フォト
2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

検索

無料ブログはココログ

« 2022年1月 | トップページ | 2022年4月 »

2022年3月30日 (水)

間違えずに三塁側購入 ~イースタン 読売 vs 日本ハム~

イースタンリーグ読売  vs  日本ハムを観戦によみうりランドへ

ジャイアンツ球場は今年も改装を行っているようで
三塁側ブルペンがセンター後方に移動
Img_5381Img_3421

その影響なのかベンチが読売が一塁側に再び戻っていた
チケットを購入する時日ハム側のつもりで
一塁側を購入しようとしていたが
よく観るとe+のHPに書いてあったので
間違えずに済んだ

先発は横川田中
初回横川がコントロールに苦しみ
フォアボールでランナーを出したが
重信のフェンス際のファインプレーで無得点

田中も調子が良いわけではなさそうだったが
何とか4回まで無失点に抑え交代
フォームは以前のように綺麗ではないが
再び支配下を勝ち取って欲しい
Tanaka-220330

日ハム2番手は柿木
まだ横川が投げていたので大阪桐蔭同期対決となる
以前ほどではないがスピードが戻っているようで
ピンチはつくったが1回を無失点だった
Kakigi-220330

横川は6回を投げ無失点
フォアボールも結局1回の先頭木村に出した1個だけだった
普通に二軍のローテで回りそうなのに何で育成なんだろう
Yokokawa

この後お互い小刻みな継投

8回読売は重信細川のエラーで出塁
犠打と内野ゴロで三塁進塁し
秋広の詰まったセカンド後方のフライを
細川がダイビングキャッチで無得点
エラーを帳消しにするビッグプレーだった
Hosokawa-220330

9回読売4番手で菊地が登板
150キロのボールもあり2回をパーフェクト
桐蔭横浜大学時代に観た事はあったが
当時はコントロール難の印象だったが今日は違った
Kikuchi-220330

お互い得点なく延長はイースタンリーグ規定の11回まで
11回裏2死から細川が今日2つ目のエラーでランナー一塁
さらに鈴木が牽制送球でランナー三塁となったが
代打の加藤が見逃し三振に討ち取られ0-0で引き分け
https://npb.jp/bis/2022/games/fs2022033001023.html

読売の4番は新外国人のウォーカーで4打数1安打
幅広のスタンスからノーステップで打つので
HRバッターではなさそう

一軍の登録は抹消されていないようだけど
外国人枠を考えると二軍の読売戦を観る時は
また出場しているかも
Walker

風は強かったけど気温自体は高かったので寒くもなく観戦できた
ピッチャーが頑張るゼロゼロの引き分けもタマにはいいかな。

2022年3月27日 (日)

ナスパ・スタジアム ~オープン戦 TOKYOMETS vs神奈川~

TOKYO METS vs 神奈川フューチャードリームスとの
オープン戦観戦にナスパ・スタジアムへ
Img_5354Img_5351

ナスパ・スタジアムは千葉県成田市にある球場
ロッテがイースタンをやる事があるが
アクセスが悪く車が無いと厳しいので今まで観戦出来ていなかった

因みにバスだと京成成田駅から吉岡大慈恩寺前を下車で
そこから30分くらい歩くらしい

内野が土で外野が人工芝
両翼100Mセンター122M
Img_5365

スコアボードは反転式で照明と屋根もあり
照明は14時試合開始だったので終盤16時45分頃点灯した
Img_2362Img_2844

メッツは東京のクラブチームで初見
ユニフォームの字体TORっぽい
Img_2365

試合は1回神奈川が立ち上がりコントロールが不安定な
佐藤(文)を攻めて満塁とし吉原のライトオーバーで2点先制
ただライト川崎が捕りそうだったので
一塁ランナーのスタートが遅れシングルヒットになった
Yoshihara

この後中林の2点タイムリーに海老根タイムリーでこの回5点

メッツは2回連打で満塁のチャンス
早川のショートフライを捕球時柿崎が転倒
サードの牧田渡しホーム送球したがランナーに当たりセーフ

この後永森のタイムリーツーベースで2点追加
永森は守りでも広い守備範囲で好プレーを見せていた
Nagamori

村田のタイムリーで1点差とし
同点逆転のチャンスはあったが1点差止まり

神奈川先発佐藤(圭)は3回5失点で交代
一方メッツ先発佐藤(文)は徐々に立ち直ってきたが
4回牧田の2ランHRで神奈川がリードを広げる
Makita-220327

