フォト
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリー

検索

無料ブログはココログ

« 2023年3月 | トップページ | 2023年5月 »

2023年4月28日 (金)

第一試合が大荒れ(not天気) ~東都大学春季 第2週~

神宮へ東都大学観戦
六大学と雨天順延で木曜まで
延びたおかげで観戦出来た

第一試合は中央大 vs 駒澤大

序盤は駒澤ペース
初回岩本の2ランHRで先制
2回にも大森小林のタイムリーに
出村押し出しで5点

ここで中央先発西舘は交代

5点差となったが中央も反撃
その裏中前のタイムリーツーベースに
山本の内野安打で2点返し
3回は1死一二塁となった所で
駒澤先発松村は交代
大量点をもらっていたので
もう少しイニングを稼いで欲しかった

2番手髙井から
皆川のタイムリーで2点差

3番手エーアンから
4回櫻井の2ランHRで同点
櫻井

同点となったが5回
駒澤はエラーからチャンスつくり
途中出場髙田
2点タイムリーで再びリード
髙田

この回内野ゴロ間にもう1点

しかし中央も5回皆川のHRに
6回四球と犠打でランナー二塁として
3回途中から投げていたエーアンは交代

次の東田が不調で連打浴びる
髙橋のタイムリーに
皆川のタイムリーで同点
皆川

この後連続押し出しで東田は交代
5番手仲井がここは抑え2点差のまま

駒澤も8回9回と二塁まで
ランナーは進めたが得点出来ず
10-8で中央の勝利
http://www.tohto-bbl.com/gameinfo/result.php?YEAR=2023&SEASONID=01&LEAGUEID=01&GAMEID=23140

勝ち投手は4番手で
1回2/3をノーヒットに抑えた山口だった
山口

まさかの中央が勝つとは思えない
展開からの逆転勝ちだった

駒澤5番手の仲井は2回1/3ノーヒット無失点
もう少し早くなげていたら展開は違ったかも
仲井

第二試合は青山学院大 vs 日本大

初回花﨑の犠飛で日大が先制
花﨑

失点はしたが青学先発常廣
その後ランナーを出す場面はあっても
失点は許さず好投を続ける
常廣

一方日大先発市川は3回まで
ノーヒットピッチング
4回に連打は浴びたが抑え
こちらも無失点を続ける
市川

青学は7回連打で一三塁とし
初谷の内野ゴロで
バックホーム出来ず同点

青学は8回に代打谷口のソロHRで逆転
大喜びしてもおかしくない場面だが
ガッツポーズもなく一周回ってきた
いつも思うけど大阪桐蔭出身の選手は
打っても喜びの感情を過度に出さない
谷口

次の中島にツーベースが
出た所で市川は交代
逆転されたが2失点だし
ここまでよく投げた

この後柏崎山内(翔)の継投で
抑え1点差のままだったが
常廣は9回もきっちり三人で抑え
2-1で青学の勝利
http://www.tohto-bbl.com/gameinfo/result.php?YEAR=2023&SEASONID=01&LEAGUEID=01&GAMEID=23141

青学のキャッチャーは1年生の渡部
肩が良いようで盗塁阻止もあり
勝利に貢献していた
渡部

敗れた日大も常廣は打てなかったが
守備が堅く良いチームだった

第三試合は國學院大 vs 亜細亜大

このカードが今日一番観たかった
お目当ては未見の亜細亜の草加石川
草加は先発石川は
4番レフトで共にスタメン

草加と國學院先発武内
先週は1-0の好ゲームを
していたようだがが共にイマイチ

初回柳舘のソロHRで國學院が先制
柳舘

國學院は4回にも神山(福)
2点タイムリースリーベースで
リードを広げる
神山(福)

この後西川のファーストゴロを
河西が弾くエラーで追加点
草加がベースカバー怠らなければ
アウトのタイミングだったが
気持ちがキレていたかも

草加はこの回で交代
今日の内容だとどこが良くて
プロ注目なのか判らず
長身で細身という事だけは判った
草加

武内もピリッとせず5回2死から
四球を出し天井のヒットで一三塁となり
浦林松浦の連続タイムリーで交代
交代前に鳥山監督が間を取る場面があったが
得点差を考えろと言っている雰囲気だった

両先発はイマイチだったが
2番手が試合を立て直す

國學院の坂口は確認出来た最速150キロ
速球を中心の組み立てで抑える
坂口

亜細亜の岩本も好リリーフで得点入らず
岩本は8回ピンチをつくり
山城と交代したが好投だった

坂口は最後まで投げ切り
4回1/3を被安打2の無失点

4-2で國學院の勝利
http://www.tohto-bbl.com/gameinfo/result.php?YEAR=2023&SEASONID=01&LEAGUEID=01&GAMEID=23142

もうひとりのお目当ての石川
4打数ノーヒット
チャンスの場面もあったので
こちらも残念だった
石川

一日三試合観戦するのに
第一試合が3時間半で
エラーや四球も多い荒れた試合
これが三試合目だったら帰りたくなった
三試合フルに観戦するには
荒れた試合が第一試合でよかったかも。

2023年4月26日 (水)

