フォト
2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

検索

無料ブログはココログ

2022年5月17日 (火)

珍しい逆転勝利 ~パシフィック ロッテ vs 楽天~

鎌ヶ谷からマリンスタジアムへ移動し
ロッテ vs 楽天戦観戦

ロッテファンの友人にマリンでロッテ戦を観に行くなら
入った方がお得と進められ今年からファンクラブに入会
今回は早期入会特典を利用しての観戦

新しくなった千葉ユニフォームと田中マー君が
目当てでこの日を選んだが
予約時はロッテの先発は小島だと思っていたが
石川にローテーションが変わっていた

千葉ユニフォームはマークがカッコいいので
現地で観るよりテレビで観た時の方が良いかも

試合は立ち上がり石川は不安定

初回は無失点に切り抜けたが
2回武藤のタイムリーで楽天が先制
武藤はイースタンで観た選手
そんな選手が一軍で活躍するのは嬉しい
Mutoh-220517

1・2回三者凡退に抑えていた田中
3回ヒット2で無死一二塁から
2死一二塁までもっていたが中村のタイムリーで同点
Nakamura-220517

同点となっても石川はピリッとせず
4回無死満塁から1死満塁となり
黒川がセンターに抜けそうな当たりを中村が好捕し
二塁へトスしたがエチェバリアが
一塁へ悪送球で二塁ランナーも生還し2点

石川は6回まで投げた3失点で自責点2
毎回先頭打者を出していたので
よくこの点数で収まった気がする
Ishikawa-220517

一方田中は徐々に打たれ7回のソロHRで1点差
この後1死一二塁となり
中村のセンター前に落ちるフライで同点

同点タイムリーの時送球エラーで
一三塁となり佐藤のタイムリーで逆転
Satoh-220517

ここで田中は交代
逆転されてからの交代だったが
中盤以降の内容からすると
もう少し早い継投でも良かったかも
Tanaka-220517-2

石橋レアードを抑え左が続くので
楽天は弓削にスイッチしたがこれが失敗
マーティンにデッドボール次の安田の代打山口
ライト線に2点タイムリーを打ち3点差

楽天は8回4番手で元ロッテの
酒居が登板し1回無失点
大阪ガス時代から期待しているので
楽天でも頑張ってほしい
Sakai-220517

8回西野9回益田が抑え6-3でロッテの勝利
https://npb.jp/scores/2022/0517/m-e-09/

まさかマー君登板試合で
逆転勝利が観られるとは思わなかったが
ロッテが先制された試合では19連敗中だったのは
家に帰ってから知った

鎌ヶ谷ではほぼずっと雨に降られていたが
千葉では雨に降られる事なく観戦出来た
真ん中付近の席だったし少し気温も低かったので
トイレに行かないで済むようにビールは自粛
これが今日唯一残念な事かな。


雨中の観戦 ~イースタン 日本ハム vs ヤクルト~

鎌ヶ谷へイースタン日本ハムvsヤクルト戦の観戦
天気予報が悪いのに
贔屓チームでもない試合を観戦に来たのは
マリンでのナイター観戦前に
時間を潰したかったから

先発は上原金久保

上原は土曜日に打者として観ていた
打者では結果を残せなかったが
本職の投手ではヤクルト打線を
抑えしっかり結果を残す

2回樋口のタイムリーで日ハムが先制
二軍で観ると良い打者だと思うけど
今年は再び育成なので二軍で結果を残して欲しい
Higuchi-220517

4回にも樋口のタイムリーで2点目

上原は4回無失点で交代

5回からドラフト1位のが登板
確認出来た最速は147キロで1回無失点
真っ直ぐ中心で速いけど打者には
粘られていた変化球が決まると抑えられそう
Tatsu

達の後は田中が登板
3イニングを投げヒットは
ファーストへの内野安打1本だけの好投
Tanaka-220517-1

ヤクルトは金久保が続投していたが
7回1死一二塁となった所で交代
2失点での降板は悪くないが
今年は一軍でバリバリ活躍すると思っていたので
ここで投げているのは少し残念
Kanakubo-220517

