フォト
2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

検索

無料ブログはココログ

« 売店は2Fだけ ~大学野球選手権 第1日~ | トップページ | 序盤は雨の中で観戦 ~交流戦 ロッテ vs DeNA~ »

2022年6月 7日 (火)

どちらを選んでも正解 ~大学野球選手権 第2日~

昨日に続いて大学野球選手権観戦
カード的にはやや神宮にも惹かれたが
天候が怪しかったので今日も東京ドーム

第一試合は近畿大工学部 vs 千葉経済大

近大工学部を観るのは
楽天の森原が居た頃の神宮大会以来
当時は胸の文字が KINKI だった

千葉経済は去年の秋以来
エースの高坂は残っているが
主力野手の多くがは卒業したので
全国の舞台で観られるとは思わなかった

千葉経済は高坂でなく髙橋が先発
先発は意外だったが序盤は投手戦

3回に宇津澤のタイムリースリーベースで
千葉経済が先制
Utsuzawa

更ににもタイムリーツーベースが出てこの回2点
4回にものタイムリーツーベースでリードを広げる
ただ本塁アウトがあり1点のみ

近大工学部は5回中島
サードゴロエラーで1点返し
1死一二塁で杉本のタイムリーツーベースで1点差
Sugimoto-220607

一塁ランナーは際どいタイミングだったが
本塁アウト同点ならず

5回で髙橋は交代
120キロ台のボールがほとんどだったが
2失点とまずまずのピッチングだった
Takahashi-220607

6回から高坂が登板
しかしコントロールが悪く
ランナーをためて
ワイルドピッチ2つで近大工学部が逆転
更に押し出しで2点差

近大工学部先発の沖田がこのリードを守り
5-3で近大工学部の勝利
https://www.jubf.net/system/prog/game.php?m=pc&e=alljapan&s=2022&gid=10&gd=2022-06-07&gnd=1&vs=EB1

沖田は完投
中盤から多投した変化球が
千葉経済打線には合わず抑えていた
Okida

千葉経済は高坂のピッチングが誤算
初めての全国大会だし
緊張したのかも

第二試合は天理大 vs 名城大

天理大は初見
色は紫だけと高校と違いローマ字表記だった
名城大は去年のこの大会で観ているが
投手陣が疲弊していて大敗だった

天理大真城と名城大松本の好投で投手戦

得点が入ったのは7回
岩本のタイムリーツーベースで天理大が先制
打った写真も撮ったけど
仕事猫ポーズ?を載せてみる
Iwamoto-220607

8回名城大は連打で無死一二塁となり
天理先発真城は交代
ランナーを出しながらここまで良く抑えた
Mashiro

2番手本間から伊藤が3ランHRで
名城大が逆転
Ito-1-220607

3-1で名城大の勝利
https://www.jubf.net/system/prog/game.php?m=pc&e=alljapan&s=2022&gid=11&gd=2022-06-07&gnd=2&vs=UG1

個人的には初めて名城大の勝ちを観た

名城大先発松本は完投勝利
サイドから146キロと凄い球を投げていた
Matsumoto-220607

第三試合は東京農業大学北海道オホーツク vs 宮崎産業経営大と長い名前対決

試合は2回吉井のタイムリーで東農大北海道が先制
吉井は大当たりで4回と5回にもタイムリーを打っている
Yoshii

東農大北海道先発伊藤は完封
一塁側だとわかりずらいけど
サイドスローでランナーの居ない時は足を高く上げる
Ito-2-220607

4-0で東農大北海道の勝利
https://www.jubf.net/system/prog/game.php?m=pc&e=alljapan&s=2022&gid=5&gd=2022-06-07&gnd=3&vs=NV1

点差は4点だけど伊藤の好投もあり
内容的にはワンサイドだった

そんな中で宮崎産経では
3番手岩切(寛)が4回1失点と
試合を崩さなかった
Iwakiri-h

あとキャッチャーの松山
今日はプロ注目のキャッチャーの
石伊や野口が前の試合で出ていたが
肩の強さは負けていなかった
Matsuyama-220607

第四試合は金沢学院大 vs 東日本国際大

金沢学院大は初戦だが東日本国際大は連戦
昨日チラッと観た時は縦縞のユニフォームだったが
今日は違うユニフォームだった

前日の試合で投手陣を沢山使い
やや不安のある東日本国際大を攻め
金沢学院大は3回木越のタイムリーで先制
Kigoshi

この回井上にも2ランHRが出て3点
井上はスイングの大きいパワーヒッターだった

継投になった東日本国際大は5回
4番手で大山が登板
150キロ超えもあるパワーピッチャーで
味方の攻撃に良い流れを持ってくる
Ohyama

7回まで2安打無失点に抑えていた
金沢学院大先発堀本だったが
8回に小林に2ランHRを打たれ交代
先発としての仕事はキッチリした
Kajimoto

2番手西居が1死一三塁とし
上崎の3ランHRで東日本国際大が逆転
Uezaki

更に3番手武井から代走で出場していた大里
タイムリーツーベースでこの回6点

6-3で東日本国際大が逆転勝ち
https://www.jubf.net/system/prog/game.php?m=pc&e=alljapan&s=2022&gid=16&gd=2022-06-07&gnd=4&vs=FI2

大山は5イニングをノーヒットで
出したランナーはデッドボール1つだけだった

負けた金沢学院大もHRを打った井上
俊足の1番島﨑など良い選手が居たので
もっと観たいチームだった

神宮も雨は降ったようだが試合は行われ
ノーヒットノーランがあったり
観たかった投手が投げたりと
行けば良かったと思う試合のようだったが
東京ドームも好ゲームが多く
どちらを選んでも正解だったろう。



« 売店は2Fだけ ~大学野球選手権 第1日~ | トップページ | 序盤は雨の中で観戦 ~交流戦 ロッテ vs DeNA~ »

22 生観戦 学生野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 売店は2Fだけ ~大学野球選手権 第1日~ | トップページ | 序盤は雨の中で観戦 ~交流戦 ロッテ vs DeNA~ »