天気予報通りの一時雨 ~セントラル DeNA vs ヤクルト~

横浜スタジアムへ
ファンクラブ特典を使いヤクルト戦観戦

夕方まで雨予報だったが
一旦あがったので開始から観戦
しかし1回裏から2回終了位まで再び雨
それても止んでからは降られる事はなかった

試合はDeNA石田ヤクルト高梨
両先発が好投

3回互いにランナーを出し
内野ゴロ間に1点づつ

球数が多かった石田は6回を投げ交代
イニングは稼げなかったが
1失点に抑えたのは立派
石田

石田の後の2番手は三嶋
難病の手術明けを感じさせず
確認出来た最速は150キロ
アウト全て三振だった
三嶋

その裏がヒットで出塁
バントで送れなかったが
桑原がランナーに残り
関根のヒットで一二塁

ここで高梨は交代
ランナーを残しての交代にはなったが
球数も少なく安定していた
高梨

ここで登板した木澤から
戸柱が3ランHRを打ち
DeNAがこの試合初めてリード
流石ピカチュウヘルメットモデルという
素晴らしいバッティングだった
戸柱

木澤は次のにもヒットを打たれ
1アウトも取れず交代

3番手は元DeNAの尾仲
この回は内山(壮)の盗塁阻止もあり無失点
内山(壮)はこの日盗塁を3つ刺す活躍
内山(壮)

尾仲は7回は抑えたが回またぎの8回
の犠飛で失点
点は取られたが阪神はクビになっても
現役を続けられて良かった
尾仲

4点差になったが9回山﨑(康)が登板
前回観た一軍は大量リードで9回森原だった
火の演出は同じだからヤスアキだと
照明を暗くしての演出もプラスされていた

肝心のピッチングはイマイチ
濱田にタイムリーツーベースを打たれ失点
ただ次のサンタナは抑え5-2で勝利
https://npb.jp/scores/2023/0426/db-s-04/

サンタナの次は今日も3三振と不調とはいえ
村上だったのでサンタナで終えられて良かった

勝ち投手は三嶋
今季初勝利という事で手術後初勝利

試合開始頃までは
雨の可能性がある予報だったので
遅れて観戦も考えたが
結局最初から最後まで観戦

勝利投手になった三嶋も観られたし
尾仲も観られたし厳しい観戦環境でも
来た甲斐のある試合だった。

2023年4月22日 (土)

生バウアー ~イースタン DeNA vs 楽天~

バウアー目当てで平塚へ楽天戦観戦

11時過ぎに球場に着いたが
チケット購入には
イースタンとは思えない列が出来ていたが
もっと凄い行列になるかも思っていたので
想定の範囲内だった

バウアーは予定通り先発
かなり寒かったが半袖
球速表示で確認出来た最速は149キロ
楽天打線の早打ちもあり77球で
6回途中でランナーを2人残し降板
5回0/3でヒットは内野安打2本
三振は2つと少なめ
松尾のサインあるのだろうけど
変化球も多めだった
バウアー

観ていた時は知らなかったが
スポーツニュースによると
スプリットチェンジという
左打者の外角に曲がりながら落ちる
球種を投げているらしい

写真を観るとスプリットの握りで
人差し指を縫い目に掛けていないから
中指に力が入り逆にスライダー回転で
左打者の内側に曲がりそうだけど
これはどうなんだろう?
バウアー 2

試合展開としてはバウアー
楽天先発バニュエロスが抑え
序盤は両チーム得点無し

DeNAが5回大橋のスクイズで先制

6回バウアーがランナーを残し
無死一二塁で三浦が登板
入江がバントを試みようとしているのに
ストライクが入らず四球で
満塁となり阿部の犠飛で同点
阿部

阿部は今日はライトで出場
慣れないポジションでも
ファインプレーもあった

同点にはなったが三浦はその後は抑える

その裏バニュエロス
2四球を出した所で交代
左腕投手だけど名鑑を見ると
珍しい左投げ右打ちらしい

この後登板の髙田(萌)が四球で満塁
3番手弓削から梶原がタイムリーで
DeNAが再びリード
左投手から苦も無くヒットを打っていた
梶原

7回にも村川のタイムリーで追加点
左打ちの外野手は多く居るが
二軍の成績だけだと支配下登録もありえそう
村川

打たれたのは西濃から入った
やけに派手なグローブだった
林

バウアーの後小刻みな継投で抑えた
DeNAが3-1で勝利
https://npb.jp/bis/2023/games/fs2023042200197.html

今季初めて観る楽天
NTT西日本から入った平良
6番サードでスタメン出場で1安打
フルスイングは健在だった
平良

バウアーに勝ちはつかなかったが
まずまずのピッチングで
ますます一軍のローテの厚みが増しそう

出先からの観戦だったので暖かかった
昨日服装での観戦は寒くてたまらなかったが
お目当てのバウアーも無事に
観る事が出来たし来て良かった。

2023年4月19日 (水)

移動して着替えて ~日立市長杯 第5日~

日立市長杯で日立へ
最終日の準決勝と決勝観戦

JABA大会は準決勝2試合と決勝を
同一球場で行われる事が多いが
決勝が行われる日立運動公園野球場に
照明が無い為なのか準決勝の1試合を
日立製作所所野球場で
もう1試合と決勝戦を日立運動公園で行われる

