野球場へ 
IMG_7267IMG_7277

セガサミー野球場は名前の通りセガサミーの練習場
現在オープン戦は無観客で行われているが
今日の東京都企業大会は有観客だったのでプチ遠征してみた

アクセスは八王子駅北口からバスで戸吹で下車し徒歩10分弱
明治安田生命のグラウンド
同じバス停で反対側に進むとある 

内野が土で外野が人工芝
両翼100mでセンターは表示無いが120Mらしい
IMG_7274

ライト後方に立派な室内練習場があり
ブルペンはファールグラウンドにあり
バッティングゲージでカバーしている
IMG_6617IMG_6620

スコアボードは電光でSBOと最近見かけなくなった表示
名前表示無しだがヒットもエラーも表示はあるのは
スコアをつけるには助かる 
IMG_6646

屋根があり午前中は日陰になってたが午後は直に太陽が当たる
それでも高台にあるからか風は抜けるようだ 

第一試合東京ガス vs 日本ウェルネススポーツ大学東京

東京ガスは黒獅子ワッペンが無いユニフォーム
わざわざ新調したのかな

東京ガスのワンサイドになるかと思ったが
ウェルネス先発田中が緩いボールを使い1回は抑える

しかし2回笹川のツーベースの後
山口のセカンドゴロを宮﨑がエラーし東京ガスが先制
この後津原のヒットと鈴木のタイムリーで2点目
鈴木

3回は3四球で満塁とし冨岡の2点タイムリー
更に笹川の3ランHRここで田中は交代

2番手池田(優)から山口レフト前がスリーベースとなり
津原のタイムリー石川のタイムリーツーベースで
この回打者一巡7点追加

東京ガス先発稲葉は4回を無失点
稲葉

2番手井手は2回無失点
井手

稲葉は琉球大で井手は静岡大と
国立大学リレーだった

6回冨岡のタイムリー追加点をあげた
東京ガスが10-0で7回コールド
https://baseball.omyutech.com/CupHomePageHistory.action?gameId=20225863577

序盤はウェルネスも頑張ったが
終わってみれば自力に勝る東京ガスの圧勝だった

得点はあげられなかったがウェルネスも何度かチャンスは作った
複数安打は居なかったが3番の高吉は良いバッティング
高吉

あとキャッチャーの吉川は走りまくられたが
肩はまずまずで盗塁阻止もあった
吉川

第二試合セガサミー vs 明治安田生命のご近所対決

セガサミー飯田明安小玉の両先発がコントロールが悪くイマイチ
しかも両チームの打線あと一本が出ず4回まで無得点

5回にようやくセガサミーは3番手北濱からチャンスを作り
代わった三宮から平田のタイムリーで先制
平田

中川の犠飛に途中出場の西村のタイムリーでこの回3点

点が入ると試合が動くようで
その裏明安も2番手井上からチャンスを作り
代わったから羽根の犠飛で1点返す
羽根

すぐ後の6回黒川のソロHRで再び3点差
黒川はこの日4安打の活躍だった
黒川

バタバタした展開になったが
6・7回とが抑え試合は少し落ち着く
舘

明安も三宮が7回は抑え
8・9回は森井が抑え味方の反撃を待つ
森川

9回裏に明安は連打で無死一二塁1死後
福岡の左中間のフライを福森がスライディングキャッチで
好捕したかと思ったが弾いてしまいエラーで1点返す

点は取られたがこの後長島が抑え4-2でセガサミーの勝利
https://baseball.omyutech.com/CupHomePageHistory.action?gameId=20221832720

終盤少しテンポは良くなったが3時間越え
第一試合がコールドで早く終わったので
行けるかと思ったランチは残念ながら
時間切れで断念となった

八王子は時間が掛かるが直線距離では遠くない
セガサミーや明安の球場が有観客になったら
また観戦したいな。

セガサミー野球場
〒192-0001 東京都八王子市戸吹町1384−1

2022年9月27日 (火)

