フォト
2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリー

検索

無料ブログはココログ

« 2021年5月 | トップページ | 2021年7月 »

2021年6月26日 (土)

電車遅延で予定変更 ~イースタン DeNA vs 読売~

当初は栃木までBCリーグの観戦を考え出かけたが
電車がトラブルで途中で止まり
開始試合に間に合わなそうもなかったので
急遽予定を変更して追浜へイースタン観戦

週末のDeNA主催のイースタンは
混むので避けていたがやっぱり混んでいた

試合は読売戦
先発は上茶谷堀岡
堀岡は後ろで投げるイメージだったので先発は意外だった

初回田中(俊)がスリーベース
蝦名がタイムリーを打ってDeNAが先制
シンガードの下の方に見慣れないデザインがあったけど
蝦名のマークなのかな?
Ebina-210626

読売も2回廣岡のHRで同点
Hirooka

HRは打たれたが上茶谷は安定していてその後出塁も許さない

DeNAは2回にエラーで出塁した小深田
の犠飛で返し再びリード

堀岡はこの回で交代
失点はしたが確認出来た最速は152キロと速かった
Horioka

DeNAは4回2番手鍬原から田部の連続長打で
5回は3番手横川から先制打を打っている蝦名のタイムリーで追加点

上茶谷は6回途中二死二塁で交代
被安打2で球数も少なくランナーを置いた場面で
進藤に投げさせたかったのかなと思わせる継投だった
Kamichatani-210626

進藤はフォアボールは出したが無失点
進藤の後を投げた池谷も無失点に抑えた

9回宮國加藤(廉)にスリーベースを打たれ
ウレーニャのショートゴロで1点取られたが5-2で勝利
ほぼDeNAのベースだった
https://npb.jp/bis/2021/games/fs2021062600339.html

前のカードで守ったのは知っていたが
今日も伊藤(裕)がレフトを守っていた
慣れない外野でフライ捕球は若干怪しかった

使っていたグローブはクボスラで
33とNicholasっぽい刺繍があったので
乙坂のグローブを借りたと思うけど
乙坂にクボスラ使用のイメージはあまり無かった
Itoh-y-1Itoh-y-2

読売では平間が育成から支配下になっていた
そういえば読売のストッキングにラインが入ったから初めて観た
Hirama-210626

行きたかった栃木では観たかった選手が沢山出ていて
行けなかったのは残念だけどDeNAの勝利が観れたので
追浜での観戦出来たのは悪くないかな。

2021年6月18日 (金)

DeNA主催の東京ドーム ~セントラル DeNA vs 広島~

東京ドームへDeNA主催の広島戦観戦
オリンピックの影響で横浜スタジアムが使えないので
東京ドームと神宮球場がこれからしばらくホームになる
Img_4555

先発は濵口玉村の両左腕
初回濵口は無難な立ち上がり
一方打線は玉村から先頭の桑原がヒットで出塁し
バントで二塁に進み宮﨑のタイムリーで先制
Miyazaki

濵口は2回2死一三塁でピッチャーの玉村
レフト前にタイムリーを打たれ同点

3回も濵口は連打を打たれた後ストライクが入らず
3連続フォアボールで押し出しで2点取られた後
の走者一掃のタイムリーツーベース
Hayashi-210618

一死とったものの玉村にフォアボールを出して交代
突然崩れる事もある濵口だけと今日は酷かった

2番手櫻井菊池をピッチャーゴロにうちとったと思ったが
捕球出来ずヒットでもう1点
捕らずショートに任せれば
ダブルプレーが取れそうな打球だったし勿体なかった
それでも櫻井は最低限の仕事はした

その裏桑原のHRで1点返す
Kuwahara-210618

櫻井の後平田が3イニングを無失点の好投
ビハインドでは特に頼りになる
Hirata-210618

8回広島2番手の森浦を攻めて
宮﨑のタイムリーツーベースで1点返し
代打山下のヒットで二死一三塁で3番手塹江に交代
大和がレフト前で1点返し代打関根も続いて満塁までしたが
桑原三振でこの回2点どまり

9回も栗林からチャンスは作ったが得点出来ず4-7で負け
横浜スタジアム同様狭い球場だが
一発攻勢で同点逆転とはならなかった
https://npb.jp/scores/2021/0618/db-c-09/

玉村はプロ初勝利
5回で代わるかと思ったが7回まで投げて2失点の好投
沢山は投げないが緩いボールも効果的に使っていた
Tamamura

因みにこの試合はハチナイターというイベントデー
ただゲームというより今度放送されるドラマの番宣のようなので
関水渚という主役の女優さんが始球式に登場
Img_2994Sekimizu
ゲームをやっている友人は
ゲームの声優じゃないのを残念がっていたが
自分にとってはどちらも知らない人なので
可愛い女優さんの方が良かったかな?

