フォト
2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

カテゴリー

検索

無料ブログはココログ

« 2023年1月 | トップページ | 2023年3月 »

2023年2月28日 (火)

湯之元球場 ~おいどんカップ 中国代表 vs 大分B-リングス~

薩摩おいどんカップ3日目は湯之元球場へ
2023-02-28_13-29-38_146

湯之元球場でWBC中国代表は
キャンプを行っているようで
おいどんカップの中国戦の多くが
湯之元球場で行われる
2023-02-28_13-25-15_993

内野が土で外野が天然芝
両翼92Mセンター120Mと狭いが
外野にスタンドは無いし
ライトにはサブ球場があるので広げるのは無理そう
2023-02-28_13-49-33_753

スコアボードはカラーの電光
スピードガンは無いがひと通り揃っている
中国代表はカタカナ表記で
真砂もカタカナだった
IMG_3627

スタンドはバッネット裏は屋根付きロングシートだが
一三塁はコンクリートなのでクッションは持参した方良い
2023-02-28_14-34-17_486

市来ICから車で5分くらいで
地図で見ると湯之元駅から徒歩10分くらいのようなので
車でも鉄道でもアクセスは良さそう

試合はWBC中国代表 vs 大分B‐リングスで共に初見

この試合中国代表は特別ルールてDHが二人の10人打ち
草野球などでは人が多めに集まるとあるが
まさか代表レベルの試合で観るとは思わなかった

立ち上がり中国先発伊健はコントロールが不安定
連続四球に内川のセカンドゴロが変な回転がかかり
羅綿駿が捕球出来ずエラーで大分が先制

内川は試合前ノックを打ったり
交代した後一塁コーチャーに入ったり
大会のパンフだと兼任にはなっていないが
選手よりコーチの比重が多く
チームに参加している印象
内川

この回さらに小田のタイムリーと
川上のタイムリーツーベースでこの回3点

その裏中国代表は陳晨のタイムリーツーベース
長身だが走り方から身体能力は高そう
陳晨19

次の曹傑のタイムリーでもう1点返す

大分先発は球速のなさそうな左腕なので
身体能力の高い中国代表に打ち込まれた

2回大分は久保田のタイムリーで追加点
3回中国代表の真砂の犠飛で再び1点差

伊健も中盤立ち直り中盤得点無し
辻は緩い変化球が決まり中国打線から空振りが増えた

7回に初回に打ったと同姓同名別人の陳晨がツーベース
セカンドゴロで三塁進塁し
韓嘯のセカンドゴロを中野が弾きエラーで同点

はこの回で交代
この時期に7回までよく投げたし
初回以外はエラーの絡んだ失点だった
辻

8回登板の中国代表3番手張彦倫が1回三者凡退無失点
張彦倫はシンガポール出身
コントロールは怪しかったが
力強いボールで良い投手だった
張彦倫

同点の9回大分は新太郎がヒットと盗塁で二塁に進み
羽立のタイムリーツーベースで再びリード
羽立は攻守で精彩を欠くプレーがあったが
ここは良い仕事をした
羽立

その裏中国代表は李宁のフェンス直撃のツーベースに
ボークで三塁まで進塁したが
この回から登板の北方が抑え3ー2で大分勝利
https://oidoncup.com/wp-content/uploads/2023/03/%E6%B9%AF%E4%B9%8B%E5%85%831_0228.pdf

試合には勝ったが大分は守備にミスが多かったり
打者がカウントを間違えたり
現時点では問題のありそうチームだったが
内川がプロとしてのメンタリティを
注入すれば変わっていくのかな?

この試合以前に行われていた
中国代表の試合結果からの推測だと
強豪クラブチーム位の実力だと思っていたが
守備力は劣るが打力は上回っている印象
WBCではどんな結果になるかな?

