フォト
2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリー

検索

無料ブログはココログ

« 2021年1月 | トップページ | 2021年4月 »

2021年3月31日 (水)

フォアボール多すぎ ~東都大学春季 第1週~

東都大学観戦で神宮へ

去年の秋季が降格無しだったので今季は1部が7校で
勝ち点制では無く2試合づつ行う変則日程
あとは今季も応援団は外野からだった
Img_3935

第一試合は立正大 vs 中央大

立正先発の門馬がコントロールに苦しみ1回フォアボール3個で満塁となり
古賀のタイムリーで中央が先制
古賀はノーステップ打法だった
Koga-210331

更に中前の犠飛でこの回2点
Nakamae

門馬は2回もコントロールが安定せずフォアボール2個で2死一二塁
石井の2点タイムリーツーベースで4点差
Ishii-210331

次の森下にフォアボールを出した所で門馬は交代
1回2/3で6フォアボールだった

2番手土屋がランナーを出しながら抑え
その裏奈良間のタイムリーで立正が1点返す
Narama

2番手土屋も登板直後はコントロールが怪しかったが
4回から降板した7回まではランナーを出さない完璧なピッチング
Tsuchiya-210331

土屋の好投で言い流れになり味方の反撃を待つが
中央も先発石田(裕)と2番手皆川に抑えられ得点出来ない

8回にようやく桂川のタイムリーツーベースで1点返し2点差
Katsuragawa

9回にも3番手大栄4番点西舘から1死満塁のチャンスは作ったが
後続が続かず4-2で中央の勝利
http://www.tohto-bbl.com/gameinfo/result.php?YEAR=2021&SEASONID=01&LEAGUEID=01&GAMEID=21011

ヒットの数は立正の方が多かったがフォアボールを出し過ぎた

第二試合は東洋大vs青山学院大

3回瀬川のタイムリーで東洋が先制
東洋は得点打を打った後変なポーズをとっていた
Segawa

4回にも代打橋本(吏)のタイムリーで追加点

タイムリーを打たれたその後も打ち込まれたが
北村はチョット変則気味な面白い左腕だった
Kitamura-210331

東洋先発松澤は7回まで散発の5安打無失点
今日の松澤は M マークの昔のミズノのグローブを使っていた
Matsuzawa

青学も先発仲澤を4回途中で北村に交代し
5回途中から森(圭)が登板しますます投手戦

森(圭)は去年亜細亜とのオープン戦で観ているけど
球は速いしチェンジアップも良いしホントに良いピッチャー
Mori-k

8回松澤がフォアボール2個で2死一二塁となった所で交代
2番手細野がフォアボールとデットボールで押し出し1点差とはなったが
次の中島は抑えピンチを切り抜け

9回もランナーは出したが無失点に抑え2-1で東洋の勝利
http://www.tohto-bbl.com/gameinfo/result.php?YEAR=2021&SEASONID=01&LEAGUEID=01&GAMEID=21012

東洋のショート木村は3打数3安打1フォアボールの活躍だった
Kimura-210331

青学では山田(拓)が2安打に守備でも軽快な動きだった
Yamada-t

特に第一試合の序盤がフォアボール連発でダラダラした展開で
一体いつ試合が終わるのか心配になったが
守備では好プレーもみられ
第一試合中盤から第二試合まで締まった良い試合

特に第一試合だけどフォアボールが試合を壊すという事を
改めて身にしみて体感できる一日だった。

2021年3月30日 (火)

前売り券を売って欲しい ~イースタン DeNA vs 読売~

平塚へイースタンのDeNA vs 読売戦を観戦

春休みではあるけれど平日のデーゲームなのに混みすぎで
入場券購入に時間が掛かり球場に入れたのは2回から
お陰で読売先発のデラロサは見逃した

いい加減DeNAの二軍も他のイースタンのチームのように
前売りを販売してくれれば入場はスムーズに出来るし
チケット購入で密にならなくていいのに
今年も当日券だけの販売を続けてる

まぁそんな事が直ぐに対応出来るフロントなら
外国人選手の入国やFA選手との交渉失敗もしないし
無能フロント扱いもされてないだろう

試合は4回秋広のタイムリーツーベースで読売が先制
Akihiro

6回にもフォアボールからピンチをつくり
香月のタイムリーを打たれた所で先発の中川(虎)が交代
相変わらずコントロールが微妙で
失点した4回と6回は共に先頭を歩かせていた

2番手の飯塚岸田にレフトオーバーを打たれ失点したが
中継に入ったの好送球で一塁ランナー香月はアウトで
失点は三塁ランナーの廣岡だけで抑えた

森はこのプレー以外でも
俊足のバッターランナーの平間を刺し強肩を披露していた

打線は調整登板のデラロサの後
2回から投げた平内に抑えられ得点出来ず
平内は結局5回2/3を3安打無失点
オープン戦で動きが緩くて変化球がばれると言われていたが
DeNA打線には変化球も有効に機能していた
Heinai-210330

