フォト
2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー

検索

無料ブログはココログ

« 2年ぶりに一軍の勝ちを生で観る ~セントラル DeNA vs 中日~ | トップページ | 好ゲームもあり試合時間短め ~東都大学 第2週~ »

2021年9月20日 (月)

予定変更で野球観戦 ~東京六大学 秋季第1週~

当初は草野球の予定だったが相手都合で中止
予定が空いたので神宮へ六大学観戦

第一試合は慶應義塾大 vs 東京大
慶應は春の早慶戦に大学野球選手権と
3試合観ているが東大は久しぶり
今のユニフォームになってからは初かも

試合は2回渡部(遼)
2点タイムリースリーベースで慶應が先制
Watanabe-h

更に福井のタイムリーで追加点

立ち上がり不安定だった慶應先発増居
点を取ってもらった事で立ち直る
Masui-210920

東大先発奥野は5回に打順で代打が出て交代
4回3失点だがまずまずだったと思う
Okuno

6回慶應は綿引が代打HRで追加点
Watabiki

増居は6回無失点で交代
中盤から安定していた

東大は9回に粘り2四死球でチャンスを作り
松岡(泰)のボテボテピッチャーゴロが悪送球となり
1ヒット1エラーで1点返す

ただ反撃もここまでで4ー1で慶應の勝利
http://www.big6.gr.jp/system/prog/game.php?m=pc&e=league&s=2021a&gd=2021-09-20&gnd=1&vs=TK2

先制打を打った渡部(遼)が3安打1フォアボールの活躍

そんな渡部(遼)を抑えたのは東大3番手の小宗
左のサイドで緩いボールで1イニング無失点に抑えた
Komune

第二試合は立教大 vs 早稲田大
この試合が今日のお目当て
春の早慶戦で観られなかった
徳山の先発の可能性が高いと思っていたが
予想通り早稲田先発は徳山だった

徳山は1回は抑えたが2回につかまる
連打と犠打で1死二三塁で黒岩のセカンドへの当たり
ベースカバーが間に合わずヒットとなり立教が先制
Kuroiwa

更に井上(剛)のタイムリーでこの回2点

3回にも田中(祥)のスリーベースに
吉岡のセカンドゴロで追加点

立教先発の荘司はランナーを出しながら3回まで無失点
4回に連打に熊田のショートゴロで早稲田が1点返す

荘司はこの回で交代
立教はいつも小刻みな継投らしいので仕方がないけど
5回まで投げて勝ち投手の権利を持って交代して欲しかった
Shoji

立教2番手野口がフォアボール2つで出し栗尾に交代
2死になって4番岩本のタイムリーで2点差
Iwamoto-210920

その裏2死からフォアボールとヒットで満塁となり
先制打の黒岩がここでもボテボテの内野安打で追加点

栗尾が無失点で抑え7回山田のHRで立教がリードを広げる

徳山は7回5失点
先発が春は主に初戦だったのが
秋の開幕週は第2戦に先発になったのが
何となくわかるピッチングだった
Tokumoto-210920

立教は8回からが登板
早稲田打線を2回パーフェクトに抑え5-2で立教の勝利
http://www.big6.gr.jp/system/prog/game.php?m=pc&e=league&s=2021a&gd=2021-09-20&gnd=2&vs=WR2

は上背のない左腕
抑えとして毎試合のように登板しているらしく観たかった投手
スピードはないがしっかり抑えていた
Miya

立教はしぶとく点を取ったり
守備が固かったりで手堅い印象のチームだった

予定外の観戦だったが収穫の多い一日だった
基本土日開催の六大学は(自分基準では)混むので
観戦をためらう事が多いが折角だし
今日観られなかった明治と法政の試合がある日にまた来ようかな。

« 2年ぶりに一軍の勝ちを生で観る ~セントラル DeNA vs 中日~ | トップページ | 好ゲームもあり試合時間短め ~東都大学 第2週~ »

21 生観戦 アマ野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2年ぶりに一軍の勝ちを生で観る ~セントラル DeNA vs 中日~ | トップページ | 好ゲームもあり試合時間短め ~東都大学 第2週~ »