湯之元球場
〒899-2201 鹿児島県日置市東市来町湯田2041

2023年2月27日 (月)

ダブルヘッダーはほぼ別チーム ~おいどんカップ 第5日~

薩摩おいどんカップ観戦2日目
昨日の来た薩摩川内球場へ

第一試合は新海屋 vs 法政大
前日にも観た新海屋だが
今日は学生野球のような
シンプルなユニフォームだった

それと新海屋は選手が少ないので
法政がシートノックの補助を出していた
IMG_2272

ノックでいえば薩摩川内球場は
シートノックの時間が秒単位で表示される
SBOを使い時間を表示する球場はよく観るが
秒単位の表示は初めて観たかも
IMG_2270

法政は第二試合もあるのでこの試合は控え中心のよう
お陰で桐光学園時代に観た事があった安達の先発だった

観る事が出来たのは良かったが
安達はコントロールに苦しむ
それでも2回までは無失点に抑えたが
3回連打の後連続四球で押し出しで失点
3回2安打1失点だが
四球5個と課題はコントロールのようだ
安達

法政も直ぐあとの4回
新海屋本多のエラーで同点

同点となったが2番手一栁からその裏
のピッチャー強襲で
一栁が捕れず打球方向が変わり
2点タイムリーヒットで再逆転
管

法政も5回西村のタイムリーで1点返す

この回で二方は交代
初回以外は得点圏に進められられながら
失点2自責点1に抑えた
二方

点を取られた一栁だけどその後は7回まで無失点
特に5回は三者連続三振だった

二方の後投げた藤江が2イニングは抑えたが
8回に途中出場の山口にタイムリーで同点
なおもピンチは続いたが
昨日もリリーフした徳永が連続三振で切り抜ける

9回にも法政は1死三塁のチャンスは作ったが
徳永今村に抑えられ無得点

その裏も3人で終わり3-3の引き分け
https://oidoncup.com/wp-content/uploads/2023/02/%E5%B7%9D1_0227.pdf

レギュラークラスでは無いかも知れないが
法政相手に引き分けの新海屋は立派
全国大会に行くには選手が少ないので
連戦になる予選を勝ち抜くのは厳しそうだが
楽しみなチームだった

法政では横浜隼人出身の秋丸
ツーベース3本の活躍だった
秋丸

第二試合はトヨタ自動車 vs 法政大

法政は連戦だけどメンバーは総入れ替え
詳しくないので違うかもしれないが
恐らくこちらがレギュラー組っぽい

魅力的マッチアップだか試合は荒れた展開
1回裏今泉の先頭打者HRで法政が先制

出鼻を挫かれたトヨタ先発山城
ヒットでランナーを貯め
その後エラーもあってこの回もう1点

法政先発は篠木こちらもピリッとせず
2回四球とヒットに自らの牽制悪送球でピンチを広げ
和田のタイムリー内野安打で失点

その裏法政は高原のタイムリーで追加点
高原の盗塁が送球が逸れる間に三塁ランナー福岡が生還
更にのタイムリースリーベースでこの回3点

山城は続投で3・4回は三者凡退に抑える

篠木は3回1失点で交代
足を高く上げるフォームが特徴の篠木だけど
今日は常にセットからクイック気味のフォーム
それでも躍動感はあった
篠木

一旦は立ち直った山城だけど
5回代打真鍋のタイムリーで法政が追加点
真鍋は前の試合も出場していた

法政2番手尾﨑は4回は抑えたが
5回は味方のエラーもあり失点
6回に死球を与えてから崩れ押し出し3個で交代

途中まではかなり良かったので
法政大好き左腕大好きのDeNAなら
東洋の細野が獲れなかったら
指名あるかもと思って観ていたがどうだろう
尾﨑

尾﨑が残したこのピンチはが抑える
しかしイニングまたぎの塙はこの後つかまる

7回併殺崩れで同点
8回には代打小河の2点タイムリーでトヨタが逆転
小河

トヨタは6回細川7回増居とルーキーリレー
細川は初見
中日に移籍した細川の弟で観たかった投手
兄ほどではないが投手としては
ガッチリした体格で法政打線を三者凡退に抑えた
細川

逆転した8回から嘉陽が抑え
8ー6でトヨタの勝利
https://oidoncup.com/wp-content/uploads/2023/02/%E5%B7%9D2_0227.pdf

勝ったトヨタでは法政出身の佐藤
ツーベース2本を含む3安打
後輩の前で良い活躍が出来た
佐藤

法政は篠木・尾﨑・塙で
3回づつ投げさせる予定だったと思うが
尾﨑が急に崩れたのが痛かった

今日は月曜日だからなのか
おいどんカップの試合が少なく
選択肢はあまり無かったが
薩摩川内の観戦は悪くはなかった

 



