フォト
2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カテゴリー

検索

無料ブログはココログ

« 早慶無い週以外と空いてる? ~東京六大学 春季第2週~ | トップページ | 時間変更で観戦可能に ~イースタン DeNA vs 読売~ »

2022年4月17日 (日)

生観戦まで4年掛かる ~首都大学 春季第3週 日体大 vs 東海大~

首都大学観戦で浦安へ

当初は神奈川大学を3試合
俣野公園で観戦を考えていたが
予定が出来て最後まで観戦出来なくなり
第一試合だけならこちらが観たくて予定変更

その第一試合は日体大 vs 東海大
1勝1敗の第3戦
前の試合から1週間の間隔が開いているので
先週土曜日先発した二刀流矢澤の登板が
期待出来るのでこちらをチョイス

矢澤は藤嶺藤沢時代から気になっていたが
観戦できずに大学4年までなっていていたので
どうしても観たかった

予想通り矢澤は先発で3番
東海の先発は諸隈だった

試合は両先発が好投で序盤は投手戦
3回ここまでノーヒットだった東海は
東海林の初ヒットとなるセーフティバントと
盗塁で二塁に進み
のタイムリーで先制
Mori-220417

その裏日体はヒットと犠打で1死二塁となり
松浦のタイムリースリーベースで同点

更に中島(優)のタイムリーツーベース逆転
中島(優)はスイッチヒッター登録だが
この打席は左の諸隈に左打席
後で左の中尾には右打席に立っていた
Nakashima-220417

この後重宮にタイムリーツーベースが出て3点目

ここで諸隈は交代
相手が矢澤なのでこれ以上の失点は防ぎたいと思い
早めの交代だろうけど失点はしたが
まだまだ投げさせてもよかった印象

2番手山下もまずまずのピッチングだったので
ここでの継投は間違ってはなかったのかも

2点差のまま6回日体は
重宮ツーベースの後本間のタイムリーで追加点
ここで山下交代したがこの交代は上手くいかず
この後登板した赤井中尾は流れ止められず
6回に3点7回に2点となり7点差

点差が開いた所で矢澤は交代
7回2安打1失点奪三振は6
確認出来た最速は145キロ
足を上げたあと若干2段モーションで
力を貯めて投げるのが特徴的だった
投手は交代したがライトでそのまま出場を続けた
Yazawa-1

8回東海は日体2番手勝本からチャンスをつくり
途中出場のの2点タイムリー
柳は去年八王子で観ていたが
1年後大学生として観るとは思わなかった
Ryu-220417

9回勝本が無失点に抑え8-3で日体が勝ち点獲得

プロアマや横浜市長杯や全国大会では
東海の負けは観た事があったが
自分が観戦した首都大学リーグの試合では
今日10試合目で初めて東海が負けた試合を観た

東海を破った原動力の矢澤
野手としては4打数2安打で
外野フライを2つ処理していた
因みにグローブやバットはアンダーアーマーだったが
 fosekift という馴染みの薄いスパイクを使用していた
Yazawa-2

東海で目立っていたのは
5番手の加藤(匠)で1回1/3無失点
投球も良かったけど抑えた後の
アクションがオーバーだった
Kato-t

最初に生で観たいと考えたのが高校3年の春季大会だから
矢澤を観るのに4年も掛かった

大学で観る機会があるだろうと思っていたら
コロナで思うように観戦できずにいたけど
とりあえず1度は観る事が出来て良かった

今後リーグ戦も浦安より近くであるし優勝すれば
大学野球選手権もあるから機会があればまた観たいな。

« 早慶無い週以外と空いてる? ~東京六大学 春季第2週~ | トップページ | 時間変更で観戦可能に ~イースタン DeNA vs 読売~ »

22 生観戦 学生野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 早慶無い週以外と空いてる? ~東京六大学 春季第2週~ | トップページ | 時間変更で観戦可能に ~イースタン DeNA vs 読売~ »