本間ユニ対決ならず ~秋季神奈川企業大会 エネオス vs 三菱重工East~

等々力へ秋季神奈川企業大会
ENEOS vs 三菱重工East戦を観戦

エネオス糸川三菱池内
両先発の好投で序盤はお互い無得点

エネオスでは加藤関根の先発のが多く
糸川の先発は珍しい印象
球数が多いからか4回で交代
それでも無失点は立派
糸川

池内は続投をしていたが
5回植田のタイムリーツーベースで
エネオスが先制
植田

その裏三菱はエネオス2番手若杉から
対馬のライト前がツーベースとなりランナー二塁
ここで津田の2ランHRで逆転
この試合津田は3打数2安打の活躍
津田

池内は6回まで投げ1失点
主力の先発は大野本間だと思うが
日本選手権で勝ち上がれば
池内の先発も期待して良いかも
池内

7回は長島が三者凡退と
危なげないピッチング
長島

その裏エネオス4番手関根から
押し出しと併殺崩れで2点追加
糸川と役割が逆でしっくりこなかった?

一方三菱は8回から
本間が登板しランナーは出したが抑える

その裏田澤が登板
前回登板時は本間のユニフォームだったので
8回は表裏とも本間ユニフォームかと思ったが
田澤は背番号は本来の36になっていた
因みにピッチングは1回ノーヒット無失点だった

9回エネオスは度会がツーベースで出塁したが
1死後センターフライで三塁を狙いアウトで試合終了
4-1で三菱Eastが勝利
https://baseball.omyutech.com/CupHomePageHistory.action?gameId=20227241855

最後アウトになった度会
今日はセカンドでスタメン
そつなく守備をこなしていた
度会

平日のデーゲームで神奈川県企業大会という地味な大会で
しかも1日1試合しかないのに意外と観客は入っていた
これって田澤効果なのかな?

2022年9月15日 (木)

14年位ぶりに観たエネオス田澤 ~関東選抜 日本製鉄鹿島 vs エネオス~

等々力へ関東選抜日本製鉄鹿島vsENEOS戦の観戦 

今日明日と連休なので当初は遠出も考えたが
寝たのが深夜になったので近場にした

鹿島はあまり観ていないので確信は無いが
両チームとも控え選手が多くスタメンに名を連ねる
関東選抜らしい試合

初回エネオスは鹿島先発の北南から
先頭村上がツーベース
2番川口のバントを北南が
一塁悪送球でエネオスが先制

1死となり榎本のツーベースで二三塁
安本の犠飛で2点目

北南は4回まで投げ失点は初回だけ
外野まで飛ばされたフライアウトが多く
良いあたりもあったのでよく2点で収まった印象
北南

エネオス先発若杉は3回をパーフェクトに抑え交代
大学代表戦では辛うじて抑えたが今日はだいぶよかった
若杉

エネオス2番手阿部も2回をパーフェクト

鹿島2番手若山も1回を無失点
サイドスローなのに一度頭の後ろで
隠すように投げる独特なフォームだった
若山

6回エネオスは3番手飯田が登板
喜多が四球を選び初めてランナー
田﨑のヒットでノーヒットノーランも回避
ランナーはたまったが得点無し

その裏3番手諸見里から
安本のHRでエネオスが追加点

1死から佐々木が死球で出塁
諸見里の牽制で佐々木は飛び出しだが
喜多からの送球が悪く二塁セーフ
ここで植田のタイムリーでもう1点

2死となってこの試合ここまで2安打と当たっていた
村上のタイムリースリーベース
途中出場の篠原のタイムリーでこの回4点

7回からエネオスは田澤が登板
埼玉武蔵で観ているので1年ぶり
エネオス所属だと登板を観たのは
2008年の春のプロアマ以来

エネオスはまだ袖に黒獅子ワッペンが付いてない
今までのユニフォームを着用していたので
田澤のユニフォームは都市対抗で補強の
本間が着用していた背番号26のユニフォームを着ていた

1回をノーヒット無失点と無難なピッチング
確認出来た最速は149キロ
ただ140キロ台前半の速球が多く
ツーシームとフォーシームを投げ分けていたかも
田澤

その裏エネオスは1死一二塁で代打度会
左中間にツーベースで二人生還したが
前のランナー安本で7点コールドだったので
得点は1点だけ
度会

7-0でエネオスのコールド勝ち
https://baseball.omyutech.com/CupHomePageHistory.action?gameId=20222516180

1安打の鹿島打線は少し心配だが
両チームとも来季や日本選手権に向けての
お試しが多かったので大差がつくのも仕方が無い

チョット気になったのは
もしコールドにならなったら
代打の渡会の守備位置
今日の展開だったらお試しで
内野守備が観られた可能性もあったかな?