日立製作所野球場も日立市民球場も
観戦した事はあるが
改装されてからは来ていない
雨でずれて行ける
日程になったので観戦決行

まずは日立製作所野球場へ
2023-04-19_08-24-56_331

日立会瀬球場と呼ばてれた
17年に来た事があるが
当時は土のグラウンドだったのが
人工芝へ変更
2023-04-19_08-27-13_699

スコアボードが電光で
球速表示もされるようになった
IMG_7837

日立製作所での準決勝は
明治安田生命 vs SUBARU

スバルは今年3回目だが
明安は今年初
前回会瀬球場に来た時にも
明安は出場していた

初回スバルは連打で一二塁
3番古川のボテボテピッチャーゴロを
竹田が一塁悪送球でスバルが先制
IMG_7436

新出にもタイムリーが出てこの回2点
新出

失点したが竹田は安定したピッチング
2回から5回ランナーをひとりも出さず
竹田

スバル先発は八野田
ランナーは出しながらも
3回まで無失点

明安は4回連打の後
日置の内野ゴロで1点返す

グラウンド整備が終わった後の
6回スバルは横瀬が四球で久々のランナー
古川がヒットで一二塁となり
竹田から石毛に交代

ここで小玉のタイムリーに
新出の犠飛でリードを広げる

7回泉澤の2点タイムリーツーベースで
明安も反撃したが

8回森下のタイムリーに
9回横瀬のスリーベースに
古川のタイムリーでリードを広げた
スバルが7-2で勝ち
https://baseball.omyutech.com/CupHomePageHistory.action?gameId=20234594942

八野田は完投
この後決勝があるので
リリーフを使わず
一人で投げきったのは大きい
八野田

この試合両チームに
バット投げが居た

スバルは横瀬
横瀬

明安は橘内
橘内

バット投げする打者は
写真を撮るには絵になるので助かる

車で5分弱移動して決勝戦の会場
日立運動公園野球場へ
こちらも10年以上前に来た事はあるが
改装されて球場広くなり
2023-04-19_11-51-32_736

スコアボードも
選手名がちゃんと全選手
表示できるようになった
IMG_8343

スタンドは古いままだが
球場の改修計画があるようで
この形を観るのは最後かも
2023-04-19_11-49-08_845

決勝戦はSUBARU vs 日本製鉄鹿島

スバルはベンチが
三塁側から一塁側になったので
ユニフォームも変更
球場移動はあるし
ユニフォームの変更もあるし大変

鹿島のユニフォームは
江川運動公園で観たユニフォーム
あの時は練習試合用かと思っていたが
このユニフォームが
セカンドユニフォームだった

そんなスバルだったが初回
小玉の2点タイムリーツーベースで先制
小玉

2回にも中里タイムリーで3点目
ここで鹿島先発北南から金城に交代

スバル先発小澤
大泉町でOP戦で観ている
初回のピンチを切り抜け
3回までは無失点

しかし4回松田ヒットの後
連続フォアボールで満塁となり
今里のタイムリーで鹿島が1点返す

1死後池間に押し出しで1点差
ここで小澤は交代
決勝戦だしもう少し
早く代えても良かったかも

2番手田嶋が押し出しで
同点となったがその後は抑える
去年の日大で観ているが
スバルでは初見だった
田嶋

5回は阿部が登板
四球の後暴投を
この回からマスクの笹谷が見失い
一塁ランナーが三塁へ

高畠の犠飛で鹿島がリード
高畠

6回にも松田
2点タイムリーツーベースで追加点
松田

6回途中からリリーフした
スバル4番手川上は失点しなかったが

2回途中から登板した
鹿島2番手金城がスバル打線を抑え
6-3で鹿島が優勝
https://baseball.omyutech.com/CupHomePageHistory.action?gameId=20239291326

大会MVPは決勝でも
タイムリーを打った松田だったが
自分が観たのは1試合だけなので
7回2/3を無失点に抑えた
金城の好投が大きかった
金城

スバルも先制し優勝のチャンスはあったが
継投もう少し早ければ展開は違ったかも

日立市長杯準決勝・決勝での
ハシゴ観戦は出来たが
あまりに簡単すぎて拍子抜け
リーグ戦の時に対戦カードに合わせて
球場移動した方が遠方のチームなどが
観られて良かったかも

改装前にまた来る可能性もあるが
多分次に来る時は日立運動公園が
改装されてからかな。

2023年4月18日 (火)

平日の試合でもバスは混む ~高校野球 神奈川県春季3回戦~

個人的には珍しく高校野球観戦で保土ヶ谷へ

春季大会3回戦で土曜の雨で順延したカード
平日なのでそんなに混まないと思い観戦決行

出先からだったので普段と違うルートの
横浜駅西口からバスで球場まで来たが
バスは結構混んでいた

球場は平日という事で
そんなに混んではいなかったが
それでもバスは混んでいるのだから
休日の人気カードだと
乗りきれない位バスは混むのかな?