2021年6月14日 (月)

背番号111時代から観てたのに

国吉とロッテの有吉のトレードが発表された
https://www.baystars.co.jp/news/2021/06/0614_03.php

国吉はシーレックスがあった時から所属している貴重な生え抜き
残念ながらシーレックスユニフォームで
プレーしている姿は観ていないが
ホーム最終戦後のセレモニーで観ていると思う
(写真をクリックすれば拡大します)
たぶん矢印の下が国吉
Searex

シーレックス時代は観られなかったが
背番号111の育成時代は観ていた
Kuniyoshi-1

この頃は先発としてベイスターズの将来を
担う選手になりそうな期待があったが
コントロール難で思うような活躍は出来なかったが
ようやく中継ぎとして一軍の戦力になってきたので
トレードは非常に残念

残念だがトレードは球団の考えで仕方が無いとしても
なんで有吉だったのだろう
右の中継ぎ同士ならトレードは必要無いと思うので
有吉を先発として考えているんだろう

確かに先発は不足しているけど
交流戦でチームは上向きとはいえ
CS圏内の3位に入ることすら厳しい現状で
年齢的にも伸び代は少ない5~6番手の先発候補を
シーズン途中で補強する意味があまり見えてこない

ベイスターズ側にあまりメリットを感じられないが
決まったの事なので有吉にも頑張って欲しい

写真を探していたら国吉の打席での写真もあった
DH制のパ・リーグに行くから
ますます打席を観る機会は無くなりそうだな。
Kuniyoshi-2

2021年6月10日 (木)

1日4試合観戦 ~大学野球選手権 第4日~

昨日に続いて神宮へ大学野球選手権観戦
今日は準々決勝の4試合

第一試合は東京農業大北海道オホーツク vs 上武大

初回古間木のボテボテの内野安打でオホーツクが先制
Komaki
次の守屋(秀)のライトオーバーで2点目
Moriya-h

その裏ブライトのタイムリーツーベースで反撃
Bright

芳賀のタイムリーツーベースで同点になり
藤原の内野安打で上武が逆転

2回にも進藤の2点タイムリーツーベースで
リードを広げる

3回古間木のHRでオホーツクも1点返したが
その裏は門叶4回はブライトのHRでリードを広げ
5回6回に加点した上武が11-3で7回コールド勝利
https://www.jubf.net/system/prog/game.php?m=pc&e=alljapan&s=2021&gid=20&gd=2021-06-10&gnd=1&vs=NJ0

上武先発紫藤は5回3失点
東海大相模時代は観る事が無かったので
今日観れて良かった
Shido

第二試合は関西学院大 vs 慶應義塾大

初回慶應はエラーから作ったチャンスで
正木の犠飛で先制
福井にもタイムリーが出て2点目

関西学院は2回佐藤のHRで1点返し
4回大谷のHRで同点
Ohtani-210610

5回デッドボール押し出しで慶應が再びリード
その後福井の犠飛で2点差
和歌山大戦やその前の早慶戦でも打てそうな気配が無かったが
今日は良いバッティングだった
Fukui

黒原はこの回で交代
期待していたほど今日の出来は良くなかったが
まとまっている印象
Kurohara

7回中隈のタイムリーツーベースで1点返したが
5-3で慶應の勝利
https://www.jubf.net/system/prog/game.php?m=pc&e=alljapan&s=2021&gid=21&gd=2021-06-10&gnd=2&vs=GK0

慶應先発増居は7回3失点だった
Masui-210610

第三試合は名城大 vs 福井工業大

初回尾堂のタイムリーで福井工大が先制
Odou

2回にも佐藤の内野安打で追加点

先制したが福井工大先発の前川
コントロールが安定せず2回途中で交代
2番手南(大)はまずまずのピッチング
Minami-d

3回4回も福井工大は1点づつ追加

名城は4回裏エラーで広がったチャンスで
小林のタイムリーで1点返す

5回に福井工大は打者一巡で6点とりコールドも見えてきたが
福井が思い出出場なのか選手を入れ替えている間に反撃

5回裏に大川のセンターオーバーの3ランHR
この位置でとらえてよくあんなデカイHRが打てると思う
凄いパワーの持ち主のようだ
Ohkawa-210610

6回にも4番野口の2点タイムリーで4点差
構えがグリエルっぽかった
Noguchi-210610

このままコールドはなく9回へここで
福井打線が再び爆発しこの試合2度目の打者一巡で7点追加
7点の内4点は伊藤のセンターフライを河田が後逸し
満塁ランニングHRだった

