フォト
2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

検索

無料ブログはココログ

« 2023年7月 | トップページ | 2023年9月 »

2023年8月28日 (月)

打線は少し心配 ~壮行試合 大学日本代表 vs 高校日本代表~

東京ドームへ
大学日本代表 vs 高校日本代表戦の観戦

去年も壮行試合をZOZOマリンで
観戦したが東京ドームだと
ZOZOより近いし
雨を心配しなくて良い

ただ今日の席はピッチャーを撮るには
ネットのポールが邪魔だった

大学先発の下村とが1回で
高校先発前田が2回を
無失点に抑え共に交代
ここから壮行試合らしい小刻みな継投

大学の普段先発で投げている投手が
短いイニングを全力で投げるので
高校はなかなか打てない

高校は2番手で徳島商のが登板
3回は抑えたが4回に捕まる

1死一三塁で渡部の犠飛で大学が先制
渡部

セーフになったが
ライトの知花は良い送球だった
知花

ランナーを残しここでは交代
社会人に進むと報道あるが
何処へ行くのだろう
森

この後変則左腕の矢野が登板したが
中島のレフト線に落ちる
タイムリースリーベースに
熊田のタイムリーでこの回3点

5回大学は細野が登板
この日最速の158キロで
奪三振2で三者凡退
秋は久しぶりの東都一部だし
どんなピッチングをするか楽しみ
細野

その裏宗山ヒットに上田(希)の2ランHRと
明治大コンビで追加点

大学は居る投手を多く使う為か
6回7回は打者2人づつと
更に小刻みな継投で高校を抑える

高校は6回霞ヶ浦の木村が登板
甲子園には出られなかったが
評判の良い投手なので観たかった
連打を浴びピンチはつくったが
1回2/3を無失点に抑えた
木村

8回に宮下のタイムリーツーベースに
佐々木のショート内野安打
西川のタイムリーと追加点をあげた
大学が8-0で勝利
https://www.japan-baseball.jp/jp/team/18u/score/20230828_1/

大学は秋のリーグ戦を前に
仕上がってきている選手が多く
高校に圧勝だった

大学で観たかった1番ライトで出場の
山梨学院宮崎(一)
3打席ノーヒットで交代
この試合で結果は残せなかったが
足は速そうだった
宮崎(一)

高校は5回以降ノーヒットと打線は振るわず
馬淵監督の独特の選出なのか
野手は小技の出来そうな選手達で
流れを変える長打は期待出来ないようなので
今日のように相手に押されると厳しい

今日は大学の投手陣が良かったし
この試合はあくまで壮行試合
本番のワールドカップでは頑張って欲しいな。

2023年8月25日 (金)

18時試合開始 ~イースタン 読売 vs DeNA~

ジャイアンツ球場へ
読売 vs DeNAのイースタン観戦

ジャイアンツ球場は今年から
18時試合開始のナイタースタート
以前も16時開始の薄暮ゲームはあったが
今年からは完全なナイター
18時開始だと試合三塁側は
開始時には西日は隠れ暑くなく助かる

先発は読売が直江でDeNAが大貫
大貫は好きな投手だけど
二軍で観ると少し残念な気分になる

初回読売が連続エラーとヒットで無死満塁
ここで4番蝦名のタイムリーでDeNAが先制
蝦名

次の松尾の犠飛が出て2点目

なおもチャンスは続いたが
アンバギーが併殺で2点止まり

その裏読売は岡田ツーベースの後
ウォーカーのタイムリーツーベースで1点返す

この後1死一三塁となり香月がレフトフライ
ウォーカーがタッチアップしたが
勝又の好返球で同点阻止
流石元投手の送球だった
勝又

直江は2回以降復調していたが
4回2死からアンバギーヒットの後
田中(俊)のタイムリーツーベースで再び2点差

直江はこの回で交代
初回は味方に足を引っ張られ
その後は良かったが4回2死から捕まった

大貫はランナーを出しながら抑えたが
その裏松田のタイムリー
5回岡田のソロHRで同点
6回を抑えた所で100球となり交代
スピード的には140キロ台中盤は出ていたが
痛打を浴びていた
大貫

