フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

検索

無料ブログはココログ

« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »

2019年10月30日 (水)

今日は2試合だけ ~日本選手権 第6日~

日本選手権の観戦も今日で最後

第一試合は日本新薬vs三菱日立パワーシステムズ
後援会に入っているMHPSには頑張って欲しいけど
LINEスタンプを購入するほど日本新薬マスコットの
シンヤ君好きとしては複雑なカード

先発はMHPSが浜屋で新薬が西川
MHPSはDHにではなく加治前を使っていたので
先発を榎田と読んだのかな

4回までお互い無得点
5回にMHPSは常道のソロHRで先制
Tsunemichi

その後もMHPSはチャンスはあったが得点ならず

6回途中で新薬先発西川は交代
ピンチを2番手山上が抑えたので1失点
ランナーを出した割には良く抑えた
Nishigawa

今回のMHPSはチャンステーマがモンキーターン
チャンスがある割に得点出来ないので
曲変更が良くなかったか心配になった

7回河野の2点タイムリーツーベース
ただこの直前投手交代があり
モンキーターンはかかっていないタイミングでの得点だった

3点差になった所て浜屋は交代
7回1安打無失点とほぼ危なげなかった
Hamaya

8回から伊藤が登板9回はランナーを出したが無失点で
3-0でMHPSの勝利
http://www.jaba.or.jp/score_book/3/30000/26125.html

今回のMHPSはランナーが出てのチャンステーマが
モンキーターンに変わっていた

常道のHRはソロで当然曲がかかってなかったし
河野のタイムリーの時は直前に投手交代があり
こちらも曲が掛かっていないタイミングでの得点
他のチャンスでモンキーターンが掛かっている時は
得点出来ないので曲変更が良くなかった印象になった

一方あまり良いところが無かった新薬
その中で気になったのは8回に代打で出場の鈴木が京大出身だった
東大出身は引退したけど明安の重信や
現役では東邦ガスの飯田など観た事があったけど
京大出の社会人野球選手って観た事あったかな
Suzuki_20191105214701

第二試合はNTT西日本 vs 鷺宮製作所

初回鷺宮が大坂の犠飛で先制
Osaka

鷺宮先発野口が中盤まで抑えたが
5回にNTTが代打景山の内野安打で同点
早めの代打攻勢が功を奏した
Kageyama

6回日下部のタイムリーで逆転
Kusakabe

更に長田のツーベースでNTTが追加点

この回で野口は交代
一回戦に続いての先発だったが
間隔は開いても微妙に疲れもあったかな
Noguchi

7回に茶谷の特大HRが出て鷺宮が1点返したが
8回から登板の吉元が無失点で抑え3-2でNTTの勝利
http://www.jaba.or.jp/score_book/3/30000/26126.html

第三試合は観戦せず帰宅
今回は4日間で11試合観戦
観戦日程は仕事の都合で組み合わせが決まる前に決まっていたが
ちょうど良い日程を休めたかも

飛行機まで時間があったので夕食は
梅田の おおさかぐりる で ボルガ
Img_4752
旅行前に事前に調べたいたらカツとオムライスという
なかなか魅力的な組み合わせの食べ物を見つけ
是非食べたいと思っていた
正直カツの味がもう少し美味しければと思うけど
それでも満足出来る大阪最後の晩餐だった

2019年10月29日 (火)

サクサク進む3試合 ~日本選手権 第5日~

観戦3日目は雨
ドーム球場なので試合進行には影響無いが
入場口前には屋根が小さく並んでいると濡れるので
入場開始直前に来た
平日の雨降りだし前日より並んでいる人は少なかった

第一試合はマツゲン箕島 vs トヨタ

マツゲンはクラブ選手権でトヨタは都市対抗で観ている
マツゲンのユニフォームが赤に代わったので
同系色で紅白戦っぽい

試合は2回小畑のセンター前のフライを黒岩がダイブして後逸
その間に一塁ランナー下石が生還しトヨタが先制

失点したが和田好投
左のサイドスローで立ち上がりはコントロールが怪しかったが
中盤以降は安定して4安打1失点完投
Wada

しかしトヨタ先発栗林は4安打完封で毎回13奪三振
都市対抗の時同様の好投でマツゲン打線を抑えた
Kuribayashi

試合はサクサク進み1-0トヨタの勝利
http://www.jaba.or.jp/score_book/3/30000/26121.html

先制打を打った小畑は盗塁阻止もして
守備でも勝利に貢献していた
Obata

マツゲンではクラブ選手権で好打をみせて
気になっていた3番ライト夏見だったが
最初の打席でヒットは打ったが
来年のドラフト上位候補の栗林の攻略は難しく
2三振とその後は抑えられた
Natsumi