名城もその裏2点返したが17-8で福井工大の勝利
https://www.jubf.net/system/prog/game.php?m=pc&e=alljapan&s=2021&gid=22&gd=2021-06-10&gnd=3&vs=MF0

約3時間40分かかった長い試合
四死球が多く締まらない試合を暑さに耐えながら観戦で
特に思い入れのないチームだったけど嫌いになりそうだった

第四試合は國學院大 vs 福岡大

初回山本の併殺の間に1点入れて國學院が先制

國學院先発坂口は1年生
横からなので曲がりは判らないが
打者の体勢が崩れる空振りが多かったので
キレのある変化球を投げているようだ
Sakaguchi-210610

5回まで無失点に抑え6回ヒットと犠打で
ランナー二塁に進んだ所で坂口は交代
2番手楠茂は後続を打ち取ったが
永江のショートゴロを山崎(晃)の送球が短く
ファーストの安里は捕球出来ず
永江と安里が交錯この間に二塁らが生還し同点

福岡先発村上はずっと投げ続ける

8回に國學院はフォアボールとヒットで無死一三塁
ここで山本の浅いセンターフライを仲田が好捕
このプレーでショートの永江と二塁塁審が激突し永江が負傷交代
治療でインターバルが出来たが村上が後続を抑えた

結局9回で決着つかず
10回から無死一二塁継続打順のタイブレーク

先攻の國學院はバントを決め一死二三塁山崎(晃)のショートゴロを
永江の負傷で途中からショートに入った櫻田ホームに投げアウト
次の川村も凡退し無得点

一方福岡は同じようにバントで送り
仲田のショートゴロを山崎(晃)が弾いてサヨナラ
2-1で福岡の勝利
https://www.jubf.net/system/prog/game.php?m=pc&e=alljapan&s=2021&gid=23&gd=2021-06-10&gnd=4&vs=TL0

ショートゴロを打った仲田はスイッチヒッター登録だが
この打席は左腕の楠茂でも左打席だった
Nakata-210610

村上は10回まで投げ1失点
特別球が速い訳では無いがよく抑えた
Murakami-210610

負け投手になると思うけど國學院2番手の楠茂も好投
6回途中から投げて自責点はゼロだった
Kusumo

久々の4試合観戦でこれだけ暑いと
観戦するだけでも結構つらい

暑さ対策で飲み物を多めに持っていってきたが
足りなかったので水分補給を兼ねて
初めてパイン氷を食べてみた
結構食べ応えがあり途中で頭が痛くなったが
体が冷えて助かった
売店が開いていくれてホントに良かった。
Img_5717

2021年6月 9日 (水)

大学野球選手権ってこんなに暑かった? ~大学野球選手権 第3日~

大学野球選手権観戦で神宮へ
出先からなので第一試合途中から

着いた時は桜美林が勝っていたが
森脇の2ランHRで上武大の逆転勝ちだった
Yamawaki

最初から観戦した第二試合は国際武道大 vs 関西学院大

3回に大谷のタイムリーで関西学院が先制
Ohtani-210609

4回吉田の犠飛と藤本のタイムリーで武道大が逆転
Fujimoto

国際武道先発板川は2回に打球を受けた影響もあるのか
3回以降コントロールに苦しみ
5回に2連続ストレートのフォアボールを出し交代
結局四死球は7個初回が良かっただけに
残念な内容になってしまった

2番手山本がピンチを切り抜け
6回に藤本2ランHRでリードを広げる

7回から初戦で先発した原田が登板
しかし8回石井の2ランで1点差
この後原田もストライク入らず押し出しで同点
ワイルドピッチで関西学院が逆転

ここで原田は交代
横から観ても独特なフォームだけど
ブルペンに近い席だったので
投球練習を観ると凄い手の位置から投げているのが確認出来た
Harada

この後4番手湯浅(永)から大谷のタイムリーで
関西学院が2点差とリードを広げる

6回途中から登板していた鈴木
ランナーを出しながら無失点に抑え
Suzuki-210609

6-4で関西学院の勝利
https://www.jubf.net/system/prog/game.php?m=pc&e=alljapan&s=2021&gid=14&gd=2021-06-09&gnd=2&vs=BG2

観たかった関西学院黒原は登板無し
明日は投げるのかな?