2023年2月26日 (日)

薩摩川内市総合運動公園野球場 ~おいどんカップ パナソニック vs 火の国サラマンダーズ~

伊集院から移動し薩摩川内市総合運動公園野球場へ
2023-02-26_16-15-22_067

薩摩川内球場は両翼97.5Mセンター122M
内野が土で外野が天然芝
風が抜けやすいようで強く
フライが上がると影響を受けて大変そうだった
2023-02-26_14-58-47_120

スコアボードは電光でスピードガンもあるが
今日の表示を見ると球速は若干辛いかも
IMG_1739

観客席は多く距離がとれるので
コロナ渦の野球観戦には最適
外野は芝生席だった
2023-02-26_14-08-26_431

かつてはロッテの二軍キャンプが行われていたようで
その影響なのか球場内の自販機には
ロッテの図柄もあった
2023-02-26_14-59-51_976

薩摩川内都ICからは20分くらいだった
総合公園内に駐車場は沢山あるが
日曜日で各施設催し物があったのか混んでいた

当初は空港から薩摩川内球場に移動し
観戦する予定だったが予定変更し
伊集院で1試合を観てからなので2試合目から

その第二試合はパナソニック vs 火の国サラマンダーズ

伊集院から移動するなら同じ市内の
湯之元球場への移動が近くて楽だが
離れた薩摩川内まで来たのは
火の国サラマンダーズが観たかったから

火の国サラマンダーズは九州の独立リーグのチーム
いつかは観たいと思っていたが
独立リーグ目当てで旅行の計画は立てずらく
今回丁度良い機会だった

伊集院の方が試合時間が遅かった為
移動して最初からは間に合わず1回裏途中から

観戦してすぐでパナソニックが
上田のタイムリーで先制
上田

4回にも三宅のタイムリーツーベースで追加点

パナソニック先発後藤は5回無失点
初回は観ていないが観戦した2回以降
危なげないピッチングだった
後藤

後藤の後6回から2番手で定本が登板
去年の神宮大会では関西大は観たが
定本の登板は観られなかったので初見

その定本から火の国は中山が四球の後盗塁とエラーで三塁進塁し
柏木のセンター前のフライが風の影響でヒットになり1点返す

定本は2回1失点
エラーもあるので自責点はゼロだと思う
定本

火の国7回から3番手宮澤が登板
東海大札幌時代に観た事があった
今日は2回ノーヒット無失点
火の国の登板した登板の中では1番良かったかも
宮澤

パナソニックは定本の後
鈴木柏野も抑えて2-1で勝利
https://oidoncup.com/wp-content/uploads/2023/02/%E5%B7%9D2_0226.pdf