先発の両佐藤はイマイチだったが2番手はお互い好投

4回から登板の神奈川2番手の竹崎
5回1失点の好投
去年までチームに所属していたのに
今年は今現在何故か練習生だった
Takezaki

メッツのディロルフも2回無失点と試合を落ち着かせる
背中の名前は DEROLPH だったが
スコアボード表記はジョーイだった
Derolph

7回メッツの守備の乱れもあり神奈川は3点追加

ワンサイドで終わるかと思った9回
メッツも粘り満塁で岡安(優)
ライト線へのスリーベースで2点差
Okayasu

次の小野寺がセンターへ犠牲フライ1点差となったが
ランナーが無くなりこの後大高が立ち直り
神奈川が10-9で勝利

クラブチームと独立リーグの対戦らしい
ミスの多い試合だったが見応えはあった

自分も車で来たけど
駐車場は横浜や相模ナンバーの車が何台かあった
自分のように球場目当ての人は少ないだろうから
ホームを無観客にしていて地元で観られない
フューチャードリームスファンがわざわざ来たんだろう。

ナスパ・スタジアム
〒287-0227 千葉県成田市一坪田410-1

2022年3月24日 (木)

セカンドユニだらけ ~JABA春季神奈川大会 第6日~

月曜日も観に行った保土ヶ谷へ再び春季神奈川大会観戦

朝から観戦する予定だったが直ぐには出掛けられず
第一試合三菱重工East vs 横浜金港クラブは
着いた時点で6回裏三菱7-0でリード
この回も得点をあげ最後は園田のタイムリーで10-0コールド
https://baseball.omyutech.com/CupHomePageHistory.action?gameId=20222221181

雨で順延した平日のクラブチームは人集めが厳しかったようだ

この試合で三菱は元読売の山下は2番DH
6回の1打席だけ観れたがフォアボールだった
Yamashita-220324

第二試合は東芝 vs ENEOS
スポニチ大会準決勝で観た対決
ユニフォームは両方セカンドユニフォーム
Img_0799

その時も接戦だったが
今日も吉村加藤の両先発好投でこの試合も接戦

3回中村のHRで東芝が先制
まさか中村のHRを1ヶ月で2本も観るとは思わなかった
Nakamura-220324

失点したがエネオス先発加藤は4回をHRの1安打1失点
球は速くないが良いピッチングだった
Kato-220324

2番手柏原は150キロ超えもあるボールで4回無失点の好投
Kashiwabara

吉村は7回で交代
ランナーは出したが
たまる事はなくピンチはほぼ無かった

8回から登板の岡本が東芝としては誤算で
ヒットと犠打で1死二塁で度会タイムリー同点

川口もヒットで続いて岡本は交代
この後藤村が抑え同点のまま延長タイブレークへ

無死一二塁継続打順でスタート
エネオス10回川口の犠飛でリードしたが
東芝は代打諸橋のタイムリーで1点づつ入れてブレークならず
Morohashi-220324

11回エネオスは犠打で二三塁として
柏木の犠飛で1点入れて再びリード
Kashiwagi

この後小豆澤のタイムリーに佐々木HR
篠原タイムリーとこの回4点

東芝の攻撃は関根が抑えて7-2でエネオスの勝利
神宮の仇を保土ヶ谷で討った
https://baseball.omyutech.com/CupHomePageHistory.action?gameId=20226105229

テンポの良い試合だったが終盤もつれてタイブレークとなり
3時間半も掛かる長い試合となった

第三試合は決勝戦
三菱は第一試合とユニフォーム変更
初めて上下赤のユニフォームを観た
このユニフォームだとジャッキーロビンソンスタイルより
ダボっとした着こなしの方が良い気がする
Img_1646

初回エネオス先発阿部は三者凡退

一方三菱先発はデッドボールでランナーを出し
三振ゲッツーでチェンジかと思ったが
二塁ベースカバーが遅れ盗塁成功

気落ちした訳ではないと思うが次の瀧澤
レフト線へのスリーベースでエネオスが先制

更に佐々木のタイムリーで2点リード

初回失点したは徐々に立ち直り5回2失点
1回の投球練習から掘れたマウンドを
投げにくそうにしていたが良く克服した
Mori-220324

阿部は徐々にとらえられたが4回無失点で交代
続投してたら点が入りそうだったが好投だった
高卒4年目と若いのでこれから期待したい
Abe-220324

エネオス2番手飯田はストライク入らず
1アウトを取ったあと6連続四死球で同点で交代
森の登板時にも思ったけど
掘れまくっているマウンドの影響は当然あったと思う

次の綱脇に代わっても押し出し逆転
更に平野タイムリーツーベースで3点リード
Hirano-220324

リードされたエネオスは6回小豆澤のソロHRに
7回度会の2ランHRで同点代打丸山のHRとHR攻勢で逆転
度会は大喜びで一周していたが丸山は冷静に見えた
Maruyama-220324