2022年9月 6日 (火)

平和島から追浜へのハシゴは出来ず ~日本選手権関東予選 JR東日本 vs JFE東日本~

太田スタジアムへ日本選手権関東予選の観戦
出先からなので第一試合は間に合わず第二試合のみの観戦

JR東日本 vs JFE東日本
負ければその時点で予選敗退となるので
どちらにとっても厳しい相手

初回JRは立ち上がり不安定なJFE先発の宇賀神を攻め
無死一三塁から杉崎のタイムリーで先制
杉崎

この後無死一二塁とチャンスは続いたが
ダブルプレーと内野ゴロで1点どまり

その裏JFEは1死満塁で平山がサードゴロ
サードの北野が三塁ベースを踏み
ダブルプレーを狙い一塁への送球したが
低くエラーとなり同点

2回にJFEは2死からチャンスをつくり
宮地の2点タイムリースリーベースで逆転
宮地

4回にも山田(和)のソロHRでJFEがリードを広げる
ほぼ9番固定のイメージがある山田(和)だけど
今日は2安打の活躍だった
山田(和)

JR先発の西田はこの回で交代
立ち直る兆しはあったが抑える事は出来なかった

JFE先発宇賀神も西田同様バタバタしたピッチングだったが
失点は許さず6回途中2死満塁で交代
良くはなかったが先発としての役割りは果たした
宇賀神

この場面は2番手本定が代打吉澤を打ちとる

チャンスで得点は挙げられなかったJRだが
その裏5回から投げている
2番手の川西が3者連続三振で良い流れ
川西

その流れに乗ってJRは7回
3番手山田(啓)から山内の2点タイムリーで1点差
山内

その裏も川西が続投し前の回から4者連続三振としたが
左の中澤の所で左の山口に交代

投手交代で良い流れが切れなければと思ったが
山口は中澤をファーストゴロに抑えたが
自身でベースを踏み損ないヒット
山口から河浦に代わり宮地が送り2死二塁
5番手市川峯本をショートゴロに抑えたが
途中出場の糸野がトンネルでJFEが追加点

ここでセンターの金子のバックホームが
カット出来ない高投で峯本は二塁へ
次の猪田のショートゴロも糸野が捕れずこの回2点目

山田(啓)が8・9回無失点に抑え6-3でJFE東日本の勝利
https://baseball.omyutech.com/CupHomePageHistory.action?gameId=20223172652

どちらも四死球が多く締まりのない試合だったが
JRはエラー3つが得点に絡み自滅した

勝ったJFEも投手がやや不安だが
次のSUBARUとの決定戦はどうだろう?

この後追浜に移動しイースタンの観戦予定だったが
コロナでキャッチャー不足になり今日からの3連戦は中止
残り少なくなったレギュラーシーズン
出来れば今日観たかったな。

2022年8月19日 (金)

新戦力底上げならず ~関東選抜リーグ セガサミー vs 三菱重工East~

三菱金沢グラウンドへ関東選抜リーグの
セガサミー vs 三菱重工Eastを観戦
IMG_7111

三菱金沢グラウンドへ来るのは2回目
当時は三菱重工横浜だったので
チーム名が重工の時しか観ていない

試合は3回矢野のスリーベースの後
中山の犠飛で三菱が先制
更にこの回小栁の2ランHRで3点
小栁

セガは直ぐ後の4回黒川のHRで1点返す
スリーボールから待たずに強打だった

1点返された三菱はその裏
押し出しで再び3点差

5回植田と代打宮川のタイムリーで1点差

この回で本間は交代
立ち上がりは悪くなかったが
中盤から打ち込まれるようになった
本間

一方セガは3番手古屋敷が1回無失点

4番手伊波が2回4奪三振無失点と良いリズム
伊波

三菱2番手長島も良い出来とは言えず
7回植田のHRで同点にされ
四死球でピンチを作り澤良木の2点タイムリーで
セガがこの試合初めてリード
澤良木

三菱中継ぎ陣はコントロールが悪く
4投手で4イニングで9四死球で失点を重ねる

9回に中山のHRで1点返したが
10-5でセガの勝利
https://baseball.omyutech.com/CupHomePageHistory.action?gameId=20223205200