第二試合はJR西日本 vs Honda

2回山本()のHRでホンダ が先制
Yamamoto-k

3回も佐藤のタイムリーと辻野の内野ゴロで追加点

リードされたJRは4回から加賀美が登板
抜群の出来でホンダ打線を抑える
正直先発させていればと思うほど良かった
Kagami

ホンダ先発東野は7回ランナー二塁で降板
2アウトだったので続投でも大丈夫そうだったが
慎重をきしてという継投だろう
Higashino

2番手幸良が無失点で抑えたホンダが3-0で勝利
http://www.jaba.or.jp/score_book/3/30000/26122.html

第三試合は三菱自動車岡崎 vs パナソニック

初回併殺を焦ったのかパナソニック先発榎田
二塁に悪送球で岡崎が先制

その後福永の犠飛にのタイムリーでこの回3点
2回にも中野のタイムリーで岡崎が追加点

岡崎先発の仲井が好投
ノーヒットノーランも期待させる出来だったが
残念ながら5回に井上の内野安打で記録はならず
それでも打たれる気配が無かった

パナソニックも2回途中から2番手鈴木
4回を無失点の好投で試合を作る
Suzuki_20191105111201

それでも最後までパナソニックは仲井を攻略できず
4-0で岡崎の勝利
http://www.jaba.or.jp/score_book/3/30000/26123.html

仲井は1安打完封
四死球は3個で三塁を踏ませないピッチングだった
Nakai

ほぼ良いところが無かったパナソニックで気になったのは
普段高く足を上げる田中が2打席目ですり足で打っていた事
3打席目は普段通り高く上げていたので
ランナーが居てセットでいつも以上に仲井のフォームが
コンパクトでそれに対応しようとしていたんだろう
Tanaka

3試合とも時間が短く
試合と試合のインターバルも長かったので
その時間を生かしてお土産を購入
ついでに551の豚まんも買って球場での飯にしたので
今日も一応大阪を満喫出来たかも。
Img_4733



2019年10月28日 (月)

ジャイキリならず ~日本選手権 第4日~

日本選手権観戦は2日目

一試合NTT東日本vs伏木海陸運送

今まで伏木の試合は2試合観てるけど両方ともにコールド負け
今回もワンサイドかと思ったが伏木先発宮前の好投で締まった試合

ただ先制はNTTで2回喜納のHR

伏木も6回渡里のタイムリーで同点

その裏喜納2本目のHRで再びNTTがリード
この打席の中に伏木ベンチから喜納を警戒する声が掛けられる中
打った喜納はホントに凄い

7回伏木は越中のタイムリーツーベースで同点とし先発をKO
2番手沼田から宮口がレフト前に落ちるタイムリーで逆転
Miyaguchi

NTTは8回向山がセンターオーバーのHR性を打ったが
フェンス最上段に当たって戻ったという判定でツーベース
HRと思いゆっくり走っていた向山が二三塁間でアウト

このプレーで流れは伏木でジャイキリかと思われたが
9回2死から上川畑がタイムリーツーベースを打って同点
三塁でアウトになりサヨナラのチャンスは逃したけどよく打った
Kamikawabata