この後佐々木のツーベースで中継がミスもありもう1点追加

この後そのまま得点が動かず7-5でエネオス優勝
https://baseball.omyutech.com/CupHomePageHistory.action?gameId=20221661851

5回途中から登板した糸川の好投が大きかった
Itogawa-220324

三菱は細かいミスが多く
折角相手の四死球で自滅して点をもらったの
にそれを生かせなかった
スポニチ大会の時よりはまだ暖かいが
それでもこの時期のナイターは寒い
そう言えば保土ケ谷の照明LEDになってからは
初めてのナイターだったかな?
Img_5342

2022年3月21日 (月)

3連休で5試合観戦 ~JABA春季神奈川大会 第4日~

保土ヶ谷球場へ春季神奈川県大会観戦
雨の影響で観戦を予定していた
今日の第一試合が昨日から今日にずれ込んだ

その第一試合は三菱重工East vs ジェイファム
もちろん三菱Eastは観たいし
それだけではなくジェイファムも観たかった

ジェイファムは初見
去年の都市対抗予選で三菱Eastと
接戦の試合をしていたので観てみたいチームだった
ユニフォームは水色でかっこいいが
背番号が銀色で少し見づらい
Img_9604Img_9606

初回三菱Eastはパスボールで先制
更にのレフトフライがエラーでこの回2点

その裏ジェイファムは
1死一三塁のチャンスをつくったが得点ならず
特に大内のセカンドライナーは惜しかった

2回津田の犠飛で追加点
今期はの度会に負けないよう
活躍してほしい
Tsuda-220321

3回汐月中山の連続HRで
三菱Eastがリードを更に広げる

ジェイファム先発浦野はコントロールがイマイチ
HRも2本ともボールツーから
ストライクを取り行ったところを打たれていた

ジェイファムは4回から登板の高井
高井が登板してからようやく無得点のイニングをつくる
トルネードじゃなかったのでわからなかったが
元読売の高井だった

5回ジェイファムは桝本の犠飛で1点返す
枡本は本業の捕手でも3つ盗塁を刺していた
Masumoto

三菱East先発池内は5回1失点とまずまず
國學院では観ていないようなので恐らく初見だと思う
Ikeuchi

高井に抑えられていた三菱Eastは
6回武田のタイムリーで追加点
オリックスに中日と西の球団だったので
今まではあまり観ていないが
これからはよく観ることになるだろう
Takeda-220321

高井は7回押し出しで失点しこの回で交代
それまでほとんど130キロ台のボールだったが
最後は140キロ中盤が出ていた
最後だけ力で押したのかな
Takai

この後継投でジェイファムを抑えた三菱Eastが7-1で勝利
https://baseball.omyutech.com/CupHomePageHistory.action?gameId=20227956871

三菱East的には池内・原・森と
新人投手を試しつつトーナメントを勝ち上がり
意義のある試合だった

ジェイファムは現時点では神奈川の企業チームの
牙城を崩すほどではないかもしれないが良いチームだった

第二試合は横浜球友クラブ vs 横浜金港クラブのクラブチーム対決
普段はクラブチームはあまり観ないがそのまま残って観戦

試合は金港ペース
2回上杉のタイムリーで先制
Uesugi

その後石丸の2点タイムリーに
4回は石丸高橋(優)タイムリー
6回にも高橋(優)の犠飛に
高橋(亮)のタイムリーツーベースで7点差

金港先発佐野は5回無失点
投げてる時は気がつかなったが
グローブのウエブはバラのようなデザインだった
Sano

7回裏を抑えればコールドだったが球友も粘り
1死満塁で併殺崩れで1点返しコールド回避
タイミング的には微妙だったが
三塁から一塁への送球が短く捕球できなかった

9回にも球友は菊池タイムリーツーベースで得点
7回の併殺崩れのサードゴロを打ったのは
菊池だったので今日2打点となった
Kikuchi-220321

しかし反撃ここまで7-2で金港の勝ち
https://baseball.omyutech.com/CupHomePageHistory.action?gameId=20229350957

金港のセンターの益留は3打数3安打で4盗塁の大活躍だった
Masudome

球友で気になったのは2番手の神崎
80キロ~100キロ位の緩い球で
抑えたとは言い切れないがソコソコは討ち取っていた
Kanzaki

普段カレンダー通りの休みじゃない上に
去年はなるべく土日祝日の観戦を避けていたので
3連休をがっつり野球観戦したのは久しぶり
良い週末の過ごし方だった。

2022年3月20日 (日)