第一試合は横浜 vs 桐光学園の
なかなかの好カード

横浜は杉山や緒方1年生で出場していた
夏の大会以来
桐光は19年秋の関東大会だから
観た選手はもういない

試合は3回
横浜が9番荻原のHRで先制
荻原

直ぐ後の4回桐光はエラーと暴投で
2死二塁となり
綾部のタイムリーで同点

同点にはなったがその裏横浜は
椎木の2ランHRで逆転
更に杉山にもHRが出てリードを広げる

5回にも横浜は上田の満塁HRに
椎木の2打席連続HRで9点目
椎木

ここで中平は交代
序盤は良かったが
横浜のHR攻勢にやられた
中平

6回桐光は森のHRで1点返す
今日は守備機会がほぼ無かったので
HRを打った打撃しか印象にないが
評判の高い選手らしい
森

しかしその裏押し出しで
横浜が1点追加

7回も杉山が抑え10-2で
横浜が7回コールド勝ち

杉山は7安打2失点はしたが
勝つ事が大事だろう
因みにグローブは1年生の時と変わらず
ローリングスだった
杉山

第二試合は三浦学苑 vs 横浜隼人

三浦学苑は去年の夏の準々決勝で観ている
代替わりしているが夏に観た選手もいる
隼人を観るのは久しぶり
宗が居た時以来だと思う

試合は初回米田のタイムリーで
三浦学苑が先制
米田

隼人は2回林の犠飛で同点

三浦学苑は3回1死二塁で
金井のセンターフライを
林が捕球後の送球が逸れる間に
二塁ランナー加藤が生還し再びリード

エラーで点は取られたが
隼人先発石橋は緩いボールもうまく使い
悪くないピッチングだった
石橋

その裏三浦学苑先発星が
コントロールに苦しみ3死球で満塁
ここで大八木の2点タイムリー
ツーベースが出で隼人が逆転
大八木

この後石橋と山野井の
連続タイムリーで星は交代
2回1/3で死球が5個で
当てた相手がすべて右打者だった
星

2番手宮内も犠飛での
アウト以外取れずこの回10点

2回途中から登板の3番手髙橋(哲)も
4回に高橋のライトオーバーを打たれ
タイムリーツーベースになり10点差

上手いライトなら捕れそうな打球だったが
先発した星が守っていたので捕れなかった

隼人は4回石橋に代走が出たので
5回は2番手新井が登板
真っ直ぐ中心で押して無失点
新井

12-2で5回コールド
隼人の勝利

初回に三浦学苑が先制した時は
このまま行くかと思ったが
全く予想外の展開になった

今日の神奈川は曇りで
夕方以降所により
にわか雨という予報だったが
コールドで雨の心配がないまま帰れた

雨を心配する事なく帰れたのは良かったが
それでももう少しイニングを観たかったかな。

2023年4月16日 (日)

四街道総合公園野球場 ~ベイサイドリーグ 千葉 vs YKS~

バウアーが登板予定の
追浜も気になったが
混雑が予想されたので
当初計画していた千葉の四街道へ
独立リーグ観戦
2023-04-16_12-22-43_261

四街道総合運動公園野球場は
両翼91Mセンター120M
内野が土で外野が天然芝
2023-04-16_14-35-55_829

スコアボードは手動
名前表示の場所はあるが表示なしで
打順にランプが点灯
出来ればポジションの数字は
表示して欲しかった
IMG_5365

照明と屋根は無し

座席はロングシートで
ネットは低いが傾斜が少ないので
最上段でもネットが視界に入る

掘り下げ式になっているので
外野から丸見えだった
2023-04-16_11-45-41_906

アクセスとしては四街道駅からバス
今回は独立リーグでは珍しく
臨時バスも出ていた

車で観戦したが公園の駐車場に
ギリ停められたが
今回近くのパチンコ屋の駐車場が
臨時駐車場になっていた

昨日が雨天中止だったので
今日が開幕のベイサイドリーグ

去年まで日本海リーグの
福井と滋賀が無くなり
千葉と神奈川に2チーム出来た

神奈川はYKSとなっているが
横須賀の略か
横浜・川崎・湘南の略と思ったが
検索したけど何の略か見つけられなかった

千葉は凝ったユニフォームで
スポンサーも多く
YKSはシンプルすぎるユニフォーム

あくまで個人的な印象だけど
千葉に独立リーグのチームを作るのが
メインテーマで対戦相手が必要なので
神奈川にもチームが出来た印象

試合は千葉先発後藤
YKS先発吉村の好投で投手戦

先制したのは千葉で
4回藤原のレフトへ2ランHR
狭い球場とはいえ
逆方向へのホームランはすごい

失点したが吉村はアンダースロー
味方の守備の乱れもありながら
好投を続ける
吉村

一方後藤は散発で打たれる事はあったが
7回まで無失点
中央大時代にも観た事があるみたい
後藤

千葉が2点リードのまま8回
YKSは先頭神田がエラーで出塁
代打奥村がヒットで続き一三3塁
長谷川の犠飛で1点返す

次の鈴村の時バッテリーミスで二塁進塁
ここで鈴村がタイムリーヒットで同点
鈴村

同点になったところで後藤は交代
失点はエラーから出しよく投げた

2番手は秋吉
コーチ兼任で背番号が88だったので
コーチがメインかと思ったが
ガッツリ緒戦から登板
秋吉

その秋吉から2番松下がヒットで一三塁
3番の齊藤がスクイズでYKSが逆転
高く上がっていたが決まれば問題ない
齊藤

吉村が8回まで投げ
9回は荒川が登板

先頭坂本が内野安打犠打で二塁進塁し
エラーで一三塁となり眞城のタイムリーで同点
新野ライトファールフライで2死一三塁となり
先制打を打ってる藤原
センターへのタイムリーで
4-3で千葉がサヨナラ勝ち
藤原

かませ犬的なYKSに是非勝ってもらい
運営の鼻を明かして欲しかったが
YKSのエラーは6個と
守備はミスが多く敗因につながった

初めてのリーグの試合なので
色々運営で気になる点はあったが
試合開始が13時より2分程度だが
早く開始したのは拙いと思う

たった2分でも
千葉主催試合は有料試合なので
プロの興行でJABAタイムは
ありえないと思う

この後も千葉でも神奈川でも
球場目当てでベイサイドリーグの
観戦を考えているので
運営もプロとして対応して欲しい。

 

四街道総合公園野球場
〒284-0035 千葉県四街道市和田161

2023年4月14日 (金)