延長になって先発宮前は交代2番手竹中から
代打ニ十八がライトにタイムリーを打ち4-3でサヨナラ
Tsuchiya

http://www.jaba.or.jp/score_book/3/30000/26111.html

伏木は負けけど宮前の9回までの好投が好試合を生んだ
観る機会が少ない伏木だけど宮前は覚えておきたい
Miyamae

第二試合はJR四国vsヤマハ

初回JRは水野のタイムリーツーベースで2点先制
Mizuno

ヤマハは4回前野のタイムリーで1点返したが
JRは笹田のHRと北尾のタイムリーでリードを広げる

北尾にタイムリーを打たれ所で近藤から九谷に交代

JR先発の谷川は6回に捕まり前野のタイムリーツーベースの後
三浦のタイムリーで同点

谷川は打たれた所で交代
同点にはなったがここまでよく投げた
Tanikawa

7回に3番手山本から河野がタイムリーを打ち
ヤマハがこの試合初めてリード
Kohno

8回にも3点追加したヤマハが8-4で勝利
http://www.jaba.or.jp/score_book/3/30000/26115.html

九谷は5回途中から3回1/3を無失点の好リリーフ
球速は無いのに変則
フォームが打ちにくいのかな
Kutani

第三試合は東芝vs王子

先発が岡野近藤なのでサクサク進むかと思ったら
初回三連打松本のタイムリーで東芝が先制
Matsumoto_20191102100601

その裏横川のタイムリーで同点とし
宝島の2点タイムリーツーベースで逆転
王子の宝島と字面が格好いい
Houshima

両先発は4回で7安打打たれるそれでも2回以降は得点は許さず

東芝は5回福本を挟んで6回から宮川が登板
相変わらず150キロ超えで抑える
Miyagawa_20191102100701

ただ8回細川2点タイムリースリーベースで王子がリードを広げる

そのまま5-1で王子の勝利
http://www.jaba.or.jp/score_book/3/30000/26117.html

近藤は完投勝利
序盤は打ち込まれたが5回以降は
変化球も多めに使いを1安打に抑えた
Kondoh

第三試合はほぼ戦力的に互角の対戦だけど
第一・二試合は不利と思ったチームが一度はリードし
勝利を期待させる第三者には面白い展開だった

野球的にはお腹いっぱいの試合だったけど
当然実際にはお腹がすくので
晩飯はお好み焼きで大阪旅行気分を味わってみた
宿泊しているホテルから比較的近くの あじくらや
これくらいしか旅行気分を味わえないけど満足です。
Img_4727

2019年10月27日 (日)

3年連続5回目 ~日本選手権 第3日~

3年連続で日本選手権の観戦

第一試合は東京ガス vs 日本生命
東京ガスはユニフォームを新調
一応トリコロールだけど赤の部分が少なくなった

初回多田のボデボテのセカンドゴロがヒットになり
越智のタイムリーで日生が先制
Ochi

2回にも石川の送球エラーで出塁した広本が二塁進塁後
ヴィットルのセーフティバントで臼井が一塁に悪送球で追加点

東京ガスは石川のタイムリーツーベースで1点返した後
竹村のタイムリーツーベースで同点
Takemura

臼井は3回を三者凡退に抑え立ち直ったかと思ったが
4回に連打とデットボールで満塁となり
多田のボデボテのセカンドゴロが
フィルダースチョイスで再び日生がリード
更に福富の犠飛で2点差

6回日生は2死からフォアボールとヒットで一二塁
先制打を打っている4番の越智
サードファールフライに打ち取られたが
石川が捕れず打ち直しの打席で3ランHRが出て5点差

この後東京ガスも点を返すがそれ以上に日生が点をあげて
13-6で日生の勝利
http://www.jaba.or.jp/score_book/3/30000/26103.html

日生が東京ガスの守備の乱れに乗じて打ち勝った印象
ただ投手陣は全員失点しているし課題もありそう

抑えた訳ではないけれど印象に残ったのは清水
以前観た時より腕の位置がだいぶ下がったと思う
Shimizu

東京ガスでは菅野を入社後初めて観た
志望届を出していて筈だけど指名はなく
東京ガスに行ってたのを忘れてた
Kanno

第二試合はJX-ENEOS vs 西部ガス
西部ガスは久々に観るとユニフォームが
SDっぽかったのがNYMっぽくなっていた

試合は2回園部のタイムリーツーベースでエネオスが先制
園部は元オリックスなのであまり一軍には居ないけど
京セラは凱旋になるのかな
Sonobe

その裏西部ガスは森上のタイムリーで同点
体型はだいぶ違うけどタイミングの取り方がDeNAの宮﨑っぽい
Morikami

5回に代打岡部の内野安打で再びエネオスがリード
Okabe

失点はしたが西部ガス2番手の村田も好投
補強だった都市対抗でも観ていたけど今日も好投だった
Murata

そのまま2-1でエネオスの勝利
最近都市対抗も予選敗退しているし全国で勝つのは久々かも
http://www.jaba.or.jp/score_book/3/30000/26105.html

第三試合は七十七銀行 vs 日本通運

初回から日通打線が爆発
北川の2ランHRで先制
Kitagawa

更に連続フォアボールの後森松のスリーベースでこの回4点

3回に湯浅のタイムリーツーベースで七十七銀行が1点返す
Yuasa

しかし日通は3回に森松のタイムリーと
木南のタイムリーでこの回2点

4回にも北川の犠飛と浦部のタイムリーにエラーも絡み
この回3点と大量リード

石井のHRで七十七銀行も1点返したが
浦部のタイムリーツーベースで追加点を挙げた日通が
11-2で勝利
http://www.jaba.or.jp/score_book/3/30000/26106.html

