フォト
2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリー

検索

無料ブログはココログ

« 2021年6月 | トップページ | 2021年8月 »

2021年7月31日 (土)

東京ドームで高校野球 ~高校野球 西東京 準決勝~

東京ドームに高校野球西東京準決勝観戦
オリンピックの影響で神宮が使えず
その影響なのか東西の準決勝と決勝は東京ドーム開催
高校野球にしては若干高めの値段設定だか
次がいつあるかも判らないので前売りでチケットを取ってみた
Img_4809Img_2205

第一試合は日大三高 vs 國學院久我山
日大三は去年秋の決勝で観ているが久我山は初見
東京の地理に疎い田舎者なので
久我山が西東京なのを知らなかった

試合は2回鎌田のHRで日大三が先制
Kamata

その裏久我山は下川邊のタイムリーツーベースに
藤原のタイムリーで逆転
Fujiwara

3回に星のHRで同点となったが
4回内山のタイムリースリーベースで再び久我山がリード
Uchiyama-210731

6回エラーからのチャンスをは内野ゴロで久我山が追加点

2点差の8回久我山先発髙橋も疲れてきたのか
初回以来の先頭打者をフォアボールで出し
日大三の齋藤が犠飛で1点差

粘る日大三は9回も代打山岡の内野安打で出塁したが
後が続かず4-3で久我山の勝利

久我山は犠打が4個と手堅い野球だった

日大三は得点がHR2本に犠飛とタイムリーが無し
抑えた髙橋は完投スピードは140キロは出ていないが
散発の6安打に抑えた
Takahashi-210731

日大三は先発宇山が7回4失点
エラーもあるので自責点は3
もっと失点してもおかしない内容だったが
要所を締める粘りのピッチングだった
Uyama-210731

インターバル2時間半待ってから
第二試合は世田谷学園vs東海大菅生

菅生は去年の秋今年の春と2度観ているが世田谷学園は初見
ストッキングは同じ宗派の駒澤大っぽい

世田谷先発建守と菅生先発櫻井が初回2回と抑えたが
菅生は3回1死一塁で福原のピッチャー強襲が
建守の右足に当たるヒット

この影響もあってか次の堀町にフォアボールで満塁
小池のセンター前で2点先制
Koike-210731

更に岩井に2点タイムリースリーベースでこの回4点

先制点をもらった櫻井は次の4回に初ヒットを打たれ
得点圏まで進められたが無失点
ランナーを出したのもこの回だけで6回1安打無失点だった
Sakurai-210731

菅生は6回に櫻井のタイムリーで追加点をあげると
打線が更につながり千田のタイムリー
堀町の2点タイムリーツーベースで8点

3回6回とビックイニングを作られてしまった
世田谷先発の建守だけど
強打の菅生打線相手だと仕方が無かったかも
Tatemori

このまま菅生が抑えればコールドとなる7回に本田が登板
いきなり石郷岡がヒット
珍しい名前を観るのも個人的には
野球観戦での楽しみなので知らない名前を知れて良かった
Ishigooka

2死からデッドボールで一二塁となったが
代打山中を打ち取り8-0で菅生がコールド勝ち

本田はアウト3つとも空振り三振
良いのか悪いのかよくわからなかったが
フォームがトルネード気味ではなくなっているのは判った
Honda-210731

世田谷は初回逆方向に良い当たりを打っていたので期待したが
櫻井の出来がよく得点を挙げる事が出来なかった

都市対抗では見慣れてる東京ドームだけど
強豪校が金属バットだと球場の狭さを感じる
日大三の2本のHRもこんなに簡単に入るんだと思った

あと試合前のノックが10分だったので
どのチームもたっぷりフライ練習をしていた
それでも見失ったり捕球が危ない場面があったりで
東京ドームの白い屋根対策は大変そうだった

ドームはプレーする側は大変そうだけど
この所炎天下での観戦が続いていたので
何より涼しい中で観戦出来るのは非常に助かった

個人的には来年以降も有れば観戦したいけど
恐らくこの時期都市対抗で使用するだろうから
オリンピックのような何か大規模イベントで
日程変更でもない限り
東京ドームで高校野球を観る事はないかな。
Img_4810

2021年7月28日 (水)

大阪シティ信用金庫スタジアム ~高校野球 大阪5回戦 近大附 vs 大阪桐蔭~

大阪で1泊し舞洲へ高校野球観戦
サブ球場でのウエスタン観戦はあったが
本球場での観戦は初

舞洲ベースボールスタジアムは
ネーミングライツがついて
今の名称は大阪シティ信用金庫スタジアム
Img_4784

アクセスは西九条駅または
桜島駅・ユニバーサルシティ駅・コスモスクエア駅からバス
西九条は本数が少ないので
前回サブ球場観戦時と同様桜島駅からバスに乗ったが
相変わらずICカードは対応しておらず現金だけだった

