フォト
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリー

検索

無料ブログはココログ

野球場 11(九州・沖縄)

2023年3月 1日 (水)

ビーラインスポーツパーク姶良野球場 ~おいどんカップ 読売 vs 鹿屋体育大~

平和リースから移動し
ビーラインスポーツパーク姶良野球場へ
2023-03-01_15-03-28_526

姶良球場は両翼95Mセンター120M
内野が土で外野が天然芝
2023-03-01_15-05-25_114

スコアボードは反転式
ヒットやエラーの合計が無いのは残念だが
選手名があるだけ助かる
IMG_4907

観客席はバッネット裏に屋根付きロングシート
一三塁側から外野は芝生席
2023-03-01_14-01-40_230

観戦したのは第二試合の読売 vs 鹿屋体育大
読売はほとんど育成の三軍
それでも地方での人気は凄く
バックネット裏は立ち見の人が居る位の混雑
2023-03-01_14-01-06_897

九州自動車道の姶良ICから5分くらいだったが
球場に沢山人が入っていれば
公園内の駐車場も球場近くは一杯で
少し離れた駐車場に止めたので
球場に入るまでは少し時間がかかった

鹿屋体育大は初見
全国唯一の国立体育大らしい

国立大だけあって
出身校は賢そうな学校が多かった

試合は両先発の好投で投手戦

3回読売は相澤のHRで先制
高校野球に疎いので知らなかったが
桐蔭学園出身の新人だった
相澤

失点はしたが鹿屋体育大先発
森田は5回1失点の好投
ピッチングだけでなく守備でも良い動きで
体育大の学生らしく身体能力の高さを伺わせた
森田

読売先発山本は3回無失点で交代
去年二軍で好投を観たけど
育成落ちしていた

4回鹿屋体育大は2番手髙田から
中村のHRで同点
中村は鹿児島の高校出身らしく
打席に入るたび拍手がされていた
中村

この後がレフト線のツーベース
バッテリーエラーが2つ続き
鹿屋体育大が逆転

5回から読売は太田が登板
太田も鹿児島出身なので
アナウンスされると拍手があった

5回は抑えたが6回ヒットとエラーで一二塁

エラーしたのはサードスタメンのティマ
去年観た時は外野だったが今日はサード
前の回のツーベースも動きのいい選手なら
捕れそうだったし内野守備には課題が多そう
ティマ

この場面で4番
タイムリーツーベースで
鹿屋体育大がリードを広げる
原

事前に鹿屋体育大を調べたら
原は評判の良い選手との事だったが
今日は2本のツーベースに守備でも良い動きだった

この後内野ゴロと
窪田のタイムリーでこの回3点

その裏読売は2番手小川から
笹原のタイムリーツーベースで1点返すが
笹原は三塁でアウトになり
一旦ランナーは居なくなったが
保科のタイムリーでもう1点
しかし菊田のダブルプレーで
この回5連打を打ちながら2点止まり

一方鹿屋体育大は7回中村タイムリー
8回窪田の犠飛で追加点

この後リリーフ陣が1回づつ抑え
7-3で鹿屋体育大の勝利
https://oidoncup.com/wp-content/uploads/2023/03/%E5%A7%B6%E8%89%AF-2_0301.pdf

科学的アプローチでは名前は聞くが
野球では有名で無い大学だったので
まさか勝利を観られるとはお思わなかった

これで自分の薩摩おいどんカップは終わり
天気が良かったので4日間で7試合を5球場で
大学・社会人・独立・NPB・WBCと
5つの異なるカテゴリーを観る事が出来た

今回初めてレンタカーを借りて
観戦旅行をしてみたが
アクセスに難がある地方球場周りには非常に便利
いつもより高くついたが良いチョイスだった。

ビーラインスポーツパーク姶良野球場
〒899-5652 鹿児島県姶良市平松2392

2023年2月28日 (火)

湯之元球場 ~おいどんカップ 中国代表 vs 大分B-リングス~

薩摩おいどんカップ3日目は湯之元球場へ
2023-02-28_13-29-38_146

湯之元球場でWBC中国代表は
キャンプを行っているようで
おいどんカップの中国戦の多くが
湯之元球場で行われる
2023-02-28_13-25-15_993

内野が土で外野が天然芝
両翼92Mセンター120Mと狭いが
外野にスタンドは無いし
ライトにはサブ球場があるので広げるのは無理そう
2023-02-28_13-49-33_753