去年のCSの かたき を討つ ~セントラル DeNA vs 阪神~

追浜から関内に移動し
ファンクラブ特典で取った
一軍の阪神戦を観戦

この試合はパワプロとのコラボらしく
ゲームをやってないのでよくわからないが
選手紹介の写真がゲームデザインだった
IMG_4725

先発はガゼルマン青柳
事前報道では大貫先発とあったが
実際はガゼルマンだった
個人的には二軍で大貫は観たので
しばらく観ていないガゼルマンの方が嬉しい

そのガゼルマン2回2死を取った後
梅野の打球が足に当たりヒット
この後盗塁で2塁に進塁し
木浪のタイムリーで阪神が先制

次がピッチャーの青柳だったので
無理して勝負する場面ではなかったかも
と思ったが青柳もヒット
次の近本にもタイムリーが出て
阪神がこの回2点

ガゼルマンは球数が多く
次に打席が回ってきた時点で
早めの交代もあるかと思ったが続投
その後ランナーを出す場面はあったが
5回まで2回の2失点で抑えた
ガゼルマン

一方青柳は本来の調子ではないのか
ランナーをよく出す
しかしDeNAの走塁ミスなどもあり
3回まで得点なし

4回のツーベースの後
関根のタイムリーツーベースが出て1点差
ここ最近の関根は本当に頼りになる
あとは好調をどこまで維持出来るかかな
関根

5回1死から佐野がライト線のスリーベース
この後3連続四死球押し出しで同点
次の桑原に犠飛が出てDeNAが逆転
桑原

この回さらに関根
タイムリーツーベースで4点目
ここで青柳は交代
KOしたのは青柳対策もあったが
自滅の印象が強い
青柳

阪神2番手は富田
三菱自動車岡崎時代は
観る事がなかったので初見
富田

5回は伊藤(光)を打ち取り
チェンジとなったが
回またぎ6回佐野
2点タイムリーツーベースが出て追加点
次の神里を押さえたところで交代

3番手ビズリーから
宮﨑の犠飛でこの回3点

DeNAはガゼルマンの後
ウェンデルケンが1回無失点

エスコバー中野に犠飛を打たれたが
8回は入江9回は森原が抑え
DeNAが8-3で勝利
https://npb.jp/scores/2023/0414/db-t-04/

9回ヤマヤスの登板では無かったが
ブルペン前にゲートが出来て
火の演出があった
勝ちゲームの9回は毎回やるのかも
IMG_5197

去年のCSを観戦した時にやられた
相性の悪い青柳が先発で
2回のガゼルマンのピッチングを観ると
まさか逆転勝利を見られるとは思わなかった

阪神ではドラ1の森下
途中出場し良い角度で上がった
左中間のフライアウト
東海大相模出身だし
何度も横浜スタジアムで
プレーはした筈だから
一応凱旋出場だろう
森下

今年最初の一軍公式戦観戦だったので
解禁された声出し応援を
体感するのはコロナ後初めて
別に応援好きではないが
久々に聴くと良いものだ。

DH無しは3試合連続 ~イースタン DeNA vs 西武~

追浜へイースタン観戦
西武戦で先発は今永
事前の登板報道もあったので
何時もの平日デーゲームより入っているかも

今永先発なので
今日もDH無し
DeNAのイースタン観戦は3試合連続

一軍の投手を二軍で
観られるのも悪くはないが
個人的には期待の若手先発が観たい

今永は順調な立ち上がりだったが
3回渡部のHRで西武が先制
レフト勝又の追い方を観ると捕れると思った
低打率で8番だったがやっぱり力はある
渡部

失点したが今永は安定したピッチング
6回を投げて3安打1失点10奪三振
いつ一軍で投げても問題なさそう

キャッチボールや投球練習で
腰を深くひねりトルネード気味に
投げる時が何度かあった
タメを作るんだと思うが実際
どういう意図でやっていたが気になる
今永

西武先発は與座
ランナーを出しながら6回無失点
西武事情に詳しくないので
何で二軍に居るんだろう
と思いながら観ていた
與座

今永の後7回DeNAは2番手平田が登板
長谷川ヒットの後盗塁で二塁へ
山村のタイムリーツーベースで追加点
山村

更にこの回後高木のファーストゴロを
途中からファーストに入った
田中(俊)がエラーでもう1点

エラーでの失点だったが
平田の内容もイマイチ
肘の故障明けでまだまだかも

その裏DeNAは粟飯原のレフト線の当たり
若林の処理もイマイチで
タイムリースリーベースになり1点返す

更に西巻のタイムリーで1点差
今は育成の西巻だけど
楽天の頃から期待しているので
頑張って欲しい
西巻

1点差となった8回から登板の
3番手櫻井陽川にHRを浴び2点差

この後8回9回と水上田村に抑えられ
4ー2で負け
https://npb.jp/bis/2023/games/fs2023041400178.html

今年は教育リーグにBCリーグを含め
DeNA二軍観戦で初めて負け試合だった

自分もこの後横浜スタジアムで
一軍の試合も観る変則親子ゲームだが
選手も大和が一軍選手登録のまま
二軍のこの試合に出場

は自打球が顔に当たり
大事を取って交代したが
大和は7回まで出場

ポジションがファーストだったが
ミットは名前と背番号以外に
出身地鹿屋の ばら の刺繍が入っている自前の物
大和にファーストのイメージは無いが
この後ファーストを守る機会が増えるのかな?
大和

2023年4月10日 (月)

