フォト
2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

検索

無料ブログはココログ

« いよいよ開幕 ~都市対抗 第1日~ | トップページ | 3試合とも1点差 ~都市対抗 第5日~ »

2020年11月25日 (水)

サヨナラ被弾2回とも観た ~都市対抗 第4日~

大会4日目の第一試合は日本製鉄鹿島 vs 三菱重工広島

このカードなら元DeNAの伊藤も居るし普段なら鹿島側で観るけれど
三菱重工野球部再編で広島は今大会が最後なのであえて広島側で観戦

試合は初回松永のタイムリーツーベースで広島が先制
Matsunaga

次の松原にもタイムリーツーベースが出てこの回2点
3回にも松永のタイムリーで追加点

鹿島は3回に高畠の2点タイムリーで反撃
Takabatake

4回に生田目のソロHRで同点
星槎道都大時代も観た事はあったけど
日ハムの生田目の弟というイメージしかなく
こんなに打つとは思ってなかった
Nabatame

広島は5回2番手能間から松永のタイムリーで再びリード
松永はこの試合3打点の活躍

この後広島打線が繋がり打者一巡でこの回4点

広島先発シティライトの児山は5回3失点
良い出来とはいえないがまずまずの仕事はした
Koyama

2番手長島も6回は抑えたが7回にタイムリーエラーで失点した後
高畠の2ランHRで1点差
ワンポイントで松下が7回を切り抜けた後8回は鮫島が登板
ベンチからダッシュでマウンドに行く姿がさまになっているので
リリーフで出てくるとテンションが上がる
Sameshima

鮫島が2回を無失点に抑え7-6で三菱重工広島の勝利
http://archive.jaba.or.jp/score_book/1/10000/27288.html

広島のチームをもう一度観られるかは判らないが
とりあえず少しでもチームの存続が延びて良かった

鹿島では4番手で2回を抑えたSUBARUの角田
2年連続で鹿島の補強
背番号は去年と同じ31番だった
Tsunoda

第二試合はTDK vs 日本新薬
先発は鈴木西川 
初戦だしてっきりエースの榎田と小木田かと思っていたので
意外なマッチアップ

西川は何度か観ているが鈴木は初見
カクカクしたフォームで確認出来たマックスは154キロとかなり速い

中盤まで無得点で6回福永の2ランHRで新薬が先制
Fukunaga

この回で鈴木は交代2失点はしたがよく投げた
東北のTDKなのでそう簡単に観る機会は無いとは思うが
球は速いしまた観たい投手だった
Suzuki-1125

西川も6回まで投げ無失点
3回以降は得点圏にランナーを進めながら踏ん張った
Nishigawa-1125

6回TDKは新薬2番手の岩本から
北畠のタイムリースリーベースで1点返す
下の名前が栞人と書いてカントと読む珍しい名前だった
Kitabatake

8回からTDKは3番手で小木田が登板し2回をパーファクト
試合後にネットニュースを観ると体調不良での先発回避だったようだが
出来は素晴らしかった
Kogita-1125

小木田の好投でいい流れは来ていたが
新薬3番手の小松がランナーを出しながら抑え
2-1で日本新薬の勝利
http://archive.jaba.or.jp/score_book/1/10000/27289.html

ヒット数ではTDKが上回っていたが福永のHRが大きかった

あと日本新薬で3番DHでカナフレックスの北川がスタメン
福永のHRの前に内野ゴロでヘッドスライディングでヒットにしていた
もうすっかり楽天の人ではなく社会人野球の人になった気がする
Kitagawa-1125

第三試合はJR東日本 vs 三菱自動車岡崎
JR先発の伊藤は高校大学と観ていたけど社会人では初
岡崎は仲井では無く秋山こちらも武蔵大時代に観ている

初回岡崎の飯嶌が先頭打者HRで先制
Iijima-1125

しかしその裏渡辺の2点タイムリーでJRが逆転
Watanabe-1125

2回小室のタイムリーで同点
あと少しでHRになりそうな大きな当たりだった
Komuro

序盤はバタバタした試合展開だったが
中盤以降は両先発が立ち直りその後8回まで無得点を続ける

9回表に岡崎は2死から豊住がヒットと盗塁に
渡辺の送球エラーがあり三塁まで進塁したが得点無し

その裏エラーをした渡辺がツーベースで出塁し
次の佐藤がバント失敗で追い込まれヒッティングに変更し
打った打球はライトスタンドへ飛び込むサヨナラHR
Satoh-1125

4-2でJR東日本の勝利
http://archive.jaba.or.jp/score_book/1/10000/27290.html

伊藤は9回2失点で完投勝利
スピードは140キロ前後だが空振りも取れていた
Itoh-1125

負け投手になったが秋山も2回以降立ち直り良いピッチングだった

本人と思われるTwitterで人生2度目のサヨナラHRの被弾だったと書いていたが
自分が武蔵大時代の秋山を観た試合が18年春の東海大が優勝を決めた
もう1本のサヨナラHRの試合だった
結果としては2回観て2回ともサヨナラHRだったので
自分が秋山にとって疫病神だったかも
Akiyama


« いよいよ開幕 ~都市対抗 第1日~ | トップページ | 3試合とも1点差 ~都市対抗 第5日~ »

20 生観戦 アマ野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« いよいよ開幕 ~都市対抗 第1日~ | トップページ | 3試合とも1点差 ~都市対抗 第5日~ »