スコアボードはカラーの電光
スピードガンは無いがひと通り揃っている
中国代表はカタカナ表記で
真砂もカタカナだった
IMG_3627

スタンドはバッネット裏は屋根付きロングシートだが
一三塁はコンクリートなのでクッションは持参した方良い
2023-02-28_14-34-17_486

市来ICから車で5分くらいで
地図で見ると湯之元駅から徒歩10分くらいのようなので
車でも鉄道でもアクセスは良さそう

試合はWBC中国代表 vs 大分B‐リングスで共に初見

この試合中国代表は特別ルールてDHが二人の10人打ち
草野球などでは人が多めに集まるとあるが
まさか代表レベルの試合で観るとは思わなかった

立ち上がり中国先発伊健はコントロールが不安定
連続四球に内川のセカンドゴロが変な回転がかかり
羅綿駿が捕球出来ずエラーで大分が先制

内川は試合前ノックを打ったり
交代した後一塁コーチャーに入ったり
大会のパンフだと兼任にはなっていないが
選手よりコーチの比重が多く
チームに参加している印象
内川

この回さらに小田のタイムリーと
川上のタイムリーツーベースでこの回3点

その裏中国代表は陳晨のタイムリーツーベース
長身だが走り方から身体能力は高そう
陳晨19

次の曹傑のタイムリーでもう1点返す

大分先発は球速のなさそうな左腕なので
身体能力の高い中国代表に打ち込まれた

2回大分は久保田のタイムリーで追加点
3回中国代表の真砂の犠飛で再び1点差

伊健も中盤立ち直り中盤得点無し
辻は緩い変化球が決まり中国打線から空振りが増えた

7回に初回に打ったと同姓同名別人の陳晨がツーベース
セカンドゴロで三塁進塁し
韓嘯のセカンドゴロを中野が弾きエラーで同点

はこの回で交代
この時期に7回までよく投げたし
初回以外はエラーの絡んだ失点だった
辻

8回登板の中国代表3番手張彦倫が1回三者凡退無失点
張彦倫はシンガポール出身
コントロールは怪しかったが
力強いボールで良い投手だった
張彦倫

同点の9回大分は新太郎がヒットと盗塁で二塁に進み
羽立のタイムリーツーベースで再びリード
羽立は攻守で精彩を欠くプレーがあったが
ここは良い仕事をした
羽立

その裏中国代表は李宁のフェンス直撃のツーベースに
ボークで三塁まで進塁したが
この回から登板の北方が抑え3ー2で大分勝利
https://oidoncup.com/wp-content/uploads/2023/03/%E6%B9%AF%E4%B9%8B%E5%85%831_0228.pdf

試合には勝ったが大分は守備にミスが多かったり
打者がカウントを間違えたり
現時点では問題のありそうチームだったが
内川がプロとしてのメンタリティを
注入すれば変わっていくのかな?

この試合以前に行われていた
中国代表の試合結果からの推測だと
強豪クラブチーム位の実力だと思っていたが
守備力は劣るが打力は上回っている印象
WBCではどんな結果になるかな?

湯之元球場
〒899-2201 鹿児島県日置市東市来町湯田2041

2023年2月26日 (日)

薩摩川内市総合運動公園野球場 ~おいどんカップ パナソニック vs 火の国サラマンダーズ~

伊集院から移動し薩摩川内市総合運動公園野球場へ
2023-02-26_16-15-22_067

薩摩川内球場は両翼97.5Mセンター122M
内野が土で外野が天然芝
風が抜けやすいようで強く
フライが上がると影響を受けて大変そうだった
2023-02-26_14-58-47_120