月曜日の試合は助かる ~関東選抜 テイ・エス テック vs 鷺宮製作所~

大田スタジアムに関東選抜観戦
出先からなので第一試合途中から

第一試合はSUBARU vs 東京ガス

スバルの方がチャンスが
多かった印象だがあと一本が出ず

逆に東京ガスが8回に
小野田のタイムリーが出て
小野田

東京ガスが1-0で勝利
https://baseball.omyutech.com/CupHomePageHistory.action?gameId=20235047716

第二試合はテイ・エス テック vs 鷺宮製作所

テイエステックはこの大会には今年から参加で
観るのは21年の10月以来

鷺宮はフルで観るのは1年ぶり
東京の企業チーム中では間隔が空いている

初回鷺宮は橋本の犠飛で先制

先制点は取られたがテイエステック先発尾身
その後6回まで投げ失点は初回の1点のみ
4回には牽制で2つアウトを取った
尾身

鷺宮先発佐々木は3回ノーヒットで交代
足の上げ方独特で
2段モーションでリズムを取っている
佐々木

6回2番手前田から
辻井のタイムリーで同点
辻井

同点の8回鷺宮は2番手森本から
先制の犠飛を打っている橋本
ライト線にタイムリーツーベース

橋本は試合前シートノックに参加していなったので
この試合欠場かと思ったがDHで出場し
2打点の活躍だった
橋本

逆転した鷺宮は7回から登板している
川畑がテイエステック打線を
ノーヒットに抑え
川畑

2-1で鷺宮の勝利
https://baseball.omyutech.com/CupHomePageHistory.action?gameId=20233779537

テイエステックも悪くなかったが
鷺宮は3投手を3回ずつ登板させ
得点は2点だけだったが
全体的には有利な試合運びだった

月曜日は観戦出来る試合も限られる中
フルに観戦出来たのは1試合だけだったが
最近あまり観戦出来ていない
チーム同士の対決が観られたのは良かった。

2023年4月 8日 (土)

江川総合運動公園第1野球場 ~オープン戦 日本製鉄かずさマジック vs 日本製鉄鹿島~

江川総合運動公園第1野球場へ
杮落としのオープン戦
日本製鉄かずさマジック vs 日本製鉄鹿島を観戦
IMG_2146

木更津市に新たに出来た
硬式野球使用可の球場

両翼98Mセンター122Mで
内野が土で外野が天然芝
まだ出来たてで芝の生育は良くないが
春先だしこれは仕方ないだろう
2023-04-08_12-27-04_038

スタンドは両サイドにベンチシート
バックネット裏は席無しで照明も無い

スコアボードはセンター左寄りにあり
フルカラー
得点以外に選手名は
投手と打者が表示出来るが
試合前半は選手名の表示されず
後半から表示した
IMG_2645

気になるのはバックスクリーンが低い事
これだと投手の手が
バックスクリーンより上に出そうで
打者の視界は大丈夫なのか気になる
IMG_2320

アクセスは今回木更津駅から
無料シャトルバスが出ていて10分くらい
地図サイトで検索すると
木更津駅西口から袖ケ浦駅北口行きで
下久津間下車徒歩4分と出ていた

それと自衛隊が近いからか
ヘリコプターが近くを飛んでいた
IMG_2300

柿落しでセレモニーの後試合開始
かずさ先発渡邉(匠)
鹿島先発佐田の好投で序盤は投手戦

3回鹿島はヒットに犠打と四球で2死一二塁
4番生田目の場面で渡邉(匠)は交代
まだ失点してないけど早めの交代だった
渡邉(匠)

ここは2番手の森本が抑える

佐田も4回2安打無失点で交代
覚えて居なかったが
九産大時代に
神宮大会で観た事があった
佐田

鹿島は5回陶山が四球と盗塁に犠打で三塁へ
バッター樫村の時キャッチャー伊藤が三塁牽制
これをサード勝俣が捕れず鹿島が先制
低い送球になったのは
樫村のバットが気になったかな?
伊藤

この後お互い無得点
かずさ の方がランナーを多く出したが
ダブルプレーが5個とチャンスを潰す

それでも9回代打大内の四球から
犠打とヒットで一三塁
ここで佐藤(虹)のタイムリーで
土壇場で かずさ が同点
佐藤(虹)

かずさ はサヨナラのチャンスもあったが
8回から登板していた守屋
内山を抑えて交代
8回もピンチを作っていたし
今日はイマイチだったかも
守屋

背番号は阪神時代と同じ43番
番号が入っている道具を使い回すには
同じ方が都合がいいのかも

次の左の勝俣に対し鹿島は
左のサイドの佐藤が登板
厳しい場面での登板だったが
ベンチの起用に答え
勝俣をレフトフライに抑える
佐藤

延長はなく1-1引き分け
記念試合だし引き分けでも良いか

球場規模からして
高校野球の春や秋の地区大会なら
行われるかもしれないが
夏の大会はあっても
1回戦くらいだと思うので
高校野球を積極的には観ない
自分には2度目の観戦は無いかも

もし2度目の観戦があるとすれば
大学野球か社会人野球だけど
千葉の大学野球はほぼ長生の森だし
自前の球場を持つ かずさ が
ここでやる意味は無いし

どこか北国のチームが
春季キャンプでも張って
オープン戦でも組まない限り
なさそうかな。

江川総合運動公園第1野球場
〒292-0063 木更津市江川959-1 

2023年4月 6日 (木)

