フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー

検索

無料ブログはココログ

2020年8月 5日 (水)

とりあえず自粛一旦解除 ~イースタン DeNA vs ロッテ~

ブログも更新していなかったけど健康で生活しています

3月末に観て以来の生観戦
平塚へイースタン DeNA vs ロッテ戦

先月末からDeNA二軍も有観客試合を行っている
今日は一軍も横浜で試合があるし密になりにくいと思い観戦決行

16時半頃に到着したがコロナ対策で全席指定席になっているので
今までより発券に時間が掛かるようで平日の試合でも30分くらい掛かった

席も選べないのでネットが邪魔な席だったが
それでも観戦出来るだけで十分
Img_5082

先発はピープルズ

あとDeNAのスタメンで珍しかったのはファーストの石川
外野は守った時があったけどファーストは全く印象に無い
普段のグローブと同じクボスラを使っていたけれど
刺繍は確認出来なかったので自前なのかは不明
Ishikawa

ピープルズは初回アウト全てを三振の良い立ち上がり
ただ2回以降は良い当たりの打球がフライでアウトになる展開

は3回を1安打無失点で交代
派手さは無いけど大崩れしなさそうで今後期待したくなる投手だった
Mori_20200806091301

ロッテはキャッチャーも慶應大出身の植田だったので育成バッテリー
植田は肩は強くなさそうだったがバッティングでは2安打の活躍だった
Ueda

4回ロッテが1死一塁で山口がサードゴロで併殺と思ったら
田部の送球が逸れセカンド伊藤(裕)が捕れず併殺ならず
Img_4383

ピープルズにはここで踏ん張って欲しかったけど次の高濱に打たれ満塁
松田に低目の変化球をライト線に上手く打たれ2点タイムリーツーベース
Matsuda_20200806091301

ここで気落ちしたのか植田藤原にもタイムリーを打たれこの回4点
次の5回まで投げ7安打4失点エラーもあるので自責点は3
エラーの場面で併殺が完成していたら自責点は0だった可能性もあるけれど
踏ん張りきれずビックイニングを作られる所が一軍で勝てなかった要因かも
Peples

6回から登板の2番手飯塚もピリッとせず1回持たず
タイムリーと次の濱矢の押し出しで0-6とワンサイド

その裏ようやくDeNAも関根のスリーベースに細川のタイムリーで1点返す
この日細川は3打数3安打1打点1フォアボールの活躍だった
Hosokawa

試合はそのまま進み9回裏ロッテは東妻が登板
この回DeNA2人目の打者はDHの東妻だったので兄弟対決
兄の意地なのか150キロ超えの速球で力勝負をしていたが
粘られたので最後は変化球で見逃し三振なかなか面白い対決だった
Img_4654

試合は1-6でロッテの勝利
ロッテは小刻みな継投だったので一番長く投げ勝ち投手になったのは
この試合唯一の失点をした山本だった
https://npb.jp/bis/2020/games/fs2020080500981.html

応援もないし子供たちが球場内を動き回ることもないので
観戦しやすい環境ではあるけれど
こんな時に観戦していて良いのかという罪悪感は少しある
今後も観戦計画はあるけれどどうするかは未定
はやく安心して野球を楽しめるようになって欲しいな。

2020年3月25日 (水)

写真上は負けチームが大量リード ~オープン戦 亜細亜大 vs 青山学院大~

観戦制限の無い場所という事で亜細亜大グラウンドへ
亜細亜大vs青山学院大のオープン戦の観戦

初回亜細亜先発の内間は不安定
先頭山田はフォアボール2番泉口はツーベースと出塁許したが
山田は盗塁失敗泉口は牽制死と青学のチグハグな攻めで無失点に抑えリズムに乗る

一方青学先発北村はランナーを出しながら抑えたが
4回大越のHRで亜細亜が先制
Ohkoshi

5回にも矢野のタイムリーで追加点
矢野は3安打の活躍だった
Yano

ここで北村は交代
次の佐藤(和)虎谷にタイムリーを打たれこの回2点

内間は6回3安打無失点
去年大学代表にも選ばれる位の投手だけど
今まで観た2回はイマイチな出来だったので
本来の実力をようやく観る事が出来たかも
Uchima

青学は7回途中から去年の秋に大活躍したが登板
観たいと思っていたが土曜日投げていたようなので
登板間隔的に今日は観られないと思っていた
上背はないががっちりとした下半身で
力のありそうなボールを投げていた
Mori_20200325203601