席はハズレだが観戦はアタリ ~イースタン DeNA vs 西武~

昨日開幕したイースタン公式戦観戦で横須賀スタジアムへ
当初は別の試合の観戦を考えていたが
雨で日程が変更となり自分の観戦カードも変更

去年のイメージで日曜日は混むかと思ったが
座席は特に一塁側は混んではいたが
チケット購入の列は思った程ではなかった

今回の指定席も前回の教育リーグ同様外れ席で
バッターボックス付近が
支柱とネット最上部にまるかぶりだった
Img_5325Img_9084

試合は西武戦で昨日は勝ったらしい
先発は京山エンス

京山は序盤は怪しかったが徐々に良くなり6回無失点
打者のスイングを観るとスライダーだと思うけど
これが決まってから三振が奪えるようになり
5回から6回にかけて5連続三振と中盤は完璧だった
Kyoyama 

一方エンスは4回1安打無失点
140キロ後半の速球を中心にほぼ完璧な内容で
登板時は得点のイメージは出来なかった
4回に通訳も来てマウンドに集まってたけど
集まった理由が故障じゃないかが心配
Enns

5回2番手松岡から勝又の2ランHRでDeNAが先制
今季1号とアナウンスがあったので
恐らくプロ初HRだろう良いものが観られた
Katsumata-220320

6回も満塁で田部走者一掃のタイムリーツーベース
前の回にも打っていたので2打席連続ツーベース

7回は新人か活躍
村川が足を生かしファーストゴロで内野安打
粟飯原がヒットで続き梶原の犠飛で追加点

更に伊藤(裕)の3ランHRで9点目

ここですんなり終われば良かったが
7回から登板の徳山が今日も乱調
8回西川のHRで1点返され
Nishikawa-220320

9回も西川のタイムリースリーベースを打たれた所で徳山は交代
2回2/3でフォアボール4個とコントロールは相変わらず
良かったのは緩いカーブが抜け気味だったが
ストライクに取ってもらえた
これが決まれば良くなりそう

最後に髙田ジョセフを抑え9-2で勝ち
教育リーグ観戦は2連敗だったが
公式戦ではいきなり勝利を観る事が出来た
https://npb.jp/bis/2022/games/fs2022032001153.html

今日のスタメンセカンドは藤田だった
4回で交代し打撃では1打数ノーヒット
守備機会は2回あったが最初のセカンドゴロは
二塁ベース付近の緩いゴロで
ジャンピングスローを試みる見せ場だったが
握れずアウトに出来なった
Fujita-220320

西武では8回に平良が登板
150キロ越えもあり三者凡退に抑えたが
高卒ルーキーの東出に粘られたりまだ本調子ではないかも
Taira-220320

寒かったし席は外れだったけど
勝又や伊藤(裕)のHRが観られたり
個人的には非常に見応えもあり
そのうえ勝ちも観られたんだから文句はない
そんな試合だった。

2022年3月19日 (土)

雨の影響は試合開始だけ ~東京都企業春季大会 第2日~

大田スタジアムへ東京都企業大会観戦
長野や静岡に遠征も考えたが
天候やグランドコンディションの心配もあったので
比較的近場での観戦にした

第一試合はセガサミー vs JR東日本
セガは都市対抗で観ているが
JRは去年の5月以来
公式戦だと一昨年の都市対抗以来なので
今日のセカンドユニフォームは初めて観た

試合は2回中川がバット折りながらライト横にフライを打ち
佐藤がスライディングキャッチを試みたが捕れず
タイムリーツーベースでセガが先制
Nakagawa-220319

3回にも西村のタイムリー
4回の植田タイムリーでリードを広げる

JR東日本はその裏大城の2ランHR
フェンスを越えるとは思わなかったが
風はないのによく伸びた
Ohshiro

セガ先発は5回2失点
2回以外ランナーを出してのピッチングだったが
失点はHRだけだった
Tate

点差を縮められたセガだったが
6回先頭中川フォアボールを犠打と内野ゴロで三塁進塁し
ワイルドピッチでノーヒットで追加点
こういう得点を挙げられるから近年勝ててるんだろう

JR先発小谷野は6回4失点
今日はイマイチだったが投球後
投げた手を高く上げるフォームはカッコよかった
Koyano

7回大谷のタイムリーでセガは追加点

8回セガは3番手で森井が登板
観るのは多分一昨年の都市対抗以来
確認出来た最速は146キロとまずまず
9回ヒットでランナー出して最後まで投げきれなかったが
久しぶり観れて良かった
Morii-220319

リリーフした氏家が抑え5-2セガの勝利
https://baseball.omyutech.com/CupHomePageHistory.action?gameId=20223348011

あくまで調整段階の3月の試合だけど
セガは強いしJRは心配になる出来だった

第二試合はJPアセット証券 vs NTT東日本
こちらもNTTは都市対抗で観ているが
JPアセットは去年のこの大会以来なのでちょうど1年ぶり
1年ぶりに観るとユニフォームが微妙に変っていた