金久保の後に投げた久保が抑えこの回無得点

試合はこのまま2-0で日本ハムの勝利
https://npb.jp/bis/2022/games/fs2022051701228.html

試合後のヒーローインタビューによると
田中はプロ初勝利らしい

負けヤクルトでは
1番センターの丸山(和)
1安打に守備でも良い動きだった
Maruyama-220517

予報ではにわか雨が降るかもだったが
試合中ほ止んでいる時間は僅かだった
まあおかげでカビーのカッパ姿が
観られて良かったと思う事にしよう。
Img_1180

 

2022年5月15日 (日)

大一番でギリ駐車 ~関甲新学生 春季~

関甲新リーグ観戦で上武大野球場へ

お目当ては白鷗の曽谷
去年秋の横浜市長杯では
投げた次の試合の観戦で観られず
GW中に観戦も考えたが
都合が合わず断念した
Sotani

この試合は上武が勝てば優勝
白鷗が勝てば優勝決定戦になる大一番
混雑が予想されるので
観戦をやめようかとも思ったけど
どうしても観たくて来た

事前に上武大のTwitterで混雑が予想されると
告知があったので早めに来たが
大学敷地内の駐車場はギリギリだったっぽい

先発は予想通り上武加藤で白鷗曽谷のエース対決

序盤は共に無得点

5回上武はフォアボール・ヒット・デッドボールで1死満塁
更にもう一つデッドボールで押し出しで先制

2死となってから藤原の2点タイムリーで追加点
Fujiwara-220515

得点が入ると試合が動く事が多いがすぐ後の6回
白鷗はスコアリングポジションまで進め
2死一二塁となり加藤は交代
ランナーは出す場面は多く球数も多かったが
ここまで得点は許さなかった
Kato-220515

サイドスローの2番手上村
右打者の4番山下を抑え得点を許さない
Uemura

曽谷はそのまま続投し抑えたが
疲れはあったのか8回につかまり
先頭石澤ヒットの後タイムリーを打っている
藤原が送りバント失敗の後
ライトへスリーベースを打ち上武が追加点

ここで曽谷は交代
突っ立って投げるような独特なフォームで
序盤は良かったが5回急に崩れ失点したのが痛かった
あと牽制が上手いのか一塁ランナーは
ホームに投げたのに戻ろうとする
逆をつかれる場面が何度かあった

2番手國井3番手池田(優)
上武に行った流れを止められずこの回5点

8回から登板した紫藤がランナーを出しながら抑え
8-0で上武の勝利で春季優勝
https://baseball.omyutech.com/CupHomePageHistory.action?gameId=20227960143

Img_1160Img_1162

上武はリーグ戦9戦全勝の完全勝利の優勝だった

負けた白鷗では5番DHの杉谷が3安打の活躍だった
Sugitani

最終的に点差は開いたが終盤まで良い試合だった
大学野球1試合の為に埼玉寄りとはいえ群馬まで
観戦するのは少し迷いがあったが
行かなければ後悔しそうな試合だった。

2022年5月14日 (土)

負けパターンからサヨナラ勝ち ~イースタン DeNA vs 日本ハム~

平塚へイースタン日本ハム戦を観戦

先制したのはDeNAで
2回ヒットとエラーで一三塁となり
大橋のレフトオーバー
まだ大橋のバッティングの印象は
無かったが意外と力強い
Ohashi-220514