2死二塁でこの日3安打している矢野との対戦だったが三振に抑え
森が抑えた後の8回ようやく山田の犠飛で青学が1点返す

その裏もは抑えたが9回は亜細亜の岡留
無失点に抑え3-1で亜細亜の勝利

試合終了後9回裏の亜細亜の攻撃は飛ばしてタイブレークの練習
表の青学の無死一二塁継続打順からスタート

亜細亜はバントシフトを仕掛けてきたので先制打者永山は強行
これがセンター横を抜ける2点タイムリースリーベース
Nagayama

これでリズムが狂ったのかこの回から登板の田中(大)
アウトがなかなか取れず7連打を含む9安打を浴びこの回10点
正直途中で代えてあげればと思いながら観ていたけど
ブルペンでリリーフは全く作らず晒し者にする
ある意味亜細亜らしい采配だった

因みに打者一巡したのでこの回2度目の打席がまわってきた永山
もう1本スリーベースを打ち1イニング2本のスリーベースという
かなりレアな記録を残した

その裏青学は1年生の下村が登板
周りに居た青学の関係者によると期待の新入生らしい
今日は恐らく高校時代に使っていたと思われる
黒いスパイクで投げていた
Shimomura

点差もあり亜細亜は強行するしかなく
1死から木倉のタイムリーと
代打山下の内野ゴロで2点を返したがそこまでで
タイブレークは10-2で青学

9回終了時のスコアボードを撮り損ねたので
タイブレーク後の写真だけなので
写真上は1回終了で10-2と青学が
8点リードというかたちになっている
Img_4135

前回亜細亜大グラウンドに来た時は一塁側の亜細亜のベンチ内にあった
プロ入り選手のレリーフが球場外側に移動していた
お陰で近くて観れたので個人的にはありがたい移動だけど
プロ入りする選手が増えてベンチだと
貼る場所がなくなって移動したという事なのかな?
Img_4985Img_4986

2020年3月21日 (土)

観戦出来る球場は混んでいる ~オープン戦 慶應義塾大 vs 仙台大~

今年2度目の野球観戦は慶應下田グラウンドへ
慶應義塾大学 vs 仙台大のオープン戦
お目当てが仙台の宇田川だったので先発してくれて助かった

慶應の練習試合用のユニフォームはシンプルで
去年ベイスターズが着用した創設時のユニフォームっぽい
あと背番号が4年生から学年順に並んでいるそうなので
下級生の2年生などは大きい番号の選手も出場していた
Img_3814Miyao

試合は2回サードエラーの後若林の2ランHRで慶應が先制
今日はDHでスタメンだったけど六大学はDHがないので
スタメンで出る時はどこを守るんだろう?
Wakabayashi

一方仙台は5回川村のソロHRで1点差
膝元の球を上手くさばいて打った
Kawamura

お目当ての仙台先発は宇田川の今日の成績は
5回1安打奪三振7の2失点
HRの前のサードエラーは人によっては強襲でヒットが2かも
速球は威力がありそうで空振りも奪っていたけれど
高目に浮く事もあり印象の良かったボールは
スライダーと思われる横の変化球だった
Udagawa

慶應先発関根も5回を投げて2安打1失点
1年生の時は観ていたけどその後肘を痛め復帰を目指しているらしい
今日はコントロールが安定していた
Sekine

継投になっても1点差のままで7回
仙台は2死満塁のチャンスをつくり
辻本が左中間後方に長打になりそうなフライを打ったが
途中からレフトに入った水久保のファインプレーで得点ならず
水久保はこの回途中でピッチャー交代と同じタイミングで守備についたので
堀井監督のファインプレーでもあった

慶應は8回に植田のタイムリーツーベースと
ファインプレーをした水久保のタイムリーで2点追加し
8回9回は長谷部が抑え4-1で慶應の勝ち

天気が良いしグラウンドそばの桜も少し咲いてきた
Img_4978

天気も良いし連休で観戦出来る場所が限られている影響からか
慶應グラウンドはかなりの人
1時間以上前に着いたのに座席はいっぱいで座れなかった
早く気兼ね無く野球観戦が出来る日が来ないかな。

2020年3月19日 (木)

今季初観戦 ~オープン戦 関東学院大 vs MHPS~

3月も半ばを過ぎてようやく今年最初の野球観戦
関東学院大 vs MHPSのオープン戦
関東学院大のグランドは観客席も多くて
密集しないで屋外観戦が出来るのは助かる
Img_4968