両翼100Mセンター122M
内野が土で外野が天然芝
Img_4780

スコアボードは単色の電光
横に長いので前の方の席だと写真に収まらないサイズ
Img_2119

外観で特徴的な黄色い半円形は
バックネットのワイヤーの支柱
この球場の特徴ではあるけれど
建築の素人の自分には
ここまで大がかりにする必要性が判らない

今日は曇っている時間もあったが
屋根が全くないのでこの時期は暑さ対策は必要

試合は近大附属 vs 大阪桐蔭

大阪桐蔭も昨日観戦した市和歌山同様
センバツの雨天順延で見逃したチーム

近大附は生で観るのは初見
だいぶ前は漢字で 近大附髙 だった印象が強いが
大学と同じようなユニフォームになっていた

初回近大附は2死から3番日和佐がツーベース
4番作田のタイムリーで近大附が先制
Sakuda

近大附先発山田は初回は無難に抑えたが
2回連続フォアボールで無死一二塁
次の野間はバントの構えでボールを見送った時
二塁ランナー前田の離塁が大きくアウト

チャンスは潰れたと思ったが
野間がライトへ2ランHRを打ち逆転
Noma

大阪桐蔭は3回にもフォアボールの後連打で追加点
この後フォアボールで満塁となり2番手で作田に交代
山田は2回1/3でフォアボール5個
甘い所投げないようにした結果かもしれないが自滅となった
Yamada-210728

この回野間の犠飛で追加点

ピッチャーが代わっても大阪桐蔭打線は活発
4回は繁永のスリーベースでチャンスを作り追加点
5回は説明はなかったが恐らくボークで
6回は3番池田4番花田の連続ツーベースで
7回繁永のタイムリーで7点差となり

8-1で大阪桐蔭のコールド勝ち

大阪桐蔭先発松浦は6回1失点
先制された時はどうなるかと思ったが
その後はランナーは出しても失点は許さなかった
Matsuura

打線では3番の池田が4打数4安打
4回の3打席目のセカンドゴロはエラーと最初表示されてたが
途中で近大附のエラーがゼロになっていたので
この打席もヒットに変更になったようだ
Ikeda-210728

この日はもう1試合あったが帰りの時間の関係で1試合だけ

いつか行きたいと思っていた舞洲だったが
実際行ってみるとあまり特徴の無い地味な球場ではあった
それでも観戦してみないとそれも判らないので
来た意義はあった

一度観戦できたしアクセスがイマイチなので
また今度がいつになるかは微妙だが
地下鉄延伸でアクセスが良くなってからまた来たいな。

大阪シティ信用金庫スタジアム
〒554-0042 大阪府大阪市此花区北港緑地2-3-142

2021年7月27日 (火)

DHの打順移動 ~エキシビションマッチ 阪神 vs ロッテ~

和歌山から移動し甲子園へ
エキシビションマッチ阪神 vs ロッテ戦の観戦
Img_4769

事前に乗り換えを調べた時は
試合途中からの観戦になると思ったが
和歌山の決勝の試合時間が短かったので
甲子園には試合開始前に到着嬉しい誤算だった

甲子園球場での観戦は春のセンバツ以来
阪神で観る事ほとんど無かったので気がつかなったが
高校野球とプロ野球でスコアボードのデザインが違う事を知った
Img_1171 Img_1656

阪神が藤浪ロッテが佐々木(朗)の長身速球投手対決

初回阪神は佐藤(輝)の2ランHRで先制

先制されたロッテは高濱のソロHRで1点返す
高濱は元阪神だけど年数も経っているせいか
スタンドにお帰り感は無かった

ロッテ先発佐々木(朗)は3回で交代
確認出来た最速は156キロ
スピードはあるけどコントロールは悪くない
フォームはハイキックの印象が強かったけど
オリックス山岡のような足の開き方
股関節も柔らかいのかも
Sasaki-r