読売は6回ロッテから移籍の小沼が登板
フォークのコントロールに苦戦し
2安打されたが1回無失点
独立リーグの時に観ているので
期待している
小沼

DeNAは7回から2番手橋本が登板
大学の同期萩尾は抑えたが
連続四死球の後若林のタイムリーで読売が逆転
若林

8回鍬原が抑え9回は三上が登板
読売のユニフォームを着ている三上を観るのは
複雑な気分だが現役を続行出来ているのは嬉しい
三上

三上に3連続セカンドゴロに
打ち取られ3-4で負け
https://npb.jp/bis/2023/games/fs2023082500501.html

初回の展開だと勝てると思ったが
結果はそうはいかなかった

距離的には遠くないジャイアンツ球場だけど
家までのアクセスはイマイチなので
ナイターを最後まで観ると帰りはだいぶ遅くなる

日中の暑さがしのげるのと帰りが遅くなるのは
どちらが有効性が高いかは微妙だな。
2023-08-25_19-08-53_295

2023年8月24日 (木)

個人的には2連勝 ~セントラル DeNA vs 広島~

先週に続いてファンクラブ特典で
一軍観戦相手は広島

前回広島を観た時
バウアーが炎上した試合だった

DeNA先発は先週も観た
初回先頭菊池にヒットは打たれたが
ダブルプレーもあり無失点

広島先発は床田
前回広島の一軍を観た時も先発だった

DeNAは初回満塁のチャンスを作るが無得点
しかし2回先頭の山本がヒット
2死二塁となり大田のタイムリーで先制
大田は床田と相性が良いらしい
大田

3回にはソトの2ランHRで追加点

6回広島は末包がヒットで出塁
二軍戦の福山ではヒットを観ているが
一軍でも打つ所を観られた
末包

次の床田の打順で代打が出て交代
5回3失点ランナーか沢山出ていたので
これでも踏ん張った印象

広島2番手は益田
観るのは去年の都市対抗以来
満塁にはなったが関根を抑え1回無失点
グローブは東京ガス時代と同じ
ゴリラ印だった
益田

好投を続けただったが7回
デビットソンにタイムリーを打たれ失点
100球近くなり疲れが出たのかも
失点したが7回1失点は立派
東

この後8回ウェンデルケン
9回森原が抑え3-1で勝利
https://npb.jp/scores/2023/0824/db-c-21/

DeNAではトレードで加入した
西浦がサードスタメン
残念ながら2打席凡退で交代
この調子だと追浜か平塚で観る事になるかも
西浦

広島で気になったのは
4番西川のバッティングフォーム
一旦前足に極端に体重を掛けてから
後ろ足に体重を掛けていた
ここまで極端な選手他に居るかな

自分が前回観た阪神戦以来
チームは4連敗していたが今日は快勝だった

次のDeNA一軍観戦は9月中頃の予定
その頃チームはどんな調子になっているかな?

2023年8月18日 (金)

勝ちを観るのは4月以来 ~セントラル DeNA vs 阪神~

ファンクラブ特典を使い一軍の阪神戦観戦

横濱漢祭というイベントデーで
スターマンも鉢巻に眉毛ありのスタイル
IMG_0726

先発は村上

初回2死一三塁で
ノイジータイムリーで阪神が先制
ノイジー

立ち上がり微妙だっただが
徐々に立ち直る

村上に抑えられていたDeNAは
4回宮﨑のHRで同点
このヒットがDeNA2本目で
いずれも宮﨑だった

その後得点なく試合は進み7回
佐藤(輝)にレフト前を打たれた後
坂本のボテボテのピッチャー内野安打に
代打原口のショート内野安打で満塁となり
村上の所で代打ミエセス

ミエセスは粘り8球目を投げた時
は足をつるが続投
11球目を打ってサードゴロ
難しい打球だったが宮﨑が捕球し
三塁ベースを踏み一塁送球し
ダブルプレーでピンチを切り抜ける