2回鈴木(嘉)のタイムリーでJPアセットが先制
Suzuki-y-220319

その後も得点は出来なかったが
JPアセットはチャンスをつくり
NTT先発上出は3回途中で交代
2番手沼田からもランナーは出したが得点は動かず

JPアセット先発は門間
去年の都市対抗でセガの補強で1アウトだけ観たが
自チームで観るのは初
スピードは140キロ前後だか
テンポ良く投げてNTT打線を抑える
Monma-220319

しかしNTTは6回先頭の代打長澤がレフトへツーベース
外野のポジション全体的右に寄っていたが
定位置だった捕球出来たかも

フォアボールと犠打で1死二三塁
ここで内山の2点タイムリースリーベースで逆転
Uchiyama-220319

向山のタイムリーツーベースで追加点を挙げ
中村のセンター前のフライを目測ミスにダイブで捕れず
タイムリースリーベースでこの回4点

門間はこの回で交代
5回までは無失点に抑えるナイスピッチングだった

前半良かったJPアセット打線も
6回から登板のに抑えられる
Hori-220319

9回多田からチャンスはつくったが得点出来ず4-1NTT東日本の勝利
https://baseball.omyutech.com/CupHomePageHistory.action?gameId=20220830595

門間の好投で中盤までもしかしたらと思わす展開だったが
流石にNTTが自力でまさった

そのNTTは上川畑がドラフトにかかり
誰が守るかと思っていたショートは今日中村が守った
サードの印象が強いし動きに滑らかさはなかったが
大型ショートは観ていて見栄えが良い
Nakamura-220319

前日の雨の影響なのか約30分遅れで始まった今日の試合
夕方から雨の予報だったが帰るまでは持ってくれた

去年のこの大会を観戦した時途中雨が降っていたので
今日も降るとJPアセット戦は2戦2雨となる所だったが
降らなくてホントに良かった。

2022年3月15日 (火)

今日も勝ちは観られず ~教育リーグ DeNA vs ヤクルト~

今日も追浜へ教育リーグ観戦
先週の予報だと雨マークがあったので
今日観戦できないと思い先週土曜日に観戦したが
雨は明け方だけで日中は良い天気だった

土曜日は一塁側で観戦したので今日は三塁側
残念ながらネットの支柱が邪魔な席
指定席にするなら選べるようにして欲しい
Img_5315

試合はヤクルト戦
先発は石田高梨なので調整登板かな

石田は3回無失点
ベテランの内川坂口にヒットを打たれたが無失点
まずまずだろう
Ishida-220315

高梨は2回無失点
1回2死二塁で小深田にヒットが出たが
関根を三塁でストップさせていた
ホームに突っ込ませていたら1点入っていたかも
Takanashi

4回から登板のDeNA2番手徳山
コントロールがイマイチ
2死二三塁でワイルドピッチで失点
更にこの回からマスクを被った
益子の盗塁悪送球でこの回2点

その裏蝦名スリーベースに
山下タイムリーで1点返す
因みに両側が黒いのは支柱が写っているから
Yamashita-220315

しかし5回にも武岡のタイムリーで再び2点差
Takeoka-220315

徳山は2回2失点でフォアボール4個
今日の登板では謎の2位指名の印象を払拭出来なかった
Tokuyama-220315

6回からヤクルト4番手で吉田大喜が登板
内容はそれほど良くなかったが2回を無失点
9番打者が吉田大成だったのでスコアボードは吉田が並んだ
Yoshida-daikiImg_7659

7回太田のタイムリーで1点追加され
ヤクルトの小刻みなリレーの前に得点出来ず4-1で負け

今日も勝ち星は観る事は出来なかった
まだシーズンも開幕していないし
そのうち勝利も観られるだろう

2022年3月12日 (土)

3年目で初観戦 ~教育リーグ DeNA vs 読売~

追浜へ教育リーグDeNA vs 読売戦の観戦

今年最初のDeNA二軍観戦
今年も二軍は前売券を売らない方針らしいので
週末はチケット購入で密になるので観戦を少し迷ったが
天気が良いのでつい来てしまった

先発はDeNAが阪口で読売が髙橋
一軍でローテーションで投げて欲しい投手対決

DeNAは2回押し出しで先制
髙橋は4回1失点可もなく不可もないピッチングだったが
失点した2回は3四死球とコントロールに苦しんだ
Takahashi-220312

読売は4回勝俣のタイムリーで同点
今さらだけど何で勝俣はこんなに早く
オリックスを切られたんだろう
Katsumata-220312

阪口は5回1失点
ランナーを出す場面も多く内容は微妙だった

5回與那原から伊藤(裕)
2点タイムリーでDeNAが再びリード
伊藤(裕)もそろそろ活躍しないとヤバそうなので
二軍とはいえ結果を出せて良かった
Itoh-y-220312

6回にも関根のHRで追加点
関根はチームカラーの青ではなく高校生のような
真っ黒い金具のスパイクで出場していた
何から意図があっての行動だと思うけどなんだろう?