スコアボードは電光でスピードガンもあるが
今日の表示を見ると球速は若干辛いかも
IMG_1739

観客席は多く距離がとれるので
コロナ渦の野球観戦には最適
外野は芝生席だった
2023-02-26_14-08-26_431

かつてはロッテの二軍キャンプが行われていたようで
その影響なのか球場内の自販機には
ロッテの図柄もあった
2023-02-26_14-59-51_976

薩摩川内都ICからは20分くらいだった
総合公園内に駐車場は沢山あるが
日曜日で各施設催し物があったのか混んでいた

当初は空港から薩摩川内球場に移動し
観戦する予定だったが予定変更し
伊集院で1試合を観てからなので2試合目から

その第二試合はパナソニック vs 火の国サラマンダーズ

伊集院から移動するなら同じ市内の
湯之元球場への移動が近くて楽だが
離れた薩摩川内まで来たのは
火の国サラマンダーズが観たかったから

火の国サラマンダーズは九州の独立リーグのチーム
いつかは観たいと思っていたが
独立リーグ目当てで旅行の計画は立てずらく
今回丁度良い機会だった

伊集院の方が試合時間が遅かった為
移動して最初からは間に合わず1回裏途中から

観戦してすぐでパナソニックが
上田のタイムリーで先制
上田

4回にも三宅のタイムリーツーベースで追加点

パナソニック先発後藤は5回無失点
初回は観ていないが観戦した2回以降
危なげないピッチングだった
後藤

後藤の後6回から2番手で定本が登板
去年の神宮大会では関西大は観たが
定本の登板は観られなかったので初見

その定本から火の国は中山が四球の後盗塁とエラーで三塁進塁し
柏木のセンター前のフライが風の影響でヒットになり1点返す

定本は2回1失点
エラーもあるので自責点はゼロだと思う
定本

火の国7回から3番手宮澤が登板
東海大札幌時代に観た事があった
今日は2回ノーヒット無失点
火の国の登板した登板の中では1番良かったかも
宮澤

パナソニックは定本の後
鈴木柏野も抑えて2-1で勝利
https://oidoncup.com/wp-content/uploads/2023/02/%E5%B7%9D2_0226.pdf

今日のパナソニックのメンバーは若手中心のようだが
やはり独立リーグと比べると社会人の強豪は強い

火の国で気になった選手は
キャッチャーでスタメン出場していた深草
強肩で盗塁阻止1つ
投げている所を写真に撮りたかったが
6回で交代して撮り損ねた
深草

関西の社会人と九州の独立リーグの試合を
関東に住む自分には滅多に観る事が出来ない
そんな機会を与えてくれてるおいどんカップは
本当に有難い。

薩摩川内市総合運動公園野球場
〒895-0077 鹿児島県薩摩川内市運動公園町3030

伊集院総合運動公園球場 ~おいどんカップ エイジェック vs 新海屋~

薩摩おいどんカップを観戦するために鹿児島へ

おいどんカップは大学・社会人・プロを交えた
カテゴリーを超えた交流戦

今年から始まり色々なカテゴリーや
複数の球場を観戦出来るので個人的には非常に魅力的
年度末は近いが何とかまとまった休みも取れた

最初の観戦試合は伊集院総合運動公園球場へ
2023-02-26_10-15-11_910

伊集院球場は両翼95Mセンター120M
内野が土で外野が天然芝
2023-02-26_11-28-49_884

スコアボードはライト寄りにあり電光
IMG_1271

スタンドはバックネット裏に少々
一三塁側は芝生席
屋根はバックネット裏後方で
照明はある
2023-02-26_11-32-18_293

あとブルペンがグランド内になく
外に出た3塁側の所にあるのが特徴
2023-02-26_11-31-22_196

あとは正式名称なのか
伊集院勤労者体育施設野球場の看板が
球場正面にある
2023-02-26_12-42-44_349

アクセスとしては伊集院駅から徒歩20~30分らしいが
今回はレンタカーを借りたので不明
南九州自動車道の伊集院ICから10分位だった

試合はエイジェック vs 新海屋
エイジェックは何度も観ているが新海屋は初見
2021年に出来た宮崎県の水産加工会社のクラブチーム
事前にネットで見た画像だと
セカンドユニフォームは上下紺色だったが
今日のユニホームは上だけ紺色だった

試合前は都市対抗出場経験のある
エイジェック有利かと思っていたが
両先発の好投で投手戦

エイジェック先発森崎は5回をノーヒットで
出したランナーも四球のひとりだけ
この時期の試合だからノーヒットでも
事前の予定通りの継投なんだろう

新海屋先発西山も6回までノーヒット
こちらは7四球とランナーを出しながらだったが無失点
落ちるボールが良いようで決まると三振も取れていた
西山

両チーム無得点のまま8回
新海屋はエイジェック2番手から先頭比嘉がツーベース
犠打で三塁に進み本多の右中間のタイムリーで先制
本多

新海屋2番手徳永はヒットは打たれたが2回を無失点に抑え
9回から登板の3番手今村が先頭を歩かせた後2アウトは取ったが
途中出場山村にスリーベースを打たれ同点
前の打席やこの打席でもヒットのイメージの
無いスイングだったがここはよく打った
山村