日通先発釘宮は8回2失点
立正では何度も観ていたけど日通に入ってからは初めて観た
Kugimiya

七十七銀行では4番手でが登板
国学院の時も観た事があったけど
七十七銀行に行ったのは知らなかった
仙台という事は楽天に居る兄とは近いんだ
Mori_20191101204001

4日間の滞在でほぼ野球観戦だけなのはどうかと思うけど
やっぱり 観光<野球 だから仕方無いかな。

2019年10月23日 (水)

昼間は暑くてもやっぱり10月後半 ~東都大学 秋季第7週~

東都大学観戦で神宮球場へ
第一試合は間に合わず試合終盤に到着
優勝を決めている中央が3-0で勝利
来月に明治神宮大会もあるしモチベーションは高いままだろう

今日のお目当ては第二試合の駒澤大 vs 立正大
最下位争いの両チームなので今東都で一番熱いカードかも

試合は初回立正が4佐々木(勝)のタイムリーで先制
高目の球を上手く打った
Sasaki-k

その後も平田の押し出し神保の犠飛でこの回3点
2回にも奈良間のタイムリー
4回は根本タイムリーと荒原スクイズでリードを広げる

スクイズの得点は1点だけどランナーが三塁になると
何度かセーフティースクイズを仕掛けていた

その裏駒澤は新田2ランHRで2点返す
Nitta

立正先発の糸川は5回をHRの2失点
四死球は4個と多かったがHRを打たれた後
4者連続三振を奪うなど落ちるボールが良い所に決まっていた
Itogawa

5回8回に追加点を挙げ山本倉田が無失点に抑えた
立正が8-2で勝利
http://www.tohto-bbl.com/gameinfo/result.php?YEAR=2019&SEASONID=02&LEAGUEID=01&GAMEID=19386

駒澤では4番手の上野が1死満塁を抑えるピッチング
高校時代は有名な投手だったらしく
高校野球好きの同僚が絶賛していたので観たかった投手
8回に失点はしたがまずまずだった
Ueno

第二試合は亜細亜大 vs 国学院大
優勝も最下位も無いので国学院は
4年生不在の来季を見据えた試合のようだ

試合は3回ワイルドピッチで亜細亜が先制
5回にも山本(卓)のタイムリーで追加点
Yamamoto-t

国学院先発は諸見里は5回2失点
体に近い球は避けずに当たりに行く
亜細亜のスタイルもありデッドボールが4個もあった
兄は大学社会人で何度も観ているけど弟は初見かも
Moromizato

2番手石井が2回を無失点と
まずまずのピッチングで味方の反撃を待つ
Ishii

ただ亜細亜先発松本(健)が国学院打線を抑え
8回3番手楠茂からノーヒットで追加点を挙げた
亜細亜が3-0で勝利
http://www.tohto-bbl.com/gameinfo/result.php?YEAR=2019&SEASONID=02&LEAGUEID=01&GAMEID=19387

3安打完封の松本(健)は肘があまり上がらないで
押し出すようなフォーム
あまり好きなフォームではないけど結果は安定していた
Matsumoto-k

今日は天気が良く昼間は汗ばむ陽気
ただ第三試合中盤あたりからは上着が欲しくなる気温
暑いと思っていてももう10月も後半なんだな。

2019年10月21日 (月)

上毛新聞敷島球場 ~高校野球秋季関東大会 第3日~

球場目当てで敷島球場へ高校野球秋季関東大会を観戦

上州新聞敷島球場は群馬のメイン球場と言ってもいい球場
球場自体は古いが2010年に改装したので
シートなどは比較的きれい
Img_4679

両翼99.1Mセンター122M内野が土で外野が天然芝
Img_4673

スコアボードは電光で欲しい情報が過不足なく
文字も白で見やすい
Img_2981Img_3372

この球場の特徴としては地方球場には珍しく
フィールドシートのようなせり出した席がある
Img_3574

あとは球場入ってすぐに群馬県ゆかりの選手などの
グッズが展示されてる
Img_4677

アクセスはイマイチで一番近い駅は群馬総社駅
歩くのは厳しい距離で前橋駅からバスが一般的なルートだが
バスの本数も少ないので今回はレンタサイクルを利用
アップダウンも少なく大体20~30分で着く