村上は6回1失点被安打は3
宮﨑以外は牧のヒット1本だけだった
俺のプロスペクトには選んでいるけど
今年こんなに活躍するとは思わなかった
村上

その裏2番手加冶屋に交代
2死から昇格した梶原がヒット
次の山本が左中間を破るタイムリーで
DeNAが逆転
山本

は7回1失点で
勝ち投手の権利を持って交代
中盤以降は今年好調の東だった
東

8回ウェンデルケンが抑え9回森原が登板
1死から佐藤(輝)がヒットで出塁し代走熊谷

次の代打糸原の時熊谷は盗塁を試みセーフの判定
リクエストで判定が覆りアウト
どうやら二塁ベースに入ったショートの京田
ブロックし熊谷はベースに触っていなかったが
京田のプレーが故意では無くアウトになった

タイミング的にはセーフだったので
岡田監督は長く抗議したが
当然判定は再度覆る事は無く試合再開

森原糸原に四球は出したが
木浪を抑え2-1で勝利
https://npb.jp/scores/2023/0818/db-t-18/

森原の確認出来た最速は152キロ
改めて観るとランナー無しでは
セットポジションではなく
ノーワインドアップで投げていた
ほぼリリーフ専門だと思うけど
セットポジションで投げ続けないのは
こだわりでもあるのかな
森原

阪神では9回桐敷が登板
関根にヒットを打たれ
次が右の宮﨑だったので2/3で交代
新潟医療福祉大の時に観たかったが
当時はコロナの影響もあり
観戦出来なかったのでようやく初見
観られて良かった
桐敷

ほぼファンクラブ特典でしか一軍の試合は観ないが
4月以来久しぶりに勝利を味わえた

因みに追浜で行われた二軍も勝利していた
元々二軍から一軍のハシゴ観戦を考え
年休を取っていたので
二軍も行けば1日2勝を観戦出来たが
暑さで二軍観戦は自粛したが行けば良かったかな。

2023年8月11日 (金)

中山公園野球場 ~JABA高山大会 第4日~

高山市で一泊し再び高山大会観戦

今日は決勝戦の1試合
会場は高山市の中山公園野球場
2023-08-11_09-21-28_784

中山公園野球場は内野が土で外野が天然芝
両翼93Mセンター120Mと
前日観戦したサン・スポーツふるかわ同様狭い球場
2023-08-11_09-25-01_739

スコアボードは反転式で
得点の他打順にポジションの表示あり
この試合は何故かベンチの位置と
スコアボードのチーム表示が
逆になっていた
IMG_0376

バックスクリーンは設置されていない
恐らく球場の周りの木々で
代用していると思われるが
センター付近は伐採されていたが
打者は気にならないのかな
IMG_0377

スタンドはロングシート
2023-08-11_09-22-16_733

バックネット裏とベンチ横は
よくあるプラスチック製だが
外野寄りは木製だった
2023-08-11_12-51-47_345

地図サイトで見ると高山駅から
徒歩だと30分位のようだが
往きは登り坂になる

決勝戦が行われるので
こちらがメイン球場だと思うが
とてもJABA大会を開催する
規模の球場にも思えないし
だいぶ年季も入っていて
どちらも良く言えば趣のある球場だった