佐々木(朗)は3回までだったが藤浪は4回も登板
藤原との大阪桐蔭対決でヒットは打たれたが
牽制で刺しアウトにしたのに
藤岡をフォアボールに出し盗塁で二塁へ

鳥谷との対決で無人の二塁に牽制を投げランナー三塁
恐らくシーズン休止してからサインプレーの練習をして
それを実践披露したんだろうけど誰かがサインミスしたようだ

ここで鳥谷にタイムリーが出て同点
Toritani

この回で藤浪は交代
左打者を並べたロッテ打線だったので
フォアボールは1個だけだったが
唯一の右打者田村には頭の近くに投げていた
Fujinami

この後両チームとも中継ぎが1回づつ投げる小刻みな継投

5回に近本犠飛6回大山HRで阪神が2点リードしたが
7回に和田の2点タイムリーで再び同点
Wada-210727

8回裏に佐藤(輝)のこの日2本目の
2ランHRが出て阪神が再びリード
大学時代に3試合観ているがヒットは
HRの1本だけだったが今日は1試合で2HR
でもまだHR以外のヒットを観ていない
Sato-210727

9回はエドワーズが3人で抑え阪神が6-4で勝利
シーソーゲームで途中から入れ替えも多く
沢山の選手が観れてお得感のある試合だった

阪神で育成から支配下になった小野寺
2安打にレフトでダイビングキャッチと攻守で活躍
大商大の時観ていたがその時は2試合ノーヒットで
あまり印象には残ってないが今日はしっかり覚えた
Onodera

この試合はエキシビションマッチならではの
ポジションチェンジがあった
5回にファースト髙濱に代打エチェバリアが出たが
その後DHでそのまま打順に残り
DHの鳥谷の代打山口がファーストに入った
公式戦ではDHの打順移動はないので
練習試合などじゃないと観られない珍しい交代だったが
出来ればエチェバリアの守備も観たかった
Img_1480Img_1549

今回の旅を計画した時からこの試合の観戦は考えていたが
予定次第で和歌山から日帰りの可能性もあった
無事に観る事が出来てホントに良かった。


紀三井寺公園野球場 ~高校野球 和歌山決勝 市和歌山 vs 智辯和歌山~

高校観戦の為夜行バスに乗って和歌山へ
センバツを観に行った時の見逃した小園の居る市立和歌山と
智辯和歌山の好カードだったので思わず来てしまった

球場は紀三井寺公園野球場
和歌山の夏の大会は全てここらしい
Img_4754

アクセスとしては和歌山駅や紀三井寺駅
または紀三井寺駅下車して少し歩く
紀三井寺や医大病院東口からバスがメインだが
往きは時間があったので駅や地名になっている紀三井寺を参拝して
帰りもバスの時間があわなかったので紀三井寺駅まで徒歩

紀三井寺駅から徒歩だとだいたい30分強はかかり
途中木陰も一部ある遊歩道で行ったので多少はよかったが
暑いのでこの時期はお勧め出来ない

両翼98Mセンター120M
両翼は広いがセンターが狭い
内野が土で外野が天然芝
Img_4757

スコアボードは改修されたようで球場に比べると新しい
Img_0822

カラーで球速表示があるだけで無く
球数や誰がエラーだったかの表示もあり
スコアをつけながら観戦する自分には非常に助かる
Img_0866Img_0874

試合は序盤小園と智辯先発伊藤の好投で投手戦

5回までお互い無得点だったが
6回智辯はエラーで出塁した大仲をバントで送り
フォアボール2つで満塁となり高嶋のタイムリーで先制
Takashima

市和歌山は7回先頭平林がヒットで出塁
ここで智辯は伊藤から中西にスイッチ
先頭打者の出塁は許したがナイスピッチングだった
Ito-210727

中西は松川三振時に抑えたがワンバン投球でランナー二塁
田中のタイムリーツーベースで同点
Tanaka-210727

同点になったがその裏智辯は大仲のタイムリーで再逆転
Ohnaka

更に岡西のタイムリーでこの回2点目
8回にも1点追加した智辯が4-1で優勝

小園は8回完投で負け投手
味方守備のミスが失点につながる場面もあったが
中盤からフォアボールを出したり
終盤ヒットを打たれたりだったので
暑さによるスタミナ切れと大会の疲れはあったかも
確認出来た最速は148キロ
変化球を投げる事も多く評判通り総合力の高い投手のようだ
Kozono-210727

智辯は相手のミスをつく試合巧者だった
8回の追加点も二死一三塁でショートゴロを二塁送球したが
一塁ランナー宮坂が滑り込まず二塁を駆け抜け
スピードを落とさずセーフになる間に
三塁ランナーが生還するというプレー
ベンチの反応を観ると普段から練習しているのかも

