フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

検索

無料ブログはココログ

12 MLB

2012年12月 1日 (土)

無事に渡米できますように

日刊スポーツに DeNA を自由契約になった小林(公)が
CLEをマイナー契約のニュースが出ていた。
http://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/p-bb-tp2-20121201-1053984.html

歩幅が広い独特のフォームでコントロールがイマイチの素材型の投手だし
アメリカの方が育成出来るのかも。
Kobayashi_k

チームとしてもCLEはかつて日本ハムの多田野も所属していたし
元読売ドラフト1位の村田透も居る(居た)ので
日本人投手も初めてではないので期待もてそう。

心配なのはマイナー契約なので開幕前にちゃんとビザが下りるか。
かつてマイナー契約した選手がビザが下りずに渡米できずに
断念するニュースをたまに見る事がある事。
どうか無事にビザが下りますように。

2012年6月 4日 (月)

赤いCWS SEA@CWS

今年のCWSはホームの日曜日に赤いユニフォームを着てプレーするようで
何時かは観たいと思っていたらちょうどSEA戦とういう事で
J SPORTS で中継があった。

72年に赤いユニフォームの時代があったそうで
その時代の復刻という事で背番号の数字がやたらデカい。

スパイクやキャッチャーの防具なども赤だし
ラミレスフラワーズはバッテインググローブにまで赤が入っていて
ボーっと見ているとCWSには見えない。

それなの日本語放送の谷口橋本コンビは赤いユニフォームに全くのスルー。
この二人がいかにCWSに興味がないかが判る。

先発はセール。15奪三振の前回ほどではないけれど今日も好投。
2回にオリボに2ランHRを浴び先制点を奪われる。

打線は対戦相手のミルウッドがコントロールがイマイチで
リズムが悪いのにイマイチ攻めきれない。
それでも2回3回に1点づつ加点し4回に2点入れて逆転。

セールが終盤SEA打線の淡白な攻撃にも助けられ4-2で完投勝利。

この試合では福留も先発出場していたけどスイングした時に
背中を痛めたようで1打席フォアボールで交代。
今の成績を観ると何時リリースされてもおかしくない状態で
更に故障となると自分が中継でCWSの福留を観るのは最後になるかも。

2012年5月29日 (火)

違いの判らない男(自分) CWS@TB

NPBは交流戦がスカスカ日程で開いているので
スカパーの録画中継のCWS@TBを観戦。

先発がTBが松井の昇格で番号が気になるムーア
CWSがセールの23歳同級生左腕対決。

4回に牽制で刺し損ねたゾブリストロバソンが返して先制される。
先制されても今はチームに勢いがあるようで6回にダンの16号2ランHRで逆転。
HR量産中のダンは今季本来のダンに戻っている。

先発セールが8回途中まで投げて1失点15奪三振の快投。
サイドスローなので中継ぎの方が適正があると思っていたので
今季は先発で活躍してるのは嬉しい意味で予想外。

クレインを挟んで最後はリードが締めて1-2で勝利。
これで6連勝。今年はチーム再建中のはずなのに結構頑張っている。

今日のCWSの帽子はマークが白ではなく黒っぽく見える帽子だった。
どうやらメモリアルデーという祝日なのでいつもと違う帽子を被っているようで
よく見るとTBも微妙にいつもと違う帽子だった。

去年か一昨年はマークが星条旗の赤と青を使っていて判り易かったけど
今年のはいつもと同じ帽子を汗でマークが
黒っぽく見えのかな?って程度にしか違いが判らない。
出来る事ならもう少しわかりやすく変えて欲しいな。

2012年5月15日 (火)

まさかの逆転勝ち DET@CWS

スカパーの契約を変更したので J SPORTS 4 も観る事が出来るようになった。
という事で仕事終わりで録画しておいた DET@CWS を観戦。

先発のダンクスが相変わらずイマイチ。今日も4回持たずにに降板。
マッチアップが今年の新人王候補のスマイリーだったので
明らかに負け試合の展開。

二番手で投げたスチュワートの好投とビシエドのHRで
1点差まで詰めたところでスマイリーも降板。

前評判の高かったスマイリー。キレのあるボールを投げる良い左腕だけど
この試合ではそれ程の出来でなかったので助かった。

スマイリーが降板した6回に珍しくCWS打線がつながり逆転。
最後は暫定抑えのリードが締めて7-5で勝利。

リード
は今年のCWSのトッププロスペクト。
90マイル後半の速球にスライダーも結構良い。
コメンテーターの出村さんも言っていたけど
確かにパーシバルっぽいフォームだった。