決勝戦のカードは東邦ガスvsトヨタ自動車

東邦ガスは都市対抗予選敗退だったので
観るのは去年の都市対抗以来

トヨタは北村と和田以外は控えメンバー
おいどんカップで観たメンバーに近い

試合は初回2死から四球暴投で二塁進塁し
西脇のタイムリーで東邦ガスが先制
当時はあまり印象に無いが
亜細亜大時代に観ていた
西脇

その後は東邦ガス大石トヨタ増居
ランナーを出しながら抑え中盤へ

5回東邦ガスは若林のソロHRで
追加点を挙げた後
柴田にも2ランHRが出てこの回3点

その裏大石はランナーを出しながら
無失点に抑え交代
5回無失点だが被安打6に四球2と
ランナーはよく出した
大石

6回トヨタは三塚のソロHRで1点返す

この後トヨタは2死から四球とヒットで
一二塁としたが和田
東邦ガス3番手栁川に抑えらえ
この回1点のみ

7回東邦ガスは大木のソロHRで再び4点差

増居はこの回で交代
7回5失点したが狭い球場で
HRでの失点が4点だから
仕方無い部分もある
増居

その裏前の回途中好リリーフした栁川
ランナーを残し2死一二塁
左のサイドスローで左打者は抑えたが
右打者ふたりにヒットを打たれた
栁川

4番手加藤から今井のタイムリーで1点返し
北村の2点タイムリーツーベースで1点差
5番手中村に代わったが
3連続四死球で押し出し同点

東邦ガス6番手吐前
高橋を抑え同点どまり

8回に回跨ぎの吐前から
坂巻のHRでついにトヨタがリード
坂巻

次の宮﨑にもHRが出て2点差

9回は都市対抗でも抑えだった渕上
締めてトヨタが7-5で優勝
https://baseball.omyutech.com/CupHomePageHistory.action?gameId=20237010362

控えメンバー中心のトヨタだったが
それでも強かった

大会MVPは今井
早稲田大出身なのに
翌日新潟で行われる
全早稲田戦には呼ばれなかったが
高山大会では良い活躍だった
今井

東邦ガスは中継ぎ陣が踏ん張れず逆転負け
本気度は判らないが惜しい試合だった

いつかは行きたいと思っても
なかなか行きづらい高山大会で
2球場とも新規観戦出来充実の夏旅だった。

 

中山公園野球場
〒506-0058 岐阜県高山市山田町690

2023年8月10日 (木)

サン・スポーツランドふるかわ野球場 ~JABA高山大会 第3日~

JABA高山大会観戦で飛騨高山へ

シーズン前に観戦を
考えていたが一度は断念
ただ勤務日程の変更があり
高山大会が観戦出来る事になった

まずは飛騨市にある
サン・スポーツランドふるかわ野球場へ
2023-08-10_09-18-21_613

ふるかわ野球場は両翼93Mセンター122M
内野が土で外野が人工芝
ただ人工芝はだいぶ劣化しているようで
観戦中は砂が撒かれている
土のグラウンドかと思っていた
2023-08-10_09-20-19_628

マウンドも低く投げにくいと
話し声が聞こえいた

スコアボードは得点のみ
IMG_7877

スタンドはバックネット後で一三塁は芝生席
最初はバックネッ後で観ていたが
写真が撮り辛いので芝生席に移動した
2023-08-10_09-13-41_121

照明はあるが公式戦で使うには恐らく暗そう
2023-08-10_12-05-34_283

車で来たので不明だが公共のアクセスは
飛騨細江駅から徒歩だと
30分位かかるらしい

駐車場は三塁側すぐ横にあり
ファールボールが飛んできそうで
打球が飛ぶと車に当たらないかドキドキした

第一試合は皇學館大 vs 東海大静岡キャンパス

JABA大会だが大学同士の対決
共に初見の学校

互いに選手を頻繁に入れ替える
最終戦らしい展開

皇學館先発杉浦東海静岡先発
共にランナーを出しながら共に4回無失点

は球速は遅そうだが
チェンジアップなど
変化球有効に使っていた
澤

グランド整備明けの6回
3番手森本の暴投で東海静岡が先制
森本はサイドスローでどこかに引っかかり
明後日の方向に投げてしまった

その裏浜野のHRで同点
大会パンフは浜野表記だったが
伊勢新聞のネットニュースは
濵野表記だった
浜野

7回小林のタイムリーツーベースで
皇學館が逆転
小林

皇學館は8回にも岡田のタイムリーでリードを広げ
8回から登板の田中が2回をパーフェクトに抑え
田中

3-1で皇學館が勝利
https://baseball.omyutech.com/CupHomePageHistory.action?gameId=20236431183