市和歌山は2回に先頭の松川がツーベース
Matsukawa
この後バントがヒットになり
無死一三塁のチャンスを生かせなかったのが痛かった

折角和歌山まで来たのに次の予定があるで
試合以外だと紀三井寺の参拝をしたのと
公園入り口付近にある元車庫前丸宮中華そば本店 で
ラーメンを食べたくらい
少ない移動で和歌山を少しでも満喫出来て良かった
Img_4748Img_4759

 



紀三井寺公園野球場
〒641-0014 和歌山県和歌山市毛見200


 

2021年7月24日 (土)

久しぶりの夏の予選観戦 ~高校野球 神奈川予選 横浜高 vs 向上~

平塚へ高校野球神奈川予選準々決勝
横浜 vs 向上戦観戦

例年この時期は都市対抗を観に行ってたので
夏に高校野球を観るのは久しぶり
いつ観たか調べたけど甲子園で観戦したのでも10年ぶりだし
予選に限れば観戦記録を取ってからは無かったので
おそらく20~30年ぶりだろう
Img_4730

今年の神奈川予選は準々決勝以降は
1球場1試合だけの分散開催
1試合しか観られないのは勿体ない気もするが
暑さに慣れてないので1試合だけでちょうど良いかも

初回横浜は向上先発佐藤を攻めて1死満塁
宮田がフォアボールを選び押し出しで先制
次の岸本のセカンドゴロでもう1点追加
ここで終わらず玉城のタイムリーツーベースに
増田のタイムリーで5点目

9番の杉山にフォアボールを出した所で
佐藤は1回持たずに交代
今大会ここまでは好投していたようだけど
今日は復調する前に交代となった
Sato-210724

5点の援護をもらった横浜先発の杉山は
初回三者連続三振の最高の立ち上がり

2回以降向上2番手の小林も
ランナーを出しながら抑えたが
5回に捕まるヒットと連続フォアボールで満塁となり
玉城の走者一掃のスリーベースで追加点
今日の玉城は3安打の活躍だった
Tamashiro

増田の犠飛もありこの回4点

6回にも3番手猿山から金井のタイムリーで
コールド圏内の10点目

その裏向上は先頭の直理がファースト強襲のツーベース
次の阿万がコールド回避のバントをしたが
強かったので杉山が三塁送球これが悪送球
レフトの金井もクッションボールの処理を誤り
バッターランナーの阿万も生還し2点返す

横浜は7回にエラーで1点追加で9点差
7回以降は7点差でコールドなので
向上は回避の為3点以上返す必要がある

前の回に代打が出たので杉山は交代
6回を投げ5安打2失点
自身のエラーでの失点なので自責点は0
まだ1年生らしいので高校野球を
頻繁には観ない自分にも
また観る機会があるかも
Sugiyama

リリーフはサードを守っていた宮田
先頭にヒットを打たれた後徳田の打球を足に受ける
この影響もあってか更にヒットで無死満塁

ここで1番の直理があわやHRのライトオーバー
Naori-210724
長打なので大量点のチャンスだったが
ランナーがHRと勘違いしたようで
ゆっくり走り挟まれて1点のみで1死二三塁

次の阿万のサードゴロで三本間での挟殺プレーとなったが
今度は横浜がアウトに出来ず1死満塁

ただ次の海老根がピッチャーゴロで
ホームゲッツーでゲームセット
11-3で横浜がコールド勝ち

終盤バタバタしたがやっぱり横浜は強い

4番キャッチャーの立花は3安打
しかもライト・レフト・センターと綺麗に打ち分けた
Tachibana-210724

一方向上4番の板倉も2安打の活躍
向上は春季大会でも観ていたがその時は出ていなかった
背番号も16番だったし急に活躍したのかな?
Itakura

東海大相模が出場辞退した為
横浜の準決勝進出の相手は藤沢翔陵
今はとにかくこれ以上クラスター発生せず
どの学校にもグラウンドで最後まで戦って欲しい。

2021年7月14日 (水)