今日の試合はアナウンスはあったけど
スコアボードに名前の表示がないので
この後の選手名は間違いがあるかも

試合は序盤MHPSが押し気味だったが得点できず
逆に初ヒットが出た3回に久保のタイムリーで関東学院が先制

MHPS先発三小田は先制点は許したが5回1失点
観ると左打者をに対してのショートイニングが多かったので
先発で長いイニングを投げる所を観るのは久しぶりかも
Mikoda

関東学院先発嶋田に3回まで得点できなかったMHPSは
4回2死二三塁から対馬のレフト線のツーベースで逆転
Tsushima

記録はツーベースだけどレフトの
風の目測ミスか打球を見失ったのかスタートが遅れ
ショートのが深追いしたが捕れず
MHPS的にはラッキーだった
Img_3207Img_3211

更に栗林にもタイムリーが出てこの回3点

関東学院先発嶋田も5回を投げ3失点
ランナーを出しながら良く抑えたし
失点も味方の守備にも足を引っ張られた印象

MHPSは2番手で関東学院出身の新人
福本が登板し1回無失点
投げ慣れたマウンドで先輩の意地は見せた
Fukumoto

関東学院も継投で2番手は左のサイドスローの向井
左のサイドでも珍しいのに時々更に腕の位置を下げ
アンダースローでも投げていた
Mukai

向井が2回を無失点に抑え良い流れ
8回関東学院はエラーから作ったチャンスで
先制打を打っている久保のタイムリーで1点差
Kubo

しかしその裏連続四死球に常道の犠飛でMHPSが追加点
更に佐々木の打ったセンターフライと思った打球が
風に流されショート後方のフライになり捕球出来ずもう1点

9回関東学院も粘り代打川端のタイムリーで1点返したが
5-3でMHPSの勝ち

MHPSから日立が撤退で三菱重工が単独になる関係で
4月から社名変更するらしいと聞いていたから
ロゴマークが変わる前の3月中に観ておきたいと今日観戦したけど
家に帰ったら三菱重工の再編で2021年から今ある4チームから
横浜と神戸・高砂の2チームに再編されるというもっと大きな記事が出ていた

今まで観戦を自粛していたけど今日の観戦で少し
晴れやかな気持ちになっていたのに
社会人チームが減るという残念な記事で
また少し重苦しい気持ちに逆戻りしたかも…。

2020年1月 4日 (土)

俺のプロスペクト ’20

明けましておめでとうございます
今年も年末から体調を崩し昨日辺りから
ようやく本調子になってきたので今年最初の記事を書きます

ここ数年と同じように最初の記事は
俺のプロスペクトです

例年書いていますがDeNA以外で
特にウエスタンリーグ所属のチームは生で観る機会が少なく
的外れな選手を選ぶこともあると思いますが
ご容赦ください。

西武 與座
Yoza

アンダースローで育成から支配下に再登録された與座
牧田や古くは松沼兄など伝統的に
アンダースローが多く居たチームだし
他のチームより指導方法がしっかりしているので期待出来る

ソフトバンク 砂川
Sunagawa

当初選ぼうとした長谷川(宙)はヤクルトに移籍したし
コラスも亡命のニュースがあったので消去法で砂川
将来的にはコンバートされる可能性は高いけど
長打を打てるショートは魅力的

楽天 山崎
Yamasaki

国学院時代の印象だともっと活躍出来ると思っていた
本職のセカンドでは浅村が居るし
FAで鈴木大地も加入し出番は限られるけど
ドラ1の小深田には負けないくらい出場して欲しい