このあと四死球でサヨナラの場面だったが
ここは今村が踏ん張り得点を許さず1-1の引き分け
https://oidoncup.com/wp-content/uploads/2023/02/%E4%BC%8A1_0226.pdf

新海屋の初観戦で初勝利が観られるかと思ったが
エイジェックが意地をみせた

新海屋に見覚えのある選手は居なかったが
エイジェック途中出場の若松は独立栃木で観ていた
良い選手だったので栃木を辞めたのは
残念に思っていたがまた観れて良かった
若松

当初立てた計画ではこの試合を観戦予定ではなかったが
滞在中伊集院球場は今日しか観られないので
直前で球場目当てで予定変更
球場巡りだけでなく試合も好ゲームで
この予定変更は大当たりだった。

伊集院総合運動公園球場
〒899-2442 鹿児島県日置市伊集院町野田1792

2022年10月22日 (土)

都城市営球場 ~フェニックス・リーグ DeNA vs ロッテ~

宮崎3日目は都城でロッテ vs DeNA
IMG_8940

都城市営球場は都城駅から徒歩20分弱
途中にイオンモールがあったり
球場近くにパン屋があったり
アクセスと買い物に不便はない

両翼99Mセンターは表示無いが
ウィキペディアによると122Mらしい
内野が土外野が天然芝で屋根と照明は無い
IMG_8941IMG_8943

スコアボードはフルカラーで球速表示もあり豪華
選手が確認するバックネット後ろのカウントも
フルカラーなのは珍しいと思う
IMG_5743IMG_5762

ロッテは鳥越二軍監督が辞めたので
誰が指揮をとるのかと思ったら
来季一軍監督の吉井だった

試合は初回DeNA先発石川が1死二三塁とされ
山本(大斗)の犠飛でロッテが先制
山本(大斗)

更に池田にもタイムリーが出てこの回2点
池田

先制点を取られ序盤不安定だった石川だが
徐々に立ち直り4回2失点
立ち上がりさえ良ければと思う内容だった
石川

一方ロッテ先発は1・2回は抑えたが
3回2本のヒットにエラーで2死満塁
ここでサードスタメンの蝦名がタイムリー
蝦名

ただ二塁ランナー知野が三塁で止まったのに
一塁ランナー梶原は三塁に走り戻れず二塁でアウト
勿体ない走塁だった

石川も4回で交代
共に70球位だったので予定通りの交代なんだろう

DeNA2番手マルセリーノは個人的には初見
最速152キロだがコントロールに難ありで
いきなり四球を出したが福田(光)をダブルプレー
次の植田も抑え1回無失点
球が速いので安定してストライクゾーン付近に
投げられた何とかなるかも
マルセリーノ

マルセリーノの後の阪口が乱調
先頭平沢を四球で出した後4連打
池田には顔近くの死球に和田のタイムリーでこの回2点

阪口の後三浦が2回を1安打無失点に抑えたが
打線は4回から登板の二木
9回から登板の種市に抑えられ1-4で負け
https://npb.jp/phoenix/2022/score1022.html

特に種市には3者連続の奪三振だった
種市

初めて来てみたフェニックス・リーグ
普段観に行きづらいウエスタンのチームもまとめて観る事が出来るし
宮崎はまだまだ未見の球場が沢山あるのでまた今度来たい

今回は旅行支援で安くなったが元の金額で考えると
社会人野球日本選手権と日程が近いので遠征が重なるのは躊躇する
まぁそんな事を言いつつ来年になったら観に行ったりして…。

 

都城市営球場
〒885-0033 宮崎県都城市妻ケ丘町41

2022年10月21日 (金)

天福球場 ~フェニックス・リーグ 広島 vs 日本ハム~

DeNAの試合がある西都へは行かず
日南市にある天福球場で広島 vs 日本ハム戦を観戦 
IMG_7381

ソフトバンクは三軍だけど広島以外の
ウエスタンのファームは一度は観ていたので
広島も観ておきたかった

天福球場は広島がキャンプを行う球場
最寄り駅の油津から徒歩10分弱
列車の本数は少ないがアクセスは良い
因みに油津駅はカープ仕様だった
IMG_7378IMG_7393

両翼99Mセンター122M
内野が土で外野が天然芝で照明は無し
屋根はあるが太陽の方向から午後は日よけにはならなそう
IMG_7382

スコアボードは手書きで選手名は無いが
打順はライトで表示されるタイプ
カウントの横に記録のライトもあったが今日は表示されず
その為この後試合での記録は公式と違う可能性があります
IMG_5016IMG_5017