祝 準優勝 ~日本選手権決勝 三菱East vs 大阪ガス~

日本選手権決勝観戦の為
再び京セラドームへ

再編はあったがルーツを横浜と考えれば
三菱重工Eastの初優勝のかかる試合
補助もあるし来てしまった

三菱Eastは大野と大阪ガスは秋山が先発
大野は予想通りだが大阪ガスは河野が先発すると思った

先制したのは大阪ガスで2回2死一二塁で
鳥飼のタイムリーツーベース
カウントがノースリーだったので
1球待つかと思ったが積極的に打ってきた
Torikai

3回にも末包のタイムリーが出て2点差
Suekane

三菱Eastはその裏2死一二塁で
八戸のタイムリーツーベースで同点
Yae-210714

この回で秋山から阪口へ交代

同点に追いついたが5回峰下のタイムリーで
大阪ガスが再びリード
Mineshita

江越(海)の好返球で一塁ランナー児玉をアウトにしたが
末包のタイムリーでこの回2点目

6回途中で大野は交代
もう少し早く交代したらとも考えられたが
4回は三者凡退に抑え復調の兆しはあったので仕方がない

この後2番手長島が好投し流れを呼び込む
Nagashima

7回に1死から3連打で満塁のチャンスを作ったが
後続が凡退し得点ならず

8回から登板の河野から得点出来ず
4-2で大阪ガスが優勝
https://baseball.omyutech.com/CupHomePageSeiseki.action?gameId=20215908559

残念ながら三菱Eastの全国大会初優勝は観られなかった
実力的には大阪ガス有利だと思っていたので
2点先制された時はどうなる事かと思ったが
よく同点まではもっていった

優勝した大阪ガスは3試合観たが投手では河野
打者では三井が素晴らしく今日の試合でも活躍していた

三菱Eastでは名古屋から移籍の安田が途中出場
代わってマスクを被ったイニングに逆転されたが
7回の打席では繋いで満塁のチャンスを作った
Yasuda-210714

遠征費の補助があるからと自分に言い聞かせ
3度の遠征し12試合も観戦してしまった
冷静に考えれば補助は一部だし
それなりに移動に出費しているが
冷静になるのはもう少し後にして
今は三菱Eastの準優勝を祝いたい!
Img_4696Img_10011

2021年7月12日 (月)

消極的観戦チョイス ~日本選手権 三菱East vs 東芝~

今日も日本選手権の第一試合だけ観戦
三菱重工East vs 東芝の西関東対決

試合は2回1死満塁で矢野のタイムリーで三菱Eastが先制
Yano-210712

4回にも2死一二塁で久保のファーストゴロを
金子が好捕したが一塁へ悪送球
この間に二塁ランナー久木田が生還し2点目
Img_8943

この回で東芝先発の藤村は交代
真っ直ぐは140キロ前後と商大時代より遅くなった気がしたが
チェンジアップは有効のようでクルクル空振りを取っていた
Fujimura

一方三菱East先発の本間は5回まで投げ無失点で交代
スピードはこちらも140キロ前後だが
上げた足を下ろすタイミングをずらすなど
技巧的に抑えていた
Honma-210712

本間の後は長島が2回を抑え
8回から金曜に完投した大野が登板
いきなりヒットとフォアボールでピンチを作ったが
ダブルプレーで切り抜け無失点

東芝リリーフもが150キロ越えのボールで無失点に抑えたが
9回も大野が抑え2-0で三菱Eastの勝利
https://baseball.omyutech.com/CupHomePageHistory.action?gameId=20213964361

三菱Eastで高卒ルーキーの津田が9回代走で出場
しばらくは出番は多くはないと思うけど
横高時代に観た選手なので期待している
Tsuda

東芝ではキャッチャーの柴原
バッターのスイングでバットが頭に2度も当たったり
デッドボールが当たったり
ある意味大当たりの一日だった
Shibahara

当初名古屋で途中下車しウエスタンリーグの観戦を考えていたが
ウエスタンが無観客になり観戦できず
消極的理由で日本選手権の観戦を1日伸ばしたが
三菱Eastの勝利を観れたし
ウエスタンが観れなくても悪くなかったかな。

2021年7月11日 (日)

ガスが3チーム ~日本選手権 第9日~

今日も日本選手権を3試合観戦
6チーム中3チームがガス会社というある意味ガスの  日

第一試合は大阪ガス vs 西部ガスのガス同士の対決

中盤まで大阪ガス先発河野
西部ガス先発村田の好投で投手戦

試合が動いたのは5回で
三井のソロHRで大阪ガスが先制
ほっともっとでも観たけれど
力強いスイングなのに空振りをしない良い選手
Mitsui-210711

次の清水もスリーベースで続きワイルドピッチで2点目
この後フォアボールヒットバントエラーで満塁1死後
児玉の走者一掃のスリーベースが出て5点目
Kodama

ここで村田は交代
前の回までまさかこんな展開になるとは思わなかった
Murata-210711

この回末包にもタイムリーが出て6点

河野は6回で交代
点差もあるのでこの後への温存だろう

西部ガスは6回から大畑が登板
6回は抑えたが大阪ガス打線の勢いは止められず
Ohhata-210711

大阪ガスは7回3点8回に1点入れて
10-0でコールド勝ち
https://baseball.omyutech.com/CupHomePageSeiseki.action?gameId=20210363599