海沿いにある三菱金沢グラウンドだけど
防風林がしっかりしているのか
スタンドは風入ってこないので暑い

この暑さで三菱リリーフ陣のフォアボール連発で
試合が壊れるのは観戦するのに厳しかった

三菱は大事な試合では大野・本間・長島が
いつも投げていてる印象で
他の投手を使えばと思っていたが
今日の出来だと大事な試合を任せるのはしのびなく
新戦力の底上げは出来なかったようだ。

 

2022年8月 1日 (月)

記念じゃなくてもまた観たい ~野球伝来150周年記念試合 大学・社会人選抜 vs U-23NPB選抜~

神宮へ野球伝来150周年プロアマ記念試合の
大学・社会人選抜 vs U-23NPB選抜を観戦

NPB選抜先発は根尾で1回三者凡退無失点
ピッチャー根尾は高校代表の時観たが
プロでは野手だと思っていたので
また観るとは思わなかった
根尾

その裏NPB選抜は先頭藤原のヒットを
レフトののファンブルで二塁へ
外野フライと内野ゴロで先制

直ぐ後の2回大社選抜は四球とヒットで無死満塁
大西の併殺打の間に同点

その裏3連打無死満塁から
長谷川阪口の連続犠飛で再びNPB選抜リード

3回は黒川の2点タイムリーツーベース
黒川はこの日4安打の活躍だった
黒川

NPB選抜は6回赤羽の2ランHRでリードを広げる
赤羽は直前に支配下になったが
ユニフォームはまだのようで背番号023だった
赤羽

7回から大社選抜は矢澤が登板
このタイミングでDH解除
肝心のピッチングは正木にタイムリーを打たれ失点
逆にバッティングでは8回から登板の鈴木から2点タイムリー
スパイクはFoseKift ではなくゼットのようだった
矢澤

その後押し出しに城野のレフトフライを
正木が捕れずヒットになったタイムリー
更に泉口の犠飛で2点差
打者一巡で山田までまわったが
三振で同点逆転ならず

9回は中川が抑え8-6でNPB選抜の勝利
https://japanesebaseball150th.jp/games/score/20220801_1/

オールスターのような小刻みな継投だったが
観たったスチュワートJrは1回を無失点
リリースポイントはだいぶ高いようだ
スチュワートJr

大社選抜では三菱Eastの中山が3安打の活躍
大阪桐蔭出身が多いので先輩の威厳を見せられたかな
中山

一部ではこの試合の意義が判らないと否定的な意見あるようだが
個人的にはあまり観る機会がないNPBのウエスタン所属の
若手を観れたのでありがたい試合だった
150年じゃなくてもまた観たいな。

2022年7月29日 (金)

ニューカメラで決勝戦観戦 ~都市対抗 第12日 東京ガス vs ENEOS~

都市対抗決勝戦は東京ガス vs ENEOS

試合開始がナイターだったので昼間に
ニューカメラを購入
今は半導体不足の影響なのか
品切れが多いようだけど
たまたま近所の量販店に
購入を考えたカメラがあったので良かった