この後村川のセンターライナーを
岡田が目測ミスしタイムリースリーベース
田部のタイムリーで5点差

折角リードを広げたのに7回から登板の平田が不調
連打を浴び菊田ショートゴロで1点返され
粟飯原の送球エラーでバッターランナー菊田もセーフ
スタンドから観ると送球は逸れたがタッチは出来ていたと思う

更にフォアボールで満塁になり重信のタイムリーツーベース
カットに入った粟飯原が送球エラーで
ランナー全員生還しこの回4点目

右打者の湯浅を抑え平田は交代
池谷が左打者岡田を抑えて何とか同点にはされなかった

その裏押し出しでDeNAが追加点を挙げ2点差

9回DeNAは浅田が登板
3年目だけど登板機会も少なく観戦のタイミングも合わず初めて観る
後ろの大きいフォームだからかコントロール悪く3四死球で満塁
ここでウレーニャに2点タイムリーを打たれ同点

2死となって岸田の3ランHRで読売が逆転
岸田のHRを観るのは大阪ガス時代のスポニチ大会以来かも
Kishida

この回最後まで投げきれず浅田は交代
今日の内容だと厳しいかも
Asada

ここで石川が登板
去年は観てないので横浜高校時代以来
代打の伊藤(海)を抑え打者1人でチェンジ
一軍のオープン戦でも活躍しているらしいし
観る事が出来て良かった
Ishikawa-220312

その裏ランナーは出したが得点出来ず7-10で負け

浅田が抑えてくれたら気分良く帰れたけど残念な結果になった
今まで観たいと思っても叶わなかったんだから
観れただけで良かったと思う事にしよう。


2022年3月 9日 (水)

片方着替えて赤赤ユニフォーム対決にはならず ~スポニチ大会 第4日~

今日も神宮へスポニチ観戦
昨日も午後から観戦出来たが
寒さで体調を崩しそうだったので自粛したが
今日は暖かくなりそう予報だったので観戦決行

今日の第一試合から決勝トーナメント準決勝
ENEOS vs 東芝の神奈川対決

序盤は投手戦だったが中盤から試合か動く
4回丸山のタイムリーてエネオスが先制
Maruyama-220309

更に村上のタイムリーでこの回2点
Murakami-220309

片方に点数が入ると試合が動くようで
東芝は直ぐ後の5回大庭のタイムリーで1点返し
Ohba-220309

長沢の犠飛で同点

この後両チーム継投となり
東芝藤村エネオス糸川加藤が無得点に抑え延長戦
決勝トーナメントのタイブレークは11回からなので
10回は普通の延長戦

その10回代打船木がヒットで出塁しバントで二塁進塁
長沢のタイムリーツーベースで東芝がリード
Nagasawa-220309

その裏1死から瀧澤ツーベースが出てから藤村は交代
5回1/3を投げたので先発のより長いイニングを投げた
Fujimura-220309

ここで吉村がリリーフ登板
フォアボールで出塁は許したが無失点に抑え3-2東芝の勝利
https://baseball.omyutech.com/CupHomePageHistory.action?gameId=20222146307

これが決勝戦でもおかしくない見応えのある試合だった

第二試合日立製作所 vs JR九州

JR九州を観るのは久しぶり
観たいとは思っていたが
決勝トーナメントに残らないと観られないので
また今度になると思っていた

初回日立はバント失敗もあり無得点
その裏JR九州もバント失敗はあったが後続がつながり
岩切の2点タイムリーツーベースで先制
Iwakiri

塩田にもタイムリーが出てこの回3点

日立先発の多間は1回で交代もう少し観たかった

2回もJR九州は山田の2ランHRで追加点

3回から登板した日立の青木はアンダースロー
右打者が多いJR九州を抑えていたが5回山田に2打席連続HR
Yamada-220309

HRは打たれたが青木は3回1失点は好投
やっぱりアンダースローのピッチャーを観るのは楽しい
Aoki-220309

JR九州先発は鷲﨑
スピードはないが緩い変化球を使い上手に抑えていた
補強で出場した去年の都市対抗では打たれたが
これが本来の実力なんだろう
Washizaki

日立も粘ったが終盤の8回に
ヒットとエラーで満塁での押し出し
9に回内野ゴロ間の得点でタイムリーは出なかった

鷲﨑が完投で6-2JR九州の勝利
https://baseball.omyutech.com/CupHomePageHistory.action?gameId=20224826617