第二試合はJR四国vsトヨタ自動車
この試合も先発が好投で中盤までお互い無得点

JR四国先発の南川はフォアボールは出しても
4回までノーヒット
5回に初ヒットを打たれたが無得点

トヨタ先発渕上は5回まで二塁を踏ませないピッチング
Fuchigami

6回髙井がセーフティバントで出塁し
笹田のバスターエンドランで一三塁
高木がスクイズを決めてJR四国が先制
Takagi

スクイズがヒットとなり追加点のチャンスはあったが
葛川長谷部とワンポイントで使い嘉陽が抑え追加点ならず

追加点は奪えなかったが南川
9回にこの日3本目のヒットは打たれたが無失点に抑え完封
Minamikawa-210711

1-0でJR四国の勝利
https://baseball.omyutech.com/CupHomePageHistory.action?gameId=20217846638

試合には関係ないがトヨタでは登板が無かった
佐竹の写真を試合前に撮ったら
グローブがミズノに代わっていた
ずっとゼットを使い続けていたけど
どういう心境の変化だろう
Satake-210711

第三試合はNTT東日本vs東邦ガス
前の試合同様この試合もなかなか点が入らない

NTT東先発の熊谷はランナーを出しながら5回まで無失点

東邦ガス先発の辻野はフォアボールを出してはいたが
4回までノーヒット

5回に先頭の内山がツーベースに白石がバントで送り
1死三塁で上川畑のサードゴロで
内山がホームに突っ込んだがアウト
ホームベース前で止まり挟まれたが
そのまま突っ込んだらどうだったろう?

NTT東2番手大竹も無失点に抑え
0-0で10回からタイブレーク
1死満塁選択打順スタート

先攻のNTT東は3番の桝澤から
ファールで追い込まれたがレフトに犠飛を打ち先制
Masuzawa

次の向山は左中間にタイムリーツーベースを打ちこの回3点
Mukoyama-210711

ここで辻本は交代
ひとりで投げ続ける展開は
駒澤大時代からよくあったけど
ここまでよく投げた
Tsujimoto

裏の東邦ガスは4番の若林から
こちらもレフトに2点タイムリーを打ち1点差
Wakabayashi-210711

次の柴田を打ち取った所で大竹は交代
が代打新村を抑え3-2でNTT東の勝利
https://baseball.omyutech.com/CupHomePageSeiseki.action?gameId=20218871335

昨日今日と第三試合を三塁側で観戦したが
前の試合より冷房がよく効いている気がした
多分第三試合を観戦する人が少ない為
冷房が効いているように感じるだけだと思うけどどうだろう?

2021年7月10日 (土)

試合は短いが外食はギリアウト ~日本選手権 第8日~

昨日に続いて今日も日本選手権観戦
第一試合は東芝 vs 東海理化
神奈川は未だに無観客が多いので
トリカより東芝を観るのが久しぶり

初回トリカは1死満塁で大谷の併殺崩れで先制

東芝は1・2回ランナーを出しながら得点出来なかったが
3回2死三塁で田中のファーストゴロを
米満がベースカバーの山本に悪送球で同点

悪送球間に二塁に進みワイルドピッチで三塁となり
小川のボテボテのピッチャーゴロが内野安打になり東芝が逆転

この後2番手池田(大)から吉田の内野安打でこの回3点

東芝先発吉村は特に変化球のコントロールに苦しんだが
審判のストライクゾーンが広くなり
高めのボールもストライクにとってもらえるようになり復活
5回途中にフォアボールのランナーを
バントで二塁まで進められた所で交代
柴原のリードもあるけれど球は速いけど変化球が多かった
Yoshimura

トリカ2番手池田(大)が好投で中盤は試合は膠着
そういえば静岡大会でも好リリーフを観ていた
Ikeda-d-210710

トリカは8回2死ランナー無しで3番手三小田に交代
三菱パワーからの移籍で東芝ベンチからも 
“ 観た事あるぞ ” と声をかけられられていた
打者一人を抑え次のイニングで交代
もっと観たかったけど再び観られて良かった
Mikoda-210710

2点差で9回トリカは2死満塁のチャンスをつくったが
6回途中から登板していた3番手の近藤が抑え
3-1で東芝の勝利
https://baseball.omyutech.com/CupHomePageSeiseki.action?gameId=20213998323