同地区の相手に今日のような逆転勝ちは大きい。
ただもう少しテンポの良い試合を観たいところだけど
若手中心の今のチーム編成を考えるとそこまで要求するのは難しいのかな。

2012年4月22日 (日)

TVで観ていても緊張 CWS@SEA

昨日もこのカードの中継があったのに気がつかず見逃したCWS@SEA 。
今日は見逃さずに早朝からTV観戦。

先発はハンバー。速球とカーブのコンビネーションが絶妙。
主審のストライクゾーンがワイドなのを生かして完璧なピッチング。

打線は2回にコネルコのHRで先制。3回もコネルコのレフトオーバーのシングルと
ピアジンスキーのライト前で2点追加。そのあとも追加点のチャンスはあったものの
SEA先発のビーバンを打ち崩せずこの回の得点は2点のみ。

因みに今日9番ショートで先発出場だった川﨑ビーバン
日本語で 『 攻めていけ!』 と声をかけていたけど理解出来たのかな?

ハンバーの安定感ある投球は続いてパーフェクトピッチング。
9回の先頭打者ソーンダースに3ボール0ストライクとなったものの三振に取り
オリボの代打ジェイソもフライアウトで川﨑のところにも代打のライアンが登場。

3ボール2ストライクからボール球をハーフスイングをとられて三振。
ピアジンスキーが後ろにこぼしているのを
審判に抗議して気が付くのが遅れて振り逃げならず 0-4でCWSの勝利。
そしてハンバーがMLB21人目の完全試合達成。

きっと川﨑なら同じ場面で審判に抗議する前に一塁まで全力で走りそうだから
CWSファンの自分にとってはライアンを代打で出してくれて助かった。

ハンバーのピッチングが良かったのはもちろんだけど
審判のワイドなストライクゾーンや4回以降のCWSの淡白な攻撃も
投球リズムを崩すことなく投げられた要因かも。

TVで観ていて緊張すような試合。
当初は長野に墓参り&社会人野球観戦で出かける予定が
天気予報が怪しいので中止にしたので観る事が出来た。
普段は野球観戦の敵ともいえる雨だけど今日の雨(の予報)は
自分にはホントに恵みの雨だった。

2012年4月21日 (土)

背番号無し NYY@BOS

フェンウェイ100周年という事で当時のユニフォームのデザインのNYY@BOS。
当時のユニフォームには背番号無しなので選手が判りにくい。

試合前のセレモニーでは判りやすいように往年の選手達の背番号の上に
当時は無かった筈の名前が入ってるユニフォームを着ているんだから
せめて背番号くらいは付けても良いと思うのは自分だけなのかな?

BOSのユニフォームは胸に REDSOX と入っているけど
帽子はマークなしの真っ白い帽子。
ストッキングは白くて上の方に赤いラインが入ってる。

NYYはグレーのユニフォームでNYマークが入ってる。
帽子はグレーにつばが紺色でNYマーク。この帽子売っているならちょっと欲しい。
ストッキングには赤系統のラインが2本入ってる。
何時ごろまでライン入りのストッキングを履いていたんだろう?

NYYがターンバッククロックユニフォームで試合をしたのは
ほとんど聞いたことが無いけどひょっとしてこれが初?

試合はBOSのバックホルツが被弾連発。
全部ソロだけど5本浴びて7回途中で降板。
回転よさそうな速球を投げているので
ある程度のHRを打たれるのは仕方がないけど今日はちょっと打たれ過ぎ。
折角のイベントゲームを勝利で飾れなかった。

一方のNYY先発のノバは連勝記録を更新中。
見栄えの良いピッチャーじゃないけど勝ち運がある。
6回を投げて2失点。そのうち1点はスウィッシャーが太陽に負けて
フライを取り損なったツーベースもあるので実質1失点。安定感があるな。

8回途中から登板した田澤は今季初登板。
ランナーを背負っての登板でそのピンチも切り抜けて無失点。
今日の内容だと崩壊しているBOSのブルペン陣で貴重な戦力になりそう。

最終スコアは2-6でNYY。
BOSは投打に問題山積で、しかもバレンタインの暴言でさらにガタガタ。
良い選手は多いし時間が経てば立て直されるんだろうけど
今はその気配が全く見えてこない。
好きなチームでもなんでもないのに心配になる程酷いな。

2012年4月17日 (火)

なぜこのカードを中継? DET@KC

何故か今日の J SPORTS のMLB中継は
DET@KCというなかなか地味なカード。
しいて言えばDETの先発が去年のMVPのバーランダーだったからかな。
個人的にはこういう試合の中継が増えるとありがたい。