日立は元フューチャードリームスの野村
9番センターでスタメン
ヒットを1本打ちまずまずの活躍
今後諸積Jrとポジション争いをするのかな?
Nomura-220309

決勝戦は東芝 vs JR九州
東芝は三塁ベンチから一塁ベンチになったので
ユニフォームが赤から白に変更
第一試合と同じ赤いユニフォームを着て
JR九州と赤いユニフォーム対決でも面白かったのに

初回長沢がヒットで出塁し盗塁と犠打で三塁へ
ここでパスボールでホームイン
ほぼ長沢の足で先制した

2回にも東芝は諸橋がヒットで出塁
ルーキーのヒットで東芝ベンチは盛り上がっていた
Morohashi

中村も続いて長沢のタイムリーツーベースで追加点
ここでJR九州は鈴木から吉田に交代

吉田は太田をサードゴロに打ち取ったが
フィルダースチョイスで東芝は追加点

更にチャンスを広げ田中のタイムリーツーベース
三塁も狙えそうなあたりだったけど
田中が足を痛め二塁ストップここで田中は交代となった
Tanaka-220309

次の吉田もタイムリーツーベースを打ってこの回5点

東芝先発は準決勝で最後にリリーフした吉村
ランナーは出すが得点は許さない
Yoshimura-220309

JR九州2番手吉田も登板直ぐは打たれたが
3回4回は無失点に抑える

5回からJR九州は井上が登板
8回まで投げてフォアボール2個だけでノーヒット無失点
井上が先発だったらと思う出来だった
Inoue-220309

9回3番手足立が三者三振のピッチング
投球ごと声が出ていた
Adachi-220309

JR九州リリーフ陣の好投はあったが
吉村がランナーを出しても危なげなく抑え6-0で東芝が優勝
https://baseball.omyutech.com/CupHomePageHistory.action?gameId=20224826617

今日見る限り東芝は隙のないチーム
松本や金子を使わずこの強さ
会社の経営不振に足を引っ張られなければ安定して強そう

JR九州も良いチームだった
決勝は完封されたが打線は良い印象

無事にスポニチ大会が終わり
次の日本選手権対象試合は4月
今後の大会も有観客で開催されて欲しいな。

2022年3月 6日 (日)

3試合目は寒さが厳しい ~スポニチ大会 第1日~

神宮へスポニチ大会観戦

待ちに待った有観客
大会直前に観たかったニチダイとカナフレックスの出場辞退は
残念だけど大会を観る事が出来て本当に良かった

第一試合はENEOS vs 三菱倉敷オーシャンズ
初回度会の先頭打者HRでエネオスが先制
Watarai-220306

4回にも柏木のタイムリーツーベースに
佐々木の3ランHRでエネオスがリードを広げる
立正大の時何度か観ている筈だけど
HRを観るのは初めてかも
Sasaki-220306

HRなどで4回5失点と抑えられなかったが
三菱先発末野もテンポの良いピッチングで内容は悪くなかった
Sueno

エネオス先発の関根は6回無失点
3安打とも内野安打で失点の気配は無かった
Sekine-220306

三菱2番手の守屋はスピードはないが
緩い変化球を上手に使い3回をノーヒット無失点
Moriya

守屋が抑えたが三菱打線は関根の後糸川加藤に抑えられ
9回追加点6-0エネオスの勝利
https://baseball.omyutech.com/CupHomePageHistory.action?gameId=20225067260

度会は凄いし投手陣も安定しているエネオスは
往年の強さが蘇ってきている
一方三菱は廣畑が抜けた穴が大きいのは判るけど
前年の優勝チームだしもう少し粘りをみせて欲しかった

第二試合は東芝 vs ヤマハ

東芝はヤマハ先発の近藤を攻め
2回中村の3ランHRで先制
打つイメージが無かったからか
東芝ベンチは大盛り上がりだった
Nakamura-220306

東芝は3回以外毎回ランナーを出すが得点出来ない
これだけチャンスを潰すと嫌な流れになりそうだけど
東芝先発の吉村が抜群の出来で投げ続ける
Yoshimura-220306

6回途中で近藤から村木代わっても試合は動かなかったが
8回大庭のタイムリースリーベースで東芝が追加点
Ohba

更にHR打っている中村のタイムリーでこの回2点目

その裏吉村から青柳ヒットの後秋利のツーベースで無死二三塁
秋利は足を痛めてここで交代
交代となったが3安打とヤマハ打線で唯一吉村を攻略していた
Akitoshi-220306