第一試合は山梨学院 vs 花咲徳栄
どちらもここ最近は甲子園にもよく出ているようだけど
高校野球に疎いので正直今のチームなのかは判らない

今日は準々決勝で勝つとセンバツが有力となる

試合は3回のタイムリーで花咲徳栄が先制
Minami

4回にも花咲徳栄は満塁のチャンスを作ったが得点できず

ピンチをしのいだ山梨学院はその裏四死球と犠打で二三塁とし
外川のボデボテのファーストゴロエラーで同点
エラーしなくてもホームは間に合わないタイミングだった

5回にも小吹のタイムリースリーベースで逆転
Kobuki

山梨学院先発の吉川はランナーを出しながら追加点を許さず完投
スピードはあまり無いが緩いボールを有効に使っていた
Yoshikawa

2-1で山梨学院の勝利
https://baseball.omyutech.com/CupHomePageHistory.action?gameId=20194229023

花咲徳栄先発の髙森も8回2失点
2点ともエラー絡みでツキが無かった
Takmori

第二試合は桐光学園 vs 桐生第一
桐光は1試合戦っているが
開催県1位の桐生第一はシードで今日が初戦

3回森田のタイムリーで桐光が先制
Morita

4回桐生第一は連打で無死二三塁からスクイズで同点とした後
満塁となり中島の満塁HRで逆転
Nakajima

桐生第一打線はこの後もつながり犠飛で追加点を挙げこの回6点

桐光先発の安達は前の回の3回まで
ヒットは1本出ていたが9人で抑えていたので
1イニング6失点は想像出来なかった
Adachi

桐光が5回6回に1点づつ返したが桐生第一は
7回に満塁HRを打っている中島
2点タイムリーツーベースを打ち再び5点差

8回に点を取り合い10-4で桐生第一の勝利
https://baseball.omyutech.com/CupHomePageHistory.action?gameId=20193345278

桐生第一先発の宮下は10安打されたが完投勝利
Miyashita

今日は2試合4人とも左腕投手が先発
花咲徳栄の髙森は最後代打は出されたが
そこで試合終了となったので4投手とも完投だった

せっかく群馬まで来たので何かご当地ものをと思って
原嶋屋総本家で焼きまんじゅうを購入
レンタサイクルだったので帰りに寄り道出来たのも良かった
Img_4694


上州新聞敷島球場
〒371-0036 群馬県前橋市敷島町66

2019年10月17日 (木)

観たのは上位3人だけ

今日はドラフト会議
今年生で観たことがある選手は45人
去年と比べると少ないけどそれでも多く観たと思う

ドラフト1位は7人
今年の目玉佐々木はロッテで奥川はヤクルト
佐々木は即戦力という訳では無いと思うので
イースタンで観る機会があるかも

西武 宮川                   ソフトバンク 佐藤 
Miyagawa Satoh

楽天 小深田                  広島 森下
Obukata Morishita

日本ハム 河野                 中日 奥川
Kawano Okugawa

DeNAは7人中上位の3人だけ観ていた

1位は桐蔭学園の森
前評判の高い内野手だけどまさか最初の入札とは思わなかった
観た試合ではイマイチだったが地元神奈川の高校だし期待している
U18では外野手だったけど個人的にはショートとして頑張って欲しい
Mori

2位は立命館大の坂本
今年の大学選手権では東海大相手にまずまずのピッチングだった
ただDeNAには多い左腕投手
多くて困る事は無いけど左腕投手をどれだけ集めるんだろう
Sakamoto

3位は明治大の伊勢
自分が観たのは高校時代なのであまり参考にはならない
サイドと言うほどでは無いがやや腕の位置が下がるので
色んな場面で貴重な戦力になりそう
Ise

あとの感想は全体的に戦力外にした選手の分だけ
同じようなポジションの選手を指名した印象
ただ西森を切ったキャッチャーは高校生の東妻だけ
元々捕手の数が少ないうえに
伊藤(光)がFAの可能性があるけど大丈夫かな

他のチームで気になったのは日本ハム
今まで甲子園で活躍した選手を中心にミーハーな指名が多かったが
今年は社会人が多めだったの育成を含め7人も観ていた
1位の河野や立野は即戦力でもあり将来性もある社会人期待の投手
他にも不調から脱却のイメージが無かった鈴木の指名も驚いた
TatenoSuzuki

社会人絡みで言えば神奈川からはMHPSからは浜屋
東芝からは宮川と岡野のWエースが指名されたので
エネオスの鈴木も指名はされているけど
今年は主戦投手では無かったので戦力ダウンは少ないと思われ
久々のエネオス都市対抗本戦出場があるかも

あとは指名して欲しいなと思っていた西濃運輸の堀田は指名なし
個人的には良いピッチャーだと思うんだけどなぁ…。
Hotta

 

 

2019年10月15日 (火)

観たかった選手も観れた ~関東選手権 第1日~

第一試合はNTT東日本vs東芝

3回喜納のタイムリーでNTTが先制
Kinoh

更に満塁となり越前をピッチャーゴロに打ち取ったが
がホームに悪送球で追加点

4回にも伊藤のタイムリーで追加点
Itoh

はこの回で交代
高卒5年目でかつては主力として投げていたけど
故障なのかしばらく投げてない時期もあったので初めて観た
Zen

東芝は6回バントの送球エラーで1点返し
福山のタイムリーで1点差
Fukuyama

ここでNTT先発沼田は交代
2番手の熊谷が抑えて東芝は追加点ならず

その後お互い追加点を挙げられず3-2でNTTの勝利
http://www.jaba.or.jp/score_book/4/40040/26050.html

NTTでは東海大出身の飯嶋が登板し1回無失点
NTTに居たことは知らなかった
Iijima

東芝では堀米がスタメンで出場したのを久々に観た
ただポジションは本職のショートではなくレフト
それでも元気にプレーする姿を観れて良かった
Horimai

第二試合はSUBARU vs 日本製鉄かずさマジック

かずさは2回松本のタイムリーで先制
高目のボールを上手く打った
Matsumoto

更に満塁となり松田のタイムリーで追加点
Matsuda

この後ショート遠藤のエラーでこの回3点

その裏のタイムリーツーベースでSUBARUが1点返す
Ryu

更に無死満塁のチャンスは作ったが得点ならず

かずさは4回田中の犠飛で追加点
失点はしたが上原は7回途中まで投げ4失点
140キロ台後半の球を投げていた
Uehara

SUBARUは7回石田のタイムリースリーベースで1点返
Ishida

この後1死三塁で原澤のサードライナーが
ゲッツーで追撃のチャンスを潰す
あの当たりだと戻れなくても仕方が無いが
SUBARUにとっては勿体なかった

4-2でかずさの勝利
http://www.jaba.or.jp/score_book/4/40040/26051.html

かずさは最後ルーキーの山本が登板
確認できた最速は155キロ
大田スタジアムのガンの信用度は判らないが速かった
ちょっと来年注目してみる
Yamamoto

心配だった雨もほぼ降られることなく観戦できたし
主力以外も出場することが多い関東選手権なので期待していたが
気になっていた選手が観れたり気になる選手が出来たりで
今日は来て良かった。

 

2019年10月 9日 (水)

大学野球は今季初 ~東都大学二部 第5週~

自転車で通える大和スタジアムへ東都二部観戦
10月にようやく大学野球秋季リーグを初観戦

9月の夏休みに行こうと思っていた所も日程変更で行けず
社会人野球だったりCSのチケットが取れたりで
ようやく今日観戦
リーグによっては優勝が決まっている位佳境なのに…

第一試合は拓殖大 vs 国士舘大

初回佐々木のHRで拓殖が先制

2回池田のHRで国士舘が同点に追いついた後
山田(知)のタイムリーツーベースと
高橋(遼)
のタイムリーで逆転

国士舘リードの6回タイムリーツーベースを
打っている山田(知)がこの日2本目のヒット
Yamada-t

ここでセンター佐々木の好返球で得点ならず
Sasaki_20191009223801Img_1565

このプレーの後流れが変わりその裏
エラー・ヒット・フォアボールで満塁となり国士舘先発山下は交代
コンパクトなフォームのサイドスローでここまではまずまずだった
Yamashita_20191009224101

2番手荘司から代打の代打山下
走者一掃のレフトオーバーを打ち逆転
Yamashita-2

この後も打線が繋がり拓殖はこの回5点

3回からリリーフした佐田が9回途中まで無失点に抑え
Sada

最後は多田が抑え拓殖が6-3で勝利
http://www.tohto-bbl.com/gameinfo/result.php?YEAR=2019&SEASONID=02&LEAGUEID=02&GAMEID=19261

国士舘ではドラフト候補の高部は4打数ノーヒット
ランナーをおいての場面も多く1本出ていればと思う展開だった
Takabe_20191009221401

第二試合は青山学院大 vs 日本大

初回青学が恩地のタイムリーで先制
Onchi

3回にも井上のタイムリーでリードを広げたが
4回板越2ランHRで同点
Itagoe

5回田中(達)のタイムリーで日本が逆転
Tanakat

この回で青学先発仲澤は交代
序盤3回はノーヒットで抑え
上々の立ち上がりだったが中盤捕まった
Nakazawa_20191009222301

日本2番手の赤星は観たかった投手
4回から4イニング無失点だったが 
毎回のようにランナーを出しながら抑えた
Akahoshi

赤星が抑えた間に日本は追加点を挙げ5点差

日本3番手の森井が失点し2点差
日大高時代に観ていたので頑張って欲しかったが
今日は残念な出来だった

その後はお互い得点が入らず7-5で日本の勝利
http://www.tohto-bbl.com/gameinfo/result.php?YEAR=2019&SEASONID=02&LEAGUEID=02&GAMEID=19262

青学最後に投げた竹本がまずまずのピッチングだったので
もう少し早く投げていたら展開は違っていたかも
Takemoto

今日は一日良い天気
それでも出る時は半袖か長袖か迷うぐらいの気温
空気も乾燥していて確かに季節は少しずつ変わっているんだな。

2019年10月 6日 (日)

10人は多いかな

今年も10月になり戦力外が発表され
小出しにする事なく一気に10人発表された
https://www.baystars.co.jp/news/2019/10/1001_06.php

綾部は私生活の問題があったし可能性は高かったが
実力的にも手術後の球速が上がらないので
今後期待出来ないと思われたんだろう
Ayabe

寺田は入団時から寺岡と間違えて指名疑惑があったが
腕の位置を下げて少しづつ良くなっていきた
もし歳がもう少し若ければ1チャンあったんじゃないかな
Terada

中後は近大時代から気になっていた
ロッテ時代の故障で球速は出ないし
コントロールは相変わらず悪いし残留は厳しそうだった
Nakaushiro-1Nakaushiro-2

田村は長身で球は速いが高めに浮くしもう少し若ければ
阪神近本より足が速いと言われた身体能力を活かし
野手転向すれば面白そうだった
Tamura

水野は結局一度も観る事が無かった
写真もボールボーイでチラッと写っているだけ
評価が爆上がりした大学選手権時代に観たかった
Mizuno_20191108081601

西森は一軍での活躍は多くは無いが
育成時代から二軍ではレギュラーで活躍していたので
思い入れがある選手
今年は肩を痛めているのか送球が痛々しかった
Nishimori

今回の発表で一番意外だったのが大河
確かに攻守で良い所が無く停滞した
特に守備は新人の時より下手になっている印象だった
それでもまだ高卒3年目だし
年齢的にまだもう1年は大丈夫だと思っていた
Taiga

狩野はたまたまだけど大学時代に観た選手
プロ入り後はなかなか対応できず苦しんでいたけど
今年は終盤になって徐々には良くなってきたので
飛雄馬のように二軍で試合をまわすのに必要な戦力になって欲しかった
Karino-1Karino-2

中川大は楽天時代から長打力が魅力だった
新人の頃のようにサードを守れたらもう少しチャンスはあったかも
Nakagawa-1 Nakagawa-2

青柳は大阪桐蔭出身という事で期待したが二軍でもとにかく打てず
高校時代を知らないので何故指名したか不思議に思う選手だった
こんなに早く切って大阪桐蔭から出禁されないかは心配
Aoyagi

年齢的に意外と思う選手はいるが
二軍を観る限り残念ながらある程度は想定は出来た
引退するのか別のチームでプレーできるかは判らないが
次のステージで頑張って欲しい

2019年10月 5日 (土)

何故バリオス ~セントラル CS 1st 第1戦 DeNA vs 阪神~

クライマックスシリーズ観戦で横浜スタジアムへ
横浜スタジアムで開催はCSが始まってから初
チケットはとりづらかったようだけど
ファンクラブの先行抽選で運良く取れた
Img_1217

試合は初回阪神先発の西を攻めて筒香の3ランHRで先制
Tsutsugoh_20191005235201

西はその後宮﨑のピッチャーライナーで負傷交代
その後のチャンスは2番手守屋が抑えて追加点ならず

DeNA先発は今永ではなく石田
怪しいピッチングだったが3回までは無失点

阪神3番手のガルシアが2回から3イニング無失点に抑え
やや阪神に良い流れ
Garcia

4回に1死三塁のピンチで石田を交代させようとしたが
三浦コーチとラミレス監督の連携が悪く交代出来ず
その後の梅野に犠飛を打たれこの回で交代
失点はしたが4回1失点は結果的にはまずまずだった

