フォト
2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリー

検索

無料ブログはココログ

« ワールドシリーズ G-3 | トップページ | 個人的ドラフトの感想 »

2008年10月30日 (木)

第5戦のつづき

史上初(らしい)ワールドシリーズのサスペンデットゲーム。

おとといの試合は観る前に会社で結果を聞いてしまっていたので
今日は昼休みもテレビをつけずに情報封鎖成功。
家に帰って何も知らない状態で楽しめた。

いきなりジェンキンスのツーベースを生かしてPHIの逆転。
リリーフ陣の実力から言ってこれで決まりと思ったらバルデリのHRでまた同点。

このシリーズ絶不調だったバールにツーベース。
代走のブラントレットビクトリーノの内野ゴロで3塁に進んで
フェリスのセンター前で再逆転。

どうせだったらバールにはノーヒットでシリーズ終わって欲しかったけど
最後でいい仕事。ただこのヒットも来期への契約につながらないだろうけど。

最後はリッジが締めて28年ぶりのPHIワールドシリーズチャンピオン。 
レギュラーシーズンもポストシーズンも負けなしのリッジだけど
オールスターで打たれなければホントの意味で完璧だったのに。 

TBも勢いではPHIよりあったはずだったのに勝てたのは第2戦だけ。

主軸のペーニャロンゴリアの不調は痛かったけど
相手も途中までハワードバールはさっぱりだったし
第4戦以外は接戦だったのでここまでのポストシーズンでタフな場面で
登板過多だったリリーフ陣が踏ん張りきれなかったのが敗因だったかも。
それと第3戦をALCSMVPのガルザで落としたのは痛かった。

今年も自分が贔屓したしたチームは負け。
自分がPHIを応援したら結果は違ったかな。

« ワールドシリーズ G-3 | トップページ | 個人的ドラフトの感想 »

08 MLB」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ワールドシリーズ G-3 | トップページ | 個人的ドラフトの感想 »