バックネット後方に反転式の得点表示はあったが
今回は動いていなかった
IMG_4923

試合は序盤広島と日本ハム福島両先発が好投
そんな中3回宇草のタイムリースリーベースで広島が先制
この回で福島交代
3回はスタミナ切れ感はあったが悪くは無かった
福島

広島打線はこの後も追加点を挙げる
4回は柿木から前川タイムリー
6回は北浦から石原のライト横へツーベースに
前川のタイムリー
前川はこの試合4安打の活躍だった
前川

この回更に矢野のセカンドゴロをが後逸
本職ではなので仕方がないかも

日本ハム7回今川のHRでようやく1点返す
今川

広島先発は7回1失点で交代
三菱Westで観て以来だったが安定していた
森

8回広島は2番手でナックルボーラーの坂田が登板
ナックルボーラーを生で観るのは元広島のフェルナンデス以来

ナックルボーラーの多くはコントロール難だが
坂田はだいぶ酷くストライクが入らない
四球4個で押し出し
2死まで持ってきたが
細川に2点タイムリーツーベースを打たれ交代
残念なピッチングだが
ナックルボーラーを観れただけで良かった
坂田

交代した新家も連続四球で押し出し1点差となったが
万波のサードを二俣が好捕しベースを踏んでフォースアウト
二俣は坂田が投げている時
一塁への送球が短くダブルプレーを取り損なったのを挽回した

1点差となったがその裏田村のHRで2点差
登板して直ぐに打たれリズムが狂ったのか齊藤
二俣の2点タイムリー宇草のタイムリーツーベース
この後連続三振で2死まできたが
木下の2点タイムリーツーベースでこの回5点

9回日ハムは3連続四球とチャンスをもらい
今川の犠飛で1点返し細川がライトへタイムリー
細川

ライトの末包が三塁を狙った
一塁ランナー上原を刺しゲームセット
11-7で広島の勝利
https://npb.jp/phoenix/2022/score1021.html

DeNAを蹴って観戦した広島だが
前川・木下・二俣といった関東では観る事が出来ない
育成選手の活躍を観れたし天福に来て良かった。

 

天福球場
〒887-0004 宮崎県日南市天福2丁目10

2022年10月20日 (木)

生目の杜運動公園第二野球場 ~フェニックス・リーグ DeNA vs 中日~

人生初のフェニックス・リーグ観戦で宮崎へ
最初の観戦は生目の杜運動公園にある
第二球場でDeNA vs 中日戦

 生目の杜第二球場はソフトバンクがキャンプを行う
アイビースタジアムの横にあるサブ球場
IMG_7355IMG_7353

アクセスとしては宮崎駅から富吉車庫行きで
生目の杜運動公園北下車し公園内を歩くと球場に着く
途中社会人野球チームを持っている自動車学校の
梅田学園の横を通るので移動でもテンションが上がる
IMG_7343

今回は平日だったので走って無かったが
土日だと生目の杜運動公園行きのバスもあるらしい

両翼100Mセンター122M内野が土で外野が天然芝
スコアボードは電光で得点のみで
バックスクリーンに時計とカウントがある
IMG_4384IMG_4385

座席はバックネット後方と両サイドに
ロングシートが数席あるが
一塁側とバックネットは封鎖し関係者のみで
観戦出来たのは三塁側だけだった

試合はDeNAが髙田で中日が髙橋(宏)が先発
年齢的には同世代だが髙橋は代表にも選ばれているので
フェニックス・リーグだと場違い感はある

案の定DeNA打線は髙橋(宏)を打てず

一方髙田はコントロールに苦しむ厳しいピッチング
1回抑えたが2回無死一塁で石橋の2ランHRで中日が先制
バントを予想して簡単にストライクを取りにいき打たれた

この後四球とヒットで1死一二塁
高橋(周)のバットを折りピッチャーゴロに抑えたが
二塁を確認せず一塁へ送球
ボテボテだったのダブルプレーが取れないと
判断だった可能性もあるがアウトカウントを間違えたかも