先発の京山はテンポの良いピッチングで好投

一方日ハム先発立野は5回3失点
被安打11とランナー出しながら
失点は2回だけだった

7回に日ハムは途中出場の
佐藤のHRで1点返す

その裏田部のタイムリーで再び3点差

8回も京山が続投
満塁となり2アウトまできたが
ヌニエスの満塁HRで日ハムが逆転

ここで京山は交代
6回までは無失点で
7回にHRで失点したが
ここまで良い内容だったが
最後残念な結果となった

9回日ハム5番手西村が登板
2アウトから髙城のHRが出て土壇場で同点
この後サヨナラのチャンスもあったが
途中出場の粟飯原が三振でサヨナラならず

延長10回はお互い無得点

11回から登板の中川(虎)
ヌニエスに2打席連続HRを打たれ
日ハムがリード
前のHRの時もだけど
三塁ベース手前あたりからビックスマイルだった
Nunez

その裏7番手は柿木から
先頭田中(俊)ヒット犠打で二塁に進み
田部のタイムリーで同点

次の勝又がライトオーバー
ライト細川が捕れそうな動きで
自重した代走の東妻は三塁ストップ

9回のサヨナラの場面は凡退した粟飯原
ここではライトにヒットを打ちサヨナラ
普通喜びながら一塁へ走る場面だと思うけど
サヨナラを理解していないような
キョトンとした顔で一塁ベースに居た
Aibara

7-6でサヨナラ勝ち
先制したのに中盤得点のチャンスを逃し
2度のヌニエスのHRでリードされて
完全な負けパターンの展開だったのに
よく踏ん張って逆転した
https://npb.jp/bis/2022/games/fs2022051401420.html

この試合で10回に3番手で登板した
クリスキーは初見
故障で二軍に落ちていたらしいけど
ほぼ150キロ超えのボールで抑えていた
Kriske

日ハムでは気になった選手が二人

ピッチャーの上原が2番DHで出場
二刀流挑戦の記事は観たが
バッティングを観るのは初
5連続三振で今日観る限りは
打てそうな気配はなかった
Uehara-220514

あとは途中出場で速水が出場
延長になったので3打席も回ってきたけど
残念ながら結果は残せなかったが
道具は玉澤を使い続けているは確認できた
Hayamizu

午前中までの雨でグランドコンディション不良で
中止もあるかと思って心配していたが試合は開催
選手や審判が足を滑らす場面はあったが
試合が出来る状態にしてくれた球場スタッフのおかげで
勝利を観ることが出来感謝しかない。

 

2022年5月11日 (水)

車か電車か微妙な立地 ~関東選抜リーグ 前期~

GW明け最初の観戦は等々力で関東選抜リーグ
コロナ後はこの大会は中止だったので久々に観戦
以前との違いはパンフレットが
カラー写真を使用していて豪華になった

第一試合は三菱重工East vs JFE東日本

初回三菱はJFE先発山田(啓)から
四死球とエラーで満塁とし
デッドボールで押し出しで先制

3回JFEは西村のタイムリーで同点
最初から後ろに体重を乗せるフォームだった
Nishimura

三菱は4回1死二三塁で矢野の内野ゴロで逆転し
武田のタイムリーツーベースでリードを広げる
武田は京都大会で活躍したようだが
好調を維持しているのかも
Takeda-220511

7回三菱は守備が乱れる
JFEは無死一二塁で峯本のバントを
森が三塁へ悪送球で1点差
2死二三塁となり代打赤木の三遊間のゴロを
江越(啓)のエラーで2点入りJFEが逆転
更に中澤のセンター前を武田
後ろに逸らしこの回3エラーで4点

その裏JFEは山田(啓)から高木に交代
三菱は中山の犠飛に小栁のサードゴロを
平山(快)が弾いて同点

エラーした平山(快)は8回
逆転HRで直ぐにエラーを挽回する
Hirayama-k-220511

三菱は9回に粘り高木本田を攻め
2死二三塁から小栁のセンターオーバー
2点タイムリーツーベース
Koyanagi

7-6で三菱がサヨナラ勝ち
シーソーゲームではあったけど
両チームともエラーの多い締まらない試合だった
https://baseball.omyutech.com/CupHomePageHistory.action?gameId=20228432243