折角皇學館戦で観たいと思っていた
村田(怜)は出場無し
滅多に観れない学校なので残念

東海静岡は4番の横澤
3安打の活躍だった
横澤

第二試合は中部学院大 vs ジェイプロジェクト

中部学院は大学野球選手権で観ている
その時のスタメンに近いので
ほぼベストメンバーだと思われる

ジェイプロは20年の都市対抗予選以来
メンバーはだいぶ入れ替わっているようだ

初回田中のHRで中部学院が先制
中部学院ベンチから聞こえたが
今大会大当たりらしい
田中

2回にも北野・竹中・佐藤
タイムリーで4点リード

ジェイプロは3回橋本(太)
2点タイムリーツーベース
上宮田のタイムリーで
3点返し1点差

4回中部学院は竹中
タイムリーで2点差

その後中盤得点無く

7回ジェイプロ田村
2点タイムリーツーベースで同点

送球間に田村は三塁に進塁し
逆転のチャンスはあったが
ここは冷水が抑える

9回途中出場の木内がHRを打ち逆転
木内

最終回は中部学院出身の志賀が抑え
志賀

6-5ジェイプロの勝利
https://baseball.omyutech.com/CupHomePageHistory.action?gameId=20237584813

逆転勝利したジェイプロだけど
打線は良かったが投手陣は
抑えた投手もピンチはつくり何とか切り抜けた

中部学院は負け投手になった
冷水は打球直撃がありながら
4イニング投げた
冷水

気温は高かったようだが
関東地方より湿度は低いのか
ジメッとする暑さでは無かった
それでも熱中症対策で水分を
がぶ飲みする位は暑かったけど…。

 

サン・スポーツランドふるかわ野球場
〒509-4261 岐阜県飛騨市古川町下野1322-2

2023年8月 8日 (火)

ヨシノブチャレンジ成功 ~パシフィック ロッテ vs オリックス~

ロッテのファンクラブ特典を使い
ロッテ vs オリックス戦観戦

今まで生で山本由伸を観ていない
MLB移籍が有力なので
ファンクラブ特典で今年のうちに
山本登板日に観に行きたかった

今のローテで登板の可能性が高い火曜日だが
1週間前位の天気予報はイマイチ
6日の日曜日に改めて
ネットの天気予報観ると
雨マークは消えていたので
残り少ない座席の中からチケットをゲット

当日の朝のTVで観た天気予報は
所により雨と悪くなったいたし
昼間ゲリラ豪雨はあったようだが
試合前には止んでいたので
無事に山本を観る事が出来た

ロッテは夏のイベント中
黒いユニフォームなので
オリックスがホームの
白いユニフォームだった
IMG_6743

試合はオリックスが初回
先頭打者太田のツーベースに
中川(圭)のタイムリーツーベースで先制
中川(圭)

3回にも茶野のファースト強襲を
安田が捕れずヒット
犠打で1死二塁とし
のセンター後方フライを藤原が見失い
タイムリースリーベースで追加点
森は今日が誕生日なので
大阪桐蔭の後輩からの誕生日プレゼントかな
森

なおも1死三塁とピンチは続いたが
ロッテ先発カスティーヨ
踏ん張り追加点は許さず

山本はロッテ打線に粘られ球数は多いが
序盤はピンチもなく快調なピッチング

山本に抑えていたロッテは5回
ヒット2本で1死一三塁
ここで荻野(貴)はサードライナー
三塁ランナーブロッソーは戻れず
ダブルプレーで得点出来ず

中盤はお互い得点無し
先にマウンドを降りたのはカスティーヨ
6回2失点で交代
2点目は実質エラーなので
内容的には自責点1かな
カスティーヨ

山本は8回4安打無失点
序盤球数が多く三振も4個だけと
本調子じゃないかもと思いながら観ていたが
無失点に抑え結果はいつも通りだったかも
山本

ロッテは3番手で横山が登板
サイドから150キロ超えで1回無失点
躍動感のあるフォームだった
横山

ロッテは4番手西村も抑えたが
山本の後山﨑(颯)平野が抑え
2-0でオリックスの勝利
https://npb.jp/scores/2023/0808/m-b-13/

山本先発の試合で援護が2点は
大量得点のような印象だった

ロッテでは途中加入の新外国人
ブロッソーが3打数1安打
ヒットはあったが凡打の打席は
手も足も出ず打撃はあまり期待出来ないかも
サードの守備は問題無さそうだったが
安田の安定したサードでの守備力を考えると
ファーストブロッソーに
サード安田で良いような気がする
ブロッソー