ロッテ 山口
Yamaguchi

支配下になった茶谷を選ぼうかとも思ったけど
高卒ルーキーとは思えないスイングをするし
野手転向したばかりで伸びしろもある山口をチョイス
秋に骨折したのが少し心配

日本ハム 田宮
Tamiya

観た試合ではバッティングも肩も良い印象
まだまだ一軍で活躍するには時間がかかりそうだけど
二軍で観る機会は多そう

オリックス 稲富
Inatomi

当初はドラ1の太田にするつもりだったけど
育成ながら80試合以上出場しているのは期待の表れだし
支配下登録され一軍のお試し出場出来る位になって欲しい

読売 モタ
Mota

普通に選べば山下(航)や北村だと思うけど
外国人も選びたかったのでモタ
枠があるので一軍の活躍は難しいけど長打力は魅力

阪神 遠藤
Endoh

阪神は一軍しか観ていないので選ぶ若手が居なかった
高卒野手だしすぐに一軍と言うことは無いけれど
体力もありそうだし意外と早く一軍でプレー出来るかも

広島 林
Hayashi

2回ウエスタンを観た中で良い選手は何人か居たが
パワーがありそうなのと出場試合が100試合を超えているので
球団的にも期待の選手ということだろう

中日 根尾
Neo

二軍でも成績を残せたとは言えないが
やっぱりスター性があり期待させてくれる選手
外野挑戦でショートを続けるより
一軍でプレーするチャンスはありそう

ヤクルト 濱田
Hamada

野手も投手も期待の若手は多いが
バレンティンも居なくなって外野が1枠空くし
一軍でヒットを打つチャンスは十分にありそう

ご贔屓チームのDeNAは投手と野手

投手 勝又
Katsumata

観た試合では好投を続けていたので
防御率が7点台だったのは驚いたけど
同じタイプの高卒の若手よりも球が速いのは魅力
観た印象では今年お試し一軍登板があってもおかしくない

野手 百瀬
Momose

普通に選べば伊藤(裕)や楠本だと思うけど
自分的には既に一軍でも少し出ているので
あえてここ2年ぐらいは解雇の可能性もあった百瀬
去年は一軍出場も出来たしようやくプロにも慣れてきたのかも
ただドラ1で森を獲ったので出番も限られる中で結果を残せるかがカギ

久々にアマチュアで選ぼうかと思い
社会人でJFE東日本の今川や日本製紙の宮内辺りを
選ぼうかと思ったけど他にも選びたい選手が多すぎて断念
結局今年もNPBだけにします

毎年言い訳のように書いているけれど
もしかして活躍するかもという選手を選ぶので
この選手達が今年活躍するかは微妙
それでも暖かい目で観ていきたい。

2019年12月17日 (火)

一年の野球観戦を振り返って ’19

12月も中頃となり観戦は無さそうなので
今年も例年通り一年間の観戦をまとめてみた

MLB(プレシーズン含む)&プレミア12

03/18 OAK-F   @東京ドーム
03/21 OAK-SEA @東京ドーム
11/13 USA-AUS @東京ドーム

一軍(オープン戦含む)

03/21 DB-F @横浜
04/05 DB-G @横浜
04/23 DB-T @横浜
05/08 E-H  @楽天生命パーク
06/08 G-M  @東京ドーム
09/08 D-DB @ナゴヤドーム
09/11 DB-G @横浜
10/05 DB-T @横浜

二軍(三軍含む)

03/19 DB-G @横須賀
03/24 DB-M @横須賀
03/28 D-C  @ナゴヤ
03/30 DB-F @パレスタひらつか
03/31 DB-F @パレスタひらつか

04/03 F-G  @鎌ケ谷
04/09 M-E  @ZOZOマリン
04/09 DB-L @横須賀
04/11 DB-L @ベイスターズ
04/17 L-S  @メットライフ
04/20 DB-E @横須賀
04/21 DB-E @横須賀
04/29 F-DB @鎌ケ谷

05/15 G-DB @ジャイアンツ
05/17 DB-F @横須賀
05/18 DB-F @大和
05/29 G-H  @ジャイアンツ
05/30 DB-G @横須賀

06/01 DB-L @横須賀
06/02 DB-L @横須賀
06/14 DB-M @パレスタひらつか

07/25 DB-M @横須賀
07/31 DB-E @パレスタひらつか

08/01 DB-E @パレスタひらつか
08/10 DB-S @パレスタひらつか
08/24 M-S  @ロッテ浦和

09/06 G-DB @ジャイアンツ
09/10 B-H  @オセアンBS
09/11 D-C  @ナゴヤ
09/14 DB-S @小田原
09/17 DB-G @横須賀
09/27 DB-L @横須賀

プロアマ

02/26 M-ゴールドジム   @ロッテ浦和
04/23 G-自衛隊千歳    @ジャイアンツ
06/25 DB-JFE東日本   @ベイスターズ
08/13 神奈川県野球交流戦 @横須賀
09/26 JR東日本-G     @JR東日本柏

アマチュア

03/12 スポニチ大会 第2日       @横浜
03/13 スポニチ大会 第3日       @横浜
03/15 スポニチ大会 第5日       @神宮
03/22 かずさ-日本製紙        @新日鐵君津
03/27 中央大-MHPS         @中央大