先発は予想通り益田関根

序盤は東京ガスペース
3回押し出しで先制

5回は四球とヒットで関根は交代
代わった加藤からの3ランHRで4点差
楠

加藤はヒット四死球で満塁となり1アウトも取れず交代
3連投だし投げさせた監督の方がどうなのかと思う起用だった

このピンチは長島が抑え切り抜ける
長島

直ぐ後の6回エネオスは度会の3ランHR1点差
度会

更に丸山のHR同点ここで益田は交代
リードを広げてもらって気持ちに変化でもあったかな
益田

東京ガス2番手は臼井が登板
前大会ではリリーフ中心の登板で好投が
優勝につながり橋戸賞を受賞したが
今大会は失点が多い気がする
臼井

登板すぐの柏木は抑えたが小豆澤が逆転HR
ホームベース付近で小豆澤は叫んでいた
小豆澤

この後長島が7回まで抑え8回本間を挟んで
9回は柏原が抑え5-4でエネオスが優勝
https://baseball.omyutech.com/CupHomePageHistory.action?gameId=20226480255
IMG_3284

5回4点差の時は東京ガスで決まったと思っていたが
エネオスの決勝不敗神話の方が強かった

橋戸賞はこの試合でもHRを打った度会
今大会の度会はホントに凄かった
今大会は8日間18試合を観戦
予定ではもう2試合観るつもりだったが
それでも十分すぎるほど満喫出来た。

2022年7月28日 (木)

古いカメラはバッテリー切れ ~都市対抗 第11日~

1日おいて再び都市対抗野球観戦
第一試合は東京ガス vsトヨタ自動車 

今まで使っていたカメラが故障の為
古いカメラを出してきたが
バッテリーが駄目だったようで
充電してきたのに使う前に電池切れ直前の表示
あまり撮らなかったけど
第2試合の最後までは持たなかった

 先制したのはトヨタで初回逢澤の併殺打の間
2回多木のタイムリー逢澤の犠飛で3点目

一方東京ガスは3回地引の2点タイムリーに
笹川のタイムリーで同点 

東京ガス先発髙橋とトヨタ先発金田
早めの交代でリリーフ勝負になり試合が落ち着く 

東京ガスは宮谷が登板
今大会初登板らしいが安定のピッチングでトヨタ打線を抑える 

トヨタは山城を挟んで3番手で山内が登板
武蔵大時代に横浜市長杯でちょっとだけ観ていた
山内も抑えていたが7回に連打で捕まり交代
ランナーは残したがここまでナイスピッチングだった 
山内

この後長谷部が登板したが地引に四球
建部のタイムリーで東京ガスがこの試合初めてリード
今大会東京ガスお得意の黒獅子ワッペンで
前回優勝をアピールするポーズをとっていた 
建部

この後笹川に押し出しで長谷部は交代
長谷部のピッチングがトヨタにとっては誤算だった 

 9回にも2点追加し8回からリリーフした
臼井が抑えた東京ガスが5-3で逆転勝ち2年連続の決勝進出 
https://baseball.omyutech.com/CupHomePageHistory.action?gameId=20225321447

メンツの割に勝ちきれない印象だった東京ガスだけど
去年優勝してチームが変わったようだ

 第二試合はNTT東日本 vs ENEOS

3回瀧澤のHRでエネオスが先制 
瀧澤

 次の川口に四球を出した所でNTT先発上出大竹に交代

4回NTTは長澤の2ランHRで逆転 
長澤

 ホームランを打たれたが連投の加藤はよく投げていた 

 逆転した所でNTTは大竹から三宮へ交代
4回は抑えたが5回エネオスは川口のタイムリーで同点 

 三宮は次の6回途中まで投げ片山が登板
エネオスは7回途中加藤から柏原と昨日投げたリレー 

 同点のまま9回エネオスは1死二三塁のチャンス
ここで抑えの多田が登板
申告敬遠で満塁とし9番瀬戸西と勝負
ここで瀬戸西がタイムリーヒットを打ち3-2サヨナラ勝ち 
https://baseball.omyutech.com/CupHomePageHistory.action?gameId=20227408979

 決勝戦は東京ガスとエネオス
東京ガスの連覇がかかるし
エネオス決勝では負ていないし面白いカードになった

最後までバッテリーは持たなかったが
肉眼ではちゃんと観れたし
写真をあまり撮れないと
スコアの記入ミスが減るのがプラスだと
考えるようにしよう。

2022年7月26日 (火)