天気予報を信じて良かった ~イースタン DeNA vs 読売~

追浜へイースタンの読売戦を観戦

先発は大貫
先週観た平良先発試合と同様
一軍登板に向けてDH無し
ランナーを出しながら
無失点ピッチングを続ける
大貫

大貫はなんとか抑えていたが
読売先発菊地は内容も良い

4回を2安打無失点
奪三振は9個
もっと長いイニングを投げたら
何個三振を奪ったんだろう
と思わせるピッチングだった

因みに使用していた道具は
グローブがザナックスで
スパイクがハタケヤマという
珍しい組み合わせだった
菊地

菊地は打ち崩せなかったが
5回2番手川嵜から満塁のチャンスをつくり
松尾が走者一掃のタイムリーツーベース
今までDHや代打だけだったので
キャッチャーの松尾は初めて観た
松尾

大貫の7回途中無失点で宮國に交代
100球近く投げられるので
もうすぐ一軍に上がるかもしれないが
二軍でも打たれて
ランナーを貯める場面も多いので
もう少し二軍で投げてから
一軍にあげた方が良いかも

DeNAは7回ダブルスイッチで
ライトに入った大橋
タイムリーで追加点
スクイズを決められなかったが
追い込まれてから挽回した
大橋

8回にも東妻のタイムリーツーベースで
ダメ押し点を挙げ
櫻井・中川(虎)が抑え5-0で勝利
https://npb.jp/bis/2023/games/fs2023040600158.html

先制・中押し・ダメ押しと得点を挙げ
投手陣も完封リレーでDeNA的には
言うこと無しというゲームだった

読売では観たかった浅野は不出場
試合前の逆立ちを観ただけだった
浅野

観れたのは慶應から入った萩尾
大貫からもヒットを打って
存在感は示せた
萩尾

出発した午前中天気は怪しかったが
予報は悪くなかったので来てみたが
終盤は晴れ間もあったし
好ゲームが観られたし来て良かった。
2023-04-06_15-34-10_068

2023年4月 4日 (火)

CAR3219フィールド ~練習試合 西武 vs ハナマウイ~

年休を利用しCAR3219フィールドへ
西武三軍 vs ハナマウイの練習試合を観戦

当初は上尾に東都の二部観戦目的で
年休を取ったが上尾から3試合観戦後に
帰って翌日の仕事は厳しそうなので
無料で観戦出来るこの試合に予定変更

CAR3219フィールドは西武第二球場で
改修されたネーミングライツが付いた
2023-04-04_12-19-31_033

西武第二球場時代に
1度観戦した事がある
改修後は観戦出来ていない

改修終了が20年だったので
コロナ禍でしばらくは無観客
一昨年から観戦出来るようになっていて
去年はチケットを取って
観戦予定の試合が雨天中止になった

内野が土で外野が天然芝
球場にサイズ表示は無いが
両翼99Mセンター119Mだそうだ
2023-04-04_14-23-36_374

スコアボードはフルカラー
球速表示に球数も表示される
IMG_0850

観客数は少なく
三塁側が西武のベンチ

一塁側で観戦するつもりだったが
入場が一塁側からだったので
先に一塁側の席が埋まり
西武ファンでもないの
空いてる三塁側で観戦する事になった
2023-04-04_15-11-35_805

西武のHPでは三軍となっていたが
読売やソフトバンクのように
二軍三軍が完全に別れておらず
普段の二軍に出番の少なめの選手が
混じっている印象

ハナマウイを観るのは2年ぶり
企業系のクラブチームで
都市対抗出場時の選手も残っているし
新戦力も入っている

試合は3回風岡のタイムリーツーベースで
ハナマウイが先制
風岡

次の大友にもヒットが出たが
若林の好返球アウトで1点のみ

この時若林の送球を撮った写真は
フェンスにピントが合ってしまった
ただよく観るとフェンスの上に
源田らしき人が観戦していた
IMG_0841

西武先発菅井は5回1失点
確認出来た最速145キロ
速球派左腕にありがちだけど
コントロールはアバウトそうだが
四球は1個だけだった
菅井

ハナマウイ先発川口も好投

3回まで無失点だったが
4回1死一二塁で野村
ライト線へのフライを
がダイブしたが捕れず
タイムリーツーベースとなり同点
野村

この後二三塁で西武は
逆転のチャンスがあったが
モンテル・古川の連続三振で得点ならず

川口はこの回で交代
小首をかしげるフォームで
確認出来た最速148キロ
フォークも良さそうだった
川口

この後お互い継投で得点は無かったが
7回ハナマウイは先頭角田がサードゴロ
角田はキャッチャーだが俊足のようで
野村が丁寧に処理したら
セーフで内野安打になった

パスボールで二塁に進み
種子島の左中間のフライで三塁へ
二死となり代打梅澤がレフト前を打ち
ハナマウイが再びリード
梅澤

ハナマウイは川口の後
平野が1回福田が3回を抑え
9回4番手で加藤が登板

先頭代打ジョセフがヒットで出塁
盗塁で二塁に進み2死となったが
モンテルのレフト前で同点
モンテル

打ったモンテルは送球間に二塁を狙いアウト
練習試合で延長は無く
2-2の引き分けでゲームセット
面白い幕切れだった

西武もハナマウイも初見の選手が活躍したりで
球場開拓以外でも来た甲斐はあった

特にハナマウイは先発川口が良かった
イニングが稼げるなら
平野に続く投手として大会勝ちがれそう

CAR3219フィールドの観戦で
二軍の本拠地は再び全部観た事になったが
その間北海道のエスコンフィールドが出来たので
一軍本拠地で未踏がある
一二軍本拠地観戦制覇はいつになるのかな?