3点ビハインドの9回にDeNAは勝又が4番手で登板
噂ではイップスのような状態らしいと聞いていたが
実際高目に抜ける球だらけで結局打者3人に
ツーベースと連続フォアボールで無死満塁で交代

以前とだいぶ代わったフォームも
まだ馴染んでないようで復調には時間がかかりそう
それでも球速自体は140キロ台後半も出ていたし復活を期待している
Katsumata-210330

勝又が残したこの場面で出てきた風張は打者3人を
無失点に抑え裏の攻撃に期待させる

あっさり2死にはなったが楠本がデットボールで出塁し
次の山下がライト線へのツーベース
楠本は足にデットボールを受けていたのでスピードは出ず三塁ストップ

ここで5番に入っていた益子がセンターオーバーを打ち1点差
益子は昨年終盤からバッティングがよくなっているようで
このまま成長してくれたら強打のキャッチャーになれるかも
Mashiko-210330

益子が帰れば同点の場面にはなったがが三振に倒れ2-3で負け
https://npb.jp/bis/2021/games/fs2021033000121.html

今日は少しでも早く入場したいと思い窓口がやや空いていた
三塁側のチケットを購入おかげ左打者を正面から観る事が出来た
ルーキーの小深田は3回にツーベースを打ったが
背番号の印象と体型もあって佐野によく似ている気がする
Kobukata

読売では9回代走でドラフト時に同姓同名で話題になった
育成の坂本勇人が出場
背番号は006で平塚のスコアボードは坂本勇の表記だった
Sakamoto-hImg_3621


2021年3月25日 (木)

久しぶりの伊勢屋おにぎり ~東京都企業春季大会 第4日~

大田スタジアムへ東京都企業大会観戦
去年は無観客試合だらけで都市対抗で観られなかったチームは
久しぶりに観る事が出来る

球場自体が久しぶりなのでまずは伊勢屋のおにぎりを食べ
大田スタジアムに来た事を実感
Img_4234

第一試合はセガサミー vs 東京ガス
セガサミーは都市対抗で観ているが東京ガスは久しぶり

序盤は両先発の好投で無得点だったが
4回に東京ガスは久米のタイムリーで先制
Kume

の2点タイムリーも出てこの回3点
この日に楠は9番だった
補強にも選ばれる位の選手なのに何でだろう
Kusunoki

この回でセガサミー先発の横山は交代
立ち上がりは速球中心のピッチングで抑えていて
この回も2死からの連打での失点だったので
こんなに早く降板するとは思わなかった
Yokoyama

セガサミーは5回平田のソロHRで1点返し
Hirata-210325

6回北川の犠飛で1点差
7回も先頭の根岸にツーベースから1死一三塁となったが得点ならず

東京ガス先発臼井がこの回で交代
中盤からは毎回ランナーは出したが7回2失点に抑えた
Usui

8回は宮谷9回は石田が抑え3-2で東京ガスの勝利
http://archive.jaba.or.jp/score_book/5/50026/27406.html
直接得点に絡んだ訳では無いが東京ガスは
この試合積極的な走塁が目立っていた

第二試合は鷺宮製作所 vs NTT東日本
こちらは共に都市対抗本戦出場してたが
鷺宮は観戦前に敗退していたので久しぶり

初回鷺宮は橋本のセカンドへのヒット性のエラーで先制した後
野村のタイムリーで2点先制
Nomura-210325

NTTは4回喜納のソロHRで1点返す
Kinoh-210325

鷺宮先発佐々木はコントロールに苦しみ
4回2/3で四死球5個
5回を投げきれなかったがもっと早く交代となるかもと思っていたので
最低限の仕事はした印象
Sasaki-210325

2死三塁でリリーフした山下
向山はフォアボールで歩かせたが桝澤を抑えリードを守る
そのまま7回途中まで投げたがサイドスローは右打者に有効そうだった
Yamashita

7回鷺宮は3番手熊谷から茶谷
2点タイムリーツーベースでリードを広げる

7回途中から野口が抑えた鷺宮が4-1で勝利
http://archive.jaba.or.jp/score_book/5/50026/27412.html

NTTでは向山が攻守で活躍
背番号が31から8に変わっていた
Mukoyama-210325

第三試合はJPアセット証券vs日本ウェルネススポーツ大学
JPアセットは去年出来チームで初見
企業大会が有観客と発表された時から観たいと思っていた
Img_3014