クリーンヒットが出なかくても得点し
泥臭い試合でも勝てるのが東芝の強さなんだろう

東芝は1番の長沢が2安打
個人的な印象としては東芝に入ってからパッとしなかったが
かつてプロ注目と言われた
日大時代のような期待させるプレーだった
Nagasawa

第二試合はHonda vs 日本生命

初回Hondaはコントロールに苦しむ又木を攻め
満塁で5番の辻野がレフト前で先制
Tsujino

ここで日生先発又木は交代
調べたら東京情報大時代に横浜市長杯に観ていた

2番手喜多川から押し出しで追加点を挙げた後
檜山の2点タイムリーツーベースで4点目

Honda先発片山は桐蔭横浜出身の新人
大学4年の秋に活躍しスタミナ抜群と評判の観たかった左腕
スピードはないが初回にヒット2本
2回にフォアボールを出した後はランナーを出さない
Katayama-210710

一方喜多川も2回以降は無失点に抑える
Kitagawa-210710

7回日生は久しぶりのヒットが出て
越智の2点タイムリーツーベース
Ochi-210710

その後もチャンスはあったが追加点はならず

8回Hondaは佐藤の特大HRで
日生に行きかけた流れを止める

その裏上西にHRが出て1点返したが
5-3でHondaの勝利
https://baseball.omyutech.com/CupHomePageSeiseki.action?gameId=20218129836

片山は完投
球数も多かったし
継投もあるかと思ったが最後まで投げた

第三試合は日本新薬 vs セガサミー

初回澤良木の2ランHRでセガが先制
澤良木は好調のようで2試合連続のHR
今日のヒットは1本だけだったがいい当たりが多かった
Sawaragi

セガ先発の草海はランナーを出しながら失点は許さず
Kusagai-210710

一方新薬先発西川澤良木にHRは打たれたが
その後抑えて2回以降ゼロ行進

草海は最後まで失点を許さず2-0でセガの勝ち
https://baseball.omyutech.com/CupHomePageSeiseki.action?gameId=20212942187

西川草海より少ない3安打完投
あとロージンをNTT東の大竹並に使っていた
Nishigawa-210710

4番の濵田がツーベース2本打ったが
3番の福永はノーヒットで
ランナーを置いての打席が無かったのが痛かった
Hamada-210710

試合時間が短くお店が閉まる20時前に
ホテルの最寄り駅には着いたが
飲食店はラストオーダーが終わっていて
結局テイクアウトでホテルで食事

今まで夜に外食する機会が無かったので
気がつかなかったが20時閉店って
外食するのは結構大変なのが判った。

2021年7月 9日 (金)

京セラも横製も2年ぶり ~日本選手権 三菱East vs 日本通運~

先週に引き続き社会人野球日本選手権観戦
2回戦から日本選手権がいつも行われている
京セラドームなので大阪へ
Img_4643

観戦は第三試合の三菱重工East vs 日本通運
合併後の三菱Eastを観るのは初
MHPSから三菱パワーに名称変更があった去年も
無観客だらけで観られなかったので2年ぶり

立ち上がり三菱East先発の大野はイマイチ
初回は無失点に抑えたが
2回木南のソロHRで日通が先制
Kinami210709

その裏小栁の右中間のツーベースにエラーもあり
無死三塁で江越(啓)の内野ゴロで同点

その後もヒットとフォアボールで満塁
江越(海)の2点タイムリーツーベースで逆転
Egoshi-k

両チームの打線は活発
5回の稲垣のタイムリーで1点差
Inagake-210709

1点差となり嫌な雰囲気もあったが
7回に江越(海)のこの日3本目のツーベースから
バントエラーで無死一三塁となり
八戸のスクイズで追加点
Yae

この後中山が送って小栁のタイムリーに
江越(啓)の内野ゴロエラーもありこの回3点

この追加点が大きく
6-2で三菱Eastの勝利
https://baseball.omyutech.com/CupHomePageSeiseki.action?gameId=20216241011

大野は完投勝利
序盤のピッチングだと
ヤバい印象だったがよく立ち直った
Ohno-210709

日通では3番手の前田が150キロのボールを投げていた
7回は失点につながる結果となったが
専修大時代も記憶には無かったが
観ていたようなので今後気にしておく
Maeda210709

新チームになって初めて観た三菱Eastだけど
今日の試合は4番の小栁以外はMHPS出身選手
もっと知らない選手だらけになっているかと思ったけど
胸にスリーダイヤがあるユニフォーム以外は違和感はなかった
Img_5402

2021年7月 3日 (土)