カメラ故障で1試合だけ ~都市対抗 第9日 東京ガス vs JR東日本~

都市対抗準々決勝の東京ガス vs JR東日本を観戦 

観戦していたら試合序盤で撮った写真に
影が映ってしまう故障発生
何枚か撮ると影が少ない写真もあったので
途中からズームにしないで写真を撮ってみた
市川

試合は2回北本の2ランHRで東京ガスが先制
このHRが都市対抗での
東京ドーム通算2000号らしい

JR東日本は打たれた市川を諦め早めの継投
リリーフ陣が踏ん張り2点差のまま 

6回JR東日本は東京ガス先発益田から
菅田のタイムリー で1点返す

ここで益田は交代
もう少し投げて欲しい展開だったけど
ここまで良く投げた

2番手寺沢から杉崎がタイムリーで同点
2死満塁となり3番手臼井に交代
代わった臼井から渡辺
2点タイムリーでJR東日本が逆転
渡辺

6回から登板していた小谷野
東京ガス打線を抑えていたが
9回北本のこの日2本目のHRで1点差 
北本

次の石川を四球で出した所で小谷野は交代
交代させてもおかしくない場面だけど
小谷野はJR東日本のエースだから
ここでは続投かと思った

5番手西田にヒットを打たれピンチを広げて
1死後地引のタイムリーで同点 
プレー中あまり感情を出さない地引にしては
大きく喜んでいた
地引

次の加藤の所で代打建部がファーストゴロ
ダブルプレーを狙い菅田は二塁に送球したが
途中出場のショート糸野が捕球出来ず
エラーで二塁ランナーが生還し東京ガスが再びリード

一塁ランナーの地引が死角になって
捕球出来なかったかもしれないが痛いエラーだった 

その裏臼井が抑え5-4で東京ガスの勝利 
https://baseball.omyutech.com/CupHomePageHistory.action?gameId=20223510606

拮抗した良い試合だったがカメラが壊れてた事で
テンションの低いままの観戦だった
どこかに収納した以前使っていたカメラを探す為
2試合目はチケットは購入済みだったが断念

物はいつか壊れるし旅先でくらうよりは良いが
都市対抗中に壊れるのは勘弁して欲しかった。

2022年7月25日 (月)

通し券だけど2試合だけ ~都市対抗 第8日~

高校野球観戦と仕事で間をおいて再び都市対抗
第一試合はNTT東日本 vs 日本新薬
出先からなので2回から観戦

3回井上のソロHRでNTT先制
井上

更にヒットの保坂が三塁まで進み
丸山のサードで挟殺プレーとなったが
プレーに関与しない
キャッチャー千葉と保坂が接触し
走塁妨害で追加点

このプレーで小松は気落ちしたのか
内山のタイムリーツーベースで3点目
ここで山上に代わったが
中村のタイムリーでこの回4点

4回新薬はサード伊東のエラーで1点返す

NTT先発は5回1失点
球数は多かったが自責点はゼロだし安定していた
長身細身なのでロングパンツが似合う
堀

5回内山のソロHRで再び4点差

7回若林のソロHRで新薬が1点返す
若林は沢山観てる訳ではないがHRをよく観る
若林

その裏代打喜納のタイムリー再びで4点差
7回途中から登板の多田が抑え6-2でNTTの勝利
https://baseball.omyutech.com/CupHomePageHistory.action?gameId=20227803404

途中出場の船曳が2安打だった
舩曳

第二試合はミキハウス vs ENEOS

2回エネオスは武田の右中間の打球を
堅田が途中で見失いスリーベース
次の度会のタイムリーで先制
度会

この後柏木のタイムリーツーベースで2点目
次の瀬戸西の内外野の間のフライを捕れずエラーで二三塁
四球で満塁となり川口のセカンドゴロ
ホームゲッツーを狙ったが
井上が一塁に悪送球で2点追加

3回にも度会のHRでエネオスがリードを広げる

この回で高橋(康)は交代
味方の守備にだいぶ足を引っ張られた
高橋(康)