初回満塁からサードエラーでJPアセットが先制

失点したがウェルネス先発向井
2回を三者連続見逃し三振に抑え期待したが
3回に谷津の3ランHRでJPアセットがリードを広げる
高校大学独立と様々なカテゴリで観ていたけど
社会人でも観られて良かった
Yatsu

ウェルネスも4回山田のタイムリーで1点返す
ウェルネスの試合は観るの3度目だが初めて得点シーンを観た
Yamada-210325

1点取られた事でJPアセット打線に火が付いたのか
その裏2番手天野から5連打3番手小沼(大)のワイルドピッチで
この回5点でコールドの可能性もある点差に広げる

結局5回6回にも追加点を挙げたJPアセットが14-1で7回コールド
http://archive.jaba.or.jp/score_book/5/50026/27414.html

去年セガサミーの補強で活躍した1番で大内
4打数1安打だったが守備では活躍していた
Ohuchi-210325

2番の犬飼がバントヒット2つに盗塁も2つと足と小技が使える選手だったので
この1・2番が機能するとJPアセットは結構やるかも
Inukai

ウェルネスでは4番手の水元がサイドぎみのアンダースローだった
味方の守備のミスで1点取られたが緩いボールで討ち取っていた
Mizumoto-210325

第2試合途中から雨が降り出し第三試合の初めの方まで降っていた
大田スタジアムは屋根があるので場所を移動して
あまり濡れずに観戦は出来たのは助かったが
谷津のHRは横から観たかったかな。

2021年3月22日 (月)

21世紀枠&九州祭り ~センバツ 第3日~

今年最初の遠征は甲子園へ
休みの日に好カードの組み合わせだったのでチケットを取ってみたが
残念ながら前日の雨天中止で観戦カードが変ってしまった
それでもこのご時世観戦できるだけでも有り難い
21世紀枠が3校に九州勢が4校と偏っている組み合わせ
Img_4225

第一試合は具志川商業 vs 八戸西の21世紀枠対決
当初観る予定のカードで無く試合直前に調べたら
八戸西のピッチャー福島は前評判が高いらしい

試合は2回八戸西は2死二塁でセンター前ホームへの
好返球アウトで具志川商には良い流れ
その裏具志川商は上原のタイムリーで先制
Uehara-210322

この後伊波(勢)のヒットにエラーと大城の内野ゴロでこの回4点
4回にもスクイズで追加点

福島は5回まで投げて5失点
エラーもあり味方に足を引っ張られたが
期待していただけにチョット残念な内容だった
Fukushima

6回にも追加点を挙げた具志川商が6点とリードを広げる

7回ようやく八戸西は桐山のタイムリーで2点返し4点差
Kiriyama

中盤はヒットは許さず好投していた
具志川商先発新川だったが流石に疲れてきたのかも
この回を投げきり7回2失点で交代
Arakawa

点差を詰められた具志川商はその裏
振り逃げのワイルドピッチと
ダブルスチールで再び6点差

八戸西は9回は1点返したが8-3で具志川商の勝利

具志川商の1番の大城はノーヒットだったが
3打点に補殺1と渋い活躍だった
Oshiro

第二試合は福岡大大濠 vs 大崎の九州大会決勝対決

大濠の先発毛利は前評判の高い投手らしく
カード変更して観られる投手の中ではいちばん期待していた
Mouri

2回大濠はエラーからつくったチャンスで
松尾の2点タイムリーが出て先制
Matsuo

松尾のタイムリーの前に毛利の打席で
自打球が足に当たり負傷したが続投
走る姿を観ると足は痛いと思うが
ピッチングにはあまり影響を感じさせず好投

7回に大崎は久々のヒットからチャンスをつくり
坂本のタイムリーで1点返す
Sakamoto-210322

尚も2死一二塁のチャンスはあったが
離塁の大きかった二塁ランナー田栗を刺しこの回1点止まり
キャッチャーの川上は4番打者としては
チャンスでノーヒットとバッティングでは
活躍出来なかったがこのプレーは大きかった
Kawakami

毛利は8回は三者三振9回も三者凡退に抑え2-1で大濠の勝利

毛利は変化球多めだかここ一番は真っ直ぐで押して抑えていた

離島の学校としても注目を集めていた大崎は
失点につながったエラーはあったが守備は安定していて
流石九州大会優勝校と思わせるチームだった

毛利の前に打線はふるわ無かったが4番の調は
チームで4安打中2安打と頑張っていた
Shirabe

第三試合は明豊 vs 東播磨

近畿大会に出場したとはいえ21世紀枠の東播磨が
左右の好投手が居る明豊には厳しいかと思ったが
初回鈴木の2点タイムリーツーベースで東播磨が先制
更に熊谷のタイムリーでこの回3点