 

CAR3219フィールド
〒359-1153 埼玉県所沢市上山口2193−1

2023年4月 3日 (月)

誕生日の人2打数1安打 ~オープン戦 三菱重工East vs 日本生命~

三菱金沢グラウンドへ
三菱重工East vs 日本生命のオープン戦観戦
金沢グラウンドへ来るのは3度目だが
2度とも公式戦だったのでオープン戦では初

試合は序盤日生ペース
初回竹村の2点タイムリースリーベースで
日生が先制
竹村

その後立松にタイムリーで3点目

立松の背番号が8番に変わり
今日のポジションはファースト
今日だけかも知れないけど
背番号がキャッチャーっぽくなくなったので
一塁に本格的に転向なのかな
立松

三菱もその裏武田
タイムリーツーベースで1点返すが
日生は2回山﨑ソロHRで再び3点差
こちらも背番号6に変わったが
背番号6の前任者はキャッチャーの古川だし
引退した先輩への敬意かも
山﨑

3回にも日生は竹村にタイムリーに
多田の3ランHRでリードを広げる

三菱先発大野は3回8失点
エラーもあり全てが自責点ではないが
よく打たれた

4回三菱は八戸・江越(啓)・武田
タイムリーが出て3点返す

日生先発山本この回で交代
もともと交代のイニングは
決まっていたかも知れないが
先発だし出来れば5回まで投げて欲しかった

5回山本から交代した舩越が連続死球
1アウトも取れずに交代

3番手喜多川から久木田のタイムリーと
八戸のダブルプレーの間の得点でこの回2点

2点差まで迫ったが4回から登板の引木
6回に藤本2ランHRを浴びる
前の回まで好投していたが
グランド整備のインターバル後だし
3イニング目だしで捕まった

7回は関谷から立松がソロHR
山﨑にもタイムリーツーベースが出てでもう1点

点差は開いたが三菱打線は粘る
その裏八戸のタイムリーツーベースに
江越(啓)の犠飛で2点返す

投げては4番手がランナーを出しながら2回無失点
左手のグラブを潰すように握って投げているが
力が入りすぎていないかが気になる
森

9回にも三菱は日生4番手高橋から
津田のソロHRで1点返し
更に武田のタイムリーツーベースで2点差
武田はこの日6打数5安打とよく打った
武田

粘りは見せたが次の小栁がライトでゲームセット
12-10で日生の勝利

お互いよく打ったが投手陣は
三菱4番手の森以外全員失点していた

三菱で途中出場したは今日が誕生日らしい
最初の打席でヒットを打ち2打席目も
早野に好捕されたがいい当たりだった
南

自分の誕生日は野球のシーズンオフの為
劇的な活躍でなくても
誕生日にヒットを打てるだけでもうらやましい

南選手誕生日おめでとうございます。

2023年4月 2日 (日)

サイン好きは二軍に興味なし? ~BCリーグ交流戦 DeNA vs 栃木~

追浜へDeNAと栃木の
BCリーグ交流戦観戦

バウアーがサイン会を開いたので
球場外は沢山の人が居たが392人と
日曜日の試合と考えれば少なめ

色紙やサインボールを持って
入場する人も居たが
サインが欲しくて
早朝から球場に来る人と
二軍の試合を楽しむ人は
同じチームのファンでも
一部しか被らないのかも

DeNA先発はトヨタから入った吉野
1回を三者凡退に抑え
2回は登板せず交代
もう少し観たかった
吉野

2番手は髙田は2・3回は抑えたが
4回先頭尾田が左中間のスリーベース
1死後宜保のタイムリーで栃木が先制
宜保

その裏知野藤田連続ヒットの後
粟飯原の3ランHRで逆転
個人的には粟飯原にHRの印象は無かったが
去年の成績を観ると59試合で4本と
そこそこ打っていた
粟飯原

栃木先発大宅はこの回で交代
3回まではランナーを出しながら
抑えたがこの回捕まった

その後お互い小刻みな投手リレー

DeNAでは3番手マルセリーノ
4番手の橋本が三者凡退に抑える好投だった

8回栃木は入江が5番手で登板
メーカーとディーラーは違うが
前所属が茨城日産だったので
日産のユニフォームを着ていた選手
日産追浜工場の前にある球場で
投げるのは感慨深い
入江

ヒットと四球で無死満塁のピンチは
作ったが後続を抑え無失点だった

9回DeNAはスターリンが登板
1死後鳥居のセカンドゴロを
粟飯原が悪送球でランナー出塁

盗塁で二塁進塁し宜保のライト前
今度はライトの大橋が後逸し
二塁ランナーが生還し宜保も三塁へ

ここで4番の清水がタイムリーで同点
去年栃木のレギュラーキャッチャー
叺田もチームでは主力打者だったが
栃木は打てるキャッチャーが好きなのかな
清水

スターリンはこの後抑え同点のまま
今年はクイックとまで速くないが
ランナーが居なくても
スライドステップする投球フォームだった
スターリン

9回裏も得点無く3-3の引き分け

前回観た日ハム戦同様
守備のミスで勝ちきれなかった残念な試合

曇っていて風が強く意外と寒い中での観戦だったが
終盤は晴れ間も多かったしに
わか雨が降らなかったのは良かった。

« 2023年3月 | トップページ | 2023年5月 »