KCの先発は左腕のダフィー。いきなりジャクソンに先頭打者HR。
その後もコントロールが怪しかったけど、何とか失点は1点だけで切り抜ける。

バーランダーの先発だしこの1点で試合は決まっちゃうかもと思ったら
KCも先頭打者のゴードンのツーベースを生かしてバトラーのRBIシングルで同点。
中継で言っていたけどバトラーバーランダーに相性が良いらしい。

2回以降はダフィーも立ち直り好投。今日のDET向けのFOXの中継では
常時スピードガン表示がなかったので球速は判らないけど、
ダフィーの速球はキレがありコントロールも初回以外はまずまず。
変化球としてはスライダーが低めに決まるとなかなか打てない。
次に何時KCの中継があるかわからないけど、とりあえずダフィーは覚えておく。

バーランダーも2回以降は完璧。8回までほとんど得点の気配も無い。

5回にインジの2ランHRでDETがリードしてからはこのまま終わると思えたら
100球を超えても9回のマウンドに上がったバーランダーのコントロールが
微妙に乱れて1点差まで迫られ2死満塁のピンチ。
ただ、ゴードンを見逃し三振に抑えて2-3でDET。
バーランダーは完投で今季初勝利。

自分の契約では現在観られないけど今日はもう1試合
J SPORTS 4 ではハラデーvsリンスカムのマッチアップを中継したりしてるし
今年は日本人に偏らず、MLB中継のカードが魅力的。
来月から契約を切り替えて J SPORTS 全チャンネルが
観る事が出来るようにしようかホントに悩むくらい。

2012年4月 8日 (日)

ベンチュラ監督初勝利 CWS@TEX

イースタンの観戦から帰って出かける前まで観ていた
CWS@TEXの続きをTV観戦。

ダルビッシュ目当てでTEX戦をNHKが現地から中継してくれているので
開幕からCWS戦の中継を観る事が出来る。

TEXとの開幕シリーズが自分の応援するCWS戦に組んでくれた
MLBの担当者にホントに感謝したい。

昨日は一度は追いついたもののすぐに逆転されているので
連敗は避けたい第2戦目。

先発はピービー。サイヤングをとったかつての勢いは
ないけれど今日はまずまずのピッチングで6回3失点。
守備に足も引っ張られながら気合を入れながら良く投げていた。

打線はコネルコの打点でリードしても追い付かれる展開が2度。
現在のチーム力からいえば明らかに負けゲームの雰囲気。

そんな悪い流れを9回にリオス
MINから移籍のクローザーのネイサンからソロHRで断ち切る。
9回裏はサンティアゴが抑えて3-4で今季初勝利。

NHKの中継でも言っていたけど実績のないサンティアゴ
このままずっとクローザーとして投げ続けるかは微妙。
かといってソーントンはクローザーとしては去年駄目だったし
サンティアゴが駄目なら昨日投げたプロスペクトの
リードあたりがクローザーの昇格するんだろう。

昨日チラッと中継を観た時はベンチュラがベンチからほとんど動かなかったので
確認できなった背番号は現役時代と同じ23番。
他の番号を付けていたらどうしようとか思ったけどまあ良かった。

2012年4月 5日 (木)

黄緑のフェンス STL@MIA

MLBも今日から本土開幕。
開幕戦は1ゲームのみで新球場のマーリンズパークでのSTL戦。

新球場は開閉式の天然芝のドームでセンター最深部が128Mあったり
メカジキのモニュメントが左中間にあったりいろいろ球場の特徴があるけれど
自分が一番気になったのはフェンスの色が黄緑色な所。

まるでアニメやTVゲームの球場みたいな人工的な色。
他にこんな色の球場なんてあるのかな?

新球場移転に伴い球団名も
フロリダからマイアミ変更になったのでユニフォームも変更。
オレンジをメインに青や黄色を使ったカラフルなデザインになっている。
去年までの縦じまのユニフォームが好きだったのでチョット残念。
まあ、1チーム位変わったユニフォームがあっても良いかも。

試合はSTL先発のローシュが好投し6回までノーヒット。
去年のポストシーズンで活躍したフリース
先制打を含む3安打の活躍などがあり1-4でSTLの勝利。

プホルスの穴はひとりでは埋められないけれど、
フリースはその部分の多くを埋められるかも。

大型補強をしたFLA改めMIA(この略であってる?)。
レイエスの加入でサードに移ったラミレス
三遊間のゴロをレイエスに任せようとスルーして
ヒットにしてしまったりサードにまだ慣れていない印象。
キャラ的にオフの練習が足りないように見えてしまう。

