フォト
2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

検索

無料ブログはココログ

« 寒さは程々 ~明治神宮大会 第2日~ | トップページ | 西ヶ谷総合運動場野球場 ~オータムフレッシュリーグ 第3日~ »

2023年11月20日 (月)

笑顔の絵文字は何だろう? ~明治神宮大会 第6日~

神宮へ神宮大会観戦
今日は高校大学の決勝戦

まずは高校で作新学院高 vs 星稜高

作新が小川(哲)
星稜が佐宗の背番号1対決

3回まで共に無得点

4回服部のHRで星稜が先制
服部

作新は6回2死二塁で
4番柳沼のタイムリー同点
タイミング的には際どかったが
タッチしにいった際
キャッチャー能美がボールを弾いてセーフ
柳沼

送球間に柳沼は二塁進塁したが
弾く間三塁も狙えそうだったが二塁ストップ
次の岩出にもヒットが出たが
三塁ストップでこの回同点どまりだった

作新は7回から小川(哲)から石毛に交代
小川(哲)は6回1失点
前日にも3イニング投げているので
妥当な交代時期かも
小川(哲)

7回は三者凡退に抑えた
石毛だったが8回捕まる
連打に盗塁で1死二三塁で
芦硲の2点タイムリーで星稜がリード
芦硲は “ あしさこ ” と読むらしい
芦硲

このリードを守り3-1で星稜の優勝
https://baseball.omyutech.com/CupHomePageHistory.action?gameId=20238528071

佐宗は完投
ダイナミックなフォームで
牽制も上手いようで
作新は逆をつかれていた
佐宗

星稜が勝ったのでセンバツの神宮枠は北信越へ
枠だけで考えれば関東に住むものとしては
作新に勝って欲しかった

第二試合は大学の部
青山学院大 vs 慶應義塾大

慶應の先発は予想通り外丸だったが
青学は児玉が先発

初回無死満塁のピンチをつくったが
三振とダブルプレーで切り抜ける
中盤徐々に調子を上げ代打が出て
5回無失点で交代
先発の大役はキッチリ果たした
児玉

外丸は3回までノーヒット
中盤からはランナーを
得点圏まで進められるが抑える

青学2番手は阪神ドラ1の下村
6回7回と三人ずつで抑えたが
8回セカンド藤原のエラーで出塁を許し
外丸のバントをキャッチャー渡部
ファンブルで投げられず1死一二塁

この後吉川本間にストライクが入らず
連続四球の押し出しで慶應が先制

次の廣瀬の1球目もボールで下村は交代
味方のエラーからリズムが狂ったのだろうが
9球連続でボールでは交代も仕方が無い

廣瀬が代わった常廣から
ライトへ犠飛を打ち2点目
廣瀬

8回9回も外丸が無失点に抑え
2-0で慶應の優勝
https://baseball.omyutech.com/CupHomePageHistory.action?gameId=20235792097

外丸は完封
中盤相手の児玉と下村の好投で
青学に流れが行きそうな所も
ランナーを出しても踏ん張った
外丸

元々好投手だけど
個人的には観戦した2試合で
20イニング無失点なので
観ていて打たれるイメージが無い

外丸の完封を支えたのは慶應の堅い守備
エラーは慶應にもあったが
ファインプレーでしのぐ場面もあり
連続エラーから失点した青学と比べると
守り勝ったとも言える展開だった

青学では1番の中島が3回に死球を受けて
全力疾走が出来ないのに
隙をついて盗塁したり
ヒットを打ったりとプレーで
チームを引っ張っていた
中島

試合展開以外で気になったのは
慶應が5回宮崎が治療で中断した時
ベンチから笑顔の絵文字のような紙を
グラウンドに向けて表示していた事
これはどんな意図か気になる
IMG_3195

まだ観戦を考えている試合があるので
今年最後ではない予定だが
公式戦の観戦はこれが最後良い試合だった。

« 寒さは程々 ~明治神宮大会 第2日~ | トップページ | 西ヶ谷総合運動場野球場 ~オータムフレッシュリーグ 第3日~ »

23 生観戦 学生野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 寒さは程々 ~明治神宮大会 第2日~ | トップページ | 西ヶ谷総合運動場野球場 ~オータムフレッシュリーグ 第3日~ »