この後鵜飼の2点タイムリーでこの回4点

髙田は3回は抑えたが4回に
福元にタイムリーツーベースを打たれ所で交代
3回2/3で四球5個とコントロールが悪く
イニングも稼げなかった
髙田

2番手池谷も5回に岡林にタイムリー
6回に鵜飼にソロHRでリードを広げられる
鵜飼は宮崎でHR量産しているようだ
鵜飼

髙橋(宏)は5回2安打7奪三振無失点
スプリットで空振りが取れるし真っ直ぐにも手が出ないし
点を取れそうな気配は無かった
髙橋(宏)

髙橋(宏)に抑えられるのは想定していたが
中日リリーフ陣からも点が取れない

2番手名古屋大出身の松田は2回無失点
観戦場所はブルペン近くで会話から
肩の調子が思わしくないようだったが
あっさり抑えられた
松田

3番手石川からは3四球とチャンスはもらったが得点ならず
9回はに抑えられ0-7で負け
https://npb.jp/phoenix/2022/score1020.html

ほぼ良い所が無かったDeNAで
3番手の坂本が3回無失点
ただランナーは出しながら何とか抑えた印象
一軍でもバリバリ投げている坂本だったら
もっと完璧に抑えて欲しかった
坂本

あとは外野手の蝦名が試合前サードで
シートノックを受けていたという
レアなシーンを観れた位かな。
蝦名

 

生目の杜運動公園第二野球場
〒880-2101 宮崎県宮崎市跡江4461−1

2018年9月 5日 (水)

KIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎 ~U18アジア選手権 日本 vs 韓国~

9月になったけど、夏季休暇を使い九州へ
宮崎にU18アジア選手権観戦
Ip026

当初は名古屋と京都か神戸を経由して
岡山に行く計画を立てたけど
関西が台風の影響が酷そうだったので予定変更。

急な変更だったけど往きはジェットスターを使ったので
飛行機代の節約になった。

球場はKIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎
Ip023

アクセスは日南線の木花駅から徒歩で10分くらい
無人駅で本数も少ないけど
今大会中は臨時列車が走っていた。

内外野天然芝で両翼100Mセンターは表示無かったけど122Mらしい
Ip028

スコアボードは電光
Img_1001

今大会は球数制限があるので、
試合中は投手の表示は頭文字と球数が表示されていた。
Img_1005 Img_1032

ファールゾーンが広かったりネットが邪魔だったり不満もあるけど
やっぱり天然芝の球場は良い
Ip031

試合は予選ラウンドの日韓戦

日本の先発は金足農業の吉田
140キロ後半のストレートを投げていたが韓国打線に粘られる。

初回1死後フォアボールと
ショート小園のエラーで一二塁
この試合小園は3失策と守備では散々だった。

ここで韓国4番キム・デハンの3ランHRで先制を許す
片手で打っていたのでインコースのボールかと思っていたけど
スポーツニュースで見たら外のボールだった
Kim_d

吉田は6回3失点で安打はHR以外はバントヒットの計2本だけ
一塁ランナーがいる時たまに首を一塁側に向けながら投げる事もあり
右投手なのにランナーが逆をつかれる場面があった
Yoshida

打線は韓国先発のキム・キフンに沈黙
Kim_k

それでも中盤以降はチャンスを作り
6回2番手のウォン・テインから藤原根尾の大阪桐蔭コンビで
一三塁のチャンスを作り牽制悪送球で1点返す。

1点は返したがこの後は繋がらず。

その後もランナーを出しながら
得点は挙げられず1-3で負け
http://www.japan-baseball.jp/jp/team/18u/score/20180905_1/table.html

最終回に根尾が登板
プロで野手でのプレーが濃厚なので観れて良かった
Neo

あとこの試合で目立っていたのが藤原
バッティングだけでなく足が速い
チーム初安打のスリーベースのランニングは躍動感があり
高い評価なのが改めて判った
Fujiwara

2時過ぎに宮崎に着いたので野球以外だと
チキン南蛮を食べて県庁を見たくらい
まぁ宮崎はフェニックスリーグでまた来る事があるだろうから
観光とご当地グルメはその時かな。
Ip018 Ip019


KIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎
〒889-2151 宮崎県宮崎市熊野1443−12 宮崎県総合運動公園

2017年2月21日 (火)