ここ数年FLAの中継をほとんど観る事の無かったので知らない選手が沢山。
今日の中継では目立った活躍はなかったもののスタントンモリソンといった
長打力が魅力な若手が居るのが確認できたのが
今日の中継を観たプラス材料。今度の中継でも気にしておく。

あと、代打でオースティン・カーンズも確認。
CIN時代はダンと共に期待されていたのに今じゃすっかりジャーニーマン。
何だったらCWSでもう一度ダンとビックデュオを組んでくれたら面白かったかも。
まあ、去年の状態のダンならとてもふたりともビックとは言えないれど…。

2012年2月16日 (木)

生で観ていたセスペデス

福留がCWSに決まる前に出ていたMLBのニュースで
キューバから亡命していたセスペデスが
4年約28億でOAK入りのニュースが出ていた。

そのニュースを観た時は忘れていたけれど、
2010年日本で行われた世界大学野球選手権の
日本戦で5番ライトで出場しているのを生で観ている選手だった。
Cespedes

その試合でロッテのドラフト1位藤岡からのHRを含む3安打していたけど、
キューバ打線がみんな凄すぎてセスペデス自体は何と無くしか覚えていない。
何と無くの記憶では強打者だった筈。

ところで素朴な疑問として何で獲得したのが
金欠のOAKかな?という印象がある。

OAKでキューバ人だと90年代後半くらいに入団して
期待を裏切って活躍できなかったピッチャーのプリエト位しか印象にない。
プリエトはアメリカの生活に順応できずに活躍できなかった印象だけど、
セスペデスはちゃんと順応して活躍できるかな?

日本で行われる公式戦の第1戦を観に行く予定なので
セスペデスも出場してくれたら主力放出で観たい選手が少なくなった
OAK側の楽しみのひとつになるんだけどな。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

07 生観戦 アマ野球 07 生観戦 二軍 07 AMATEUR野球 07 MLB 07 NPB 08 生観戦 MLB 08 生観戦 その他 08 生観戦 アマ野球 08 生観戦 一軍 08 生観戦 二軍 08 AMATEUR野球 08 MLB 08 NPB 09 生観戦 アマ野球 09 生観戦 一軍 09 生観戦 二軍 09 生観戦 MLB 09 生観戦 WBC 09 AMATEUR野球 09 MLB 09 NPB 09 WBC 10 生観戦 アマ野球 10 生観戦 一軍 10 生観戦 二軍 10 生観戦 独立リーグ 10 AMATEUR野球 10 MLB 10 NPB 11 生観戦 アマ野球 11 生観戦 一軍 11 生観戦 二軍 11 AMATEUR野球 11 MLB 11 NPB 12 生観戦 アマ野球 12 生観戦 一軍 12 生観戦 二軍 12 生観戦 独立リーグ 12 生観戦 MLB 12 AMATEUR野球 12 MLB 12 NPB 13 生観戦 アマ野球 13 生観戦 一軍 13 生観戦 二軍 13 生観戦 WBC 13 AMATEUR野球 13 MLB 13 NPB 13 WBC 14 生観戦 アマ野球 14 生観戦 一軍 14 生観戦 二軍 14 生観戦 独立リーグ 14 生観戦 MLB 14 AMATEUR野球 14 BCリーグ 14 MLB 14 NPB 15 生観戦 アマ野球 15 生観戦 プレミア12 15 生観戦 一軍 15 生観戦 二軍 15 AMATEUR野球 15 BCリーグ 15 NPB 16 生観戦 アマ野球 16 生観戦 一軍 16 生観戦 二軍 16 生観戦 独立リーグ 16 AMATEUR野球 16 NPB 17 生観戦 アマ野球 17 生観戦 一軍 17 生観戦 二軍 17 生観戦 独立リーグ 17 生観戦 WBC 17 AMATEUR野球 17 NPB 18 生観戦 アマ野球 18 生観戦 一軍 18 生観戦 二軍 18 生観戦 独立リーグ 18 生観戦 MLB 18 AMATEUR野球 18 NPB 19 生観戦 アマ野球 19 生観戦 一軍 19 生観戦 二軍 19 生観戦 独立リーグ 19 生観戦 MLB 19 生観戦プレミア12 19 AMATEUR野球 19 NPB サッカー サッカーユニフォーム ドラフト 俺のプロスペクト 旅行・地域 日々の出来事 草野球 野球場 1(北海道・東北) 野球場 2(北関東) 野球場 3(埼玉) 野球場 4(千葉) 野球場 5(東京) 野球場 6(神奈川) 野球場 7(中部) 野球場 8(関西) 野球場 9(中国・四国) 野球場 10(九州・沖縄) 野球場 11(その他) 野球観戦 まとめ