は完投勝利
正直120球以上投げていたし
継投でも良かった気がする
Mori-220511

第二試合は鷺宮製作所 vs エイジェック

初回柳沼のHRでエイジェックが先制

エイジェックは2回で先発北村は交代
オープン戦で代走では観た事があったが登板は初見

150キロのボールを投げていたが
コントロールは怪しかった
2回に打球が足に当たったが
その影響で交代したかは不明
Kitamura-220511

鷺宮は3回から登板のから
保戸田のHRで同点
Hotoda

鷺宮先発の中島大学選手権などで観た事があった
5回を投げて失点はHRの1点だけ
スピードは北村より速い153キロもあった
Nakajima-220511

この後お互い得点は無く同点で延長戦
10回から無死一二塁継続打順のタイブレーク

先攻の鷺宮は1死二三塁として
ワイルドピッチで得点
更に野村のタイムリースリーベースでリードを広げ
Nomura-220511

佐野の犠飛で3点目

その裏エイジェックも
代打河原井の内野ゴロ1点返したが
4-2で鷺宮の勝利
https://baseball.omyutech.com/CupHomePageHistory.action?gameId=20226589141

エイジェックはプロを含め移籍が多い
5番手で投げた和田は元マツゲン
日本選手権でトヨタ相手に好投した投手だと思うが
以前より腕の位置が上がっているみたい
Wada-220511

第三試合明治安田生命 vs 日本製鉄かずさマジック
今日出場チームで明安が一番間隔が開いて
観るのはコロナ前の19年以来で
ユニフォームが緑のストライプに変っていた

初回土門の内野ゴロでかずさが先制

2回永廣のタイムリーツーベースで同点
Nagahiro

その裏小林のライト線のツーベース
永廣が捕球しそうな構えをするトリックプレーで
二塁ランナーを三塁で止めたが
中継が乱れてホームインしかずさがリード

3回押し出しで明安が同点に追いつく
ここでかずさ先発金田は交代
コントロールが悪く2回2/3で5四球だった

2番手赤羽もフォアボールを出しで明安がリード

リードしたがすぐ裏に眞﨑のタイムリーで同点
眞﨑はこの試合3安打の活躍だった
Masaki-220511

この後サードゴロエラーに
前進守備のファーストゴロを
バックホーム出来ず追加点
更に伊藤のレフトオーバーでこの回4点

ここで明安先発三宮は交代

2番手石毛はこの回と次の4回は抑えたが
5回に右中間のフライを永廣が捕れずツーベース
1死三塁となり小林がスクイズ
低いボールで空振りしたが道端が捕れず
記録としてはホームスチールでかずさが追加点

この失点に動揺したのかこの後打ち込まれこの回4点

かずさ2番手赤羽は登板してすぐに
押し出しは出したが
2回1/3を無失点に抑える
スピードガンの精度は微妙そうだが
153キロが出ていた
Akaba

赤羽の後は渡辺(法)が登板
腕を隠し投げる独特なフォームで
富士大時代に横浜商大とのオープン戦で観た事があった
1回無失点以前より普通に近いフォームにはなっていたが
それでもだいぶ独特だった
Watanabe-h-220511

この後仲尾次が7回を抑え
10-3で7回コールドでかずさの勝利
https://baseball.omyutech.com/CupHomePageHistory.action?gameId=20221734590

関東選抜リーグなのでベストメンバーではないが
今日の明安は守備のミスも多くチョット微妙
プラス材料は3番手で投げた新井
1回無失点で抑えた事
左のサイドで140キロ超えもあった
Arai

等々力球場はバスはあるが駅から遠いので
今回は車を使ってみた

公園周辺にコインパーキングは多いし
帰りはバスと電車より速かったが
行きは通勤時間帯の為時間が掛かった
車だとお酒が飲めないし
等々力に車で来るのはベストな選択ではなさそう
実際に体験して判ったのは良かった。

2022年5月 5日 (木)