名護市営球場 ~練習試合 日本ハム vs 楽天~

沖縄2日目は名護へ。
名護市営球場は日ハムのキャンプ球場。
このキャンプの後は改装工事があるらしい。
029

両翼が97Mセンターが118M
内野が土で外野が天然芝。
024

スコアボード手書きで文字に少し特徴があるようで
石井の石は上から斜めにつながっていた。
Img_4179 Img_4242

球場の外には大社元オーナーの銅像あるのが
名護と日ハムの親密さが判る。
026

アクセスは高速バスの111か120

試合は日ハムと楽天の練習試合。
試合前にWBCに選ばれている両チーム7選手に花束贈呈。
結果として楽天の則本は出番がなかったから
花束を受け取る為だけに来たみたい。
Img_4168

初回西川の先頭打者HRで先制。
2回に今江のHRで同点。

日ハム先発の吉田は3回を1失点
3回に2個のフォアボールと怪しい出来。
Yoshida

楽天は先発辛島が2回をHRの1点に抑え2番手は菊池
いきなり先頭の西川に2打席連続HRで日ハムが再びリード。
Nishikawa

更にレアードの3ランHRで5-1

4回から斎藤が2番手で登板。
先頭のウィーラーを追い込んでからデッドボール
次の今江のショートゴロを石井(一)がトンネル。
気落ちしたのか4連打を浴び3失点。
なおも無死満塁はなんとか切り抜けた。

5回にも代打のアマダーに2ランHRを浴び
6-5と楽天が逆転。
Amador

斎藤
も酷かったけど楽天3番手の大塚はもっと酷く
5回に清水石井(一)のタイムリーで逆転。
石井(一)は自らエラーで逆転を許したので汚名返上の一打だった。
Ishii

6回にも髙濵横尾のタイムリーで2点追加で11-6
試合はこれで決まった。

8回に阿部のHRで楽天が2点返したものの11-8で日ハムの勝利。

7回にWBCに出場する松井(裕)が登板したけれど
ロージンもWBC仕様なのか違うものを使っていた。
ボールはよくニュースに出るけどロージンもとは知らなかった。
Matsui Img_4471

あとは期待しているルーキーの森原が8回に登板。
危ない打球はあったけど三者凡退に抑え無失点。
Morihara

昨日と違いいい天気。2月なのに半袖。晴れるとやっぱり暖かい。
球場には取材のなのか松岡修造がいたので
やっぱり奴がいると違うのかな。

 

名護市営球場
〒905-0011 沖縄県名護市宮里2-1

2017年2月20日 (月)

宜野湾市営野球場 ~練習試合 DeNA vs KIA~

平日の振替休みに有休を足して初の沖縄野球観戦。
ここ数年行ってみたいと思いながら実現していなかった
沖縄行きをようやく実現出来た。
まずは宜野湾。
006

宜野湾市営球場はDeNA春季キャンプの球場
034

両翼が100Mセンターが122Mと立派なサイズ。
内野が土で外野が天然芝。
海のすぐそばなので風が強く
風向きによってはHRが出にくい時もある。
012

スコアボードは手書き。年季が入っていて個人的には好き。
Img_3893

アクセスは空港からだと26番か99番のバスで
宜野湾市営球場前まで
チョット歩くけど120番の名護西線でも真志喜からも行ける。

最初の観戦はDeNA vs KIAの練習試合。
選手名はDeNAの選手だけでKIAの選手名は空欄。
途中でポジションチェンジがあってもアナウンスされなかったり
表示はスタメンのままだったり適当だった。

初回筒香のタイムリーツーベースで1-0と先制。
Tsutsugoh

先発は開幕投手発表されている石田
初回は無難に抑えたものの2回に3連続ツーベースで2失点。
まだまだ調整段階の印象。
Ishida

3回から今永が登板。
いきなりバーナディーナにスリーベースを打たれ内野ゴロで失点。
バーナディーナはデカイのに俊敏。
Bernadina

打たれた今永は4回4安打1失点。
そういえばDeNAのユニフォームで投げる今永は初めて観た。
Imanaga

DeNAは4回ロペスのタイムリーで1点返し
更にシリアコのタイムリーツーベースで同点。
Ciriaco

ここで白崎がセンターに逆転2ランHRで5-3
逆風だしランナーがいる場面だし
まさか白崎にHRが出るとは思わなかった。
Shirasaki_1

因みに今日のポジションはファースト。
ショートバウンドを上手に処理していた。
クボスラのファーストミットだったので借り物?
Shirasaki_2

KIA先発のホン・ゴンビも3回までは
まずまずだったけど4回に捕まった。
Hong

5回にもロペスタイムリー シリアコタイムリーツーベース
白崎犠飛で3点追加。
8回に関根のタイムリーでダメ押しとなり9-3で勝利。
勝敗は二の次といえる練習試合だけど
今年最初の観戦で勝ち試合が観る事が出来とりあえず良かった。