結局1泊2日 ~日本選手権 第5日~

今月最初の観戦は神戸で社会人野球日本選手権
Img_4476

当初は昨日の第三試合から観戦予定だったが
天気が微妙で断念し日帰りに変更

ただ関東から東海地方は線状降水帯なのか大雨
自分が乗った始発の新幹線は動いていたがその後不通
途中速度を落とし遅延したが
なんとか神戸までたどり着いた
Img_4595

第一試合大阪ガス vs 日本製鉄東海REX
着いた時点では2回裏で0-0

4回大阪ガスは峰下がチーム初ヒットを打ち
三井のタイムリーツーベースで先制
多分立教時代は観ていない初見だと思うけど
力強いスイングをする魅力なバッターだった
Mitsui

先制点は許したが東海REX先発の孕石は5回1失点の好投
グローブは最近あまり見かけなったワールドペガサスだった
Haramiishi

大阪ガス先発河野が好投で1-0のまま

東海REX2番手続木もランナーを出しながら
3イニングを無失点に抑えたが
9回に3番手で登板した松向
ストライクが入らず一死満塁で交代

4番手加藤(優)がタイムリーを打たれこの回3点
松向が残したランナーは返してしまったが
周り居た事情通っぽい人の話だと
高卒ルーキーで期待の若手らしい
Katoh-y

9回裏も河野が抑え4-0で大阪ガスの勝利
https://baseball.omyutech.com/CupHomePageHistory.action?gameId=20219626881

河野は完封こちらは高卒2年目
関西なので公式戦以外で
観る機会がほぼ無い大阪ガスだけど
良い選手がどんどん出てくる印象
Kawano-210703

第二試合はJFE東日本 vs 西部ガス
初回どちらもチャンスがあったが得点出来ず
3回まで共に無得点

4回に西部ガスは1死三塁で
安永の軽打がライトに抜け先制
Yasunaga

5回井手のタイムリーツーベースに
4番に代打の米澤のタイムリーで2点追加
ここでJFE先発山田(啓)は交代

JFEは6回中澤が内野安打に盗塁送球エラーと
足で三塁まで進塁し猪田の犠飛で1点返す
猪田は神戸国際大付なので凱旋出場かな
Inoda210703

この回で西部ガス先発の髙椋は交代
6回1失点のナイスピッチングだった
Takamuku

西部ガス打線はこの後登板した宇賀神本定も攻略し
7回3点8回2点追加
7点差ついたけどコールドは無かった
コールドは10点差なのかな?

7回8回は村田9回は大畑が抑え
8-1で西部ガスの勝利
https://baseball.omyutech.com/CupHomePageHistory.action?gameId=20216776142

この試合に関しては西部ガス投打共に良かった
生で勝ちを観たのは初だと思う

JFEでは関東学院出身のが7番DHでスタメン
ヒットは1本打ったがボテボテの内野安打で
活躍したとは言い難いが背番号も24だし
今後は今川のように活躍して欲しい
Seki

第三試合は三菱重工West vs JR四国

JR四国は立ち上がり不安定な
三菱West先発を攻めて3連打で先制
フォアボールに三好の犠飛で2点目
この時二塁ランナーの水野が三塁を狙ったがアウト

このプレーは大きかったようでその後は立ち直り
6回まで投げて失点は初回の2点だけ
初回以外はドラフト候補といったピッチングだった
Mori-210703

JR四国先発山本は4回に佐藤のソロHRで失点したが
その後も好投は続ける

三菱Westは8回2死から代打の松原がフォアボール
代走の湯口が盗塁を決めて1番の根来が
三遊間を抜くヒットで同点
Negoro

ここで山本は交代したが
今日に関しては森以上の好投だった
Yamamoto-210703

その後も同点で9回裏
タイブレークかな?と思いながら観戦していたが
先頭の水野がライトへサヨナラHR
ヒットで出塁はあったとしても
小柄だしHRは全く予想していなかった
Mizuno-210703

3-2でJR四国のサヨナラ勝ち
https://baseball.omyutech.com/CupHomePageHistory.action?gameId=20219194655

個人的には今の後援会に継続加入扱いの
三菱重工が勝ち上がる方が
遠征の補助が出て助かるが
そんな事は関係なく良いものを
みせてもらったと思える試合だった

日帰りの予定だったので新幹線に乗って帰ったが
雨の影響で途中で止まり結局名古屋泊

1泊の予定を変更して日帰りにしたのに
結局1泊する事になるとは思わなかった

そんなことだったら神戸で1泊して
日曜日のトヨタ vs TDK戦でも観てから
帰れば良かったかな。

« 2021年6月 | トップページ | 2021年8月 »