ヒットは武道大の方が多かったが
四死球14個で自滅した印象だった

第三試合は和歌山大 vs 慶應義塾

個人的には初見で
大今大会唯一の国立大の和歌山が
どこまでやるかと思っていたが予想以上に頑張る

2回まではお互い無得点
3回慶應は朝日のレフトオーバーで先制
一塁側で観ていたので周りに和歌山のOBらしき人達がいて
朝日の打球を9番のバッティングじゃないと驚いていた
Asahi

先制されたが和歌山もその裏
前の打席でもヒットを打っている安田
左中間にタイムリーツーベースで同点
Yasuda-210609 

この後和歌山先発瀬古と慶應先発森田の好投で
中盤は同点のまま

7回慶應はフォアボールと犠打で1死二塁
新美のタイムリーツーベースで再びリード
Niimi

この後代打古川のタイムリーと
渡部(遼)のスクイズでこの回3点

瀬古はこの回で交代
フォアボールが多くなっていて替え時はもう少し前だったかも
牽制とホームに投げるフォームに違いがわかりづらく
ランナーを釘付けに出来たのが好投の要因のひとつだった
(この写真は牽制の時)
Seko

森田も7回で交代
失点のランナーは自身のエラーからだったので自責点はゼロの筈
ランナーは出したがよく粘った

8回に和歌山は小林(勇)のタイムリーツーベースで1点返したが
4-2で慶應の勝利
https://www.jubf.net/system/prog/game.php?m=pc&e=alljapan&s=2021&gid=15&gd=2021-06-09&gnd=3&vs=WK2

苦戦はしたが慶應はやはり強い
1回戦シードのアドバンテージもあるし優勝候補の筆頭だろう

負けたけど和歌山大は良いチームだった
観る前は1回戦で和歌山大に負けた九産大を観たいと思っていたが
和歌山大を観る事が出来たのが
今日の観戦での最大の収穫と思えるくらいだった

去年は大会が中止だったので2年ぶりの観戦だったがとにかく暑い
一昨年もその前も観ていたが6月の大学野球選手権ってこんなに暑かったけ?

2021年6月 2日 (水)

蛍光手袋は何の為? ~イースタン DeNA vs ロッテ~

追浜へイースタン観戦で試合はロッテ戦
今日ロッテ戦を観る事出来るのを事前にわかっていれば
先週メラドには行かなかったが
こればっかりはしょうがない

相変わらずDeNAの二軍戦は席を選べないので
フェンスの支柱が邪魔なハズレ席だった
Img_9405

先発は上茶谷有吉

3回髙部の犠飛でロッテが先制
Takabe-210602

その裏乙坂のツーベースでランナー二塁
山本のタイムリーで同点
山本は何故か打順が3番だったけど好調なのかな?
Yamamoto-210602

有吉は3回1失点で交代
九州三菱自動車時代は観ていないので初見だと思う
Ariyoshi

4回2番手アコスタから蝦名がレフトへ特大のソロHRで逆転
この打席中に頭の近くを通るボールがあったのによく踏み込んだ

逆転したが6回髙部のソロHRで再び同点

上茶谷はこの回で交代
6回で奪三振8個と悪くなかったが髙部にはやられた
東洋と国士舘の東都対決だけど
一部と二部でリーグ戦での対戦はないかな?
Kamichatani-210602

同点に追いつかれたDeNAはその裏
蝦名のタイムリーツーベースで再びリード
Ebina-210602

この後田部のタイムリーツーベースと
乙坂のタイムリーが出てこの回3点

7・8回は田中(健)が抑え
9回は櫻井かランナーを出しながら無失点で5-2で勝利
https://npb.jp/bis/2021/games/fs2021060200279.html

ロッテはキャッチャーが足りないようで
スタメンで出ていた植田がランナーで出て
投球練習に間に合わない時は福田(秀)が球を受けていた
FAで加入した時は二軍で試合に出場しないで
こんな裏方仕事をしてるとは思わなかっただろう
Fukuda-s

DeNAで気になったのは三塁コーチャーの田中コーチが
蛍光色の黄色っぽい手袋をしていた
別に手袋が必要な季節じゃないけど
これってサインをわかりやすくする為かな?
Tanaka-h-210602

« 2021年5月 | トップページ | 2021年7月 »