試合開始前雨が降ってきたので
バックネット後方にある屋根下で観戦したけれど
風が強く時々雨吹き込んでくる生憎の天気。
意外と肌寒いし南国のイメージとは程遠い天気だったけど
屋根がある球場で傘も使わず観戦出来ただけ良かったかな。

 

宜野湾市営球場
〒901-2224 沖縄県宜野湾市真志喜4-2-1

その他のカテゴリー

07 生観戦 アマ野球 07 生観戦 二軍 07 AMATEUR野球 07 MLB 07 NPB 08 生観戦 MLB 08 生観戦 その他 08 生観戦 アマ野球 08 生観戦 一軍 08 生観戦 二軍 08 AMATEUR野球 08 MLB 08 NPB 09 生観戦 アマ野球 09 生観戦 一軍 09 生観戦 二軍 09 生観戦 MLB 09 生観戦 WBC 09 AMATEUR野球 09 MLB 09 NPB 09 WBC 10 生観戦 アマ野球 10 生観戦 一軍 10 生観戦 二軍 10 生観戦 独立リーグ 10 AMATEUR野球 10 MLB 10 NPB 11 生観戦 アマ野球 11 生観戦 一軍 11 生観戦 二軍 11 AMATEUR野球 11 MLB 11 NPB 12 生観戦 アマ野球 12 生観戦 一軍 12 生観戦 二軍 12 生観戦 独立リーグ 12 生観戦 MLB 12 AMATEUR野球 12 MLB 12 NPB 13 生観戦 アマ野球 13 生観戦 一軍 13 生観戦 二軍 13 生観戦 WBC 13 AMATEUR野球 13 MLB 13 NPB 13 WBC 14 生観戦 アマ野球 14 生観戦 一軍 14 生観戦 二軍 14 生観戦 独立リーグ 14 生観戦 MLB 14 AMATEUR野球 14 BCリーグ 14 MLB 14 NPB 15 生観戦 アマ野球 15 生観戦 プレミア12 15 生観戦 一軍 15 生観戦 二軍 15 AMATEUR野球 15 BCリーグ 15 NPB 16 生観戦 アマ野球 16 生観戦 一軍 16 生観戦 二軍 16 生観戦 独立リーグ 16 AMATEUR野球 16 NPB 17 生観戦 アマ野球 17 生観戦 一軍 17 生観戦 二軍 17 生観戦 独立リーグ 17 生観戦 WBC 17 AMATEUR野球 17 NPB 18 生観戦 アマ野球 18 生観戦 一軍 18 生観戦 二軍 18 生観戦 独立リーグ 18 生観戦 MLB 18 AMATEUR野球 18 NPB 19 生観戦 アマ野球 19 生観戦 一軍 19 生観戦 二軍 19 生観戦 独立リーグ 19 生観戦 MLB 19 生観戦プレミア12 19 AMATEUR野球 19 NPB 20 生観戦 アマ野球 20 生観戦 一軍 20 生観戦 二軍 20 生観戦 独立リーグ 20 AMATEUR野球 20 NPB 21 生観戦 アマ野球 21 生観戦 一軍 21 生観戦 二軍 21 生観戦 独立リーグ 21 NPB 22 生観戦 一軍 22 生観戦 二軍 22 生観戦 学生野球 22 生観戦 独立リーグ 22 生観戦 社会人野球 22 NPB 23 生観戦 おいどんカップ 23 生観戦 一軍 23 生観戦 二軍 23 生観戦 代表チーム 23 生観戦 学生野球 23 生観戦 独立リーグ 23 生観戦 社会人野球 23 AMATEUR野球 23 NPB 24 生観戦 二軍 24 生観戦 学生野球 24 生観戦 独立リーグ 24 生観戦 社会人野球 24 NPB サッカー サッカーユニフォーム ドラフト 今までありがとう 俺のプロスペクト 旅行・地域 日々の出来事 草野球 野球場 1(北海道・東北) 野球場 2(北関東) 野球場 3(埼玉) 野球場 4(千葉) 野球場 5(東京) 野球場 6(神奈川) 野球場 7(甲信越・北陸) 野球場 8(東海) 野球場 9(関西) 野球場 10(中国・四国) 野球場 11(九州・沖縄) 野球場 12(その他) 野球観戦 まとめ