04/15 東芝-TDK            @東芝
04/18 東都大学二部 第2週       @大和
04/24 JR東日本-北海道ガス     @JR東日本柏
04/27 神奈川高校春季 準決勝     @保土ケ谷

05/03 東都大学 第3週          @神宮
05/05 首都大学 第5週          @大和
05/09 JABA東北 第2日        @石巻
05/10 JABA東北 第3日        @仙台市民
05/11 仙台大-東北福祉大       @東北福祉大
05/11 室蘭-明安             @仙台市民
05/12 北東北大学 第4週         @オーシャン・ビュー
05/23 都市対抗予選 東京2次      @府中
05/27 都市対抗予選 MHPS-東芝  @横浜
05/29 都市対抗予選 東芝-エネオス @横浜

06/04 都市対抗南関東予選 第1日   @市原臨海
06/04 都市対抗予選 明安-NTT東  @神宮
06/10 大学選手権 第1日         @東京ドーム
06/11 大学選手権 第2日         @東京ドーム
06/13 大学選手権 第4日         @東京ドーム
06/20 東都大学入替 第3戦       @神宮
06/26 社会人選抜-JFE東       @NITTSU浦和

07/05 神奈川大学選抜-MHPS    @横浜
07/11 大学代表-東芝          @パレスタひらつか
07/13 都市対抗 第1日          @東京ドーム
07/14 都市対抗 第2日          @東京ドーム
07/16 都市対抗 第4日          @東京ドーム
07/17 都市対抗 第5日          @東京ドーム
07/19 都市対抗 第7日          @東京ドーム
07/20 都市対抗 第8日          @東京ドーム
07/22 都市対抗 第10日         @東京ドーム

08/19 首都大学新人戦 準決勝    @パレスタひらつか
08/25 社会人選抜-東京ガス     @東京ガス大森
08/27 クラブ選手権 第2日        @メットライフ
08/31 日本選手権関東予選 第1日   @大田

09/02 日本選手権関東予選 第2日   @県営大宮
09/09 日本選手権東海予選 第3日   @岡崎

10/03 関東選手権進出決定戦 第3日  @県営大宮
10/09 東都大学二部 第5週       @大和
10/15 関東選手権 第1日         @大田
10/21 関東高校秋季 第3日       @上州新聞敷島
10/23 東都大学 第7週          @神宮
10/27 日本選手権 第3日         @京セラドーム
10/28 日本選手権 第4日         @京セラドーム
10/29 日本選手権 第5日         @京セラドーム
10/30 日本選手権 第6日         @京セラドーム

11/10 東京高校秋季決勝&東都入替戦 @神宮
11/16 明治神宮大会 第2日        @神宮
11/17 明治神宮大会 第3日        @神宮
11/20 明治神宮大会 第6日        @神宮

独立リーグ(NPB交流戦含む)

04/06 茨城-栃木     @ひたちなか
09/20 G-BCリーグ選抜 @ジャイアンツ

今年の観戦は96日で161試合
転職後初めて資格取得なしの1年だったけど
試験勉強で観戦中断時期がなかったので観戦数は自己新記録

行った球場は36球場で新規は7球場
新規の中では行くのに苦労したし試合も良かったので
石巻市民球場での観戦が一番印象深い

もっとも観戦した球場は横須賀と東京ドーム
横須賀はご贔屓チームの観戦で例年多いけど
東京ドームは都市対抗で7日と数を稼いだ

ベイスターズ二軍は26試合で12勝13敗1分け
勝ち越しは出来なかったがまあまあの成績
ベストゲームは平成最後に観戦した
4/29の鎌ケ谷の試合で延長で勝った試合だと思う

来年はどうなるかまだ正式発表されていないのもあるが
オリンピックの影響で一軍の方では
ベイスターズが東京ドームやZOZOマリンで主催試合があったり
都市対抗と日本選手権の時期が入れ替わったり
普段と違う試合があるのでその辺りは観戦してみたい

そういった試合を観る為にも
来年も体に気をつけて過ごしたいな。

 

2019年11月29日 (金)

結構色は違う

今年ベイスターズは球団創立70周年という事で
過去のデザインのグッズを出してる

その流れでかつての二軍の名称を湘南シーレックスと
名乗っていた当時のグッズも色々出ていた

シーレックスの帽子も最近発売されたので購入してみた

ずっと二軍観戦時かぶっている
シーレックス最終年のに購入した帽子も年月が経ち
だいぶヘタってきているので今回購入した帽子を
来シーズンは観戦時に使用する予定

せっかくなので両方を並べて見ると随分と色が違う
Img_4829

ずっとかぶっていた左の方は色褪せもあるだろうけど
それにしても特につばの色は結構違う
これだけ違うと色褪せだけではなさそうだけど
グッズが出ただけでも有難いので気にしないようにする

今回のはあくまで当時のマークの付いた帽子でしかないので
出来れば二軍でターンクロックユニフォームデイでも行って
シーレックスのオーセンティックの帽子も発売されないかな…。

2019年11月20日 (水)

恐らく今季最終観戦 ~明治神宮大会 第6日~

明治神宮大会決勝戦観戦に神宮へ
今年から高校の部と大学の部の決勝戦が同時開催
そのせいなのか一昨年観た決勝戦よりだいぶ混んでる

高校の部は健大高崎 vs 中京大中京

初回パスボールで中京が先制

2回戸丸のタイムリーツーベースで同点とし
先発橋本(拳)のタイムリーで健大高崎が逆転
Hashimoto-k

逆転された中京は3回2死一三塁と攻め
牽制をファースト木川が後逸し同点
その後中山にタイムリースリーベースが出て逆転
Nakayama

更に印出にもタイムリーが出てこの回3点

4回健大も橋本(脩)のタイムリーで1点返す
Hashimoto-s

中京先発松島は5回まで投げて3失点
Matsushima

6回からリリーフしたエースの髙橋(宏)が抑え
4-3で中京の優勝
https://www.student-baseball.or.jp/system/prog/game.php?m=pc&e=jingu&s=2019&gid=19&gd=2019-11-20&gnd=1&vs=NG0

中京的には効果的に得点できたと言えるけど
健大高崎的にはミスからの失点が多く勿体ない試合だった

健大高崎が優勝して関東に神宮枠が増えても
桐光は負け方が悪いのでセンバツは厳しそうだし
中京が優勝した事で知り合いの卒業した加藤学園が
神宮枠でセンバツ出場が有力になったのが嬉しい

第二試合は大学の部で慶應義塾大 vs 関西大

初回慶應郡司の2ランHRで先制
Gunji

失点したがはその後は立ち直り
7回途中までヒットを打たれず無失点
Mori_20191126111401

ただ慶應先発高橋はノーヒットどころではなく
パーフェクトピッチング
5回に久保田を三振に取った時郡司が後逸したが
バックネットに跳ね返りが郡司に戻り一塁送球しアウト
こういうプレーがあると記録を観られるか期待させてくれる

慶應は8回連打で無死一二塁
先制HRをうっている郡司が2番手肥後から
2点タイムリーで追加点
更に瀬戸西のタイムリースリーベースでこの回4点目

次の高橋が三振でチェンジになったが
ヒット打っていたらコールドの7点差になるので
パーフェクトが参考記録になるのに積極的に打ちにいっていた

その裏関西4番の野口に初ヒットが出てパーフェクトならず
Noguchi_20191126111401

次の代打も続いたが関西は得点できず
9回に追加点を挙げた慶應が8-0で優勝
https://www.student-baseball.or.jp/system/prog/game.php?m=pc&e=jingu&s=2019&gid=30&gd=2019-11-20&gnd=2&vs=CK0

パーフェクト達成はならなかったが慶應先発高橋は完投勝利
日曜日にナイターも半袖だったけど今日も半袖だった
Takahashi

探せば12月にオープン戦があるかもしれないけど
とりあえず今年の野球観戦は終了となる可能性が高い
締めくくりとしては良い試合だった。

 

 

2019年11月17日 (日)

六大学代表が第四試合送り ~明治神宮大会 第3日~

明治神宮大会3日目も観戦
今日は休みなので朝から観戦できる

第一試合は明豊vs健大高崎
両チーム点の取り合いのシーソーゲーム

初回狭間の犠飛と小川のタイムリーで明豊が先制
2回にも中村のタイムリーで追加点
1番を打っている中村はこの日3安打の活躍だった
Nakamura

健大高崎は3回送球エラーで1点返し
4回橋本(脩)のタイムリー
5回は戸澤のタイムリーツーベースで同点

8回エラーで明豊がリードしたが
その裏山本のタイムリーで再び同点

9回で決着つかず10回から
無死一二塁継続打順スタートのタイブレーク

10回の明豊は健大高崎センターの
戸澤のファインプレーもあり無得点
Tozawa

その裏バントで送り山本の犠飛で健大高崎が5-4でサヨナラ勝ち
https://www.student-baseball.or.jp/system/prog/game.php?m=pc&e=jingu&s=2019&gid=14&gd=2019-11-17&gnd=1&vs=GB2

健大高崎は金曜日に10回完投したが延長がら登板し勝ち投手
どうやらプロ注目らしい
Shimo

明豊は先発した若杉が完投
健大高崎打線にかなり打ち込まれ負け投手にはなったが
自責点は3だし踏ん張っていた
あと余談としては左投げ右打ちだった
Wakasugi

第二試合は明徳義塾vs中京大中京

2回南谷のタイムリーツーベースで中京が先制し
更にスクイズで追加点

中盤まで得点は動かなかったが5回
サードの送球エラーで中京が追加点

6回はセカンドエラー2つで2点
7回は印出のタイムリーツーベースに犠飛2つでこの回3点

中京先発髙橋(宏)は無失点で抑え
Takahashi-h

8-0で7回コールド
https://www.student-baseball.or.jp/system/prog/game.php?m=pc&e=jingu&s=2019&gid=15&gd=2019-11-17&gnd=2&vs=NU2

中京7番の桑垣はチーム8安打中3安打の活躍だった
Kuwagaki

明徳はエラー6個と自滅した印象
先発代木は3回2失点だったが自責点0
Shiroki

2番手畑中も3回3失点だが自責点0だった
Hatanaka

第三試合は城西国際大vs広島経済大
広島経済は初見DeNAから阪神に
人的補償でいった尾仲の出身校らしい

試合は2回城西国際が吉田のタイムリーで先制
山田のタイムリーと篠崎の内野ゴロでこの回3点

4回と6回に4番浪川のタイムリーと犠飛で追加点
浪川の応援歌が筒香だったので何となく親近感を覚える
Namikawa

広島経済は8回代打亀岡のタイムリーツーベースで2点返す
Kameoka

9回もエラーで1点返したが5-3で城西国際の勝利
過去2度城西国際は観た事があったが初めて勝利を観た
https://www.student-baseball.or.jp/system/prog/game.php?m=pc&e=jingu&s=2019&gid=24&gd=2019-11-17&gnd=3&vs=HJ2

城西国際先発中島は完投
信頼されている投手なんだろうけど球数がかなり多かったので
何で継投しないのかが少し疑問だった
Nakajima_20191126094701

広島経済ではセカンドの松岡
背は低いが守備で良い動きだった
Matsuoka
 
第四試合は慶應義塾大vs東海大札幌キャンパス

六大学代表は神宮大会は優遇されていたようで
今まで寒いナイターにならないような組み合わせだったのが
今年は何故か優遇策が1回戦シードだけで
寒さが厳しい第四試合だった

東海大札幌は初見
背番号の大きい選手も多く
1番の宮澤(晃)は88番
大学野球を観た中で一番大きい背番号かも
Miyazawa-k

試合は初回から慶應打線が爆発
柳町のタイムリーツーベースで2点先制
Yanagimachi

正木のタイムリーツーベースが出た所で
先発宮澤(怜)は1アウトも取れず交代

2番手工藤からも瀬戸西にピッチャー高橋
連続タイムリーツーベースで初回で6点

高橋はマウンドに上がる前に打席に入った
本業のピッチングでも4回無失点の好投だった

3回にも郡司が走者一掃のツーベースで3点追加

5回6回は慶應2番手増居がノーヒット5奪三振
少し腕を隠しながら投げるフォームだった
Masui

東海札幌は7回から登板の津留﨑を攻め
得点圏まで進めたが得点できず
慶應が9-0で7回コールド勝ち
https://www.student-baseball.or.jp/system/prog/game.php?m=pc&e=jingu&s=2019&gid=25&gd=2019-11-17&gnd=4&vs=PK2

東海札幌は事前に調べていて気になっていた
4番の赤尾はノーヒット
東海相模時代も慶應に負けたけど今回も勝てなかった
Akao

昨日と違い今日は風が強く寒い
神宮大会が寒いのは仕方が無い
野球が観られる季節もあと少しだし我慢我慢。

 

2019年11月16日 (土)

1イニング4エラー ~明治神宮大会 第2日~

今年も明治神宮大会を観戦
確認してみると2010年から観ているので
10年連続だった
Img_0204

観戦は第二試合からで天理 vs 仙台育英

中盤から試合が動き4の2ランHRで天理が先制
5回仙台育英は吉野の2ランHRで同点

6回天理は満塁で田中(輝)の走者一掃のツーベースで再びリード

その裏仙台育英の4番入江の3ランHRで再び同点
凄い当たりだった
Irie

しかし天理が7回先制打を打てっいる
満塁でスリーベースを打ち再び3点差
読み方は “ せ ” の一の字の珍しい名字みたい
Se

9回に仙台育英は小野寺のソロHRで1点返したが
8-6で天理の勝利
https://www.student-baseball.or.jp/system/prog/game.php?m=pc&e=jingu&s=2019&gid=16&gd=2019-11-16&gnd=2&vs=MR2

天理先発庭野は3本のHRを打たれながら完投勝利
Niwano

仙台育英先発向坂は7回途中まで投げ
後続が打たれたので5失点
降板した後のポジションがセンターだったので
身体能力が高いのかも
Mukaisaka

第三試合は金沢学院大 vs 九州産業大
九州産業は観た事があったが金沢学院は初見

初回揚村のタイムリーツーベースで九州産業 が先制
Agemura

この後武上にもタイムリーが出て九州産業が この回2点
2回にも栁内
のタイムリーツーベースに野口のタイムリーで追加点

ここで金沢学院は先発松井から和田にスイッチ
和田は3回2/3を無失点に抑える 好投で
少しずつ金沢学院ペースに
Wada_20191125194301

ランナーを出しながら得点出来なかった金沢学院は4回
打線がつながりヒット5本で3点
ちなみ5本目はピッチャーの和田でこの日2打数2安打だった

5回も打線好調の金沢学院は石見の2点タイムリーで逆転
Iwami

更に代打のタイムリーツーベース
ワイルドピッチに犬飼のタイムリーでリードを広げる

8回に押し出しで九州産業 も1点返したが8-5で金沢学院の勝利
https://www.student-baseball.or.jp/system/prog/game.php?m=pc&e=jingu&s=2019&gid=22&gd=2019-11-16&gnd=3&vs=QI1

九州産業は先発の楽天5位指名福森(耀)
4回に爪の負傷で早期降板が痛かった
Fukumori-y

初めて観た金沢学院は打線が良く
積極的な走塁をする観ていて楽しいチームだった

第四試合は東海大vs東北福祉大
好カードだと思ったが予想と違う試合展開

初回岩﨑のタイムリーで東北福祉が先制
2回にも先発山野のツーベースに柿崎の犠飛で2点追加

タイムリーは打ったが山野はその裏コントロールに苦しみ4四死球
最後に海野にタイムリーが出て東海が逆転

逆転した東海は3回先発の高杉から安里にスイッチ
東海相模時代から観たかったけど残念ながらコントロールに苦しみ
押し出しと犠飛で1回2失点で降板だった
Asato

東北福祉も2番手網脇が登板
しかし流れは止められず犠飛で同点

5回植村のタイムリースリーベースで東海がリード
串畑にもタイムリーに連続盗塁に送球エラーでこの回3点

これで決まりかと思ったが7回に
大里にタイムリーツーベースで1点返し
代打冨木に2ランHRが出て同点

同点になって東北福祉は津森が登板
春は本来の実力が出せなかったが今日は抜群
7回8回は奪三振5個で打者6人を抑える完璧な内容
Tsumori

しかし9回1死から途中からサードに入った大里
フライを落球しランナー二塁
次のサードゴロを送球が逸れファースト岩﨑が捕球できずエラー
更に藤井のセカンドゴロを永濱が弾いてエラーで満塁
三振で2アウトとしたが串畑のピッチャーゴロを津森の送球が少し逸れ
この回4つ目のエラーで東海がサヨナラ勝ち
Img_1192Img_1193  
https://www.student-baseball.or.jp/system/prog/game.php?m=pc&e=jingu&s=2019&gid=23&gd=2019-11-16&gnd=4&vs=FY1

大学選手権も東北福祉はエラーで自滅したけど
今回もエラーで自滅だった
9回は4つのエラー以外でも大里とキャッチャーの笹谷
ファールフライを衝突し捕れなかったのもあったので
実質1イニング5エラー
これじゃ津森が調子が良くても勝てない

東海3番手宮路は4回から6イニング3失点
一度は同点に追いつかれたが良く踏ん張った
Miyaji

思ったより寒くなく念の為持ってきていた
ブランケットも使用せずに済んだ
それでも十分寒いけどね…。

 

 

 

«日本戦じゃないからガラガラ ~プレミア12 アメリカ vs オーストラリア~