イースタンでも観て無いチームがあるのに ~フォーム交流戦 読売 vs オリックス~

ジャイアンツ球場へファーム交流戦
読売 vs オリックス戦を観戦

オリックスは今年積極的に関東に来ていて
独立リーグの茨城と試合をしたり
この後もDeNAとも試合がある

一度ナゴヤ球場で観ているので
イースタンのロッテはまだ観ていないのに
ウエスタンのオリックスは2試合目になる

先発は読売が木下オリックスが増井

中盤まで乱打戦
初回菊田のタイムリーで読売が先制
Kikuta-220505

1・2回連打でチャンスをつくりながら
得点出来なかったオリックスは3回
園部のタイムリーで同点に追いつき
Sonobe-220505

佐野(如)の併殺崩れで逆転し
のタイムリーで2点リード

逆転してもらっても増井はピリっとせず
その裏石川山瀬の連続タイムリーで同点

4回太田のタイムリーと中田の犠飛で
お互い1点づつ追加

木下は4回4失点で交代
今日は良い内容でなかったが
先発させてもらっているという事は
期待はされているのだろう
Kinoshita-220505

オリックスが帰りやすい為か
13時ではなく12時半試合開始なのに
試合時間がかかる展開

読売2番手笠島が登板しても展開は変わらず
この回オリックスにヒットが出て
5回表で両チーム二桁安打達成

この後満塁となり宜保
2点タイムリーでオリックスが再びリード
宜保ってい珍しい名字なのに背中の表示は
下の名前の “ S. ” が入っていた
Gibo

その裏増井がこの試合初めての三者凡退に抑えて交代

両チーム継投になり気になる投手が登板

7回表に登板したJR東日本出身の太田
元々綺麗なフォームではなかったが
アーム式でちょっと心配になるフォーム
1回無失点に抑えたが球速も
140キロくらいで以前より悪くなっている印象
Ohta-220505

その裏登板した黒木は肘の故障で
一度は育成になったが支配下に戻っていた
中田にライトオーバーのシングルヒットは打たれたが
ダブルプレーもあり3人で1回を抑えた
Kuroki

終盤はサクサク進み8回にエラーで
追加点をあげたオリックスが7-4で勝利
https://npb.jp/bis/2022/games/fs2022050501442.html

3時間は超えたが前半の展開のままなら
もっと長い試合になっていただろう

風は吹いていたが5月前半にしては暑かった
ビールが美味しい季節になったが
2,000人以上入っていたので
売店にも列が出来ていて
試合前の1杯しか飲めなかったのが少し残念

今日のオリックスは投手陣は平均年齢高めだったが
野手は良いバッティングをする若手が多く
可能なら6月のDeNAとの
ファーム交流戦も観に行きたい

今月中にもウエスタンリーグの
観戦計画もあるので
今年はオリックスを沢山観られるかも。

2022年5月 3日 (火)

1次予選もけっこう楽しい ~都市対抗東京都1次予選 第5日~

府中へ都市対抗東京都1次予選観戦
平塚のイースタンもひかれたが
明日明後日中止で混雑が予想されたのでこちらへ

第一試合は警視庁野球部 vs TOKYOMETS

METSはナスパで観たが警視庁は初見
日ハムの前のユニフォーム風デザインで
KEISHICHO の文字で武骨な警視庁感は無い
Img_6482

試合は初回岡安のタイムリーでMETSが先制
4回にも立崎川崎のタイムリーでリードを広げる

METS先発樫尾に抑えられていた警視庁は5回
福山のタイムリーツーベースに
加登脇のセカンド強襲のエラーに
ワイルドピッチで同点

同点に追いついかれたが樫尾
ゆったりしたフォームで
警視庁打線を抑えていた
Kashio

その裏満塁で加茂
走者一掃タイムリーツーベースで
METSが再びリード
Kamo

ここで警視庁は白幡から大田に交代
大田は元ベイスターズの大田阿斗里
警視庁で野球も続けているのは
知っているのたので観たかった投手
2死二塁の場面での登板だったがライトフライに抑える
Ohta-220503

5回は抑えたが6回立崎のソロHRを浴び
その後も一二塁のランナー残し交代
残念な出来だったが観られて良かった

ここは渡部が抑え大田の自責点は
HRの1点だけで済んだ

7回警視庁は3番手深瀬を攻め
満塁で吉岡のタイムリーツーベース
今日の吉岡は3安打の活躍だった
Yoshioka-220503

4番手ディロルフから高野の犠飛で同点

その裏METSは1死一塁で土屋のライト前のフライ
福山がダイブしたが捕れずランナー三塁へ
更にホームへの悪送球でMETSでリード

8回にも武市のピッチャー強襲ヒットに
エラーで2点追加

8回から登板した植田が2イニングを抑え
Ueda-220503

10-7でMETSの勝利
https://baseball.omyutech.com/CupHomePageSeiseki.action?gameId=20224471317