今日のパナソニックのメンバーは若手中心のようだが
やはり独立リーグと比べると社会人の強豪は強い

火の国で気になった選手は
キャッチャーでスタメン出場していた深草
強肩で盗塁阻止1つ
投げている所を写真に撮りたかったが
6回で交代して撮り損ねた
深草

関西の社会人と九州の独立リーグの試合を
関東に住む自分には滅多に観る事が出来ない
そんな機会を与えてくれてるおいどんカップは
本当に有難い。

薩摩川内市総合運動公園野球場
〒895-0077 鹿児島県薩摩川内市運動公園町3030

伊集院総合運動公園球場 ~おいどんカップ エイジェック vs 新海屋~

薩摩おいどんカップを観戦するために鹿児島へ

おいどんカップは大学・社会人・プロを交えた
カテゴリーを超えた交流戦

今年から始まり色々なカテゴリーや
複数の球場を観戦出来るので個人的には非常に魅力的
年度末は近いが何とかまとまった休みも取れた

最初の観戦試合は伊集院総合運動公園球場へ
2023-02-26_10-15-11_910

伊集院球場は両翼95Mセンター120M
内野が土で外野が天然芝
2023-02-26_11-28-49_884

スコアボードはライト寄りにあり電光
IMG_1271

スタンドはバックネット裏に少々
一三塁側は芝生席
屋根はバックネット裏後方で
照明はある
2023-02-26_11-32-18_293

あとブルペンがグランド内になく
外に出た3塁側の所にあるのが特徴
2023-02-26_11-31-22_196

あとは正式名称なのか
伊集院勤労者体育施設野球場の看板が
球場正面にある
2023-02-26_12-42-44_349

アクセスとしては伊集院駅から徒歩20~30分らしいが
今回はレンタカーを借りたので不明
南九州自動車道の伊集院ICから10分位だった

試合はエイジェック vs 新海屋
エイジェックは何度も観ているが新海屋は初見
2021年に出来た宮崎県の水産加工会社のクラブチーム
事前にネットで見た画像だと
セカンドユニフォームは上下紺色だったが
今日のユニホームは上だけ紺色だった

試合前は都市対抗出場経験のある
エイジェック有利かと思っていたが
両先発の好投で投手戦

エイジェック先発森崎は5回をノーヒットで
出したランナーも四球のひとりだけ
この時期の試合だからノーヒットでも
事前の予定通りの継投なんだろう

新海屋先発西山も6回までノーヒット
こちらは7四球とランナーを出しながらだったが無失点
落ちるボールが良いようで決まると三振も取れていた
西山

両チーム無得点のまま8回
新海屋はエイジェック2番手から先頭比嘉がツーベース
犠打で三塁に進み本多の右中間のタイムリーで先制
本多

新海屋2番手徳永はヒットは打たれたが2回を無失点に抑え
9回から登板の3番手今村が先頭を歩かせた後2アウトは取ったが
途中出場山村にスリーベースを打たれ同点
前の打席やこの打席でもヒットのイメージの
無いスイングだったがここはよく打った
山村

このあと四死球でサヨナラの場面だったが
ここは今村が踏ん張り得点を許さず1-1の引き分け
https://oidoncup.com/wp-content/uploads/2023/02/%E4%BC%8A1_0226.pdf

新海屋の初観戦で初勝利が観られるかと思ったが
エイジェックが意地をみせた

新海屋に見覚えのある選手は居なかったが
エイジェック途中出場の若松は独立栃木で観ていた
良い選手だったので栃木を辞めたのは
残念に思っていたがまた観れて良かった
若松

当初立てた計画ではこの試合を観戦予定ではなかったが
滞在中伊集院球場は今日しか観られないので
直前で球場目当てで予定変更
球場巡りだけでなく試合も好ゲームで
この予定変更は大当たりだった。

伊集院総合運動公園球場
〒899-2442 鹿児島県日置市伊集院町野田1792

2023年2月23日 (木)

志太スタジアム ~オープン戦 静岡大 vs 桜美林大~

伊豆志太スタジアムへ
静岡大 vs 桜美林大のオープン戦の観戦 
2023-02-23_11-43-21_513

志太スタジアムはシダックスの
ワイナリーやホテルの施設内にある球場
シダックスが社会人野球チームを
持っている時は合宿などで使っていたらしい
シダックスのチームが
なくなっても球場は残っている
2023-02-23_11-45-18_215

内外野とも人工芝で
両翼は100Mセンター122Mで
都市対抗を意識してか
東京ドームと同じサイズ
2023-02-23_11-48-10_555

標高が高いからか
時々プレーに影響する位の
強風が吹く事がある

スコアボードは得点だけで
選手名表示は無いが電光
シダックスの広告の下に
スピードガンもある
IMG_0954

屋根と照明は無いがスタンドは
バックネット裏後方と
一三塁側に座席はそれなりにある
2023-02-23_15-04-46_484

今回は車で来たが修善寺駅から
施設のシャトルバスが出ているらしい

※ 試合については場内のアナウンスが無く
シーズン前で背番号からも
選手を把握出来ていないので
不明の選手が多く
名前を記入した選手も
間違っている可能性があります。

試合は静岡大 vs 桜美林大
静岡県と東京都の試合なら
静岡大がホームの気もするけど
桜美林大はここでキャンプを行ってるので
三塁側だけどホームなのかな?

