フォト
2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

検索

無料ブログはココログ

« トロフィー観てきた ~パシフィック ロッテ vs オリックス~ | トップページ | 県内チーム出場でも平日の試合なら ~高校野球春季関東大会 第3日~ »

2023年5月21日 (日)

初の入替戦は回避 ~首都大学春季 第8週~

首都大学観戦で等々力へ
最終週でようやく観戦出来た

第一試合は東海大 vs 武蔵大
長年首都大学の盟主だった東海に
去年秋は優勝争いをした武蔵が今季は共に不振
この試合負けた方が最下位になる大事な試合

試合開始にはギリ間に合わなかったが
1回表の武蔵の攻撃中には着いた

初回武蔵はランナーを出しながら無得点
その裏東海は植本の犠飛で先制

5回にも植本のタイムリーで追加点

東海先発若山は5回まで無失点に抑えたが
6回松本(京)のタイムリーツーベースを打たれ交代
3回以外毎回ランナーを出したがよく抑えた印象
若山

更に2番手庄司から
代打田上のタイムリーが出て同点
田上

追いつかれた東海は
7回柴田のタイムリーで再びリード
この打席バントのサインが出ていたようだが
見逃しで追い込まれてからのヒット
結果的に強攻で良かった
柴田

このまま東海のリードで終わるかと思った9回
武蔵は1死から海沼のショートゴロを
成瀬のエラーで出塁
片山が送り2死二塁として
秋元のタイムリーツーベースで土壇場で同点
秋元は1年生のようだが
この場合でのタイムリーはホントにすごい
秋元

その裏東海は7回途中から登板し
抑えていた松崎から連打でチャンスを作り
この日大活躍の植本
3ボールノーストライクからセンターオーバー
植本

4-3で東海がサヨナラ勝ち

これで東海は5位武蔵は6位
勝って入替戦回避した

関係者では無いので
東海初の入替戦も観てみたかったが
土壇場で強さをみせた

武蔵は最後に投げた松崎が
この日恐らく最速の150キロを
投げていたが負け投手
このボールがありながら
今日の負けで0勝5敗と
勝ちきれなかったのが
最下位に繋がったんだろう

第二試合日本体育大 vs 筑波大
日体は優勝を決めているが
このカードは筑波が先勝している

序盤ランナー出しながら無得点

日体は4回無死満塁で酒井(成)
2点タイムリーツーベースで先制
酒井(成)

失点したが村上は後続抑えこの回で交代
4回2失点四死球が4個で
もっと点を取られそうだった

日体先発寺西は5回を3安打無失点
高校野球に疎いので当時は知らなかったが
ネットでコラムを読んで知った
今日は149キロとスピードもあった
寺西

6回から登板の箱山が抑えていたが
8回連打に犠打野選で無死満塁
ここで永戸が犠飛で筑波が1点返す
永戸

この後も筑波は同点逆転のチャンスがあったが
ここは箱山が抑える

9回は伊藤(大)が抑え2-1日体の勝利

チャンスは作ったが打線は
あと1本が出ない日体だったが
守備は堅くこれが優勝に繋がったんだろう
今日はサードの伊東(大)
良いプレーが多かった
伊東(大)

筑波では堀江が4安打1四球と
5打席全てに出塁していた
堀江

リーグ優勝の既に決まっている最終週だし
正直観戦するかどうか迷っていたが
他に観戦を考えた試合は時間帯に合わないものが多く
消去法で観戦したのが首都大学野球だったが
2試合とも好ゲームで来て良かった

今回昼飯は等々力球場に来たら食べる肉うどんだが
初めて冷やしで食べてみた
汁は冷たいが肉やうどんは暖かく相変わらず美味い
夏の観戦では冷やしもありかな?
2023-05-21_13-22-25_168

« トロフィー観てきた ~パシフィック ロッテ vs オリックス~ | トップページ | 県内チーム出場でも平日の試合なら ~高校野球春季関東大会 第3日~ »

23 生観戦 学生野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« トロフィー観てきた ~パシフィック ロッテ vs オリックス~ | トップページ | 県内チーム出場でも平日の試合なら ~高校野球春季関東大会 第3日~ »