最後に点差は少し開いたが
見応えのある試合だった

第二試合はGOLD’SGYM vs REVENGE99
共に前回観たのは19年だったが
リベンジは上下赤のユニフォームになっていた
Img_6485

リベンジ先発はミヒニャック
ジェイファムから移籍した観たかった投手
去年無観客だった神奈川2次予選で
三菱East相手に好投したらしい

長身の投手で
立ち上がり不安定でランナーを出したが
なんとか得点は許さず

2回リベンジの攻撃高田の2ランHRで先制
Takada

3回にも内野ゴロとボーク4点

ゴールドジムは4回本田の2点タイムリーで反撃

ミヒニャックは4回2失点で交代
長身の投手でコントロールがイマイチな感じが
DeNAに居た頃の国吉みたいな印象だった
Anjiei

リベンジ2番手は中川
19年の2次予選で鷺宮相手に好投を観ている

6回柴山のソロHRで1点差
背番号が99なので打席に入ると
相手ベンチから親近感ある等のヤジが飛んでいた
Shibayama

この後2死から同点タイムリーの本田がツーベース
次の今野がセンター前を打ったが
杉岡の好送球で本塁タッチアウトで同点ならず
Sugioka

この後も中川はランナーを出しながら抑え
4-3でリベンジの勝利
https://baseball.omyutech.com/CupHomePageSeiseki.action?gameId=20223769739

第三試合は全府中野球倶楽部 vs JR東日本
春季大会に負けまさかの
JR東日本の1次予選行きとなり
元ロッテの永野が今年から所属する
全府中のカードは楽しみだった

先発は永野と小谷野の先発だけ考えれば
1次予選と思えないマッチアップ

とは言え元プロでも
練習の場所も時間も制約のあるクラブチームで
どうかと思ったけど永野は今でもまずまずの状態

3回を投げノーヒット
フォアボールは毎回先頭を出し4個
それでも無失点に抑えた
Nagano

4回から2番手が唐登が登板
観ている時は知らなかったが全府中は
クラブ選手権の予選も控えていて
そちらを優先し早めの交代という可能性があるらしい

ピッチャーが代わりようやく
JRにも初ヒットが出て
佐藤の犠飛でJRが先制
Satoh-220503

5回は北野のタイムリー
6回は大城の2点タイムリーツーベースで
リードを広げる

小谷野に抑えられていた全府中は
7回ヒットとエラーで満塁とし
久保のタイムリーで1点返す
Kubo-220503

ここで小谷野は交代
序盤は打ち取られた打者の表情が
驚いていたので普段クラブチームで
対戦するピッチャーとは格が違うんだろう
Koyano-220503

2番手西居から小林の内野ゴロで
もう1点2点差に迫ったが
3番手から1点4番手岩上から4点追加し
9-2でJR東日本がコールド勝ち
https://baseball.omyutech.com/CupHomePageSeiseki.action?gameId=20223491466

コールドだけどJRは打線はイマイチ
永野からヒットは出なかったし得点も犠飛が3本
点が入らないよりは良いがアウトが増え
大量点で早めのコールドとはならなった

プラス材料としては西居が打者6人を
パーフェクト5奪三振に抑えた事
静岡大会ではボロボロだったが
左打者に有効な左腕が2次予選では活躍してくれそう
Nishii

観たかった阿斗里に永野が観られて
今日の観戦は当たりだった

東京など強豪チームが多い地区からだけど
来年以降1次予選観戦を増やすのもありだな。

2022年5月 2日 (月)