その裏明豊は米田の2点タイムリーツーベースに
竹下のタイムリーであっさり同点

3回に砂川のタイムリーで東播磨が再びリードしたところで
明豊先発の京本は交代2回は三者凡退に抑えたので
立ち直る兆しはあったが立ち直りきれなかった
Kyomoto

その裏山本のタイムリーと記録センターゴロになった
竹下のセンター前に落ちるフライで明豊が再逆転
この回で東播磨先発鈴木は交代

共に2番手に代わっても落ち着かず
6回東播磨は押し出しで同点
明豊2番手は太田はJR東日本時代に何度か観た読売太田の弟
期待していたが3回2/3で5四球と残念なピッチングだった
Ohta-210322

東播磨は2番手の若杉もコントロールに苦しみ
3連続フォアボールで満塁として
黒木に走者一掃のスリーベースで明豊が再びリード

リードした明豊が7回から3番手で財原が登板したが
いきなりスリーベースを打たれ出鼻をくじかれたのか
連続四死球で満塁として砂川の犠飛に
押し出しと内野ゴロでこの回3点入れて1点差

9回に東播磨は髙山のツーベースのあと
4番の砂川に代打上野を出してバント
ちょっと強かったが財原がファンブルしバント成功
次の鈴木の時三塁ランナーが早めにスタートを切りサードゴロで同点

後で記事を読んだら打ちそうなコースに来たら
三塁ランナーがスタートを切り打者が打ち
外されたらスタートを切らないので打者も打たないという
スクイズのように外す事も出来ない作戦らしい

ベンチを観るとゴロが転がった段階でガッツポーズをしているので
自信のあるプレーだったんだろう
Suzuki-1

延長戦に入り11回明豊はフォアボールと連打で無死満塁
財原の代打田中の初球にワイルドピッチ
Img_2266Img_2272

10-9サヨナラで明豊の勝利

6回途中から再びマウンドにあがった鈴木もよく投げたが
最後は疲れが出ていたのかも
Suzuki-2

両チームとも四死球が多かったが
それでも見応えのある試合だった

日が出ている時は暖かいが曇ると寒いし
第三試合途中から雨が降ったりと
良いコンディションでは無かったが
久しぶりに観る高校野球も悪くないかな。

 

2021年3月16日 (火)

今年初観戦 ~教育リーグ DeNA vs 西武~

今年最初の観戦は追浜に教育リーグDeNA vs 西武戦
神奈川県はまだ緊急事態宣言は解除されていないが
平日のデーゲームなので密は避けたつもり

試合は初回2死から佐藤のタイムリーで西武が先制
3回にも佐藤のタイムリーで追加点
Satoh-210316

DeNA先発櫻井は4回2死でにフォアボールを出して交代
可もなく不可もなく程々のピッチングだった

櫻井の後はこのオフ数少ない補強の風張が登板
中村にヒットを打たれてピンチは広がったが
タイムリーを打っている佐藤を抑え2/3を無失点
アマチュア時代は剛球投手の触れ込みだったが
今日観る限りでは追浜や平塚で何度も観る事になりそう
Kazahari

風張の後6回から登板の国吉が3連続フォアボールに犠飛とノーヒットで失点
今日は以前のような国吉だった

打線は西武先発内海からランナーを出しても得点出来ず5回を無失点に抑えられる
内海が降板した後も豆田齊藤(大)からもランナーを出しながら得点出来なかったが
8回に與座からがヒットで出塁し伊藤(裕)がレフト寄りのセンターオーバーで1点返す
センターの愛斗が強風を頭に入れてない追い方で助かった
Ito-y-210316

この後満塁のチャンスはあったが楠本田部が凡退し追加点ならず
9回もランナーを出したが得点出来ず1-3で負け

教育リーグなので勝ち負けは二の次だけど出来れは初戦は勝ちを観たかった

数少ないプラス材料は肘の故障から復活を目指す田中(健)を観られた事
9回に登板しこの日当たっていたにヒットは打たれたが1回1安打無失点
出来る事ならなるべく早く支配下に復帰して
046番の田中健二朗を観た事が貴重だったと思わせて欲しい
Tanaka-210316

西武では最後に投げた赤上が確認出来た最速149キロと速かった
東北公益大時代に気になったが観れなかった投手
上背は無いがほぼ真っ直ぐで押すピッチングスタイルは中継ぎ向きかも
こちらも支配下登録を期待したくなるピッチングだった
Akagami

まだ無観客で観戦出来ない所も多いし今後どうなるかは判らないけど
今後は観戦可能の試合を静かに観戦していくつもり
早く気兼ねなく観戦出来る日が来ないかな。

 

« 2021年1月 | トップページ | 2021年4月 »