次の網谷の時ワイルドピッチで1点ヤマハが返す
網谷を抑えた所で吉村交代
点差が開いてから失点はしたが今年も去年同様良さそうだ

この後2番手から笠松のタイムリーでもう1点追加
Kasamatsu

まだチャンスは続いたが福本が抑えて
9回はが抑え5-2東芝の勝利
https://baseball.omyutech.com/CupHomePageHistory.action?gameId=20229729957

第三試合は日本製鉄かずさマジックvs日本新薬

試合は3回内山のタイムリースリーベースで先制
Uchiyama-220306

かずさ先発松尾が好投していたが
5回舩曳のHRで同点
Funabiki-220306

7回かずさがフォアボールにヒットで
1死一三塁となり新薬先発の岩本は交代
リリーフの印象が強い岩本だけど先発でも
そこそこの仕事はした
Iwamoto-220306

2番手齋藤からのタイムリーでかずさば再びリード
Oka-220306

リードしたがその裏若林の2ランHRで
新薬がこの日初めてリード
若林のHRを観るのは一昨年のオープン戦以来かな
Wakabayashi-220306

8回かずさはにもチャンスはつくったが
西川に抑えられ得点ならず
そのまま3-2で新薬の勝利
https://baseball.omyutech.com/CupHomePageHistory.action?gameId=20227149772

前回有観客だった19年以来の
スポニチ大会観戦はとにかく寒い
途中からナイターになった第三試合は特に寒かった

観ているだけなら我慢すれば問題ないけど
プレーしている選手は筋肉系と思われる
足を痛める選手が3人位いた

神宮はサクサク進んだけど
もうひと会場の岩槻川通は試合時間も長く
そっちを選んだらもっと寒さ厳しかったと思うと
観戦球場を神宮にして良かった。

2022年3月 3日 (木)

今年最初の観戦は久々のプロアマ ~プロアマ 日本ハム vs 早稲田大~

今年最初の観戦は鎌ヶ谷へ
日本ハム vs 早稲田大のプロアマ

ご贔屓チームのDeNAは
追浜でも教育リーグはあったけど
プロアマは無観客が多く
19年以来生観戦出来ていないのでこっちを選んだ

もちろん日ハムの新ユニフォームは初見
生で観ると可もなく不可もなくといった印象
球場正面のマークも新しくなったし
カビーも当然新ユニフォームだった
Img_5272Img_2867

試合は1回日ハム先発池田が三者三振の立ち上がり
その裏日ハムは杉谷の2ランHRで先制

早稲田は2回にドラフト候補の蛭間のHRで1点返す
Hiruma-220303

その裏に片岡のHR
3回にも松本(剛)の犠飛で3点差

日ハム池田は3回で交代
蛭間にHRは打たれたがヒットはその1本で奪三振は6
別に池田ファンではないけど高校大学に楽天でも観ていて
日ハムでも観てしまった
Ikeda

4回木村の3ランHRで日ハムがリードを更に広げる
こちらも日ハムユニフォームとしては初見だった
Kimura-220303

早稲田も先発中森が4回で交代し
5回から登板した加藤が三者凡退に抑え早稲田も良い流れ
Kato

5回はワイルドピッチ6回はエラーと連打の後併殺間の得点で
早稲田は4点差まで迫る

しかし日ハム8回に途中出場の上野宮田のタイムリーで
リードを広げ9回上原が抑え日ハムが9-3で勝利
https://www.fighters.co.jp/farm/after_game/2022/result/2022030301/

上原はDH解除で6番に入ったので
特別ルールでリードしている日本ハムの裏の攻撃もあれば
二刀流が観られたが残念ながら無かった

日ハムの育成や若手選手が途中出場して
早稲田にもチャンスが少しずつ増え
ミスに乗じて得点も挙げたが力の差を感じる試合だった

途中出場の中で気になったのはサードに入った阪口
高卒ルーキーで二刀流で活躍していたようだが
プロでは野手としてプレーするらしい
今日は攻守ともイマイチだったが
スケールの大きな選手で日ハム戦の楽しみになりそう
Sakaguchi-220303

今回は先月久しぶりに車を所有したので
馴らしを兼ねて車で球場に来た
車で来るのはシャトルバスが無かった頃以来で20年位ぶりだと思う

鎌ケ谷スタジアムは公共交通機関を使うと駅と球場の移動がネック
車だとサクサク移動できて
4時頃球場を出て5時半頃に神奈川の家に着いた

鎌ケ谷での試合がテンポ良く終わる事が前提だけど
車を使えば鎌ケ谷でデーゲーム
追浜でナイターのハシゴ観戦も出来るかも。

« 2022年1月 | トップページ | 2022年4月 »