2022GW初観戦 ~オープン戦 NTT東日本 vs 茨城日産~

今日はGWの飛び石平日だけど
元々カレンダー通りではないので普通の休み
先週末は仕事の日は晴れで
休みの日は悪天候だったので
GW初観戦でNTT船橋グランドへ

NTT東日本 vs 茨城日産のオープン戦観戦

お目当ては初見の茨城日産
設立2年目の新しいチームで
ユニフォームは赤を基調としている
かつての日産自動車を彷彿とするデザイン
Img_5692

佐久に長野大会を観に行った日
茨城日産も参加している足利大会の観戦も
迷っていたのでここで観れて嬉しい

試合は初回共に無得点

茨城日産先発入江は評判の高い投手
初回は抑えたが2回以降はつかまる

2回NTTはフォアボールとヒットで無死一三塁で
長澤のダブルプレーの間に1点先制

3回にも一三塁のチャンスをつくり
内山のタイムリーで追加点
Uchiyama-220502

4回は桝澤タイムリー
佐久本内野ゴロに下川犠飛で3点

5回も桝澤のグランドスラムで9点目
Masuzawa-220502

入江はこの回で交代5回9安打9失点
フォアボールは3個出したが
コントロールが悪い印象は無い
NTTグランドのマウンドが合わないのか
何度か躓いていたので本来の出来ではなかったかも
Irie-220502

NTT先発熊谷は3回2安打無失点
出したランナー2人ともダブルプレーで
アウトになり打者9人で終わらせた
投球フォームが左足を真っ直ぐ伸ばす
フォームになっていた
Kumagai-220502

NTTは茨城日産2番手加賀谷からも4点追加し
熊谷のあと稲毛田片山大竹が2イニングづつ抑え
13-0でNTT東日本の勝利

投打で圧倒したNTT東日本
実力差のありそうな対戦だったのに
主力投手が多く投げていたので
個人的にはあまり登板機会が多くない
ピッチャーを折角なら観たかった

足利大会では準優勝した茨城日産だが
社会人のトップチーム相手だとまだ厳しいかも

打線は2安打無得点で良いところは無く終わったが
ピッチャーでは8回に登板した冨田が1回無失点
まあ入江も加賀谷も最初のイニングは無失点だったけど…
Tomita

途中出勤はあるがGW後半は天気も良さそうで観戦予定もある
観たいチームや選手が観られたし
出だしとしては悪くないGWのスタートかな。

2022年4月28日 (木)

平日なのにデーゲーム ~イースタン DeNA vs 楽天~

追浜へイースタン対楽天戦の観戦

前回観た時のようにナイターの予定が
デーゲームに変更ではなく元々デーゲームだった

遠方の楽天が帰りやすいようにかと思ったけど
楽天はまだ関東で試合があるし
この後のDeNAの日程を観ると
平日3連戦で最終日がデーゲームの日があった

平日休みもあるし仕事の時は
ナイターでも行けない日があるので
まあ個人的にはどちらでも良いんだけど

先発は阪口高田(孝)

初回DeNAは宮本ヒットで田部が送り
山本のタイムリーで先制
山本は肩にバットを置く構えから打つ
バッティングフォームに変わっていた
Yamamoto-220428

先制したが次の2回小郷のタイムリーで同点
吉野のタイムリースリーベースで楽天が逆転
ナイスバッティングだったが
風に流され勝又の追い方も怪しく捕れなかった
Yoshino

3回にも横尾のタイムリーで2点差

阪口は5回まで投げ3失点
失点した2回3回以外ランナーを出さなかった
ランナーを出して踏ん張れなかったとも言えるけど
前回故障を心配させる降板だったようなので
投げられて良かった
Sakaguchi-220428

DeNAは3回無死満塁のチャンスを作りながら
456番が凡退し無得点

4回5回も無得点に抑えられ高田(孝)
5回1失点で交代
平学から法政なので神奈川に馴染みがある
Takada-k

この後両チーム継投

8回に登板した砂田が2死一二塁で
レフトに落ちるヒットを打たれ楽天が4点目
途中出場の村川が打球を見失い捕れなかったが
フォアボールを2つ出してリズムも悪かった

9回山﨑(康)が通常通り
フォアボールを出しながらの投球で無失点

その裏2死から粘り蝦名ツーベースの後
伊藤(裕)のタイムリーツーベースで1点返す
打った後二塁ベースで手を振っていたが
誰に振っていたんだろう?
Itoh-y

得点圏にはランナーが居る状態は続いたが
次の知野が凡退し2-4で負け
3回無死満塁のチャンスを生かせなかったが痛かった
https://npb.jp/bis/2022/games/fs2022042801161.html

