フォト
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

検索

無料ブログはココログ

« 寒さにも遅延にもマケズ ~イースタン DeNA vs 楽天~ | トップページ | 審判はチームスタッフ ~プロアマ 読売 vs 青森中央学院大~ »

2024年3月24日 (日)

新しい大会観戦 ~スプリングフレッシュリーグ 第3日~

茨城のノーブルスタジアム水戸へ
大学野球フレッシュリーグin茨城の観戦
2024-03-24_08-39-56_763

改修前に1度観戦したことがあったが
改修後は初観戦
サイズも広くなり
2024-03-24_08-42-37_790

スコアボードもカラーになっていた
IMG_5397

フレッシュリーグは去年秋に静岡で観たが
今年から春に茨城で開催される

第一試合は筑波大 vs 水戸葵陵高

大会名には大学野球が入っているが
静岡同様地元の高校も大会に参加している

水戸葵陵は2011年の春の関東大会で
TBに行った上沢や中日の高橋周平がいた
観た事があった

試合はお互いランナーを出しながら
1・2回は得点無し

3回水戸葵陵は松本
スリーベースで出塁
死球の後スクイズ失敗で
1死二三塁となったが
1番高瀬の2点タイムリーツーベースで
水戸葵陵が先制

高瀬は1番キャッチャーで
1回には盗塁も決めていた
高瀬

筑波は4回ヒットとエラーで
1死二三塁とし瀬川のサードゴロで1点返す

同点逆転のチャンスはあったが
水戸葵陵先発贄田が踏ん張りリードを守る

贄田は4回1失点
エラーがあるので自責点はゼロだと思う
腕を下げたフォームで
足の上げ方はほんの少し
2段モーションだった
贄田

5回は2番手飯田が緩いボールを
上手く使い1回無失点

この後飯田が続投するかと思ったが
飯田の打順で代打を出たので
6回水戸葵陵3番手で寺門が登板したが
コントロール苦しみ
3四球で1死満塁となり交代

4番手鈴木も四球と死球を出し
押し出しで2点入り筑波が逆転

この大会は高校との試合は
7回制らしいので最終回

水戸葵陵も粘り先頭鶴見がツーベースで出塁
1死三塁となり筑波先発藤井は交代
毎回ランナーを出しながら
ここまで1失点に抑えた
藤井

ここで登板の2番手久米
打者2人を抑える
久米

3-2で筑波の勝利
https://baseball.sfc.keio.ac.jp/springfresh-league/results/result_mitokiryovstsukuba.html

筑波が勝ち大学生の面目は保てたが
タイムリーヒットはないし
打ち崩す事は出来なかった

水戸葵陵が色々な選手に
出場機会を与えようとせず
勝ちにこだわれば違う試合展開だったかも

繋がらなかった筑波打線で
佐藤(大)が2安打
パンフによると高校大学と茨城出身らしい
佐藤(大)

第二試合は筑波大 vs 慶應義塾大

初回筑波は4番岡田のレフトへの
タイムリーで先制
綺麗な流し打ちだった
岡田

2回にも吉田の犠飛で追加点

慶應は3回から先発前田に代わり
2番手栗林が登板し2回をパーフェクト
小山台の時観ているようだ
栗林

慶應はこの後小刻みリレーになったが
筑波先発西本は6回まで投げ2安打無失点
去年の秋のフレッシュリーグでも観たが
スピードはないけど良い投手
西本

7回から筑波は2番手佐藤(浩)が登板
左のサイドだが左打者2人に連続安打され
右打者の阿南が3ランHRを打ち逆転
阿南は前の打席でもファールだが
大きい当たりを打っており
長打力があるのだろう
阿南

この後1アウトはとったが
死球でランナーを出した所で
3番手亀井と交代したが
亀井も流れを止められず

途中出場久保のタイムリーツーベースと
今津のタイムリーでこの回5点

8回にも慶應は押し出しで追加点

筑波は残っている投手が居ないのか
第一試合に投げた久米が登板
再登板だがこの場面を抑え9回も抑える

9回裏慶應は中村(陽)が登板
2死まで持っていたが暴投に
岡田のタイムリーで2点差
なおも打線はつながり
五十嵐のタイムリーで1点差

ここで中村(陽)は交代
7番手西本は四球を出し満塁となったが
代打瀬川をライトフライに抑え
6-5で慶應の勝利
https://baseball.sfc.keio.ac.jp/springfresh-league/results/result_keiovstsukuba.html

慶應がワンチャンスを
活かしての逆転勝ちだった
筑波も粘りは見せたがあと一歩だった

慶應4番手で1回無失点に抑えた別所
大阪桐蔭出身
慶應への進学が決まった時にも
記事になっているし
今後公式戦でも観る機会があるかな
別所

第1回大会なのでイメージが
掴めないで観戦しに来たが
あくまで今日の水戸での感想だと
出場機会が少ない控えの
新2・3年生が出場する
二軍戦を集中して行う大会のようだった

フレッシュリーグというのに
3年生が居るのは少し違和感があるけど
3月だと新1年生は
チームに合流していても入学前で
参加させないと2年生だけになるから
仕方ないのかも

なんだかんだ言っても
記念すべき第1回大会を
観られたという事でよしとしよう。

« 寒さにも遅延にもマケズ ~イースタン DeNA vs 楽天~ | トップページ | 審判はチームスタッフ ~プロアマ 読売 vs 青森中央学院大~ »

24 生観戦 学生野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 寒さにも遅延にもマケズ ~イースタン DeNA vs 楽天~ | トップページ | 審判はチームスタッフ ~プロアマ 読売 vs 青森中央学院大~ »