試合中は雨は無く観戦した三塁側は
西日がキツく序盤は暑かった
微妙な天気予報でも特典チケットを
ゲットしたお陰で念願の山本も観られたし
今日の観戦は良い選択だった。

2023年8月 4日 (金)

09年以来の江戸川観戦 ~イースタン 読売 vs DeNA~

江戸川区球場へ
イースタン読売 vs DeNA戦観戦

江戸川での観戦は久しぶり
09年の高校野球以来で
帝京時代のヤマヤスを観ているはずだが
写真は1年下の伊藤しか無かった

久しぶりの江戸川は
スコアボードが改修され
カラーで球速や球数表示が出来
IMG_5786

IMG_5898

照明もLEDになっているなど
改修もされているが
IMG_6280

グランドは拡張出来ず
プロには不向きなサイズのまま

ファールゾーンも狭いので
三塁側のDeNAが
一塁側も使って試合前の練習をしていた
2023-08-04_14-31-26_148

DeNAを観るのも
都市対抗後初で約1ヶ月ぶり

試合は初回先頭センター前のフライ
浅野スライディングキャッチ失敗の
ツーベースのチャンスを作ったが
後が続かず無得点

その裏2死から岡田のHRで読売先制
DeNA先発は深沢の写真を撮っていたので
岡田のHRは観損なった

3回にも1死から浅野ツーベースの後
萩尾がセーフティバントで
深沢の送球が逸れて一三塁
ここで岡田をボテボテのゴロに抑えたが
ホームへ送球出来ず2点目

2失点はしたが深沢は悪くないピッチング
球速は140キロ前半だがコントロールよく
四球を出さず打ち取る
地元出身なのか少年野球の子が応援していたし
深沢のユニフォームを着た人は多かった
深沢

DeNAは4回神里のHRで1点返す
センター118Mと狭い球場だが
完璧な当たりだったので
普通の球場でも柵越えだったろう

読売先発赤星もHRでの失点はあったが
コントロール良く投げ込む
赤星

両先発ともコントロールが良いので
球数が少なくイニングが稼げる
深沢は7回で交代したが赤星は8回も続投

続投した8回がヒットと盗塁で二塁進塁し
2死一二塁となった途中出場
東妻のタイムリーで同点
東妻

因みに東妻は6回からDHのソトに代打で出場
ソトは試合前のシートノックに居なかったので
今日は来ていないと思っていたのにスタメン
地方球場でも参加する事に驚いた

逆転のチャンスはあったが
勝又が三振で同点止まり
この打席は凡退したが今日は2安打で
ユニフォームを誰よりも
泥だらけにして頑張っていた
勝又

9回DeNAは無得点
その裏回跨ぎの宮城
先頭加藤にヒットを打たれる

加藤は直前のネット記事で
支配下候補と書いてあったようだが
残念ながら育成のままだったようだ
加藤

宮城は加藤に打たれた後で
コーチとトレーナーが出て
一旦ベンチに下がり治療
どこの故障かわからないが
そのまま宮國に交代

菊田にヒットを打たれ無死一二塁
香月のバントを宮國がファンブルで
三塁に送球出来ず1死二三塁
申告敬遠で満塁とし浅野勝負だったが
フルカウントからのボールで押し出し
浅野

2-3でサヨナラ負け
https://npb.jp/bis/2023/games/fs2023080400448.html

横から観ているのでどの位
外れたかはわからないが
キャッチャーの松尾
しばらく構えたままだったので
コースは惜しかったんだろう

来週は天候予報がイマイチで
DeNA二軍を観るのが
更に間隔開くのが嫌で江戸川へ来た

16時試合開始で
球場へ向かう頃は暑かったが
屋根の日陰で観戦していたので
比較的快適に観戦出来た

勝ちは観られなかったが
江戸川区球場の最寄り駅の西葛西で
気になっていたスパイス・ラー麺も
食べられたし来て良かったかな。
2023-08-04_19-43-52_092

« 2023年7月 | トップページ | 2023年9月 »