エネオス先発関根は5回無失点で交代
ピンチはあったが切り抜け
大量点もあり余力を残しての交代だった

ミキハウスも補強の與座が2回途中まで
與座の残したピンチを仲尾が抑え味方の反撃を待つ
仲尾

ミキハウスは7回井上8回西川
タイムリーツーベースで2点返したが

5-2でエネオスの勝利
https://baseball.omyutech.com/CupHomePageHistory.action?gameId=20227454379

関根の後はお試しリリーフが登板
3番手の本間は大学代表とのオープン戦で
投げなかったのでエネオスのユニでは初見
失点したが観る事が出来て良かった
本間

1日通し券を買っていたので第三試合も観るつもりが
諸事情によりここで帰宅
どちらもワンサイドぎみな試合だったが
それでも楽しめた。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

07 生観戦 アマ野球 07 生観戦 二軍 07 AMATEUR野球 07 MLB 07 NPB 08 生観戦 MLB 08 生観戦 その他 08 生観戦 アマ野球 08 生観戦 一軍 08 生観戦 二軍 08 AMATEUR野球 08 MLB 08 NPB 09 生観戦 アマ野球 09 生観戦 一軍 09 生観戦 二軍 09 生観戦 MLB 09 生観戦 WBC 09 AMATEUR野球 09 MLB 09 NPB 09 WBC 10 生観戦 アマ野球 10 生観戦 一軍 10 生観戦 二軍 10 生観戦 独立リーグ 10 AMATEUR野球 10 MLB 10 NPB 11 生観戦 アマ野球 11 生観戦 一軍 11 生観戦 二軍 11 AMATEUR野球 11 MLB 11 NPB 12 生観戦 アマ野球 12 生観戦 一軍 12 生観戦 二軍 12 生観戦 独立リーグ 12 生観戦 MLB 12 AMATEUR野球 12 MLB 12 NPB 13 生観戦 アマ野球 13 生観戦 一軍 13 生観戦 二軍 13 生観戦 WBC 13 AMATEUR野球 13 MLB 13 NPB 13 WBC 14 生観戦 アマ野球 14 生観戦 一軍 14 生観戦 二軍 14 生観戦 独立リーグ 14 生観戦 MLB 14 AMATEUR野球 14 BCリーグ 14 MLB 14 NPB 15 生観戦 アマ野球 15 生観戦 プレミア12 15 生観戦 一軍 15 生観戦 二軍 15 AMATEUR野球 15 BCリーグ 15 NPB 16 生観戦 アマ野球 16 生観戦 一軍 16 生観戦 二軍 16 生観戦 独立リーグ 16 AMATEUR野球 16 NPB 17 生観戦 アマ野球 17 生観戦 一軍 17 生観戦 二軍 17 生観戦 独立リーグ 17 生観戦 WBC 17 AMATEUR野球 17 NPB 18 生観戦 アマ野球 18 生観戦 一軍 18 生観戦 二軍 18 生観戦 独立リーグ 18 生観戦 MLB 18 AMATEUR野球 18 NPB 19 生観戦 アマ野球 19 生観戦 一軍 19 生観戦 二軍 19 生観戦 独立リーグ 19 生観戦 MLB 19 生観戦プレミア12 19 AMATEUR野球 19 NPB 20 生観戦 アマ野球 20 生観戦 一軍 20 生観戦 二軍 20 生観戦 独立リーグ 20 AMATEUR野球 20 NPB 21 生観戦 アマ野球 21 生観戦 一軍 21 生観戦 二軍 21 生観戦 独立リーグ 21 NPB 22 生観戦 一軍 22 生観戦 二軍 22 生観戦 学生野球 22 生観戦 独立リーグ 22 生観戦 社会人野球 22 NPB サッカー サッカーユニフォーム ドラフト 今までありがとう 俺のプロスペクト 旅行・地域 日々の出来事 草野球 野球場 10(中国・四国) 野球場 1(北海道・東北) 野球場 2(北関東) 野球場 3(埼玉) 野球場 4(千葉) 野球場 5(東京) 野球場 6(神奈川) 野球場 7(甲信越・北陸) 野球場 8(東海) 野球場 9(関西) 野球場 11(九州・沖縄) 野球場 12(その他) 野球観戦 まとめ