フォト
2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

検索

無料ブログはココログ

« 朝8時から早慶戦 ~東京六大学秋季フレッシュトーナメント 第4日~ | トップページ | 公式戦観戦は今年最後 ~明治神宮大会 第2日~ »

2022年11月18日 (金)

4試合で19時終了 ~明治神宮大会 第1日~

神宮球場へ明治神宮大会の観戦 
試合開始約1時間前に着いたが
平日という事もあり大行列は無し
それでも並んではいた

 第一試合は大阪桐蔭 vs 東邦
大阪桐蔭は去年の神宮大会でも観ているが
東邦は生で観るのは恐らく初
テレビで沢山観ているので初見感が無い

2回までお互い無得点
3回大阪桐蔭は東邦のパスボールで先制

その裏中村のソロHRで東邦が同点に追いつく
中村

しかし4回村本のツーベースに犠打で1死三塁
ここで岸本のタイムリースリーベースで大阪桐蔭が再びリード
岸本

更に前田のタイムリーツーベース
小川・山田・德丸の内野安打
南川の押し出しに佐藤の犠飛で打者一巡でこの回5点

東邦先発の宮國は5回で交代
4回は不運なヒットもあったが
10安打されたし大阪桐蔭打線に打ち込まれた

2番手山北は2回無失点
打順が回っていて代打が出て交代したが
続投していたらどうだったろう
山北

山北は抑えたが8回から登板の岡本は
踏ん張りきれず8・9回で3失点

点差が開いた事もあり大阪桐蔭先発前田は8回で交代
ランナーは出したがタイムリーは打たれずHRの1失点のみ
抜群の出来では無かったが要所は締めた
前田

9回は南が抑え9-1で大阪桐蔭の勝利
https://student-baseball.or.jp/system/prog/game.php?m=pc&e=jingu&s=2022&gid=11&gd=2022-11-18&gnd=1&vs=ND1

名門対決で接戦も期待したが
やっぱり大阪桐蔭は強かった

第二試合は山梨学院 vs 英明
山梨学院は関東大会で観てるが英明は初見
賭博で居なくなった読売の松本(竜)の
出身校としか印象が無い

試合は2回徳弘のタイムリーで山梨学院が先制
徳弘

4回にも2死二三塁から
進藤の2点タイムリーで追加点
更に牽制悪送球でランナー二塁で先発下村は交代

2番手寿賀から星野タイムリーでこの回3点

星野には打たれたが寿賀はこの後抑え
味方の反撃を待つ
寿賀

英明は6回百々の2点タイムリーツーベース
2死満塁となり尾中の走者一掃
タイムリースリーベースで英明が逆転
尾中

平見にもタイムリーツーベースが出て打者一巡で6点

山梨学院先発林はこの回で交代
背番号も1番でエースとして臨んだ今大会
5回までは良かったが6回につかまった
林

英明は2番手星野からも追加点を挙げる

リリーフで好投していた寿賀だが
8回の徳弘で犠飛で失点
4回途中からの登板で徐々に疲れがみえてきたかも

9回に英明は3点追加し決まったかと思ったが
山梨学院もねばり星野HRで1点返し
岳原のスリーベースに髙橋に内野安打で3点差
佐仲の四球で寿賀交代

無死一二塁で登板した百々が抑え
10-7で英明の勝利
https://student-baseball.or.jp/system/prog/game.php?m=pc&e=jingu&s=2022&gid=12&gd=2022-11-18&gnd=2&vs=AY1

序盤は山梨学院ペースだったが
英明は集中打で一気に逆転だった

第三試合から大学で環太平洋大 vs 国際武道大
国際武道は横浜市長杯で観ているが
環太平洋は19年の大学選手権以来
かろうじて観た事ある選手もいる

初回環太平洋は内野安打と四球で無死一二塁
猿渡の犠打を谷内が一塁悪送球
二塁ランナーの若林が生還し先制

更に次の平松の内野ゴロ間にもう1点追加
平松は19年も1年生で出ているので観た事ある選手
平松

失点したが板川も徐々に安定
去年の大学選手権ではコントロールに苦しんだが
神宮のマウンドにも慣れたかも
板川

環太平洋先発徳山は絶好調
国際武道打線の得点の気配ない
ノーヒットのまま7回まで毎回の9奪三振だったが
打順で代打が出て交代
球数は100球に近かったが
ノーヒットだったので続投して欲しかった
徳山

逆に板川は8回の打席も代打が出ず三振
2死だったし代打が出ても得点の可能性は低いが
少しでも可能性を上げる為代打は出すべきだったと思う

8回裏も登板した板川は2死後
猿渡に四球を出して山口に交代

山口平松を抑えたが
どうせだったらイニングの頭からでも良かった気がする
山口

8回は蛭子9回はがノーヒットに抑え
2-0で環太平洋が継投ノーヒットノーランで勝利
https://student-baseball.or.jp/system/prog/game.php?m=pc&e=jingu&s=2022&gid=21&gd=2022-11-18&gnd=3&vs=BP1

初見の徳山の好投が大きかった
遠方のチームだけどまだ2年生だし
また観る機会があるかも

国際武道の板川も8回2/3で2安打だし良く抑えた

第四試合は関西大 vs 東農大北海道オホーツク

2回オホーツクは1死二三塁で吉井がサードゴロ
下井田がファンブルでホーム送球出来ず先制

その裏関大は2死で二塁でエラーした
下井田タイムリーツーベース同点
次の佐藤のタイムリー関大逆転
佐藤の次がピッチャーの金丸だったので
無理する場面ではなかったかも
佐藤

3回オホーツクは2死二塁で
4番の金子がセンター返しを
セカンド佐藤が好捕し三塁送球
二塁ランナー工藤がオーバーランでアウト
このプレーは両チームにとって大きかった

その裏からオホーツクは伊藤が登板
全国大会でも好投を観ているので
何で先発じゃなかったと思う
実際今回も関大打線を抑えた
伊藤

金丸も中盤はランナーを出さず
1点差の緊迫した試合展開

6回関大はオホーツク途中出場
セカンド中谷のフライ落球で無死二塁
犠打で三塁となりのセカンドゴロ野選で追加点
更に髙田のタイムリーツーベースも出てこの回2点

金丸は7回1失点自責点ゼロで交代
確認出来た最速147キロとスピードもあった
金丸

伊藤が8回で代打が出て交代
3番手も1回無失点で味方の反撃を待つ
林

しかし8回から登板した辰己
オホーツク打線を抑え4-1で関西大の勝利
https://student-baseball.or.jp/system/prog/game.php?m=pc&e=jingu&s=2022&gid=22&gd=2022-11-18&gnd=4&vs=OC1

4試合の観戦だったが試合終了は19時
開始時間が違うとはいえ4試合で終電が無くなった
社会人野球日本選手権を観た自分からすると
こんなに早く帰れるのはなんだか不思議な気がする。

« 朝8時から早慶戦 ~東京六大学秋季フレッシュトーナメント 第4日~ | トップページ | 公式戦観戦は今年最後 ~明治神宮大会 第2日~ »

22 生観戦 学生野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 朝8時から早慶戦 ~東京六大学秋季フレッシュトーナメント 第4日~ | トップページ | 公式戦観戦は今年最後 ~明治神宮大会 第2日~ »