2回9番レフト背番号7の
タイムリーで静岡大が先制
背番号7

静岡大先発背番号15(吉田?)は4回無失点
サイドから140キロ超えのボール
ファールゾーンが狭い志太スタジアムだと
スタンドからの距離が近いので
球速以上に威力を感じた
吉田

静岡大は5回にも3番セカンド
背番号6のタイムリーで追加点

桜美林はその裏1番センター
背番号9(清水?)のタイムリーで1点返す

6回から桜美林は先発メンバーの全取っ替え
ますます選手が判らなくなった

1点差として桜美林3番手荒田が2回無失点
カクカクしたフォームで
桜美林投手陣の中では一番良かった
荒田

4番手櫻井がコントロールに苦しみ死球の後
6番ファースト背番号2に
タイムリーツーベースを打たれ
更に野選と暴投で静岡大が追加点

桜美林はその裏途中から7番レフトで出場の
背番号10の犠飛で1点返し
9回2番ライト背番号21の
センターオーバーの
2点タイムリースリーベースで同点
背番号21

最後は4番DH背番号26のセンター前のフライ
風が強く静岡のセンター背番号1が
ダイブしたが捕れず
背番号1

5-4で桜美林のサヨナラ勝ち

背番号26

同点の時頭を越されていたので
気持ち深く守っていたのが仇となった

球場新規開拓は出来たが
選手名が判らず
少しモヤモヤもある観戦になった
でもシーソーゲームで良い試合だった。

伊豆志太スタジアム
〒410-2501 静岡県伊豆市下白岩1434

2023年2月21日 (火)

自分的にも球春到来 ~オープン戦 かずさマジック vs JPアセット証券~

今年最初の野球観戦は君津へ
日本製鉄かずさマジック vs JPアセット証券のオープン戦

かずさは2月8日からオープン戦を実施しているので
何度か観戦計画は立てていたが
悪天候や急な仕事でなかなか実行出来なかったがようやく観戦できた

この試合場内アナウンスが日本語と英語の二ヶ国語
直近の国際試合というとWBCしか思い浮かばないが
そこで英語を担当する人が練習していたのかも

試合は2回JPアセットが1死満塁のチャンスを逃し
その裏こちらも満塁で片岡のタイムリーでかずさが先制

3回にも勝俣の2点タイムリーツーベースで追加点
読売は1年でクビになったが
かずさではノビノビプレーしている印象
勝俣

勝俣以外にもかずさは移籍選手の大内がスタメン
去年はジェイファムだったのでワンクッションあるが
以前はJPアセットに所属していたので古巣対決
元チームメイトから “ 良いバッターだ ” と
ほめ殺しもされていたが実際今日も2安打してた
大内

4回JPアセットは松本はタイムリースリーベースに
松田のタイムリーツーベースで1点差

かずさ先発渡辺(匠)はこの回で交代
去年の名簿に無かったから観戦時は判らなかったが
神大から今度入る選手のようだ

JPアセットも先発藤下から門間へ継投
門間はランナー出したが2回無失点で良いリズムつくる
門間

かずさの継投は柳田が1回三者凡退に抑える
他のチームなら指導が難しいアンダースローだけど
このチームなら監督から色々教えてもらえるし
良いチーム所属しているんだろう
柳田

柳田は抑えたが3番手渡辺(法)がイマイチ
2死は取ったが2四死球でランナーを貯め
松田のタイムリーで同点
松田はこの日3安打の活躍
松田

ここで松尾に代わったが四球で満塁とし
犬飼の走者一掃のタイムリーツーベースで逆転
前進ぎみだったがレフトの頭を越す良い当たりだった
犬飼

7回松本の2打席連続スリーベース
8回鈴木のタイムリーでJPアセットはリードを広げる

門間の後岡本も2回無失点の好投

8回かずさはエラーからチャンスをつくり
吉田の2点タイムリーに眞﨑のタイムリーで2点差

9回もかずさはランナー出したが
8回は失点した片岡が抑え8-6でJPアセットの勝利

まだ3年目のJPアセットだか打線が活発
小柄な選手でも長打がある

かずさも今日は投手陣が踏ん張れず失点したが
まだ2月だし調整はこれからだろう

天気予報で昨日より気温が下がると言っていたが
三塁側で観戦すると日差しはあったので
それほど寒くはなかったが
試合時間が長く最後の方は少し冷えてきた

この後観戦旅行の計画もあるので
野球観戦の慣らし運転が出来て良かった。

« 2023年1月 | トップページ | 2023年3月 »