今季初めて観る楽天
2番ファーストの安田はフルスイングが凄かった
家に帰ってから名鑑を観るとキャッチャー登録のルーキー
キャッチャーとして使うつもりはあるのかな?
Yasuda-220428

DeNAはコロナ禍で若手選手が一二軍掛け持ちだったり
先週観た時は野手がコロナ明けで調整出場
今日投げた砂田も山﨑もコロナ明けの調整登板と
二軍に一軍選手が多く出ていた
もうすぐ本来一軍の選手達は戻ると思うから
次に二軍を観る時は通常通り若手の鍛錬の場に戻るかな。

2022年4月25日 (月)

月曜開催の3回戦 ~東京六大学 春季第3週~

神宮へ東京六大学観戦
今季から勝ち点制が復活し
今週は土日に決着がつかなかった

1試合だけなら観戦をやめようかと思っていたが
2試合とも月曜日に試合があるので観戦決行

第一試合は慶應義塾大 vs 立教大
1勝1分で慶應リードの3回戦

初回下山のタイムリーで慶應が先制

3回に宮﨑の3ランで立教が逆転
Miyazaki-220425

しかしその裏朝日廣瀬の連続HRで同点
5回の萩尾タイムリーで慶應が再びリード
Hagio

この後萩尾が盗塁し黒岩が悪送球で三塁進塁し
ワイルドピッチで追加点
ワイルドピッチなので投手の責任だけど
黒岩がボールを見失わなければ得点なかったかも

この後廣瀬がフォアボールと盗塁で二塁進塁し
下山のファーストゴロを
齋藤(大)が送球エラーでこの回3点

この回で先発の荘司は交代
5回の失点はミスが多かったし
3連投なのでこの内容でも仕方がないかも

6回立教は無死満塁で齋藤(大)の犠飛で1点返す

なおも立教は得点のチャンスがあったが1点止まり
慶應先発増居が踏ん張った
Masui-220425

その裏2番手が2死から
連打を浴び萩尾のタイムリーツーベース

7回から登板の橋本(達)が抑え
Hashimoto-t

7-4で慶應の勝利
http://www.big6.gr.jp/system/prog/game.php?m=pc&e=league&s=2022s&gd=2022-04-24&gnd=2&vs=KR2

勝ち点制が復活し3連戦の3回戦は
どちらも久々だと思うが慶應は
大学選手権や神宮大会で連戦慣れしていたかも

立教で最後に投げた
去年の秋フレッシュリーグで投げたのを観た投手を
リーグ戦で再び観られるのは嬉しい
Oki-220425

第二試合は早稲田大 vs 明治大
1勝1敗で勝った方が勝ち点

試合は3回宗山の2ランHRで明治が先制
先週もHRを打っていたし好調のようだ
Muneyama-220425

早稲田は4回吉納のソロHRで1点返す

この回先発齋藤(正)に打順がまわり代打が出て交代
HRで失点したがまずまずの出来でも
負ける訳にはいかない試合なので
早めの交代は仕方がない
Saito-m-220425

明治も5回で初戦先発の蒔田から2戦先発の村田
連投の疲れもあるだろうけど踏ん張る
Murata-220425

7回日置のタイムリースリーベースで明治が追加点
Hioki

タイムリーは打たれたが早稲田2番手伊藤(樹)
3回1失点の好投まだ1年生だし
そのうち先発で観る機会があるかも
Ito-t

その裏中村(将)の犠飛で再び1点差

早稲田は小刻みな継投で抑えたが
村田最後まで投げ3-2明治の勝利
http://www.big6.gr.jp/system/prog/game.php?m=pc&e=league&s=2022s&gd=2022-04-25&gnd=2&vs=MW3

特に投手はタイトな日程で本調子でないかも知れないが
勝利の為に頑張る気持ちは伝わる試合だった
週末より空いているし機会があれば
月曜の六大学の試合をまた観たいな。

«佐久総合運動公園野球場 ~JABA長野大会 第4日~