今永が2回を抑え再びDeNAに良い流れになり
5回に4番手島本からチャンスを作り筒香のタイムリーで追加点
ロペスの三塁線への緩いゴロを大山
後逸しツーベースとなり更に2点
柴田にもタイムリーが出てこの回4点
Shibata_20191005235201

6点差となり決まったかと思ったら
DeNAは何故か7回から3番手でバリオスが登板
Barrios_20191005235201 

案の定ピンチをつくり木浪のタイムリー
Kinami

この後エスコバーが北條に3ランをHRを浴び再び2点差

失点したのにエスコバーは回またぎで
1点差とされ2死一三塁のピンチをつくり国吉

近本に盗塁を許し二三塁となってからDeNAは前進守備
これが裏目で北條にセンターオーバーを打たれ逆転を許す
Hojoh

結局この後9回に粘りを見せたが逆転できず7-8で負け
http://npb.jp/scores/2019/1005/db-t-01/

勝っている7回はバリオスを飛ばしてエスコバー国吉
もしくは三嶋といった通常勝ちゲームで投げるリリーフを
登板させたら良かったのに本当に判らない継投だった

勝てるゲームを落としたがまだファイナル進出出来ると信じている
その為には2戦目3戦目は監督が投手交代でテンパらないような
試合展開になりますように。

2019年10月 3日 (木)

投げる野川が観れた ~関東選手権進出決定戦 第3日~

関東選手権進出決定戦を観に大宮へ
あまりレギュレーションを理解していないが
関東選抜リーグに参加していない企業チームの中で
関東選手権に出場出来るチームを決める大会のようだ

第一試合はオールフロンティア vs エイジェック
どちらも今年1回は観ている

試合は3回川相のタイムリーでエイジェックが先制

5回は代打根本のタイムリーで追加点

6回にも川相のこの日2本目のタイムリーでリードを広げる
川相は3打数3安打1犠打の活躍だった
Kawai

この回でオフロ先発の金子は交代
9安打打たれながら3失点で済んだのは
金子が踏ん張ったという事なのかな
Kaneko_20191003184201

エイジェック先発の牧野は8安打されながら
得点を許さず無四球完封
サイドからキレの良さそうな球を投げていた
Makino_20191003184201

今日のエイジェックのキャッチャーは
バッティングではノーヒットだったけど
完封したので守備では貢献したという事だろう
高校時代に観ていたので再び観れたのは嬉しい
Ban

9回に追加点を挙げたエイジェックが5-0で勝利
http://www.jaba.or.jp/score_book/4/40064/25955.html

オフロは4番の栗山がヒットは1本だけだが良いスイング
先発の金子もだけどあまり社会人野球で
多くはない大正大の出身だった
Kuriyama_20191003184201

第二試合は茨城トヨペット vs SUNホールディングス

トヨペットは初見活動を休止していたが
2018年から再開したらしい
Img_0660

試合はSUN先発の金子が4回までパーフェクト
5回に伊関に初ヒットは打たれたが無失点は続ける

一方トヨペット先発の武藤(公)
毎回のようにランナーを出しながら無失点
Mutoh-m

6回にSUNは片山のタイムリーでようやく先制
Katayama_20191003184201

その後タイムリーエラーで追加点を挙げ2点リード

すぐ後の7回トヨペットは前の回タイムリーエラーをした
伊関がタイムリーで1点返す
Iseki

その後も打線はつながり満塁押し出しで同点

同点の8回表からSUNは元DeNAの野川が登板
DeNAの最後はサイドスローになっていたが
今は入団した頃のような腕の位置に上がっていた
Nogawa_20191003184201

フォアボールは1つ出したがアウト3つは
全て三振で取り良い流れを作る

その裏1死二三塁で西久保の2点タイムリーでSUNが再びリード
Nishikubo

この後トヨペットに守備のミスがありもう1点追加
9回も野川が抑え5-2でSUNの勝利
http://www.jaba.or.jp/score_book/4/40064/25956.html

大宮9時試合開始で予定時間より前に試合が始まる
JABAタイムが想定されたので
普段の出勤時間より1時間も早く出た
おかげで野川の登板が観れて良かった
まあ野川を観るだけなら第二試合だから
ゆっくり来ても良かったんだけど…。

« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »