フォト
2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリー

検索

無料ブログはココログ

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月28日 (月)

ドラフト7位でも良かったんじゃない

昨日発表されていたようだけど育成の萬谷が支配下登録された。
http://www.baystars.co.jp/news/2014/04/0427_03.php

ここまでイースタンリーグで4試合登板で2勝0敗 防御率1.50と立派な成績。
成績だけ考えると支配下登録されても不思議ではない。

ここまで順調では無くても少なくともある程度出来ると思っているから
26歳と若くない投手をドラフト指名したんだと思う。

それなら何故最初から支配下では無く育成での指名だったのかは疑問。
一野球ファンにはその辺の理由は判らないけど
支配下の枠の関係かもしれないし
邪推すれば契約金ケチったのかなとも思ってしまう。

まあ自分のような二軍観戦好きにとっては今後萬谷に活躍してもらって
背番号112番当時を観た事があると得した気分に浸りたいかな。
Mantani

 

2014年4月27日 (日)

略称はパレスタかな ~イースタン DeNA vs ヤクルト~

世間的にはGWが昨日からスタート。
まだ何時休めるか確定していないけどいつも通りの日曜日休みで
今日は平塚でイースタンリーグのDeNA vs ヤクルト戦を観戦。

前回平塚で観戦した時はネーミングライツの表示は見つけられなかったけど
今回は バッティングパレス相石スタジアムひらつか の表示がある。
Imgp5947 Img_8689
ホームベース後の表示を観ると略称はパレスタなのかな?
Img_8683

先発は加賀美赤川という一軍で活躍して欲しいふたり。

先制はヤクルトで初回岩村のタイムリーで先制。
0ボール2ストライクと追い込んでから打たれので勿体無い失点。
Iwamura

その裏後藤の3ランHRで逆転。貧打の一軍の現状を考えると
何で後藤が二軍に居続けるのか不思議。
Gotoh

2回と4回に宮﨑のタイムリーが出てリードを広げる。
守備でやらかし懲罰降格のようだけどバッティングは
一軍にいるキャプテンマークの付いている選手よりはるかに期待出来る。
Miyazaki

5回表に押し出しでヤクルトに1点追加。
加賀美は6回を投げて4安打2失点。悪くはなかったけど
失点のしかたを観るとすぐに一軍で活躍するとは思えない内容だった。
Kagami

DeNAは6回に4連打などがあり赤川をKO。
リリーフの山本(斉)からもヒットを打ちこの回4点。

7回から加賀美をリリーフしたのはソーサ
平塚球場からにスピード表示があるものの速球の時はあまり表示されず
どの程度の球を投げていたかは不明。
ワイルドピッチで進塁したランナーを内野ゴロで生還を許し1回を1失点。
Sosa

8回に赤堀の犠飛で1点入れ
ソト須田で8・9回を抑えて10-3でDeNAの勝利。
http://bis.npb.or.jp/2014/games/fs2014042700432.html

個人的には4月5日以来のDeNAファームの観戦なので
その試合で頭部に死球を浴びた関根も確認。
4打数3安打3得点の活躍。無事で良かった。
Sekine

ヤクルトで気になったのは3番サードの藤井
ルーキーでしかも登録は捕手だった。
動きを観ている限り本職が捕手とは思えない自然だった。
Fujii

今日の観戦でプレー以外に気になったのが
スタジアムに貼ってあった平塚で開催されるイースタンリーグのポスター。
左からブランコ・黒羽根・石川・荒波・梶谷・三浦と一軍の主力。
故障したら二軍に出場がするかもしれないけど基本的には出ない選手。
詐欺とは言わないけどJARO にチクリたくなるようなポスターだった。
Imgp5948

2014年4月20日 (日)

足利球場 ~JABA足利大会~

今日は栃木県の足利にJABA足利大会の観戦。
大会自体は毎年行われているけど
今年は55回の記念大会で企業チームが多く出る。
プチ遠征の距離だけど強豪チームが出る方が観戦の決断がし易い。

会場の足利球場は両翼98Mセンター122M
内野が土で外野が天然芝。芝は禿げている部分もある。
Imgp5934 Imgp5933

スコアボードはかなり古いもののカウントはBSOになっていて
今日は選手名の表示は無かったものの表示スペースはある。
Img_8222

第一試合は新日鐵住金かずさマジック vs 新日鐵住金鹿島 の同一企業対決。
ただ かずさ は元新日鐵で 鹿島 は元住金だから微妙に違う気はする。

かずさ は去年の日本選手権優勝チーム
左袖にダイヤモンドエンブレムが付いている。
Img_8223

中盤までは投手戦。6回に鹿島が高畠のタイムリーツーベースで先制。
7回にも堀越の2ランスリーベースと高畠のタイムリーで3点追加。
4番DHで出場の高畠はこの試合3安打の活躍。
Takabatake

投げては石崎が完封。ヒットもエラーか微妙なのも含めて3本。
速球に威力があり完璧な内容だった。
Ishizaki

新日鐵住金対決は4-0で鹿島が勝利。
http://www.jaba.or.jp/score_book/5/50018/13118.html

打線ではほぼ良い所の無かった かずさ。
先発は国学院大出身の村松。以前より腕を下げたフォームで
コントロールに苦しむ場面はあったけど3回を投げて無失点。
予定通りの降板なんだろうけどもう少し観たかった。
Muramatsu

第二試合は全足利 vs 富士重工業。
大会の地元全足利が出場するこの試合はなかなかの入り。
それと全足利だけスコアボードのチーム名の色が赤い。
Img_8341

全足利には頑張って欲しいけど予想通り富士重工業が優勢な試合展開。
初回にバントヒットの日置が三塁まで進塁し4番の小杉のレフト前で先制。
Kosugi

5回に2死から3本のヒットと3個の四死球で4点入り
全足利先発の庭月野は降板。
4回1/3で5失点し降板とはなったけど
庭月野は企業チーム相手によく投げたと思う。
Niwatsukino

リリーフした中田から7回に唐谷のタイムリーで6点目。
8回に小杉の犧飛で7点目が入りコールド。
http://www.jaba.or.jp/score_book/5/50018/13119.html

富士重工業先発吉田は8回を投げて3安打11奪三振で無失点。
Yoshida

打線では唐谷が3打数2安打3打点活躍。
あまりバッティングの印象が無かったけどこんなに打つ選手だったっけ?
Karatani

決勝進出は共に三塁側のチーム。
第一試合に勝った鹿島が一塁側に移りユニフォームも変更。
ちゃんと用意しているんだ。
Img_8474

初回江藤のスリーベースに中倉犧飛で鹿島が先制。

6回富士重工業の船引タイムリーが出て同点。
だんだん少なくなった日産出身選手には何時までも頑張って欲しい。
Funabiki

富士重工業先発は桐蔭横浜大出身の小野
7回まで投げて失点は初回の1点だけ。
4回以外は毎回ランナーを出しながら粘りのピッチング。
Ono

9回に鹿島は中倉タイムリー代打堀越タイムリー
更に渡部2ランスリーベースが出てこの回一挙4点。

これで決まったと思ったらその裏ヒット2本とフォアボールで満塁。
ここで4番のに満塁HRが出て同点。
流石アマチュア日本代表でも4番を打つ強打者。
Hayashi

9回に打ち込まれ同点にはなったけど鹿島先発の山井は8回まで好投。
本当に惜しまれる9回のピッチングだった。
Yamai

延長になって11回表ランナー一塁で木村のライト前を
が後逸し一塁ランナーの中倉がホームイン。
DHで観る事が多いが珍しく守備に着いていると思ったら
やらかしてくれた。まあHRを打たなかったらエラーしなくて済んだのに…。

更に渡部の犧飛が出てこの回2点。
そのまま7-5で鹿島が優勝。
http://www.jaba.or.jp/score_book/5/50018/13120.html
今日の鹿島は投打に安定感があり強かった。
Img_8676

延長戦だった事あり朝から夕方までの観戦で観光は無し。
ただ今回足利まで来て初めて知った事があった。
足利球場の最寄駅足利駅の走る両毛線の車両は懐かしいカラーリング。
それだけでなく乗り降りの際に扉を手動で開ける。
出発の際は自動で閉まるけどそんな電車があるなんて知らなかった。
Imgp5928 Imgp5944

足利球場
〒326-0066 栃木県足利市田所町1123

2014年4月 6日 (日)

未定の予定をたてる

今日は草野球&花見の予定が雨で中止。
昼頃は晴れ間も見えたので昨日に続いて
追浜でイースタン観戦も考えたけど天気予報を信じて自粛。
コールドゲームになったようだから自粛は正解だったかな。

予定が無くなり暇になったのでいろいろ調べごとをした。
一番気になっていた昨日デットボールを受けた関根は
本人のツイッターでは大丈夫とコメントが出ていた。とりあえず一安心。

まだGWの日程が完全に決まっていないけど
とりあえず観戦の予定を立てたりしてみた。

まず休めるだろう土日の3日と4日は
3日に宮城県の鹿島台に楽天とDeNA戦のイースタン。
4日にまだ行った事の無い利府で同一カードを観るつもり。
予定外だったのは仙台の宿があまり無い事。
仙台市内には予算内ではカプセルホテル位しか無かった。

カレンダー通り休めるならと考え5日と6日の観戦も考えた。
4日に帰ってDeNA主催のイースタンを観るのも良いけど
折角連休なら滅多に観られないカードを観たい。

調べてみたら仙台空港から関西に行く飛行機がいくつか出ている。
惹かれているカードとして大学野球の関西学生連盟があり
5日がその週の初戦だから京大の田中が観られる可能性が高い。
5日にはオリックスが京セラドームで5時からの試合があるから
雨が降っても野球が観られるので決断しやすい。

安く済ませる為にLCCのピーチでの移動を考えたら
キャンセルするのが面倒臭そうなので予約を決断できない。
スカイマークで神戸に行くのも考えている。

計画を立てても行けるか判らないし
早く決めないと席や宿が無くなるかもしれない。
休みが早く決まると良いんだけどな。

2014年4月 5日 (土)

関根の無事を祈る ~イースタン DeNA vs 日本ハム~

仕事終わりでイースタンリーグ観戦。追浜は今季初。
1時試合開始なので仕事終わりで電車では間に合わないので車。
車なので残念ながらお酒が飲めないのが辛い。

対戦カードはDeNA vs 日本ハム。
初回荒波のツーベースを関根が送り
対戦相手の日ハムから移籍してきた加藤のライト前でDeNAが先制。
Katoh

DeNAの先発は三嶋。登録は抹消されていないようだけど
開幕戦の乱調後の調整登板のようだ。
Mishima
残念ながら万全なピッチングとは言えない内容で3回を投げて3安打1失点。
失点した3回は急にコントロールがおかしくなり
フォアボールを出してから岸里にヒットを打たれ失点。

打った岸里は花巻東から入ったルーキー。三嶋からは2安打。
最初はタイミングが合っていないと思ったのにアジャストしていた。
Kishisato

3回裏から日ハムは2番手の屋宜が登板。
エネオスでも日ハムの1年目でも観る機会が無く
国士舘大時代に入替戦で観た2010年以来。
Yagi_1 Yagi_2

その屋宜から満塁で中村(紀)レフト前に落ちるタイムリーで逆転。
開幕二軍のベテランも頑張っているようだ。
Nakamura
更に後藤の犠飛と桑原のショートゴロでこの回3点。

4回にもランナー二三塁で荒波のセンターライナーを岸里が後逸し
ランニングHRで3点。ここで屋宜が1回0/3で降板。
屋宜の乱調はDeNA的には助かったけど
アマチュア時代に観た選手には頑張って欲しい。

日ハム3番手はDeNAから加藤とのトレードで移籍した佐藤(祥)
最初の打者関根の頭部の危険球。関根は救急車で運ばれていった。
現段階では状況は判らないけどとにかく無事を祈る。
Img_8108 Img_8114

5回にも荒波のレフト前で1点追加。この試合の荒波は5打数4安打。
スリーベースが出ればサイクルという大当たり。
もういつでも一軍に戻れる状態だろう。
Aranami

その後両チームとも得点無く
最後は伊藤が締めて8-1でDeNAの勝利。
http://bis.npb.or.jp/2014/games/fs2014040500227.html

現在一軍はリリーフ陣が不安定なので
中継ぎ抑えの方がチャンスは多いとは思うけど
伊藤には先発投手として育って欲しかったので少し残念な起用法。
Itoh

今日観た新戦力としては8番キャッチャーで出場の嶺井
ノーヒットに3度盗塁を許すなど個人記録では良い所無し。
でも勝った試合のマスクを被ったんだから勝利への貢献は大きいんだろう。
Minei

救急車がグランド内に入っているようなアクシデントがあると
試合を観ていても楽しみきれないし勝ってもイマイチ喜べない。
そんな複雑な心境になる試合だった。

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »